第一三共 年収 製薬

【平均年収1134万円】第一三共はなぜ給与が高いのか

【平均年収1134万円】第一三共はなぜ給与が高いのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は製薬メーカーの第一三共です。


第一三共は、がん治療薬の領域で優位に立とうとしています。
2018年4月5日に、創薬支援ベンチャー企業であるダーウィンヘルス(所在地:米国ニューヨーク)とともに、がん治療薬の標的となる物質を探し出す共同研究を始めると発表しました。
ダーウィンヘルスは、膨大ながん細胞情報の解析結果を活用し、遺伝子やたんぱく質などのバイオ情報をコンピューターで効率的に解析する技術を持っています。第一三共はこうした技術を駆使し、発見した標的に合う医薬品を開発することで効果的ながん治療につながるとしています。

また第一三共は3月27日にも、名古屋市立大学や中部大学、三菱UFJキャピタルと共同でがん温熱療法に関する研究を始めると発表しており、このような新たな取り組みも活発です。

第一三共は、2005年に第一製薬と三共が経営統合して発足され、現在では医療用医薬品事業を行う会社となりました。
さらに年収が高い会社としても名をはせていて、東洋経済オンラインランキングではトップ40に入っています。

それでは、第一三共の年収はいったいどれくらい高いのか、またなぜそんなに高いのか、そして就職・転職先として適しているのかを探っていきましょう。

第一三共の年収(給与・報酬)はどれくらい高いのか

第一三共の平均年収ですが1134万円(有価証券報告書2017年3月期)でした。

あわせて第一三共の同業他社のも見てみましょう。
まず武田薬品工業ですが1015万円(有価証券報告書2017年3月期)、つづいてアステラス製薬は1073万円(有価証券報告書2017年3月期)でした。それでは各社の平均年収を比べてみましょう。

・第一三共:1134万円
・武田薬品工業:1015万円
・アステラス製薬:1073万円

このことから第一三共も含めた、業界全体の平均年収が高いことがわかります。

男女あわせた正規雇用者の平均年収が487万円(2016年国税庁・民間給与実態統計調査)ですから、どれだけ高いのかがわかりますね。

めったに見ることができない給与明細。そこからわかった驚愕の実態とは!


製薬業界の給与明細

どの会社も年収の高さは国内トップクラス

なぜこれほどまでに業界全体の平均給与が高いのでしょうか? その理由を追ってみましょう。

第一三共の年収(給与・報酬)はなぜ高いのか

平均年収を見てわかるように、製薬業界は全体的に年収が高いことで知られています。
優秀な人材を確保するためには、待遇面で同業他社に劣るわけにはいかないという内情もあります。もちろん、社員の年収を高くするには、会社として相応の収益がなければなりません。

業界の傾向として、製薬会社はグローバル規模で活動しているために、売上高が大きいと言えます。また新薬を独自開発すると、特許による独占的収益を確保できることになります。新薬の研究・開発には膨大な資金が必要ですが、薬の製造自体は原材料費が安価なため、販売管理費や流通経費を繰り入れても高い利益率を出すことが可能なのです。

第一三共の2016年度売上高は9551億2400万円、営業利益は889億2900万円(利益率9.3%)で、日本国内で見ると武田薬品工業、アステラス製薬、大塚ホールディングに次いで第4位に位置づけています。

このうち、医療用医薬品に限ってみると、武田薬品工業を抑えて国内第1位で、売上高は5066億円です。プロトンポンプ阻害薬「ネキシウム」や抗凝固薬「リクシアナ」などの新製品が好調であることが影響しています。

またMR(営業)職の給料が高いことは、業界を通じて同じ状況です。

口コミには年収の実態を如実に表す証言がありました。


第一三共社員の口コミ

給料は魅力的!

「はっきり言って、報酬はかなり良い方だと言えます。 通常のレベルの昇進をすることで、30歳後半で……

出世のために必要なことはやっぱりある!

