三菱日立パワーシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱日立パワーシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱重工業と日立製作所が火力発電システム事業を統合し設立した会社。世界最高クラスの火力発電技術を誇る。略称MHPS。大型火力プラント及び主機の開発から建設工事までに至る、全工程の自社技術対応を強みとする。近年では、省エネルギーや石油代替・新エネルギーなど、世界中で注目されているテーマにも取り組む。


1. 三菱日立パワーシステムズってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

火力発電システム分野・環境技術分野におけるグローバルリーディングカンパニー

1-2 創業者と沿革

2014年2月 三菱重工業株式会社、株式会社日立製作所が出資して設立
2014年10月 バブコック日立株式会社と合併
2016年12月 世界最新鋭石炭ガス化複合発電(IGCC)プラントを受注
      (勿来IGCCパワー合同会社[54万kW])
      (広野IGCCパワー合同会社[54万kW])

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
神奈川県横浜市西区みなとみらい三丁目3番1号 
三菱重工横浜ビル

出典:https://www.mhps.com/jp/company/network/office/index.html

1-4 ビジョン・ミッション

■ビジョンステートメント
火力発電・環境技術で地球の未来を明るくする。

【1+1=無限大】
・三菱重工業と日立製作所が持つ、多彩かつ経験豊富な人材、高い技術力、幅広い製品ライン
 ナップ。
・両社統合によるシナジーを最大限に引き出し、火力発電システム分野におけるグローバルNo.1
 プレイヤーを目指す。

【徹底したお客様ニーズの追求と実現】
お客様と真摯に向き合い、安心して長くつきあえる製品ときめ細やかなサービスを提供し、社会に信頼される存在になる。

【地球規模の環境課題の解決に貢献】
実績に裏付けられた、世界一の環境技術と高効率な火力発電技術を通じて、エネルギーと環境という地球規模の課題解決に貢献する。

2. 三菱日立パワーシステムズの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高 7955億1100万円
▲営業利益 439億4300万円
▲当期純利益 238億6600万円
(2017年度)

▲売上高 7598億9600万円
▲営業利益 317億9100万円
▲当期純利益 222億7500万円
(2016年度)

▲売上高 7987億4900万円
▲営業利益 625億8400万円
▲当期純利益 372億400万円
(2015年度)

2-2 主力事業

■ガスタービン・コンバインドサイクル発電プラント(GTCC)
複合発電による高効率エネルギー
ガスタービン・コンバインドサイクル発電プラント(GTCC)は、化石燃料を使用した最もクリーンかつ高効率な発電設備です。
三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の最新鋭J形ガスタービンを適用したプラントの発電効率は従来型石炭焚き火力発電方式より20%向上し、世界最高水準の63%以上を達成しています。また、co2排出量もおよそ50%削減することができます。

出典:https://www.mhps.com/jp/products/gtcc/index.html

■コンベンショナル発電プラント
ボイラー・蒸気タービン・発電機を含め、高効率かつクリーンな発電設備を設計・納入します
コンベンショナル発電プラントは、高い温度と高い圧力の蒸気を発生させるボイラーと、その蒸気のエネルギーを回転させる力に変換する蒸気タービン、そして、その回転力を電気に変える発電機から構成されます。
これらの設備を含めて、高効率かつクリーンな発電プラントとして、適切に設計・納入します。

出典:https://www.mhps.com/jp/products/conventional/index.html

■石炭ガス化複合発電プラント(IGCC)
石炭をガス化し、高効率かつクリーンに活用する次世代発電システム
石炭ガス化複合発電プラント(IGCC)は、石炭をガス化炉でガス化し、さらに、ガスタービン・コンバインドサイクル発電(GTCC)と組み合わせることにより、発電効率と環境性能を飛躍的に向上させた次世代の火力発電システムです。大型IGCCでは従来型石炭焚き火力発電方式と比べ、発電効率を約15%向上させ、CO2の低減も図ることができます。

出典:https://www.mhps.com/jp/products/igcc/index.html

■地熱発電プラント
地球の熱エネルギーを取り出し、最新の発電技術により高効率で環境に優しい電力を作ります。
地熱発電は、地球の熱エネルギーをそのまま取り出すことにより、クリーンな電力を生み出す発電システムです。三菱日立パワーシステムズ(MHPS)は、地熱発電の世界的な標準となっている「二相流体輸送」と「ダブルフラッシュ方式」の組み合わせを世界で初めて適用。当社の地熱発電システムが世界各国で導入されています。

