リクルートのOBOGに学ぶ「よいキャリア」を歩むポイント

リクルートのOBOGに学ぶ「よいキャリア」を歩むポイント

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第10弾。リクルートの人たちがどんな考えて転職に望んでいるか、3つのポイントをまとめてもらいました。「市場価値より一品モノを目指せ」という考え方は、みなさんにも使えるのではないでしょうか。


今回は古巣におんぶに抱っこの記事です。ちょっと自分でもまとめてみたくなり、筆を執りました。私は、リクルートの採用を10数年、うち6年を最終面接などの責任者として担当してきました。今でもちょっとだけお手伝いしています。

当然ながら、リクルート社員とのつながりはとても多く、あの人は元々どんな人で、結局どうなった、みたいな「Before/After」を他の人より多少は知っています。

リクルートは「採用」という名前の会社であり、創業事業は人材ビジネスだったからかもしれませんが、彼らの多くはキャリア巧者です。知らないうちにいろいろなところで頭角を現して、自分のポジションを作り上げています。

ただ、それは「皆さんが優秀だから」かというと、単純にそういうわけではない気もするのです(リクルートの人、すみません)。今回は、それはなぜか、について考えてみました。(文:人材研究所代表・曽和利光)

「フィードバック」で自己像崩壊

最初に思い浮かんだのは、リクルートに入ることによって受ける激烈なフィードバックの洗礼です。昔は「フィードバックの文化」と呼んでいました。

リクルートでは、事あるごとにフィードバックを受けます。例えば、入社半年後、3年目、マネジャーになったときなどの節目では、必ず360度評価(上司・同僚・部下など、周囲の人から評価を受けること)を受けます。

そして、それを自己評価と比較させられ、ギャップについて詰められ、内省させられます。そうすると、嫌でも自分について勝手に抱いていた、理想化された「きれいなジャイアン」みたいな自己像は崩れ去らざるをえません。

研修だけでなく、毎日がフィードバックの嵐です。人の心に土足でヅカヅカ入り込んできて、関係ない人が「お前ってこうだよね」とありがたいフィードバックをくれます。そんな環境で、理想化された自己像が崩れてしまうのはしんどいことではあります。

それでも、真実の自己に向き合わなくてはならなくなるのは良いことです。というのも、キャリアの基本は、自分を知ることだから。自分の特徴を正確に知ることで、どんな場所で自分は生きるのかがわかります。

そう、リクルートの人は、浮き足立っていないのです。自分の実力をきちんと見極めて、適したところに身を置こうとする。活躍するのは当然です。

「退職活動」で自己洗脳

また、リクルートは終身雇用など無縁で、人がどんどん辞めるというイメージがあるせいか(本当はそんなに辞めませんが)、上司に転職すると「あ、そうなの。がんばれよ」とかあっさりと許可されると思われがちです。

しかし、まったくそんなことはありません。激しく慰留されるのが基本です。たいてい1~2ヶ月ぐらいは引き留めに遭います。何度も面談して「なぜ辞めたいのか」「辞めてどうするのか」を聞かれます。

上司だけでなく、過去にお世話になったいろんな人が出てきて、その都度「なぜなのか」をきちんと説明しなければなりません。それはもう、転職活動前の「退職活動」と言ってもよいぐらいです。

こういうことがわかっているリクルートの人は、世の中的には非常識と言われるでしょうが、まずは会社を辞めることに全力を注ぎます。そして無事(?)辞めることが許されたら、それから転職活動をするのです。

私はリクルートを2回辞めていますが(出戻りなので)、2回ともそうでした。「うわ、ウザい」と思われたかもしれませんが、無論それは意地悪でとかパワハラでやっているわけではありません。

引き留める人は、何かインセンティブがあるわけではなく、みんなボランティアです。辞める側も、恩人たちが引き留めてくれることは基本うれしいことです(大変ですが)。ですので、誠実にきちんと答えようとします。

でも、それがよいのです。一時の気の迷いで辞めようとしているなら、きちんと答えることができず、自分でもそれに気づき、変な退職をせずに済みます(私も1回ありました)。それだけいろんな人に「なぜ、辞めたいのか」を深く考えて話すことで、どんどん覚悟ができてきます。

