株式会社日立プラントコンストラクションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日立プラントコンストラクションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都豊島区に本社を置く、原子力発電所をはじめとする各種発電所や送変電設備などの電力プラントを建設する会社。他にも改造工事や保守・メンテナンスも行う。豊富な経験と実績を活かしたエンジニアリング技術と建設技術を強みとする。近年では、海外原子力発電プロジェクトへの参画など、新たなグローバル展開に取り組んでいる。


1. 日立プラントコンストラクションってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

各種プラントの建設・メンテナンスを国内・海外で幅広く行っています。

日立グループのプラント施工事業を担う中核企業

1-2 創業者と沿革

1929年 (株)共成組を設立
1940年 企業合併により日立工事(株)に社名変更
1968年 日立プラント建設(株)に社名変更
2006年 企業合併により(株)日立プラントテクノロジーに社名変更
2013年 (株)日立製作所と合併

1964年 三立興業(株)を設立
1991年 (株)日立プラント建設テクニカルに社名変更
1994年 企業合併により(株)日立プラント建設テックに社名変更
2008年 企業合併により(株)日立プラントエンジニアリングに社名変更
2009年 企業合併により(株)日立プラントエンジニアリングアンドサービスに社名変更

2013年 (株)日立製作所の電力・交通・産業プラント施工事業を分割、
     (株)日立プラントエンジニアリングアンドサービスが承継し、
     (株)日立プラントコンストラクションに社名変更
2015年 集塵装置事業を三菱日立パワーシステムズ(株)グループと事業統合し、新会社に移管

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都豊島区東池袋三丁目1番3号 
ワールドインポートマートビル7階

出典:http://www.hitachi-plant-construction.co.jp/corporate/outline/index.html

1-4 ビジョン・ミッション

■ミッション
「社会・産業インフラの創造を通じて地球に貢献すること」

2. 日立プラントコンストラクションの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲完成工事高 601億1400万円
▲営業利益 23億8300万円
▲当期純利益 15億3300万円
(自 平成29年4月1日 至 平成30年3月31日現在)

▲完成工事高  588億6600万円
▲営業利益 15億2500万円
▲当期純利益 7億6700万円
(自 平成28年4月1日 至 平成29年3月31日現在)

▲完成工事高  638億4600万円
▲営業利益 10億2600万円
▲当期純利益 13億3100万円
(自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日現在)

2-2 主力事業

■エネルギーシステム
火力・原子力・水力発電所、変電所の施工エンジニアリング、建設、メンテナンスを国内海外で幅広く行っています。90年近い歴史の中で培ってきた経験と技術により、数百トンの大型機器を、わずか数ミリの精度で据付けます。特に原子力分野では、メーカーと連携して機器や配管等を一体に組上げたモジュールを大型クレーンで一気に搬入・据付けするモジュール工法を開発・適用しました。施工の安全性・品質向上、工期の短縮に貢献するモジュール工法は、世界的に高い評価を得ています。原子力発電所の空調設備では、設計・製作を含め、施工・試運転・メンテナンスまで一貫して当社が担当します。

■産業プラントシステム
鉄鋼、化学、医薬など幅広い産業プラントの建設・メンテナンスにわが国のプラント草創期から携わってきました。高いレベルの施工力、工程管理、安全・品質管理が特長です。また日立グループ各社との連携により、ICT技術、製造プロセスまで含めたトータルソリューションで納入が可能です。

■交通システム
海外の鉄道事業者を中心に車両検修基地用設備(洗浄設備、分解組立装置、検査機器等)、モノレール用の保守・工作車両、地下鉄路線の保守・点検用バッテリー式機関車の設計・製作・納入、モノレールのシステム機器(信号・分岐器・変電・通信等)の据付工事を行っています。