出典:https://www.mhps.com/jp/products/geothermal/index.html

3. 三菱日立パワーシステムズの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

取締役会長
西野 壽一

1955年1月9日生まれ
1980年4月 当社入社
1997年2月 中央研究所オプトエレクトロニクス研究部長
2000年7月 CVC室部長
2002年4月 中央研究所長
2005年4月 グループ戦略本部G一経営戦略部門技術戦略室長兼経営企画室副室長
2005年9月 株式会社日立ディスプレイズ常務取締役CTO
2008年10月 当社 副社長付
2009年4月 株式会社ルネサンス テクノロジ取締役
2010年4月 当社 経営改革本部戦略プロジェクト室主管
2011年4月 執行役常務
      戦略企画本部長兼戦略企画室長兼戦略企画本部コスト戦略室長
2012年8月 執行役常務
      戦略企画本部長兼戦略企画室長
      兼Smart Transformation Project 強化本部副本部長
      兼グループ構造改革プロジェクトリーダ
2013年4月 執行役専務
      戦略企画本部長兼Smart Transformation Project 強化本部副本部長
      兼グループ構造改革プロジェクトリーダ
2013年10月 執行役専務兼CSO
       戦略企画本部長兼 E2E 改革プロジェクト推進本部副本部長
       兼ヘルスケア事業戦略本部事業企画本部長
2014年4月 執行約専務兼CSO 戦略企画本部長

取締役社長
安藤 健司
1952年生まれ。
1976年三菱重工業入社。
2010年高砂製作所長。
2012年執行役員、2016年副社長・エネルギー・環境ドメイン長。
2017年1月から現職

出典:
https://premium.toyokeizai.net/articles/-/17770

3-2 発言、エピソード

【若手へのメッセージみたいな言葉というのはございますでしょうか。】
やっぱり自分で現場を見て自分で問題を見つけることの重要さというのを是非。これは自分で経験しないとなかなか判らないかも知れませんけれども。技術やサイエンスは基本的、普遍的なもので、教科書できちんと勉強するべきだと思います。ところが、ビジネスモデルというのは、周りの環境(エコシステム)を全部積分したようなものなので、そうすると、10年前に正しくても今正しいかどうか判らないから、教科書で勉強するよりは、今生きているビジネスがなぜ生きていて、今生きていないビジネスはなぜ生きていないのかという、フィールドワークだと思っています。
(西野会長)

社設立以来、両社のシナジーを追求し、高品質・高い信頼性の製品を生み出す技術力、世界のさまざまな地域でプロジェクトをまとめ上げる総合エンジニアリング力、きめ細かな営業・サービス力を強化するとともに、グローバルな事業展開を進めてきました。
お客様や社会のニーズは常に変化しています。当社は、世界最高効率の発電機器の開発に加え、最新のデジタル技術を活用した火力発電所の運用改善ソリューションなどを通じて、発電技術の革新に挑戦し新たな価値を提供します。
私たちは、火力発電システム分野・環境技術分野におけるグローバルリーディングカンパニーとして、常にお客様の期待に応え、持続可能な社会の未来に貢献するために、これからも進化していきます。(安藤社長)

4. 三菱日立パワーシステムズではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

■連結 19,574人
■単独 10,903人
(2017年10月現在)

4-2 平均年齢

情報はありません

4-3 平均勤続年数

20.7年

4-4 平均年間給与

(1) 企業の採用サイトの記載

三菱日立パワーシステムズの新卒採用には、現在以下の職種で求人が出ています。
技術系では、製品関連事業分野、プラントエンジニアリング分野
事務系では、事務系総合職

募集要項には、給与について以下のように書かれています。

修士了 月給235,500円 
大学卒 月給211,000円
(2017年4月初任給)

(2) 口コミサイト「キャリコネ」の書き込み

企業口コミサイトのキャリコネには、現役・OBOG社員のリアルな書き込みや給与明細が44件残されています。口コミを書き込んだ人の平均年収は579万円。世代別の最高年収は、20代で648万円、30代で888万円でした。