それはもう、自己洗脳と言ってもよいかもしれません。「あれだけタンカを切ったのだから、もう頑張るしかない」となるわけです。そういう転職をしたら、活躍する可能性は高まるでしょう。

市場ではなく「ネットワーク」に身を置く

リクルートの人が、リクルートの人材サービスをあまり使わないのは公然の秘密(?)です。リクルートの人は、人のツテを頼って「ネットワーク」で転職をする人が多い。

リクルートはオープンでフェアな大きな「市場」「マーケット」を作り、なんのツテのない人でも実力さえあれば転職できるようにしました。これは、とても社会的意義のあることです。

ただ、市場とは多数の需要と供給があるものに対して成立するものです。言い換えれば市場で取引されているものは、多くの場合「コモディティ」(一般に広く存在するため、大きな差別化が困難になったもの)ということです。

どんな人でもいろいろな特徴を持っていますが、マーケットで自分を売るのは、自分の「コモディティ」な部分、例えば、学歴・職歴、専門知識、語学…などの他人と比較検討できる部分に注目され、値がつけられるところに身を置くことです。

もちろん、コモディティといっても相対的に希少なものを持っている人は、市場でも高値がつくでしょう。ただ、それでも、自分を唯一無二の存在、「一品モノ」として見てくれる場合よりは希少性は少なく、高値はつきません。

例えば、私が38歳の時にリクルートを辞めるとき、転職サイトや人材紹介会社を通して来た案件と、知人からの紹介や勧誘で来た案件とでは、実に3倍の年収の開きがありました。

前者は、私を「40前の人事マネジャー経験しかないおじさん」と抽象化して(≒コモディティとして)見ていました。後者は、私を私としてみており、「リクルートのあの局面で採用責任者を務めてあんなことをした人」みたいに考え、「まさに、その経験が欲しいのだ」と言ってくれました。

「一品モノ」として欲しがる人が出るまで待つ

それは一種の美術品のような見方なのかもしれません。そんな風に感じてくれたら、人によってはくだらないように思える絵であっても、別の人は1億円でも買いたいという世界ですから、値段はあってないようなものです。

ただ、自分というなんでもない存在を、ダイヤモンドだと見てくれるような稀有な人はそうそう見つかるわけではありません。ですから、タイミングも大切です。そういう人が見つかってもいないのに、転職活動をとにかくし始めてしまったら、いつまで待っても稀有な人は現れず、結局、市場で安売りする羽目になってしまうかもしれません。

それでは、転職に失敗しないためにはどうすればいいかと言えば、実は簡単な話で、「誘いがあった時に真剣に考える」だけです。自分のタイミングで転職しようなどと思わず、チャンスが来たら乗るということです。

なお、これは前述した「転職先を決める前に辞める」ことと矛盾しているわけではありません。自分でやりたいことを決めていれば、個人事業や勉強をしながら待つこともできるのですから。

今の会社や仕事が嫌で転職するという人は、そういうタイミングを待てないので、安売りをしてしまうのです。転職動機がポジティブな人なら、時が満ちるのを待つことができることでしょう。

以上、今回は私が知っているリクルートから転職した人がどんなスタンスを持ち、どんな活動をしていたのかについてご紹介しました。

「フィードバックで我を知る」「退職活動で覚悟を試す」「自分を高く買う人を人づてで探す」というのは、どんな人でもやろうと思えばできることかと思います。参考になりましたら幸いです。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連するキーワード


悩まないキャリアの歩き方

関連する投稿


残業のない会社は単純に「良い会社」といえるのか?