■建設支援事業
プラント建設工事における現地事務所・宿舎、重機・道工具類の計画・設置・手配・運営等、建設現場に必要なきめ細かなサービスを提供します。

3. 日立プラントコンストラクションの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
赤穂 敏之

1979年 上智大理工卒、日立プラント建設入社。
2014年 日立製作所インフラシステム社産業プラント・ソリューション部門CEO。

出典:https://r.nikkei.com/article/DGXLASDZ09HSZ_Z00C15A3TJ1000?s=3

3-2 発言、エピソード

プラントを建設する、それが私たちの仕事です。さまざまなプラントの複雑な機器や装置を現地で据付け、配管やケーブルでつなぎ、運転できるようにし、運転開始後は保守、メンテナンスをお引き受けする、そんな仕事を、国内はもとより世界中の国や地域で、80有余年にわたり行ってまいりました。いま、私たちを取り巻く事業環境は社会ニーズの変化とそれに伴う技術革新によって日々大きく変化しています。しかし、私たち日立プラントコンストラクションのミッション「社会・産業インフラの創造を通じて地球に貢献すること」は変わりません。世界中のさまざまな場所で、施工計画、施工、保守・メンテナンスの技術を駆使し、皆さまの課題を解決してまいります。

私たちは、これまで国内はもとより世界中の国や地域で発電プラント、産業プラントを建設し、よりよい人の暮らしと産業の発展に貢献してきました。
それを実現したのは、社員一人ひとりの能力と、その総和としての『人財力』です。プラント建設では、計画、設計、施工、メンテナンスなどさまざまな仕事の場面で、限られた時間内に適切な判断を下すことが求められます。それゆえに、私たちは年齢や経験を超えた自由闊達な議論や権限委譲を大切にしています。また、だからこそプロジェクトが完遂したときの達成感は本当に大きなものになります。

4. 日立プラントコンストラクションではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

約1,100名

4-2 平均年齢

41.1歳(2018年4月2日時点)

4-3 平均勤続年数

19.2年(2018年4月2日時点)

4-4 平均年間給与

(1) 企業の採用サイトの記載

日立プラントコンストラクションの新卒採用(会社サイト記載の求人名称)には、現在以下の職種で求人が出ています。
技術系総合職では、プラント設計、施工計画・施工管理 
事務系総合職では、国内営業・海外営業、コーポレート部門業務など

募集要項には、給与について以下のように書かれています。

■初任給(2018年4月実績)
修士卒:235,500円
大学卒・高専専攻科卒:211,500円
高専本科卒:186,500円

(2) 求人情報サイトの記載

求人情報サイトには「空調設計エンジニア」の求人が掲載されています。
給与について以下のように書かれています。

<予定年収>
350万円〜700万円(残業手当:有)
<月給>
200,000円〜390,000円
基本給:200,000円〜390,000円
予定年収はあくまでも目安の金額であり、選考を通じて上下する可能性があります。
月給は固定手当を含めた表記です。

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

毛塚 宏美:設計
【現在の担当業務は?】
鉄道、モノレールの設備エンジニアリング業務を行っています。信号システム、レール分岐器などの現地据付工事や、車両メンテナンス用設備など、業務はとても広範囲にわたります。
【どんな人が当社向き?】
一つのプロジェクトを担当すると、数年がかりの計画で進めることになるので、長期的な視野を持つことが必要です。また、工事完了までには予期せぬ出来事が必ず起こるので、さまざまな状況への柔軟な対応が求められます。

野口 貴行:施工管理
【現在の担当業務は?】
工事部門の執務場所は現場と本社等のオフィスに分かれます。現場では、発電所の建設工事や予防保全工事の工程や安全、品質などに常に気を配りながら管理・監督します。オフィスでは、工事計画、見積、発注、予算管理業務が中心ですが、定期的に自分の目で現場の状況を確認し、課題に対応します。
【やりがいを感じるのはどんなとき?】
当社では、若手社員にも、責任のある仕事を任せます。特に現場では、作業者の安全を預かる立場となります。お客様や作業者と協力しながら、無事故・無災害で工事を完遂し、実際に設備が動き出したときの達成感は、なにものにも代え難い財産となっています。

加藤 直人:営業
【現在の担当業務は?】
現在は海外営業部門に所属し、主に火力・水力発電プラント、産業プラント建設の土建・据付工事の営業を担当しています。主な顧客は日本国内外の重電メーカー、日系の大手商社です。発展途上国でのプラント建設の計画・情報の収集、見積作成、契約交渉、契約後は代金回収の業務を行います。
【今後の目標は?】
大型の海外案件を受注し、プロジェクトを完遂させることです。現在、私の所属する海外部では、アフリカ・サブサハラ地域の案件を手掛けています。担当中の案件を受注し、工事を全うするために、精一杯やります。受注に成功し、途上国を訪れる機会を自分の手でつかみたいと思っています。