給与の満足度は5点満点で3.7点。20代後半の財務・会計関連職(年収500万円)は、報酬の満足度について次のように書いています。

一般的な日本企業と比べるといい方だと思います。ただ、外資系企業と比べるとベースが低いですし、昇給も緩やかなほうだと思いますが、その分・・・

(3) 求人情報サイトの記載

求人情報サイトには「産業用ボイラ・火力プラント・その他一般産業機械の設計」の求人が掲載されています。
給与について以下のように書かれています。

2017年4月初任給実績
修士了:月給 228,800円
大学卒:月給 218,900円
高専卒:月給 192,800円

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

石野 雅郎:2010年入社
経営総括部 財務・経理部

現在、呉経理グループ 財務チームで主として給与業務を担当しています。毎月の給料、ボーナス、退職金、年末調整などに関する業務と、人件費の管理、予算の策定に関する業務があります。
(中略)従業員から年末調整などについての問い合わせを受けることも多いので、正しくわかりやすい説明をするように心がけています。税金や社会保険料の計算は複雑なので、私の説明で相手に理解してもらえたときは会社の役に立っていることを実感し、やりがいを感じます。

永江 笙子:2010年入社
環境プラント総括部 脱硫技術部

排煙脱硫装置の設計と試運転対応を行っています。(中略)装置の性能を確認するために発電所に出向いて試運転も行います。狙い通りの性能が出たときは設計者として大きなやりがいを感じます。(中略)一つの仕事を完了できたことは自分にとって貴重な体験となり、技術力、経験、コミュニケーション能力が磨かれ、設計者として一回り成長できたと感じています。まだ経験の浅い自分に重要な仕事を任せて頂いたことに、とても感謝しています。

西田 尚典:2006年入社
エンジニアリング本部ボイラ製造総括部 
呉製造部 係長

私は現在、フィリピンにあるグループ会社の工場に対して技術指導を行っています。主な仕事は、教育制度整備による技術者育成、品質管理、設備導入のサポートです。(中略)今は、教えることで自分も学べるということが自分自身のモチベーションにつながっています。フィリピンの工場で作られた製品が日本の製品と変わらない品質だったと聞いたときは、この仕事をしていてよかったと思いました。さまざまな分野の担当者が指導を行っているのですが、みんなの努力が実っていると感じられるのがすごく嬉しいです。

千崎 由依:2010年入社
エンジニアリング本部E総括部 土木建築技術部

私は火力発電所の建物やタービン、ボイラなど機器類の基礎部分を設計しています。すべての機器の基礎を設計するため、関わる部署や人が非常に多いのが特徴で、機器関係の部署、建物の配置や間取りを決める空間設計の部署などと調整を行います。
(中略)常に心がけているのは人とのつながりを大切にし、信頼関係を築くこと。日頃のコミュニケーションを大切にしています。土木建築は設計と現場管理の両方を担当するため、全体をよく見て最善の方法は何かを考えることが求められます。そこがこの仕事の大変さでもあり、面白さでもあります。

5. 三菱日立パワーシステムズの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■新卒採用
【求める人物像】
“世界一の技術力が生み出す価値を、社会に還元する。そんな志を持った仲間に来てほしい”

相手から感じ取ったものを前向きな力に転換するエネルギーを持った人。そういう人材が、やがてはリーダーとなり、チームを動かす立場で活躍してくれると期待しています。

【求める人材 3つのポイント】
1.国境を越えて、人々の生活を支えたいと思う人
2.さまざまな背景を持つ人を動かし、チームで成果を出せる人
3.想像力・創造力を持って、厳しい挑戦にも前向きに取り組める人

■キャリア採用
積極性・創造性・行動力を備えた、活力あふれた方々の、ご応募をお待ちしています。

5-2 育成に関する方針・施策

■人材育成制度
三菱日立パワーシステムズは、⼀⼈ひとりの社員がそれぞれの分野で、「世界を舞台に」「プロフェッショナル⼈材として」活躍してもらえるよう、人材育成に取り組んでいます。将来グローバルに活躍できる人材育成を目指し、職場でのOJTに加え、各種教育プログラムを提供しています。

【人材育成の考え方】
火力発電システム分野におけるグルーバルNO.1プレイヤーを目指す。
すべての社員がこの目標に向かってチャレンジできるよう、MHPSでは人材育成の2つの柱を設定しています。

(真のグローバル化)
MHPSの市場は世界中に広がっています。社員が場所を問わずに活躍できるよう、世界を相手に戦える人材育成に取り組んでいます。

(プロフェッショナル人材の育成)
MHPSが世界NO.1を目指すために、一人ひとりの社員がその分野でNO.1だと誇れる、火力発電分野のプロフェッショナル人材を育成します。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

【新卒採用】
■給与(2017年4月初任給)
 修士了 月給235,500円 
 大学卒 月給211,000円
■諸手当:有扶手当、超過勤務手当、通勤交通費など
■昇給:年1回
■賞与:年2回(6月、12月)

【キャリア採用】
■給与
 経験・能力等を考慮の上、当社規定により支給します
■諸手当:家族手当、時間外・休日勤務手当、他
■昇給:年1回
■賞与:年2回(6月、12月)

6. 三菱日立パワーシステムズ(OB・OG)にはどんな人がいるの?