残業のない会社は単純に「良い会社」といえるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第9弾。「働き方改革」がいつの間にか「働かない改革」になっている昨今ですが、これで本当に生産性の問題は解決するのでしょうか。曽和氏はあえて「残業にも一分の理はある」とし、仮に残業をなくすとしても会社として補うべきものがあると指摘します。

悩まないキャリアの歩き方


悪用厳禁! 転職面接で「前の会社の悪口」をキレイに言う方法

悪用厳禁! 転職面接で「前の会社の悪口」をキレイに言う方法

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第8弾。転職面接では「前職の悪口は言うな」というのが鉄則ですが、転職の動機を尋ねられたり、批判的な内容を言わないと話が矛盾したりする場合には、「前の会社の悪口」を言わざるを得ないときもあるでしょう。そのときは、どのように乗り切ったらよいのでしょうか。

悩まないキャリアの歩き方


「自分を引き上げてくれる人」を作れ! 能力や実績だけでは「出世」はできない

「自分を引き上げてくれる人」を作れ! 能力や実績だけでは「出世」はできない

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第7弾。最近の若い人は「出世」に興味がないと言いますが、曽和さんは「正しいことをしたければ偉くなれ」という『踊る大捜査線』の名台詞を引用し、正当な自己アピールの必要性を説きます。

悩まないキャリアの歩き方


転職を見据えた「筋のいい年収アップ」と「筋の悪い年収アップ」の見分け方

転職を見据えた「筋のいい年収アップ」と「筋の悪い年収アップ」の見分け方

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第6弾。今回は「年収アップ」を目指した転職の落とし穴について解説します。自分の実力と報酬が見合っていないと感じている方に、一読をおすすめします。

悩まないキャリアの歩き方


希望の職種に異動したければ、上司に「絶対異動させないで」と言えるようになろう

希望の職種に異動したければ、上司に「絶対異動させないで」と言えるようになろう

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第5弾。いまの仕事を変えたい、希望する人気部署に異動したいと思ったら、かえって目の前に打ち込んだ方がいいという「逆説」について解説します。

悩まないキャリアの歩き方


最新の投稿


【世界シェア2位】(株)ダイセルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界シェア2位】(株)ダイセルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1919年、セルロイド製造企業8社の合同により大日本セルロイド株式會社として設立したのが始まり。セルロイドを応用した化学品製造をはじめ、セルロース化学、有機合成化学、高分子化学、火薬工学分野などの事業を行っている。タバコ用フィルターでは日本唯一の製造メーカーであり、世界シェアも第2位。

大阪府 東証一部 化学・繊維 東京都港区 ダイセル


【機械メーカー首位】三菱重工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【機械メーカー首位】三菱重工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大の機械メーカー。川崎重工やIHIを引き離すダントツの1位。主力事業のエネルギー・環境、機械・設備システムのほか、多方面で高シェアを誇る。連結売上高は4兆円を超え、うち5割以上を海外が占める。従業員数は連結で8万人超。国産ジェット旅客機MRJ(三菱リージョナルジェット)の開発が注目されている。中途採用求人多し。

東証一部 東京都港区 重機・造船 三菱重工


【5期連続の増収】日本工営(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【5期連続の増収】日本工営(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社がある日本で最大手の建設コンサルタント。2016年度売上高は1000億円を越え、5期連続の増収となっている。コンサルタント分野は水資源、都市開発、交通運輸、防災など多岐に渡る。海外でも展開しており、これまでに156ヶ国でプロジェクトに携わってきている。

コンサルティング 東証一部 東京都千代田区 日本工営


【物流システムの世界トップ】(株)ダイフクに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【物流システムの世界トップ】(株)ダイフクに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1937年に創業された物流システムの世界トップメーカー。長年"マテリアルハンドリング(マテハン)"に携わリ、保管や搬送、仕分け・ピッキング、情報システムといったさまざまな要素を融合したソリューションを実現するシステム・機器を開発し、その領域を広げる。

東証一部 大阪府 電機・電子 東京都港区 ダイフク


【八吉・のど黒屋】(株)一六堂に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【八吉・のど黒屋】(株)一六堂に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

八吉・のど黒屋・日本橋老舗屋・うさみやなどターミナル駅から近いビジネス街を中心に76店舗を展開している日本の外食チェーンストア。全店舗黒字経営を実現し、売上高95億円以上を達成。「買参権」という“漁港でセリに参加できる権利”を取得し、新鮮でリーズナブルな食事を提供している。

外食 東証一部 東京都中央区 一六堂


wiget_w300 wiget_w300
'