深田 修史:建設支援
【現在の担当業務は?】
仮設事務所や仮設倉庫の計画提案、見積作成、現場監督、他、現場で必要な道工具の手配を担当しています。最近では現場に常駐し、書類作成など現場監督が工事に集中できるように裏方サポートも行っています。
【社内の雰囲気は?】
ブラザー制度というものがあり、経験のある先輩が指導係としてついてくれます。入社直後、右も左もわからない状況で方向を示してくれる人がいるというのは、とても心強いものです。またブラザー以外の先輩も、疑問に的確に応えてくれるので、業務を理解するスピードも上がります。

5. 日立プラントコンストラクションの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

これから一緒に仕事をしたいと思う人財とは、責任感、情熱、問題意識を持ち、自らの仕事を一人称で語れる人です。

Q1:どのような人を求めていますか?
チームとして仕事を進めることが多い会社ですが、チームワークを発揮しながら、主体性を持って自らの仕事を一人称で語ろうとする方と一緒に仕事がしたいと考えています。

5-2 育成に関する方針・施策

■教育・研修制度
当社最大の経営資源を「人財力」と位置づけ、社内教育・研修には特に力を入れています。
入社時から役員に至るまで、社員の入社後経過年数や役職に応じて受講する「階層別研修」。技術者としての基礎から、若手~中堅の期間を通して必要な技術を習得するための「技術研修」。ますます活発になる海外展開に向け充実を図っている「グローバル研修」。これらを3本柱として、社内教育・研修制度を体系的に展開しています。
また、これら当社独自カリキュラムによる研修だけでなく、日立グループ共通研修への派遣、社外講師による研修等により、社員の専門能力の強化にも取組んでいます。
入社から若手社員の期間は特にカリキュラムを密にしており、1年目の海外実習や2年目以降の各種技術研修などを通して、業務に必要な知識を習得します。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■初任給(2018年4月実績)
 修士卒:235,500円
 大学卒・高専専攻科卒:211,500円
 高専本科卒:186,500円
■諸手当
 時間外勤務手当、通勤手当、家族手当、住宅手当、工事長手当、作業環境手当、
 年末年始勤務手当など
■賞与
 年2回(6月、12月)

6. 日立プラントコンストラクション(OB・OG)にはどんな人がいるの?

山羽 基
中部大学 工学部 建築学科 助教授 
昭和60年3月 名古屋大学大学院工学研究科修士課程修了 (建築学専攻)
昭和60年4月 日立プラント建設入社
平成元年7月 名古屋大学助手(工学部)
平成7年5月 中部大学講師
平成10年4月 中部大学助教授

竹内 利一
竹内技術士事務所 所長
1983年(株)日立産機エンジニアリング入社
1985年(株)日立テクノエンジニアリング
       社名変更
2001年(株)日立インダストリイズ社名変更
2006年(株)日立プラントテクノロジー会社合併
2011年(株)日立プラントメカニクス転属
2015年 竹内技術士事務所開設
2017年 ティー・ワイ・エス(同)設立

7. 日立プラントコンストラクションの福利厚生は?

雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険
財形貯蓄制度、日立グループ社員持株会、日立グループ団体扱制度保険(生命保険、医療保険)、
企業年金基金(確定給付企業年金)、企業型確定拠出年金など各種制度あり。独身寮完備。

Q4:出産や子育て支援の制度はありますか?
あります。出産休暇、配偶者出産休暇、育児休暇、短時間勤務制度など法定制度を整備した上で、取得期間などで法定以上の制度設定を行っています。

Q5:独身寮はありますか?
あります。自社施設や借上施設などの独身寮があり、いずれもワンルームタイプを用意しています。

Q6:住宅補助などの制度はありますか?あります。同居親族の有無に応じて、単身者用住宅手当制度、家族用住宅手当制度があります。

8. 日立プラントコンストラクションの新卒採用、中途採用の求人は?