高橋 泰行
株式会社ダイクレ 技術営業部 担当部長
 
1961年生まれ。
広島県福山市出身。
1984年、三菱重工業株式会社に入社し、三原製作所で経理を経て営業を担当。
1995年から3年間、三菱日立パワーシステムズ株式会社で原動機や発電設備の営業を担当する。
その後、三原製作所、再び三菱日立パワーシステムズを経て、グループ会社で営業部長に就任するが、輸出営業をしたいという思いから2018年2月、株式会社ダイクレに入社。

臼井 賢一郎
Bond-BBT MBA Program同窓会(豪研会)顧問

1957年生まれ、1979年関西学院大学卒業後、バブコック日立(株)入社、1991年日揮(株)入社、事業推進PJ本部所属、新規事業担当。大前研一氏主催のABSを経て、2001年Bond-BBT MBA Program に参加、1期生。卒業後、同窓会を立ち上げて会長、顧問に就任。10周年記念式典実行委員長。

田中 三彦
東京工業大学工学部生産機械工学科卒業後、バブコック日立入社、福島第一原子力発電所4号機などの原子炉圧力容器の設計に関わる。退社後、サイエンスライターとして、翻訳・科学評論を執筆。「柏崎刈羽原発の閉鎖を訴える科学者・技術者の会」呼びかけ人。

村上 敏夫
いばらぎ県通訳案内士会 会長

日立製作所グループのバブコック日立(現三菱日立パワーシステムズ)に入社。東京の本社勤務は1年間だけで、主力工場がある広島県の呉事業所に35年間勤務。公害防止装置やボイラーなどの技術者として、脱硝装置の開発・設計や事業用ボイラーの配置計画設計を担当した。2007年12月に60歳で定年退職、郷里の水戸へ戻った。英文雑誌に脱硝装置について書いた論文がビジネスに結びつき、社内で表彰されたことが英語に関わるきっかけとなった。「会社の仕事よりも新しい仕事をやりた」と定年の1年ぐらい前から受験勉強を始め、退職後の09年5月に通訳案内士の資格を取得。他の有資格者と「いばらぎ県通訳案内士会」を立ち上げ、村上さんが会長に就任。メンバーは英語23人、中国語5人、ドイツ語1人、韓国語1人の合計30人。

7. 三菱日立パワーシステムズの福利厚生は?

三菱日立パワーシステムズでは、一人ひとりの個性を尊重することで、社員が持っている能力を最大限に発揮できる環境づくりを目指しています。社員が自分の能力を存分に発揮し、安心して仕事に取り組むために様々な働き方を支える制度を用意しています。

【社員の生活をサポート】
■住宅関連
勤務地に応じて独身寮、社宅を提供しています。一人ひとりの社員やご家族が安心して生活を送ることができるよう、生活の基盤である住居をサポートします。

■余暇関連
低価格で利用できる社用保養所の整備や、ある一定の勤続年数を満たすと約1週間余暇を楽しめるリフレッシュ休暇などを用意し、社員の余暇生活も充実させるように取り組んでいます。

■健康関連
社員の健康な生活をサポートするため、人間ドック補助をはじめ、インフルエンザ予防接種や特定健診―レディース健診など、さまざまな検診の補助を行っています。

【育児、出産、介護等のライフイベントをサポート】
■出産、育児関連
社員が仕事と育児を両立しながら充実な生活ができるように、様々な支援制度を導入しています。出産を迎えた女性社員を支援するための制度はもちろん、男性社員が配偶者の出産や育児のために利用できる制度も充実しています。

■介護関連
高齢化社会が進んでいる中、在職中に親の介護をすることは十分考えられます。その際には介護休業、介護勤務、介護休暇を利用することができます。

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
一般・住宅・年金財形貯蓄/賃金制度、介護休暇・勤務制度、寮・社宅制度など

8. 三菱日立パワーシステムズの新卒採用、中途採用の求人は?

