「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第13回。日々の仕事に打ち込めず、「自分はここにいてよいのか」と悶々とする思いを抱えている人はいないでしょうか。そんな人たちに曽和氏は、自らの体験とともに、夢を「きちんと諦める」ことでようやく自分が「何か」に近づくことができると説いています。


今回は、恥をさらす覚悟で、自分のキャリアについてお話をします。今でこそ、なんとなく人事のプロっぽいことを言われ、ときには図々しくも自分たちで言っていることもありますが、実は「なりたかったものを諦めてきた人生」でした。

人事の道をずっと目指してきたように思われるかもしれませんが、まったくそうではありません。いろいろなりたいものがあったのですが、それらをすべて諦めて、自分にはここにしか生きる道がないと覚悟して、結局今のような仕事にたどり着きました。

もちろん、現在では自分のキャリアに満足しており、これからもここをスタートにいろいろやりたいことが生まれてきているのですが、これは結果論です。ただ、私が自信を持って言えるのは、「きちんと諦めたから、迷いがなくなって今に邁進できている」ということです。(文:人材研究所・曽和利光)

子どものころは詩人になりたかった

記憶のある範囲で、私が最初になりたかった職業は詩人です。もうちょっと言うと、現実的に詩人で食べていくのは谷川俊太郎さんぐらいしかいないでしょうから(言い過ぎですかね)、阿久悠さんや松本隆さんのような職業作詞家に憧れていました。

今でも実家の押入れの段ボールには、中学生ぐらいの時に書きためた詩集があるはずです。死んだら、すぐ焼却処分して欲しいです。いろいろ書いてみたり、投稿したりしてみたのですが、結局誰からも見出されず、今に至ります。

その次にやってみたいと思ったのは医者。祖母が病気がちで何とかしてあげたいというありがちな理由ですが、これも数学は好きだったものの物理や化学、生物に興味が持てず挫折。

では、文系トップの職業を、と司法の道を考えたのですが、あの法律の文面がダメだったのと、単に高校からは勉強すること自体が嫌になってきたので、六法全書を記憶するなんて無理と止めました。まあ、すべて止めたというより、できなかったといった方がよいでしょう。

そうして教育学部に入り、心理学を学んだのですが、次は学者に憧れました。しかし、学者の緻密な論理性や、ファクトでしかものと言ってはいけない窮屈さ(大事ですが)を見て、教えることは好きだけれども研究が無理だと思い、結局、院に行くつもりで就活もしていなかったので、留年してふつうに民間就職をすることになりました。

働きながら悪魔の囁きに追われる日々

よくある話で、めでたしめでたし、となるかと思われるかもしれませんが、そうはいきませんでした。私が諦めてきたと思っていたものは、ほとんど全て成仏することなく、まだ自分の中に悪霊のように残っていたのです。

詩人の霊、医者の霊、弁護士の霊、学者の霊・・・。若い頃はそういうものに取り憑かれたまま、日々の仕事をこなしていたように思います。潜んでいる悪霊は、現実世界で大変なことがあると、そこからの逃げ場として悪魔の囁きを私にしてきます。

「お前はこんなところにいてもいいのか」
「あの夢を思い出せ、まだまだチャンスはあるはずだぞ」

そんな言葉が心の中に響くと、現実世界が色あせてくるのがわかります。日常というものは落ち着いていることが心の安定には良いわけですが、それが退屈なことという解釈に変わります。

こんなことをしていてはいけない、と気もそぞろになると、仕事がおろそかになり、パフォーマンスも下がります。それが悪循環を生むと、現実に踏みとどまって頑張るのではなく、

「やっぱり自分の居場所はここではない。成果も出ないし、自分に合った仕事とは思えない。ここにいるのは間違っている」

と、そこから脱出を図ろうという気持ちになっていきます。そして、その気持ちが一定の閾値を超えてしまうと、実際に退職等々の行為に移してしまうのです。

大学院に受かったのに入学をやめて出戻り

その後の私は、もう無茶苦茶です。最初の会社は4年で辞めてしまい、警察で非行少年の心理判定員の仕事をしながら大学院受験をし直しました。

ところが現実に合格してみると、結局、最初に学者の道を諦めた理由と同じなのですが、その後の研究者としての長い訓練での苦労を思い、結局入学をやめました。その後、幸運にも再び最初の会社に入り直すことができたにもかかわらず、いろいろな悪霊に苛まれました。

例えば、私は司法試験の勉強を結構な期間、密かに独学していました。憲法や民法、刑法などの分厚い教科書を3回程度は勉強して、まとめたノートは何冊にもなりました。そこまでやって、なんとなく法律というものの正体というか本質というかがわかり、自分には不適であると改めて感じ、これまた司法の道に進むという気持ちは消えていきました。

医者もそうです。とある大学の医学部の編入試験が文系学部出身者でも受けられることを知り、応募したこともあります。昔の上司に推薦状まで書いてもらって書類を提出したのですが、あえなく書類選考で落ちました。