9. 日立プラントコンストラクションのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. 日立プラントコンストラクションの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

上下水道の土木工事を中心に、不動産事業や太陽光パネルに関する事業など、さまざまな事業を手がけている。工事現場において安全第一を心がけており、無事故300万時間を達成、厚生労働省労働基準局長表彰の無災害記録証(第5種)を受けた。設立は1967年。

建設 東証二部 東京都千代田区


土屋ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

土屋ホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1969年創業。北海道に本社を置く、土屋グループの持ち株会社。2018年2月に土屋ホーム、土屋ホームトピア、土屋ホーム不動産の3事業体制に組織を再編。新築住宅の施工販売、リフォーム、中古物件の売買や賃貸の仲介等を行う。創業者考案の「3KM」という社員教育を実施し、仕事のみならず個人、家庭も充実させて人間性を高めている。

北海道 東証二部 建設


瀧上工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

瀧上工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

名古屋に本社を置く。1895年に鍛冶屋として創業。時代の流れとともに変化し、現在は橋梁・鉄骨事業を柱に設計・製作・施工までを一貫して行う専門ファブリケーターである。「ランドマークタワー」や「北備讃瀬戸大橋」、「ナゴヤドーム」など日本の名所を手掛ける。「発電所鉄骨」を得意とし、火力発電所鉄骨は、業界トップクラスである。

東証二部 愛知県 建設


日立アプライアンス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立アプライアンス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置く、白物家電、照明・住宅設備機器等の開発から製造販売を行う会社。ユーザー視点での商品開発に力を入れており、独自の真空技術を使用し冷蔵庫に採用している「真空チルド」シリーズは高い評価と実績を得ている。近年では、省エネ性向上や含有化学物質の削減、生産の効率改善など様々な取り組みを進めている。

東京都港区 非上場 電機・電子 日立グループ


日立オートモティブシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立オートモティブシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車部分品をはじめ、輸送用や産業用の機械器具・システムの製造販売を行う日立グループの会社。エンジン機器を主力とし、エンジンの吸入空気量を検出する装置であるエアーフローセンサーでは世界でトップクラスのシェアを誇る。近年では、中国と米国の2大市場で拡販強化を行い事業伸長に取り組んでいる。

茨城県 東京都千代田区 非上場 自動車関連 日立グループ


最新の投稿


日新商事株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日新商事株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1950年創業の石油関連の事業を主軸とするエネルギー商社。サービスステーション「ENEOS」の運営や、石油化学製品の販売、またケンタッキーフライドチキンやタリーズコーヒーなどのFC店舗の展開、太陽光発電機器の販売、不動産事業など幅広い事業展開を行っている。

東京都港区 東証二部 商社


川上塗料株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

川上塗料株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大気・土壌・水質やシックハウス症候群など、人と環境にやさしい塗料づくりを行う総合塗料メーカーである。100年以上に渡る塗料の製造・販売で、住宅や機械、金属、工業用品、家電製品など、あらゆる業界の大手企業を取引先にもち、それぞれの異なるニーズに応えられる高い品質とハイレベルな技術力が評価されている。

兵庫県 化学・繊維 東証二部


【samco】サムコ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【samco】サムコ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

半導体や電子部品の加工装置メーカー。本社京都。主要製品はCVD装置とエッチング装置、洗浄装置。半導体基板の表面に薄い膜を形成する「薄膜形成分野」、半導体基板の表面に緻密な加工を施す「微細加工分野」、半導体基板の表面を洗浄する「洗浄分野」の技術を持つ。半導体ウエハーのSUMCO(東京)とは別会社であることに注意。

電機・電子 京都府 東証一部 半導体製造装置


三精テクノロジーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三精テクノロジーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1951年創業の遊戯機械、舞台機構、昇降機などの事業を中心とする企業。1952年に日本初のジェットコースターを製造し、1966年には当時世界一の長さを誇った富士急ハイランドのジャイアントコースターを製造。新国立劇場のエレベーターは世界一の高さを誇るなど、豊富な実績を誇る。

大阪府 電機・電子 東証二部


【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ビジネス向け高速印刷機器メーカー。通称リソー(RISO)。1980年代に小型印刷機「プリントゴッコ」が大ヒットするが、2012年に事業終了。現在の売上高のほとんどは印刷機器事業で、世界最速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」を展開。売上全体の4割を海外であげているが、営業利益は国内事業が大部分。

電機・電子 東証一部 東京都港区 理想科学工業


wiget_w300 wiget_w300