採用情報 | 三菱日立パワーシステムズ株式会社(MHPS)

https://www.mhps.com/jp/recruit/index.html

三菱日立パワーシステムズ(MHPS)の採用情報に関するご案内。

9. 三菱日立パワーシステムズのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. 三菱日立パワーシステムズの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

上下水道の土木工事を中心に、不動産事業や太陽光パネルに関する事業など、さまざまな事業を手がけている。工事現場において安全第一を心がけており、無事故300万時間を達成、厚生労働省労働基準局長表彰の無災害記録証(第5種)を受けた。設立は1967年。

建設 東証二部 東京都千代田区


土屋ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

土屋ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1969年創業。北海道に本社を置く、土屋グループの持ち株会社。2018年2月に土屋ホーム、土屋ホームトピア、土屋ホーム不動産の3事業体制に組織を再編。新築住宅の施工販売、リフォーム、中古物件の売買や賃貸の仲介等を行う。創業者考案の「3KM」という社員教育を実施し、仕事のみならず個人、家庭も充実させて人間性を高めている。

北海道 東証二部 建設


瀧上工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

瀧上工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

名古屋に本社を置く。1895年に鍛冶屋として創業。時代の流れとともに変化し、現在は橋梁・鉄骨事業を柱に設計・製作・施工までを一貫して行う専門ファブリケーターである。「ランドマークタワー」や「北備讃瀬戸大橋」、「ナゴヤドーム」など日本の名所を手掛ける。「発電所鉄骨」を得意とし、火力発電所鉄骨は、業界トップクラスである。

東証二部 愛知県 建設


日立アプライアンス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立アプライアンス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置く、白物家電、照明・住宅設備機器等の開発から製造販売を行う会社。ユーザー視点での商品開発に力を入れており、独自の真空技術を使用し冷蔵庫に採用している「真空チルド」シリーズは高い評価と実績を得ている。近年では、省エネ性向上や含有化学物質の削減、生産の効率改善など様々な取り組みを進めている。

東京都港区 非上場 電機・電子 日立グループ


日立オートモティブシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立オートモティブシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車部分品をはじめ、輸送用や産業用の機械器具・システムの製造販売を行う日立グループの会社。エンジン機器を主力とし、エンジンの吸入空気量を検出する装置であるエアーフローセンサーでは世界でトップクラスのシェアを誇る。近年では、中国と米国の2大市場で拡販強化を行い事業伸長に取り組んでいる。

茨城県 東京都千代田区 非上場 自動車関連 日立グループ


最新の投稿


日新商事株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日新商事株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1950年創業の石油関連の事業を主軸とするエネルギー商社。サービスステーション「ENEOS」の運営や、石油化学製品の販売、またケンタッキーフライドチキンやタリーズコーヒーなどのFC店舗の展開、太陽光発電機器の販売、不動産事業など幅広い事業展開を行っている。

東京都港区 東証二部 商社


川上塗料株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

川上塗料株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大気・土壌・水質やシックハウス症候群など、人と環境にやさしい塗料づくりを行う総合塗料メーカーである。100年以上に渡る塗料の製造・販売で、住宅や機械、金属、工業用品、家電製品など、あらゆる業界の大手企業を取引先にもち、それぞれの異なるニーズに応えられる高い品質とハイレベルな技術力が評価されている。

兵庫県 化学・繊維 東証二部


【samco】サムコ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【samco】サムコ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

半導体や電子部品の加工装置メーカー。本社京都。主要製品はCVD装置とエッチング装置、洗浄装置。半導体基板の表面に薄い膜を形成する「薄膜形成分野」、半導体基板の表面に緻密な加工を施す「微細加工分野」、半導体基板の表面を洗浄する「洗浄分野」の技術を持つ。半導体ウエハーのSUMCO(東京)とは別会社であることに注意。

電機・電子 京都府 東証一部 半導体製造装置


三精テクノロジーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三精テクノロジーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1951年創業の遊戯機械、舞台機構、昇降機などの事業を中心とする企業。1952年に日本初のジェットコースターを製造し、1966年には当時世界一の長さを誇った富士急ハイランドのジャイアントコースターを製造。新国立劇場のエレベーターは世界一の高さを誇るなど、豊富な実績を誇る。

大阪府 電機・電子 東証二部


【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ビジネス向け高速印刷機器メーカー。通称リソー(RISO)。1980年代に小型印刷機「プリントゴッコ」が大ヒットするが、2012年に事業終了。現在の売上高のほとんどは印刷機器事業で、世界最速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」を展開。売上全体の4割を海外であげているが、営業利益は国内事業が大部分。

電機・電子 東証一部 東京都港区 理想科学工業


wiget_w300 wiget_w300