【社是 おもしろおかしく】(株)堀場製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【社是 おもしろおかしく】(株)堀場製作所に転職するなら知っておきたい情報まとめ

分析計測機器の開発・製造・販売・サービスを手がける企業。小さなものから大きなもの、人工物から自然物まで、あらゆる分野で現状を正しく認識し、よりよい未来を創造するための「はかる」技術、製品を国内外で提供している。エンジン排ガス測定・分析装置分野の製品では世界市場の8割を占有しており高いシェアを堅持している。


1. 堀場製作所ってどんな会社?

会社案内動画

1-1 ひとことで言うと

京都府京都市南区に本社を置く独立系の分析・計測機器大手。

1-2 創業者と沿革

堀場 雅夫(ほりば まさお、1924年(大正13年)12月1日 - 2015年(平成27年)7月14日)は日本の実業家、株式会社堀場製作所創業者、及び同社最高顧問。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A0%80%E5%A0%B4%E9%9B%85%E5%A4%AB

1945年(昭和20年) - 堀場無線研究所創業
1946年(昭和21年) - 京都帝国大学 理学部 物理学専攻卒業 - 在学中は荒勝文策の研究室に在籍した。
1953年(昭和28年) - 堀場製作所設立
1961年(昭和36年) - 神戸医科大学より医学博士号取得[3]
1975年(昭和50年) - 京都経済同友会代表幹事
1978年(昭和53年) - 堀場製作所代表取締役会長
1995年(平成7年) - 堀場製作所取締役会長就任
2004年(平成16年) - 堀場雅夫賞創設
2005年(平成17年) - 堀場製作所最高顧問就任

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
京都市南区吉祥院宮の東町2

出典:
http://www.horiba.com/jp/about-horiba/outlines/

国内拠点

海外グループ会社・拠点の一覧

1-4 ビジョン・ミッション

社是「おもしろおかしく」

常に「やりがい」をもって仕事に取り組むことで、人生の一番良い時期を過ごす「会社での日常」を自らの力で「おもしろおかしい」ものにして、健全で実り多い人生にして欲しいという前向きな願いが込められています。そのために会社は「おもしろおかしく」働ける舞台を提供します。そこで従業員が「おもしろおかしく」仕事をすれば、発想力や想像力が増すとともに、効率も上がり企業価値が高まります。その結果、お客様、オーナー(株主)、サプライヤー、そして社会とWIN-WINの関係を構築できます。

「おもしろおかしく」を従業員が自己実現していくために、HORIBAでは以下の「5つの“おもい”」を強く持ち、実践していくことを掲げています。
・誰も思いつかないことをやりたい。
・技を究めたい。
・自分の仕事や会社を誰かに伝えたい。
・人や地球の役に立ちたい。
・世界を舞台に仕事をしたい。

2. 堀場製作所って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016/12 1700億9300万円
2015/12 1708億9800万円
2014/12 1530億6500万円

▲営業利益
2016/12 184億9900万円
2015/12 193億7200万円
2014/12 172億1400万円

▲当期純利益
2016/12 129億6200万円
2015/12 128億8200万円
2014/12 105億8900万円

出典:http://www.horiba.com/jp/investor-relations/financial-information/

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲部門別売上高(2016年度)
自動車計測システム機器部門 622億700万円
半導体システム機器部門 388億2800万円
医用システム機器部門 265億6400万円
科学システム機器部門 257億3800万円
環境・プロセス機器部門 167億5300万円

▲地域別売上高(平成28年12月期)
日本  565億2200万円
欧州  383億3700万円
アジア 252億7000万円
米国 245億2100万円
中国 196億9200万円
その他 57億4800万円

2-3 主力事業

■自動車計測システム機器部門

世界の多くの国の認証機関で採用され、世界シェア80%※を有するエンジン排ガス測定装置をはじめとした自動車開発用計測システムや車両開発エンジニアリングなどを、世界の自動車メーカーや自動車部品メーカーなどの研究開発・品質管理の現場に提供しています。
※当社推定

出典:
http://www.horiba.com/uploads/media/HORIBA_2015AR_jp_HQ.pdf

■半導体システム機器部門

半導体・太陽電池・LED(発光ダイオード)などの製造工程で使用されるガス・液体の流量制御機器(マスフローコントローラー)と各種モニタリング装置を中心に半導体産業の発展に貢献しています。

出典:
http://www.horiba.com/uploads/media/HORIBA_2015AR_jp_HQ.pdf

■医用システム機器部門

全世界で5兆円を超える検体検査市場において、病院・検査センターや開業医、手術室など、患者様に近いところで活躍する血液検査機器と、検査時に使用される検査試薬を提供しています。

