残業のない会社は単純に「良い会社」といえるのか?

残業のない会社は単純に「良い会社」といえるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第9弾。「働き方改革」がいつの間にか「働かない改革」になっている昨今ですが、これで本当に生産性の問題は解決するのでしょうか。曽和氏はあえて「残業にも一分の理はある」とし、仮に残業をなくすとしても会社として補うべきものがあると指摘します。


多くの会社において、いわゆる「働き方改革」が推進されています。中身はリモートワークや同一労働同一賃金、副業推進などいろいろありますが、最も中心的なテーマは、労働時間の短縮、残業制限などの「時短」でしょう。

安倍政権も、罰則付き時間外労働の上限規制を導入しようとしています。もちろん、過重な労働時間が問題であることには議論の余地はありませんが、そんなに単純に「残業の少ない会社は良い会社」と言ってよいのでしょうか。(文:人材研究所・曽和利光)

単なる「賃下げ」と「労働強化」ではないのか

当のサラリーマン諸氏の中には、残業抑制などやめてくれという人々もいます。なぜなら、現状の時短には業務改善などの効率化策を伴わない場合が多く、単純に「短い時間で同じアウトプットを出せ!」と求めるものだからです。

今まで適正な作業時間をかけて出していたアウトプットを、無理やり短時間で出すだけであれば、それを課せられる社員はものすごい集中力や能率で仕事をしなければなりません。

これを「生産性の向上」と言うのかもしれませんが、無駄な作業をやめさせたり、便利なツールを導入したりして効率化を図るのと、個人をとにかく頑張らせ過集中させることとは違います。過集中で仕事をした社員は、とんでもなく疲れることでしょう。

その上、アウトプットが同じとくれば、成果主義の世の中では報酬は同じ。いや、残業時間が減れば、報酬は減るわけです。社員にしてみれば、頑張ったのに報酬が減るのではたまったものではありません。

ロイターの報道によれば、安倍政権の推進する残業抑制策が実現した場合、日本全体で見た場合、年間雇用者報酬の約2%に当たる5兆円程度の所得減が見込まれるという試算が出ているとのことです。

政府はその分を子育て世代を中心とした3%の賃上げによって還元することを、経済界に要請しているようですが、果たして実現するでしょうか。財務的に余裕のある大企業はできても、同じことが中小企業にできるのかという問題もあります。

副業する理由は「結局はお金」という現実

残業抑制を後押しする理屈としては「労働時間が減れば、自分の有限な人生を他のことにもいろいろ使えるぞ!」という声もあります。素朴に考えれば、確かにそんなこともあるかもしれないと思います。

しかし実際には、そんなポジティブな理由で副業をやっている人は少ないようです。エン・ジャパンの2018年の副業に関する調査では、転職サイトを利用している人(大半はおそらく20代)の半数以上に副業経験があるそうです。

その理由として最も多かったのが「副収入が必要だから」で、およそ7割もの人が回答していました。副業というよりは、生活費のためにアルバイトをしているといったほうが、現実に合っているようです。

次に多かった「空いた時間の活用」は4割程度、その他の理由はもっと割合が少ないという結果でした。お金のために働くことをネガティブというわけではありませんが、「成長のために多様な経験をするため」とか「専門性を他の領域に生かすため」とかいった、意識の高い理由で副業をしているわけではないということだけは言えそうです。

国税庁の調査によれば、サラリーマンの平均年収は、バブル直後の平成9年には約470万円であったのが、現在は420万円程度で、50万円ほど減っています。最近でこそ若干の増加傾向が見えてきていますが、まだまだ低位に留まっているといえましょう。

だから結局、なかなか残業はなくならない。政府が無理に残業をなくそうとすれば、別のところでお金を稼がなくてはならず、副業せざるをえなくなるのです。

本業がおろそかでは「人材育成」もおぼつかない

副業を推進する企業の経営者に本音の話を聞くと「残業代を払えないし、生活費が困るのもわかる。だから副業を解禁することにした」という人がいました。残業と副業は、そういうトレードオフ関係にもあるわけです。