「基本的に社内に派閥や学閥はないため、実績を残せば評価される。 出世コースに乗っている人のタイプを挙げてみると……

実際の給与明細を見比べると、目安では見えてこなかった驚きの現実が!


第一三共社員の給与明細

30代では大きな伸び!

第一三共社員の給与明細

賞与の有無で、差が出る!

年収の高さばかりに目を奪われがちですが、就職・転職を検討するにあたり気をつけなければならないことはないのでしょうか。

第一三共に就職・転職する際に留意点や課題はないのか

業界を通じて言えることは、MRという職業は規則的な勤務体系ではないことです。
顧客である病院の医師に合わせて仕事をする必要があるため、時には早朝や深夜に対応しなければならない場合があり、また講演会を休日に組むこともあるので、たとえ世間が休みであっても休日出勤が避けられないことも多々あります。

また競合他社を抑えて自社の製品を病院に採用してもらえるかどうかは、医師への自分の説明や営業トークで決まるため、仕事の成果がはっきりと現れてしまいます。
MRは高い報酬を得る分、常に大きなプレッシャーがあるようです。

さらに近い将来、国内の医療用医薬品については、薬価算定基準が費用対効果によって決められてしまうかもしれません。原価に上乗せする販管費や営業利益などの水準が一般企業より高く、製薬メーカーを優遇する価格設定になっていることを厚労省が問題視しているためです。
このことによって、今後は製薬メーカーの営業利益率が下がる恐れも出て来ています。

この他にも口コミにはこんな意見が書かれています。


第一三共社員の口コミ

あまり大きな面白みは感じられない

「部署にもよるが、社外対応や電話は少なくメール対応が基本となっている。 社内の雰囲気は静かで、黙々と……

出世のために必要なことはやっぱりある!

「お互い認め合う風土、社員の相互尊重が出来ている社風がある。 一人ひとりのキャラクターは濃い。そのため……

結局第一三共は就職・転職先として選んでもいいのか

ここまで第一三共を見てきました。結局「就職・転職先として選んでもいいのか」なんですが、

結論から言うと「選ぶべき」です。
冒頭で示したニュースのとおり、第一三共は、がん治療の領域で存在感を増していくことは確実です。

製薬企業各社の研究開発費を見てみると、第一三共はアステラス製薬やエーザイなどを抑えて第1位で、資金が十分に投入されていることもあり、研究者にとってはよい環境で仕事ができるはずです。

このような恵まれた職場環境によって新薬の開発に加速がつき、後の展望として、第一三共は同業他社に先んじて新しい医薬品をリリースすることで、市場を席捲できる可能性が高いと言えます。
就職・転職先として非常に魅力的だと言っていいでしょう。

転職候補として第一三共に興味が湧きましたでしょうか?


しかし、これほどの人気企業・難関企業ともなれば、個人応募で採用面接にまでたどり着くことは難しいでしょう。

ここは転職アドバイザーを活用してみませんか?

転職アドバイザーってなに? という方のために簡単にご説明します。
転職アドバイザーとは、応募者から転職に関わる相談に乗り、企業の採用担当者と様々な交渉をします。いわば応募者と採用企業の橋渡し役です。

具体的には、
①非公開求人を紹介してもらえる
②応募書類のブラッシュアップを手伝ってもらえる
③年収や入社時期について採用企業と交渉してもらえる
ことが挙げられます。

①非公開求人を紹介してもらえる
転職アドバイザーはコーポレートサイトや就職・転職サイトに公開されている求人だけではなく、より厳選された人材を採用したいと考えている企業が公表していない求人情報をたくさん抱えています。

②応募書類のブラッシュアップを手伝ってもらえる
これまでの膨大な転職ノウハウが蓄積されていたり、企業の採用担当者から生の要望を聞いていたりするので、転職を希望している企業に最適化した応募書類作成が可能です。

③年収や入社時期について採用企業と交渉してもらえる
転職希望者がもっとも気になるけど、なかなか伝えにくい希望年収額や、前職での引き継ぎなどで入社時期が遅くなりそうなど、採用企業との調整役をしてくれることもあります。

