株式会社電業社機械製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社電業社機械製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都大田区に本社を置く、風水力機械、廃水処理装置等の製造販売を行う会社。創業100年を超える歴史の中で培った高度な技術力と開発力を強みとし、最近では省スペース化を実現させた立軸ポンプや、世界最高レベルの効率をもつ省エネルギー化の高圧ポンプを開発。近年は海外展開に力を入れ、国際基準に従った物づくりに取り組んでいる。


1. 電業社機械製作所ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

1910年の創業以来の歴史をもつ風水力機械メーカーです。

1-2 創業者と沿革

1910年9月 電気工事に従事していた電業社に水力発電用水車、一般動力用水車および各種ポンプの製造を目的として電業社水車部を新設し、東京市小石川区関口水道町に工場を建設し、製造を開始
1911年5月 株式会社芝浦製作所から大型水車製造業務を承継
1915年10月 組織を法人に改め株式会社電業社水車製造所と改称(資本金100千円)
1918年9月 東京府代々幡町幡ヶ谷に工場を新設、本社および工場を移転
1919年12月 株式会社電業社水車製造所が出資し株式会社電業社原動機製造所を設立
1920年2月 株式会社電業社原動機製造所が株式会社電業社水車製造所を吸収、合併
1955年3月 株式会社電業社原動機製造所が60,000千円の全額を出資して、当社を設立

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都大田区大森北1-5-1

出典:
http://www.dmw.co.jp/company/office.html

1-4 ビジョン・ミッション

1.経営理念
■コアコンセプト:技術創生
電業社は、「物作りの技術を中心とした企業活動」を行い、 将来とも発展することを目指します。
【社会貢献】
電業社は、独自の技術を駆使してより良い製品を創り、社会の進歩に寄与します。
【人間中心】
電業社は、株主・社員はもとより、地域や社会・世界の人々のために活動します。
【環境貢献】
電業社は、自然と共存する技術を目指し、地球環境の向上に寄与します。
【人材育成】
電業社は、社員の自己啓発を支援し、自らの役割と価値を創造しうる人材の育成に努めます。

■経営ビジョン
・創業時より営々と築き上げられている「技術の電業社」の企業イメージをより一段と高めて
 行きます。

・株主への安定配当の継続はもとより利益還元に努めると共に、当社の持つ経営資源を効果的に
 活用し、収益力の向上と経営基盤の安定・強化に邁進して行きます。

・右肩上り時代の拡大路線から、低成長時代を生残る為の質的充実、即ち利益重視路線への転換を
 図ると共に、環境関連事業やメンテナンス事業等を含めた新事業及び新商品開発を図り、
 新しいユーザ開拓と相俟って受注量拡大を目指します。

2.スローガン
Passion for the Next Innovation
~ 次なる革新への熱い思い ~

■電業社グループ行動指針
新しい「電業社グループ行動指針」の制定にあたって
株式会社電業社機械製作所は、100余年にわたって事業を展開し、継続的に発展してきました。これは、お客様をはじめとした大勢の関係者のご支援と先輩諸兄の努力の賜物に他なりません。
電業社は、創業から現在に至るまで、法の遵守はもちろんのこと、社会規範や倫理を尊重しながら、なお社会に貢献することが企業存続の必須条件であるという経営理念の浸透に努めてきました。加えて、社員の能力を充分発揮できる風土づくりを提言してきました。
また、企業に対する社会的要請として「法や倫理の遵守」が一層強く求められています。こうした要請に応えることはもちろん、今後も会社が持続的成長を実現していくために、今まで継続して取り組んできた経営計画や部門方針、ならびに個別契約等の諸条項をすべて見直し、新たな要請課題を加えて、「電業社グループ行動指針」を策定しました。
「電業社グループ行動指針」は、これからの電業社の経営姿勢および事業展開にあたっての基準を示すものです。電業社および関係会社の全社員が、「電業社グループ行動指針」を順守し、日常活動として展開するよう、方針の浸透を図っていきます。また、電業社が良き企業市民として社会・地域と共存する「価値ある会社」となることを、ここに宣言します。