となれば、やはり残業と副業どちらかを選ばなければならないわけですが、その場合、どちらがマシなのでしょうか。今のところ残業が劣勢ですが、私はあえて「残業の方がマシではないか」という考えを提示してみたいと思います。

理由のひとつは効率性です。事前に準備する知識や慣れを考えれば、同じ額を稼ぐなら、本来的には本業をもっと頑張る方が楽に稼げることでしょう。副業で10万円稼ぐためには、新しいスキルを獲得しなければなりません。

人材育成の観点もあります。人があるスキルや能力を身につけるには、一定の期間における実践と反復が必要です。「これくらいは経験しないとこのスキルは身につかない」というポイントがあるわけです。

ところが残業を抑制することで、そのポイントをなかなか通過できず、せっかくの仕事経験が血肉になっていかない可能性も高まります。本業と副業それぞれが中途半端な経験で終わってしまえば、能力向上にはなかなかつながりません。

もちろん、副業で稼ぐための「新しいスキル」は長い目で見て有益かもしれないし、就業時間内で能力が高まらないわけでもありません。男女共同参画の視点からも残業時間削減の要請があります。ただしこれまでは、ある時期に本業のみに長時間専念することで、身につくことがあったことも事実です。そう考えると、一定量の残業にも一分の理があるのではないかと思うのです。

「賃金の補償」と「育成施策の追加」が必要

しかし時代は、もう残業抑制にまっしぐらです。この流れがどこまで行くのか、分かりません。いったん残業が減り、残業代も能力開発機会も減るということを制約条件と考えて、マネジメントを行なっていくしかないと思います。

まずは残業代が減った分、月例賃金や賞与や手当などで、今までの報酬水準を維持する施策を行うことが必要です。せっかくの機会なので単に減少分を補うだけでなく、重要な業務を担う若手から中堅層に再配分した方がよいでしょう。

加えて、経験値を補うための研修等の育成施策を追加投入することです。無駄な作業をやめさせて生産性の高い業務にシフトすることはもちろん、業務効率化に便利なツールに積極的な投資をすることで、業務の負担を軽減することも大事です。

一方、就職や転職で会社を選ぼうとしている人には、「わが社は残業抑制を推進しており、働きやすい職場を作る努力をしております!」という美しい大義名分をそのまま鵜呑みにしないよう、アドバイスをさせていただきます。


これまで述べてきた時短のデメリットをきちんと補償する対策も同時にしているかどうかをチェックしなければ、「なんていい会社なんだ」と入ったのに、結局はがっかりすることにもなりかねません。皆が諸手を挙げて良しとしているものには落とし穴があるものです。ぜひ落ちないように気をつけていただければと思います。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連するキーワード


悩まないキャリアの歩き方

関連する投稿


「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

人前に出ると極度に緊張し、うまくコミュニケーションが取れない……。そんな悩みを持つ人もいるでしょう。「コミュ障」の人が採用面接で思ったような対応ができないと、人生を左右しかねません。面接の場で許されるギリギリの方法について、人材研究所代表・曽和利光氏がアドバイスします。

悩まないキャリアの歩き方


会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

多くの学生が就職を目指す「大企業」。高い競争に勝ち残ってせっかく入った人気企業を短期間で辞めてしまう人がいます。それはなぜなのでしょうか。その理由をあらかじめ知っておくことで、自分に合わない会社に入ることを避けることができます。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第16回です。

悩まないキャリアの歩き方


「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

スペシャリスト志向の若者が増える中、マネジャーになりたくないという人が増えているそうです。しかし需要があるのだから、機会があれば挑戦してみる価値があるという考えもあります。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第15回です。

悩まないキャリアの歩き方


「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第14回。AI(人工知能)に仕事が奪われると危機感を煽る意見がある一方で、人間がやるよりも仕事の質が高まるという指摘もあります。それでは企業の「採用選考」はどう変わるのでしょうか。得をする人がいれば、もしかすると損をしてしまう人もいるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


最新の投稿


【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。今回は外資系コンサルティングファームのアクセンチュアです。


【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

口コミと公開データを元に転職者目線で企業研究。業績と待遇の2つの面で志望企業を掘り下げます。今回取り上げるのはIT企業のLINE(株)です。

LINE


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300