これらによって合格率アップや精神的な負担を軽減することができますし、さらには類似した企業・職種の紹介を受けられるなどたくさんのメリットがあります。

しかもこれらのサービスは、すべて無料で受けられるんです。
(※ただし、転職アドバイザーを経由した採用応募の場合に限ります)

ぜひ下記リンクからお申し込みください。


第一三共への転職をプロのアドバイザーに相談する(キャリコネ転職)

※リンク先のサイトに登録すると後ほど転職アドバイザーから連絡があります。その際に「第一三共に転職したい」旨をお伝え下さい。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


第一三共 年収 製薬

関連する投稿


【平均年収1214万円】三井物産はなぜ給与が高いのか

【平均年収1214万円】三井物産はなぜ給与が高いのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は総合商社の三井物産です。

三井物産 年収 商社


株式会社エスアールエルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エスアールエルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1970年創業。みらかホールディングス株式会社の連結子会社で、受託臨床検査事業を行う。東京都新宿区に本社を置き、日本国内に90カ所に営業拠点をもつ。主に大規模病院医から特殊検査を受託しており、検体を預かり分析や検査を行っている。また検診機関の運営受託や健康増進サービスも手がけている。

東京都新宿区 非上場 製薬


【平均年収1386万円】三菱商事はなぜ給与が高いのか

【平均年収1386万円】三菱商事はなぜ給与が高いのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は総合商社の三菱商事です。

三菱商事 年収 商社


【平均年収1142万円】三井不動産はなぜ給与が高いのか

【平均年収1142万円】三井不動産はなぜ給与が高いのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業はデベロッパーの三井不動産です。

三井不動産 年収 不動産


【平均年収998万円】豊田通商はなぜ給与が高いのか

【平均年収998万円】豊田通商はなぜ給与が高いのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は総合商社の豊田通商です。

豊田通商 年収 商社


最新の投稿


【平均年収1214万円】三井物産はなぜ給与が高いのか

【平均年収1214万円】三井物産はなぜ給与が高いのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は総合商社の三井物産です。

三井物産 年収 商社


株式会社JR(ジェイアール)東日本リテールネットに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社JR(ジェイアール)東日本リテールネットに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1987年に東日本キヨスク株式会社として設立。その後、2007年にJR東日本リテールネットとなった。コンビニエンス事業として「エキナカコンビニ」という新しい業態でスタートし、NewDaysとKIOSK合わせて約800店舗を展開している。デベロッパー事業として、東京駅などに「京葉ストリート」等、商業施設を開業させた。

東京都新宿区 非上場 小売


GMOクリック証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

GMOクリック証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都渋谷区に本社を置く、インターネット証券会社。GMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結子会社であり、GMOインターネット株式会社の孫会社である。株式、投資信託、FX等を扱う。主力はFX取引きで手数料は業界最安値を誇る。創業以来、金融取引システムの企画・開発・保守・運用までを一貫して自社で行っている。

東京都渋谷区 非上場 証券


株式会社エスアールエルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エスアールエルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1970年創業。みらかホールディングス株式会社の連結子会社で、受託臨床検査事業を行う。東京都新宿区に本社を置き、日本国内に90カ所に営業拠点をもつ。主に大規模病院医から特殊検査を受託しており、検体を預かり分析や検査を行っている。また検診機関の運営受託や健康増進サービスも手がけている。

東京都新宿区 非上場 製薬


パラマウントベッド株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パラマウントベッド株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

家庭用ベッドや医療用ベッドを取り扱う国内有数のベッドメーカー。国内のみならず海外にも納入しており、その実績は100ヶ国以上にのぼり世界シェア2位を誇る。2011年にパラマウントベッドホールディングスと株式交換を行い、完全子会社となった。女性活躍推進プロジェクトを立ち上げ、女性が活躍できる環境に注力している。

非上場 東京都江東区 化粧品・生活用品


wiget_w300 wiget_w300
'