出典:
http://www.horiba.com/uploads/media/HORIBA_2015AR_jp_HQ.pdf

3. 堀場製作所の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役会長兼社長
堀場 厚

昭和23年2月5日生
昭和47年 9月 当社入社
〃 52年12月  当社海外技術部長
〃 56年 3月  当社海外本部長
〃 57年 6月  当社取締役就任
〃 63年 6月  当社専務取締役就任
平成4年 1月 当社代表取締役社長就任
〃 7年 6月 株式会社エステック(現 株式会社堀場エステック)代表取締役社長就任(現在)
〃 12年 7月 株式会社ロック・フィールド社外取締役(現在)
〃 14年 8月 厚利巴儀器(上海) 有限公司(現 堀場儀器(上海)有限公司)
        取締役会長(董事長)就任
〃 17年 6月 当社代表取締役会長兼社長就任(現在)
〃 20年 6月 株式会社ワコールホールディングス社外取締役(現在)

3-2 発言・エピソード

私たちのビジネスは、自動車計測、科学計測、環境・プロセス計測、医用計測、半導体計測の市場に展開しています。とりわけ自動車・煙道排ガス測定、大気汚染、水質汚濁モニタリング、諸産業の品質管理、臨床診断において世界市場で強みを発揮し、ここ数年、飛躍的な成長をとげることができました。私たちの分析・計測事業が世界中の環境保全、安全や健康、さらにはエネルギー問題の改善に貢献できる喜びと誇りを日々感じます。この誇りが原動力となり私たちは競争力のある製品を提供することができると考えています。

人生の最も活動的な時期を費やす仕事にプライドとチャレンジ・マインドを持ち、エキサイティングに取り組むことによって人生の満足度を高め、よりおもしろおかしく過ごしたいというおもいを私たちは社是に込め、創業当時からのスピリットとして継承してきました。世界で約6,000名の「ホリバリアン」(私たちは、HORIBAグループの全従業員を同じファミリーであると考え、このように呼んでいます)が、社是「おもしろおかしく」のフィロソフィーをよく理解し、日々実践していることが私たちの成長の源泉です。

これからも誇りとチャレンジ・マインドで社会に貢献していきたいと思います。

HORIBAグループの社是は「おもしろおかしく」。
会社に就職すると、人生の中で最も活動的な時期をそこで過ごすことになります。
ただやらなければならないからと受身な姿勢では、新たな発想も生まれず効率も悪く、仕事は辛くむなしいものです。しかし主体的に、プライドとチャレンジ精神を持って取り組めば、やりがいを感じながら創造性・生産性の高い仕事ができ、社会への貢献につながるでしょう。
それはきっと、人生そのものも「おもしろおかしく」引き上げてくれるに違いありません。
一人ひとりが「主役」となって活躍し、自らの手で「おもしろおかしく」を実現してほしい。 それが社是にこめれられたおもいであり、HORIBAグループとは、そのための重要な社会的使命とグローバルでチャレンジンングな機会を提供する「舞台」なのです

4. 堀場製作所ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 7149人
単体 1575人
平成28年12月31日現在

4-2 平均年齢

単体 40.3歳
平成28年12月31日現在

4-3 平均勤続年数

単体 14.3年
平成28年12月31日現在

4-4 平均年間給与

単体 661万7276円 
平成28年12月31日現在

4-5 社員インタビュー、コメント

2010年代入社
堀場アドバンスドテクノ
開発部 開発4課所属
設計開発

・入社のきっかけ
100人規模で海外展開をしていて、かつ技術があるメーカーだと感じたから。
・おもしろおかしくを感じるとき
若手でもプロジェクトの中心メンバーになれる。
・夢
世界初の計測技術を発信し、堀場アドバンスドテクノと世界を繋ぐ人物になりたい。
・仕事内容 (現在までのキャリア)
私が担当している業務は、主に半導体の薬液モニタの開発です。
まだ入社して数年しか経っていませんが、ある製品の開発のリーダーとして仕事を進めています。専門は回路設計ですが、構造の構想、実験、顧客とのやり取りなど、様々な仕事をしています。

1990年代入社
堀場製作所 自動車計測設計部
設計開発

・入社のきっかけ
諸先輩方から、何事にも常にチャレンジできる会社であると聞いた。
・おもしろおかしくを感じるとき
お客様の要求仕様に対して、最高のご提案ができたとき。
・夢
お客様のテストベンチを、すべてHORIBA製品にすること。
・仕事内容 (現在までのキャリア)
自動車計測設計部に所属し、世界中のお客様の要求にお応えするために製品をカスタマイズする、受注生産設計業務に従事し、その中でも主として、エンジン排ガス計測装置の設計を担当しています。
お客様の要求を満たした製品を出荷するときにはいつも、感動して胸が震えます。
また、設計はお客様をはじめ、開発・生産・サービスメンバーと幅広く交流があり、その中で常に良い刺激を受けることができます。