2. 電業社機械製作所の業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
2018年3月期 173億3699万8000円
2017年3月期 182億7599万円
2016年3月期 180億8931万円
▲経常利益(連結)
2018年3月期 16億4572万7000円
2017年3月期 14億3339万円
2016年3月期 12億2363万円
▲親会社に帰属する当期純利益(連結)
2018年3月期 10億9841万1000円
2017年3月期 9億6660万6000円
2016年3月期 7億8067万1000円

2-2 事業セグメントと業績内訳

当社グループは、風水力機器の製造・据付・販売事業の単一セグメントであるため、記載を省略しています。

▲部門ごとの売上高(連結)
第83期(平成29年4月1日 ‐ 平成30年3月31日)
 官需部門 120億9302万6000円
 国内民需部門 32億4902万2000円
 海外部門 19億9494万9000円

▲地域ごとの売上高(連結)
 日本 150億6511万1000円
 アジア(日本を除く)17億4539万3000円
 アフリカ 2億6987万8000円
 中南米 2億3785万3000円
 その他 1876万1000円
(自 2017年4月1日 至 2018年3月31日)

2-3 主力事業

■ポンプ
【産業用ポンプ:プロセス用、海水淡水化事業用】
(横軸水平2つ割多段ポンプ)
API610規格に準拠したポンプです。
背面合わせ構造の羽根車を持ち、スラスト荷重を低減する構造です。
吸込み性能が良く、また水平割構造のため保守点検が容易です。

■送風機
【発電プラント用、肥料プラント用、地下鉄用】
(遠心ファン)
小風量から大風量までさまざまなバリエーションがあります。国を問わず、世界中の石油化学・鉄鋼・セメント・IPP・肥料プラントなどで活躍しています。

■バルブ
【流量調整用、締切用】
(ロート弁)
円錐状の弁体・胴体で構成されているバルブで、締切、流量調整などに使用されます。
全開時には流路に障害となるものがなく、直管と同様な流路を形成することができます。また、ACサーボモータを採用すれば、ウォーターハンマ防止に最適です。

3. 電業社機械製作所の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
土屋 忠博

代表取締役社長
最高執行役員社長
土屋 忠博
1949年1月3日生
1971年3月 当社入社
2002年6月 当社取締役、第一設計部長兼第二設計部統括
2005年3月 当社取締役、生産本部長
2005年6月 当社常務取締役、生産本部長
2007年4月 当社取締役、上席常務執行役員、生産本部長
2009年4月 当社取締役、専務執行役員、生産本部長、管理本部統括
2010年9月 当社取締役、専務執行役員、三島事業所統括、生産本部長
2012年4月 当社取締役、専務執行役員、三島事業所長
2013年4月 当社代表取締役社長、最高執行役員社長
現在に至る

3-2 発言、エピソード

私たちの生活や産業に欠かすことのできない"水"と"空気"に関する製品を扱う企業として、信頼性の高い商品を全世界へ提供し、稼働させることにより社会や地域に貢献することを第一に考えて事業を展開してきました。
当社はこれからも、「技術創生」というコアコンセプトのもと、常に新しい技術を追求し続ける「技術の電業社」として、お客様それぞれのニーズにあったオンリーワン製品を提供することにより社会に貢献する企業であり続けたいと考えています。

更なるブランド化の推進と、これまで以上に魅力のある企業へ変身するために、2017年から2019年度までの3年間に取り組む「New DMW中期経営計画2019」を策定しました。
新たにあげたスローガン"Passion for the Next  lnnovati on "のもと、世界で輝く企業を目指してまいります。また今年度、かねてより建設を進めてきたインド工場が稼働します。海外生産によるメリットを活かしながら、当社ポンプに対する顧客から高い信頼を維持していきたいと考えております。

4. 電業社機械製作所ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

450名(臨時雇用者数 119名)
(単体、2018年3月31日現在)

4-2 平均年齢

40.3才(単体、2018年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

17.7年(単体、2018年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

615万3000円(単体、2018年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

髙橋 美帆:1998年入社
プラント建設部 電装システム設計課

ポンプ設備やトンネル換気設備の監視操作制御設備の設計業務に携わっています。 具体的には、現場から情報を収集して作成する盤の設計、監視制御装置の構成機器の選定からソフトウェアの画面設計、現地調整作業までを行っています。
(中略)自分が設計したものが形になり、世の中に役立ち使われていくのが1番の魅力です。 お客様と直接打ち合わせをし、要望を取り入れながら形にしていくのも魅力だと思います。