しかし、そこまで一応トライしたことで、自分の心の中から、悪霊たちがスーッと消えていったのです。それからの自分は、もう医者とか弁護士とか学者とかに対して、何も思わなくなり、人事マンとしての自分に覚悟ができたように思います。

諦めに必要だった「悲しみの5段階」

昔の人は偉いです。「喪に服す」とは合理的な行為で、自分の大切な存在がいなくなってしまったことに対して、きちんと自分を整理することで、前に向かって歩き出す希望を得ることができるわけです。

もっと言えば、絶望を味わい尽くすことによって、もうそれ以上、うじうじと後ろばかり見ていることから離れて、「もう仕方がない。前を向いて生きるしかない」と現状を受容するしかなくなります。

このことを理論化したのが、エリザベス・キューブラー=ロスという米国の精神科医です。終末期医療のホスピスの嚆矢となる仕事をした方で、人はいかに自分が死んでいくことを受容していくのかを研究し、その段階は「悲しみの5段階」とか「キューブラー=ロスモデル」などと呼ばれています。

それによれば、自分が死ぬことなどの認めがたい出来事に直面した人は、まず「否認」、つまり「そんなことは嘘だ。間違いに違いない」と考える。ところがどうも事実であることがわかると、次に「怒り」、つまり「なぜ、そんなことが起こったのか、なぜ自分なのか」という感情が芽生える。

さらに、怒っても何も変わらないことを悟ると「取引」をしようとする。「なんとかこの状況を変えることはできないのか」と試みる。ところが、それもダメとなると「絶望」、つまり「もうすべての希望は失われた」と抑うつ状態になってしまう。

しかし、ここまで来ることで、その後がある。絶望しきることで、時間が経てば「もう起こったことは仕方がない。こうしていても何も起こらないから、今できることをしよう。前を向いて歩いていこう」と、希望とも受容とも言えるような状態が訪れる。彼女はそう主張します。絶望するから、希望が生まれるということでしょうか。

徹底的に夢を諦め、天職を探してみては

自らの死を受容するプロセスと、なりたかったものになることを諦めることは、同じとは言いませんが、極めて共通する要素が多いのではないかと私は思います。

前述のような私の悪あがき、学者や弁護士や医者になれもしないのになろうとするのは、キューブラー=ロスのプロセスで言えば、「取引」をしていたのかもしれません。

しかし、その「取引」をすることを通じて、それ以前に感じていたような「俺だって別に本気出せば、医者とか弁護士とか学者ぐらいにはなれるぜ」的な情けない思いは、すべて消えていきました。ちゃんと勉強したりしてみて、「ああ、やっぱり僕は徹底的にこの仕事には向いていないんだな。才能がないと本当に理解した」と、ある意味絶望したわけです。

その絶望は清々しいものでした。それからの私は憑き物が取れたように、人事の仕事に邁進し、人事の仕事に誇りを持ち、天職だと感じるまでに至りました。

私の今のキャリアが成功なのかどうかはわかりませんが、少なくとも自分では納得し満足しています。ネガティブに聞こえるかもしれないのですが、皆様、特に若い読者の皆様には、ぜひ徹底的に夢を諦めて、本来の自分の天職を探してみてはどうかとお勧めしたいです。

中途半端に諦めてはいけません。僕にはもう絶対無理だと確信するまで諦めてください。人は皆、何かの天才だと私は信じています。夢を「きちんと諦める」ことで、ようやく自分が天才である「何か」に近づくことができるのではないでしょうか。ちなみに、詩人の霊には、私はまだ取り憑かれているのですが・・・嗚呼。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連するキーワード


悩まないキャリアの歩き方

関連する投稿


「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

人前に出ると極度に緊張し、うまくコミュニケーションが取れない……。そんな悩みを持つ人もいるでしょう。「コミュ障」の人が採用面接で思ったような対応ができないと、人生を左右しかねません。面接の場で許されるギリギリの方法について、人材研究所代表・曽和利光氏がアドバイスします。

悩まないキャリアの歩き方


会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

多くの学生が就職を目指す「大企業」。高い競争に勝ち残ってせっかく入った人気企業を短期間で辞めてしまう人がいます。それはなぜなのでしょうか。その理由をあらかじめ知っておくことで、自分に合わない会社に入ることを避けることができます。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第16回です。

悩まないキャリアの歩き方


「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

スペシャリスト志向の若者が増える中、マネジャーになりたくないという人が増えているそうです。しかし需要があるのだから、機会があれば挑戦してみる価値があるという考えもあります。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第15回です。

悩まないキャリアの歩き方


「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第14回。AI(人工知能)に仕事が奪われると危機感を煽る意見がある一方で、人間がやるよりも仕事の質が高まるという指摘もあります。それでは企業の「採用選考」はどう変わるのでしょうか。得をする人がいれば、もしかすると損をしてしまう人もいるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


最新の投稿


【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。今回は外資系コンサルティングファームのアクセンチュアです。


【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

口コミと公開データを元に転職者目線で企業研究。業績と待遇の2つの面で志望企業を掘り下げます。今回取り上げるのはIT企業のLINE(株)です。

LINE


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300