 

5. 堀場製作所の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

HORIBAの一番の財産は「人」。
そういう考えからHORIBAでは、「人材」ではなく「人財」と表現し、惜しみのない投資を続けています。いまや全世界でHORIBAグループの社員数は6,000名を超えていますが、その実体は一人ひとりの日々の想いと行動に他なりません。6,000分の1に過ぎない存在ではなく、Only Oneの存在として、輝く個性と熱意を最大限に発揮し、世界の未来を自らの手で切り開いていく。
そんな方からのチャレンジをお待ちしております。

HORIBAが求める6つの人財
チャレンジ精神があり、自主的・積極的に活動できる人
トップマネジメントをめざす人
自動車・環境・医用・半導体・科学機器の分野で世界的技術者をめざす人
グローバルなステージで、一流のスペシャリストとして活躍したい人
ものづくりの好きな人
他のどの会社よりもHORIBAで働きたい人

トップページ|採用サイト|堀場製作所(HORIBA)

http://recruit.horiba.com/

HORIBAグループの採用サイトです。国内4社の採用情報をご案内しております。

HORIBAグループの人材採用・育成方法については、各グループ会社(子会社)のウェブサイトなどを参照してください

5-2 育成に関する方針・施策

■HORIBA COLLEGE
すべてのホリバリアンが学生として講師として、学びあい教えあい共に成長する場。 基礎~応用レベルのノウハウ・知識を体系的・継続的に、集中して学ぶほか、文化・哲学の継承、コミュニケーションの活性化をねらいとしています。 現在、管理・営業・開発・生産・サービスの5つの学科があり、年間約250のOff-JT(Off the Job Training)講座が企画・運営されています。
■新入社員研修
新入社員研修新入社員一人ひとりに、OJT(On the Job Training)を担当する同じ部署の先輩コーチと育成責任者、さらには別部署から斜めに関わる他部署のコーチを選任する多層的な教育体制を整えています。 これにより仕事だけでなく、社会人生活全体を通してスムーズなスタートが切れるように応援しています。
■海外公募研修
広く国際感覚を養うことを目的に、海外グループ会社で1年間勤務をおこなう公募研修制度を設けています。 毎年若手を中心に15~20名程度が参加しています。 他に初級から~上級まで用意された語学研修は、社内で就業時間中にも実施しています。
■Fun House
滋賀県朽木の豊かな自然に囲まれたHORIBAの研修センター。一流の人財輩出のため、一流の環境となるよう、さまざまな「おもい」のこめられた工夫がなされています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■加点主義
HORIBAの3つの人事方針の1つ。
チャレンジに失敗はつきもの。新しいことにチャレンジして失敗したとき、減点されるのであれば、誰も新しいことにチャレンジしなくなります。HORIBAの人事評価における加点主義では、チャレンジしなければ、例え失敗がなくても0点です。
チャレンジすることで加点され、それが成功すれば、また加点。チャレンジ精神を大切にしています。

6. 堀場製作所出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. 堀場製作所の福利厚生は?

福利厚生
各種社会保険完備
HORIBAグループの福利厚生会社(株)ホリバコミュニティとともに運営、実施
財形、持株等、独身寮(京都市)、借上社宅※適用者は会社規定による

8. 堀場製作所の中途採用は?

キャリア募集要項|採用サイト|HORIBAグループ

http://recruit.horiba.com/carrier/

HORIBAグループの採用サイトです。HORIBAのキャリア募集要項についてご紹介しております。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社LITALICOに転職するなら知っておきたい情報まとめ

働くことに障害のある人への就労を支援する事業を展開している企業。「LITALICOワークス」は全国各地へ展開し日々多くの就労者支援を行っているほか、発達障害のある子供向けの療育・学習支援サービス「LITALICOジュニア」等の運営も行う。若手ベンチャー起業家を称える「ドリームゲートアワード2008」を受賞した。


ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソネット・メディア・ネットワークス株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

人工知能、金融工学等のコアテクノロジーを軸に、マーケティング・テクノロジー事業を主に展開しているインターネット広告会社。情報通信技術を人に優しいかたちにして、愉快なる未来を創る事を掲げており、サービスの一つであるLogicadでは広告配信最適化プラットフォームを実現している。ソネットの子会社。


最新の投稿


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

貿易業から製造業に転じ、東証一部の会社となった。世界17ケ国に24の工場を展開し、自動車部品や農業・産業機械の部品を供給している。2013年にフランスのValeo社アクセスメカニズム事業を買収したことで、主力のキーセットは世界シェア首位となった。


wiget_w300 wiget_w300