柏田 千秋:2013年入社
海外部 貿易課

海外営業部で働いています。
自社のポンプ・送風機が、世界中のプラントで使ってもらえるよう、日々営業活動をしています。新設されるプラントへの新規参入から、過去に納入した機器の交換まで、営業活動のターゲットは多岐に渡ります。
(中略)世界中の方とコミュニケーションを取れるのは海外営業職ならではの刺激で魅力だと思います。お客様とのコミュニケーションでは、電業社の利益を最大限に引き出せるよう戦略的に話を進めていくことが大切だと思っています。お客様の意図を正確に読み取り、技術・設計部門からの情報をとりまとめて発信して、という作業を根気よく続けた結果、受注できたときの喜びはひとしおです。

渡邉 華矢:2015年入社
資材部 東京資材課

担当は主に、計測機器、伝送・変圧器、電気部品、スイッチ関係です。社内の様々な部署の先輩から、業務手順や自社製品について学ぶ一方で、仕入先様からも担当部品について説明を受け、勉強の日々を過ごしています。また、海外調達に関しても勉強しつつ、少しずつ担当しています。
(中略)社内・社外の様々な人から学び、経験を重ね、自分の交渉スタイルを確立出来た時、更に面白味を感じられることと思います。また、最近携わらせていただいている海外メーカとの取引は、言語や文化の違いなどにより、既に意思疎通の大変さを実感しています。海外メーカー担当とは取引がきっかけでメール友達にまで関係が発展したこともあり、大変刺激的な業務です。

KK:入社6年目
水力機械設計部 高圧ポンプ課

プロジェクトごとに違う仕様を満たすポンプを設計し、図面を作成しています。
当社は受注生産のためプロジェクトごとに違う設計をします。また、1つのポンプを一人で担当するため製品全体の設計に携わることができます。これは大量生産を行うメーカーではなかなか経験できないことだと思い魅力を感じました。
次に社員の雰囲気ですが、リクルータの方や設計部の方々、人事の方と話している中で「自分に合っている気がする」と感じてこの会社を選びました。
実際に入社して、尊敬できる上司や良い先輩方・同僚・後輩に恵まれていると日々感じています。

5. 電業社機械製作所の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■採用方針
「物作りの技術」をコアとして社会に貢献する製品を創出していくためにー
 前向きかつ柔軟にチャレンジできる方を求めています。

【今後活躍できる人材とは?また、そうなるにはどのような心掛けが必要ですか。】
グローバル化が加速しており、英語力はもちろん、イノベーション力のある人材を求めています。何事に対しても常にプラス思考で、考え方をフレームとしてまとめ、挑戦的に取り組むよう、常日頃から心掛けて下さい。

5-2 育成に関する方針・施策

■教育制度
新入社員合宿研修・基礎教育・工場実習、外部技術講習への参加、入社2年目研修、
入社5年目研修、新任監督者研修、新任管理職研修、TOEIC等資格取得奨励、海外語学留学、
海外自主研修、その他視察出張等

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■給与
【2018年4月実績】
 高専・短大卒業相当:月給18万2600円
 学部卒業相当:月給21万2600円
 修士修了相当:月給22万9070円
 博士終了:月給24万9250円
■昇給:年1回(4月)
■賞与:年2回(6月、12月)

6. 電業社機械製作所(OB・OG)にはどんな人がいるの?

弘瀬 源悟 
市議会議員 公明党 

1961年11月 高知県高知市で生まれる。
1977年4月 国立高知工業高等専門学校機械工学科に入学。以後5年間、学校に隣接した学生寮で過ごす。
1982年3月 国立高知工業高等専門学校を卒業。
1982年4月 株式会社電業社機械製作所に入社。設計部に配属され、静岡県三島市に転居。
以後13年間、各種ポンプ本体およびポンプ設備の設計に従事。
1994年4月 株式会社電業社機械製作所大阪支店に転勤。豊中市に転居。
2007年1月 株式会社電業社機械製作所を退職。
2007年4月 豊中市議会議員選挙で初当選。
2010年度 豊中市議会建設水道常任委員会副委員長
2011年4月 豊中市議会議員選挙で2期目当選
2011年度 豊中市議会防災対策特別委員会委員長
2012年度 豊中市議会建設水道常任委員会委員長

7. 電業社機械製作所の福利厚生は?

