大日本印刷の社長「3代目世襲」を社員はどう見ているのか

大日本印刷の社長「3代目世襲」を社員はどう見ているのか

大日本印刷が、39年ぶりの社長交代を発表した。次期社長は現社長の長男。これで前社長を含め3代続けて「北島家」から社長が輩出されることになる。企業口コミサイト「キャリコネ」で、社員の反応を見てみた。


東証一部上場企業でありながら、大手印刷会社の社長が39年も交代しなかったことや、オーナー家でもない北島家から次期社長が誕生すること、84歳の現社長が代表権のある会長職として残ることなどについて、ネットには驚きや疑問の声があがっている。

「競争を勝ち抜いてきた訳でもないのに」と批判も

明治9年に創立した秀英舎だが、創業者に北島家の人物は入っておらず、世襲が始まったのは先代の社長である北島織衛氏から。

NHKは5月11日のニュースで「3代続けての"世襲"となり、大手の上場企業としては異例の人事」と報じたうえ、世襲批判に対する会社の反論を載せている。

「"息子ありき"で選んだわけではなく、候補者の中から適任者を選んだ

ネットには「三代目」世襲を揶揄する声があるが、これは以前からの既定路線だったらしい。企業口コミサイトの「キャリコネ」には、大日本印刷で研究開発に携わっていた20代男性が、2010年の時点で世襲制批判を書き込んでいた。

この「高報酬」とは、現社長の北島義俊氏に対する2010年3月期の役員報酬7億8700万円が、日本人最高額となったことを指しているのだろう。従業員の年間平均給与647万円との「年収格差」が122倍にのぼったことも話題となった。

翌2011年にも、20代男性が同様の書き込みを残している。

現状に満足する社員「長い休みも取りやすい」

確かに大日本印刷の営業利益は、2006年3月期をピークに大きく落ち込んでいる。ちなみに日本で初めてiPhoneが発売されたのは2008年7月だ。2009年度と2010年度にはピーク時の半数程度にまで持ち直したものの、2011年度に再び落ち込み、それ以降は大きく浮かび上がっていない。

ここ数年の営業利益は横ばいのようにも見えるが、企業の収益性を測る「営業キャッシュフローマージン」を見ると、右肩下がりの傾向は改善していない。キャッシュを稼ぐ力が弱まっており、「印刷」という産業の現状を如実に反映しているグラフといえるだろう。

大日本印刷の営業利益と営業キャッシュフローマージン(2003年3月期~2018年3月期)

会社の業績が落ち込めば、世襲経営者の手腕に疑問を呈する人が出ても当然のことだ。しかし、その後の「キャリコネ」の口コミを見ると、前述の男性のような厳しい批判を書き込んでいる人は見当たらない。むしろ現状にそこそこ満足している人が多いようだ。

業績はライバルの凸版印刷と大きく変わらず、3位の共同印刷にも追い上げられていない。もしかすると別の社長が就任していれば、もっと高い業績を上げていたかもしれないが、まずまずの待遇で雇用も保障されていれば強い不満も起こらないのだろう。

リストラさえなければ「世襲」も好都合?

もちろん、社長の選任は株主総会で行うため、手続きに齟齬がなければ批判される筋合いもない。一部社員の批判はあるものの、社長の「世襲」は社内にも問題なく受け入れられそうだ。日経新聞の記事で、次期社長の義斉氏はこう答えている。

印刷業は取引先との信頼関係など人脈が重要で、安定的な成長を達成できる」

印刷会社は、大手取引先からの受注産業であり、重厚な装置産業という側面もある。連結売上高が1兆4000億円超、社員も3万8000人超という巨大な会社では、社長ひとりの影響はさほど大きくないという可能性もある。

むしろ新社長が短期のV字回復を狙ったスタンドプレーや急速な方向転換を行うと、人員削減やコストカットのリスクがある。そのような心配のない「世襲」なら、社員にとっても当面は好都合だ。

しかし「取引先との信頼関係が重要な印刷業」の時代は終わりつつあり、今後は新しい取引先との関係を含めた新事業への舵取りが求められることだろう。そこに手間取れば「世襲」を理由とした批判も出てくるに違いない。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


大日本印刷

関連する投稿


【就職・転職】凸版印刷&大日本印刷 印刷業界「どれだけ知ってる?」診断

【就職・転職】凸版印刷&大日本印刷 印刷業界「どれだけ知ってる?」診断

就職・転職活動中の方はチェック!書籍や雑誌の出版印刷、各種製品のパッケージ印刷、ディスプレイ製品の開発など、長年培ってきた印刷技術でしのぎを削る、凸版印刷と大日本印刷。印刷業界を代表する会社で働いてみたいという人たちのために、両社を比較したクイズ形式で知識を診断します。

業界知ってる診断 大日本印刷 凸版印刷


【印刷業界研究】凸版印刷(トッパン) vs 大日本印刷(DNP) 比較――就職・転職するならどの会社?

【印刷業界研究】凸版印刷(トッパン) vs 大日本印刷(DNP) 比較――就職・転職するならどの会社?

今回は印刷業界の2強と呼ばれる、凸版印刷と大日本印刷を取り上げます。近年は出版物のデジタル化などの影響から、売上高・営業利益ともに減少傾向ですが、従業員数は増えています。就職・転職の参考になれば幸いです。

業界研究 凸版印刷 大日本印刷


最新の投稿


株式会社IGポートに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社IGポートに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

映画・TV・DVD・ゲーム用アニメーションの制作及びこれらの版権管理、コミック事業などを手掛ける。映像制作では、企画から編集までを一貫して行っている。1987年設立。2000年に(株)プロダクション・アイジーを吸収合併、2007年には現在の(株)IGポートへと社名変更し、完全持株会社となる。連結子会社10社を持つ。

マスコミ 東証ジャスダック 東京都


Mipox(マイポックス)株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

Mipox(マイポックス)株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1925年創業の研磨メーカー。ハイテク業界を中心に研磨フィルム・液体研磨剤・研磨装置に至るまで幅広い研磨材を提供。受託事業も行いワンストップソリューションが可能である。2016年7月日本研紙(株)の子会社化により一般研磨分野の製品も拡充。国内10拠点、海外12拠点を有しグローバル化を推進している(2018年10月時点)

東京都新宿区 東証ジャスダック ガラス・セメント


【平均年収955万円】出光興産の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収955万円】出光興産の給与が高いのはなぜなのか

出光興産の年収(給与・報酬)が丸わかり!同業他社との比較、平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに平均年収が高い理由や社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は石油元売 業界第2位の出光興産の出光興産です。就職・転職活動中の方は必見です。

出光興産 年収 エネルギー 石油


株式会社NaITOに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社NaITOに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1945年(昭和20年)創業の機械工具の専門商社。金属や樹脂の加工で使う切削工具の取り扱いは国内トップを誇る。そのほかにも計測・測定工具、産業機器、工作機械などを扱う。2012年にベトナムに現地法人を設立し、国内のみならず、東南アジアを中心にグローバルに展開している。

東京都北区 東証ジャスダック 商社


Salesforceの開発に強いパソナテキーラが「請負開発をやめた」理由

Salesforceの開発に強いパソナテキーラが「請負開発をやめた」理由

米Forbes誌の「世界で最も革新的な企業」で4年連続第1位に選ばれたセールスフォース・ドットコム。同社の製品Salesforceを使ったシステム開発や運用支援で注目を集めているのが、株式会社パソナテキーラ(東京・大手町)だ。いま求めるデベロッパー(開発エンジニア)の人材像などについて取締役社長の佐藤潤氏に話を聞いた。

ITサービス・ソフトウェア


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300