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険など
社宅制度、独身寮制度、契約保養所(ダイワロイヤルクラブ等)、運動や趣味のクラブ活動、社内行事、財形貯蓄制度、従業員持株制度、従業員住宅融資制度、年次有給休暇積立制度、退職金制度(確定給付企業年金制度)

8. 電業社機械製作所の新卒採用、中途採用の求人は?

9. 電業社機械製作所のキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. 電業社機械製作所の、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪府に本社を置き、システムソリューション事業、エンジニアリング事業を二つの柱としている会社。通信設備においては同社が培ってきたコアな事業であり、基幹ネットワークや電話回線、CATV工事などインフラの設計・構築を手がけている。協和エクシオとの経営統合により2018年9月26日付で上場廃止が決定している。

大阪府 東証二部 ITサービス・ソフトウエア 建設


大和自動車交通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大和自動車交通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1939年創業。戦後すぐに設立した業界初の株式上場会社で、東京都内の大手タクシー会社の一つ。観光タクシーや妊婦向けのたまごタクシー、ハイグレード車両を用いたサービスの他、ハイヤー事業や不動産事業を手掛けている。さらに環境への取組として、交通エコロジー・モビリティ財団よりグリーン経営の認証を取得している。

東京都江東区 陸運・倉庫 東証二部


大黒屋ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大黒屋ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

質屋、古物売買業をメインとし、ECサイトの他、国内店舗数は関東、中部、関西、九州の全国に25店舗(2018年9月現在)。訪日外国人の増加とともにその勢いをさらに加速をさせている。海外市場では、イギリスと中国に進出。特に中国においては、中国質屋最大手企業との合弁会社を設立し、北京店や上海店など4店舗を展開している。

東京都港区 東証二部 小売


日本化学産業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本化学産業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

化学工業薬品や金属製建材の製造販売を行う会社。高い機能性や他社では真似できない製品を高度な開発力で作り出すことを得意とする。独自の技術で多種多用な製品を生み出してきた薬品事業では、自動車やDVD等の表面特性を向上させる「めっき薬品」を主力とする。またベトナムに事務所を設置し海外市場に注力している。

東証二部 化学・繊維 東京都台東区


【国内シェア5割】浅香工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内シェア5割】浅香工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本で初めて国産化に成功したスコップ・ショベルをはじめ、土工農具、園芸用品、防災用品、物流機器などを提供する総合メーカー。ショベルの国内シェアは1位で、5割以上を占める。創業から350年以上に渡り、時代に合わせて「人の生活」を支える製品を生産。現在は「自然環境との共生」「少子高齢化時代」を意識した開発を行う。

大阪府 化粧品・生活用品 東証二部


最新の投稿


アサヒグループ食品(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループ食品(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループの中核事業会社。食品事業を担う。菓子、健康食品、サプリメント、乳幼児用ミルク、ベビーフードおよび乳幼児用商品、フリーズドライ食品、食品原料など、幅広いラインナップを擁する。2017年にアサヒフードアンドヘルスケア、和光堂、天野実業(アマノフーズ)を吸収合併。

東京都渋谷区 食品・飲料 非上場 アサヒグループ


【国内酒類】アサヒビールに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内酒類】アサヒビールに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループの中核事業会社。ニッカウヰスキー、サントネージュワインなど関連会社とともに国内酒類事業を担う。ビール、発泡酒などのほか、洋酒やワイン、焼酎、RTD(Ready To Drink:購入後そのまま飲める缶チューハイなど)、アルコールテイスト清涼飲料を手がける。アサヒグループの事業利益の約半数を生み出す。

東京都墨田区 食品・飲料 非上場 アサヒグループ


【平均年収792万円】三菱電機の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収792万円】三菱電機の給与が高いのはなぜなのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は堅実な経営体制が安心の三菱電機です。

三菱電機 年収


【平均年収703万円】サイバーエージェントの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収703万円】サイバーエージェントの給与が高いのはなぜなのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業はインターネット広告は国内トップシェアのサイバーエージェントです。

サイバーエージェント 年収


「社畜になるな!」に騙されるな 会社は敵とは限らない

「社畜になるな!」に騙されるな 会社は敵とは限らない

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300