日新製鋼株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日新製鋼株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1962年に高炉を建設し銑鋼一貫メーカーへ脱皮するとともに、表面処理製品・ステンレス鋼などの薄板部門に特化したメーカーとして、業界におけるユニークな地位を占めている。メルティングセンターである呉製鉄所は高炉微粉炭原単位や熱延歩留、加熱炉燃料原単位などさまざまな主要技術指標で国内トップの水準にある。


1. 日新製鋼ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

日新製鋼株式会社(にっしんせいこう、英文表記:Nisshin Steel Co., Ltd.)は、東京都千代田区丸の内に本社を置く高炉メーカーである。

1-2 創業者と沿革

日露戦争の特需で日本中が好景気に沸く1908(明治41)年、大阪の浪速に田中亜鉛鍍金というめっき工場が産声を上げた。 その3年後には、同じ大阪の南区に亜鉛鍍株式会社が創業する。 この2つの亜鉛めっき会社が日新製鋼の源流である。

亜鉛めっきとは、鉄の需要が増大した産業革命によってもたらされた優れた防錆技術である。 今日の日新製鋼の「錆びない鉄」への挑戦は、すでに創業時より運命づけられていたと言える。
創立当社の田中亜鉛鍍金。瓦葺き木造50坪の小さな工場から始まった。

多くの中小鉄鋼会社が消えていった世界恐慌や戦争、震災などの試練を乗り越え、国内トップの平炉メーカーと大手亜鉛鉄板メーカーへと成長。 そして、田中亜鉛鍍金が創業して50年後の1958年10月、2社は大いなる決断をする。 さらなる事業の拡大化を図るための合併である。 1959年4月、正式に日新製鋼株式会社が発足。 高度経済成長の波に乗り、1962年には、高炉を建設して銑鋼一貫メーカーとして飛躍を遂げた。 2008年、当社は創業から100周年、そして2009年には、日新製鋼として新発足後50周年、今や小さなめっき工場は、日本の高炉4社の一角を占めるまでに発展した。

日新製鋼の源流のひとつ、田中亜鉛鍍金の創立当初の写真。瓦葺き木造50坪の小さな工場からすべては始まった

前身:田中亜鉛鍍金
創業者 田中松之助

1908(明治41)年、大阪市浪速区で田中亜鉛鍍金という小さなめっき工場が産声を上げた。
瓦葺き木造50坪ほどの町工場で、町の人たちが使う金物や船具などを亜鉛めっき加工するのが主な仕事だった。日露戦争の特需を背景に雨後の筍のように生まれた鉄鋼関連会社のひとつにすぎなかったこの町工場が、やがて激動の鉄鋼産業史を生き残り、21世紀には日本の鉄鋼大手5社のなかで独自のポジションを築くことになるなど、工場主の田中松之助でさえも想像もしていなかったことだろう。

前身:亜鉛鍍株式会社
創業者 佐渡島英禄

鉄はそのままの状態では錆びる宿命にある。それを防ぐために表面に亜鉛めっきを施したものが亜鉛鉄板で、その将来性にいち早く着目していたのが先に登場した佐渡島英禄らである。佐渡島らは1911(明治44)年5月、日本で最初の民間亜鉛鉄板メーカー、亜鉛鍍株式会社を大阪市南区で立ち上げた。これが日新製鋼のもうひとつの源流である。

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都千代田区丸の内三丁目4番1号

1-4 ビジョン・ミッション

グループ経営理念
お客様中心主義に基づき、鉄を通じてお客様の夢と理想の実現をお手伝いするため、価値ある商品・技術・サービスを提供し、お客様とともに新たな市場を創造して豊かでゆとりある社会の発展に貢献します。

グループ経営ビジョン
1.社員一人一人の力を大切にし、人と人の繋がりによってグループ総合力を発揮します。
2.素材・加工メーカーとしての進化を続け、マーケットにおける存在感・存在価値を高めます。
3.社会や地球環境と調和した健全な発展により、現在と未来のお客様・株主・社員に選ばれる会社を目指します。

2. 日新製鋼って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2014年3月 5764億4700万円
2015年3月 6175億2500万円
2016年3月 5470億2600万円

▲営業利益
2014年3月 165億5700万円
2015年3月 210億5500万円
2016年3月 100億8700万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益又は損失
2014年3月 177億円5900万円
2015年3月 169億円4700万円
2016年3月 △66億1300万円
(注)2016年3月期からは【当期純利益】に変わり、【親会社株主に帰属する当期純利益】を掲載しております。

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高
鉄鋼事業の単一セグメントのためセグメントの情報はありません。

▲地域別売上高
(平成28年3月期)
日本  4354億2200万円
北米   515億500万円
東アジア 355億6600万円
その他  245億3200万円

2-3 主力商品

セリオスの特徴

屋根・壁などの外装材は、雨や風、雪、熱などの外環境から家を守る大切な役割を担っています。また、万一の災害にも負けない強さと高い耐久性、そしてメンテナンスの容易さが不可欠です。SELiOS(セリオス)は、厳しい自然環境にも耐える様々な性能や多彩な意匠性を兼ね備えた外装建材です。

鉄クラッドステンレス鋼の特長

SUS304の耐食性を持ち、磁性を兼ね備えています。
軟質で加工性に優れ、曲げや絞りも可能です。
曲げ、深絞りなどの加工性が良好です。
熱伝導性が優れています。

2000年7月、「100年住宅を目指す積水化学工業(株)の鉄骨系ユニット住宅“セキスイハイム”の次世代住宅構造材としてZAM®が全面採用された」これを報じる新聞記事を営業担当の住田芳浩は食い入るように何度も読み返した。
世界初、次世代の溶融めっき鋼板:溶融Zn-6%Al-3%Mg合金めっき鋼板ZAM®。
それは日新製鋼が2000年に完成した高耐食性鋼板である。

3. 日新製鋼の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長CEO(最高経営責任者)
平成29年4月1日就任予定
取締役会長 三喜 俊典

人事異動出典:
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=34943&code=5413

昭和25年9月7日生
昭和50年4月 日新製鋼㈱入社
平成14年10月 同社薄板・表面処理事業本部商品開発部長
平成15年6月 同社執行役員
平成19年4月 同社常務執行役員
平成22年6月 同社取締役常務執行役員
平成23年4月 同社代表取締役社長、CEO(最高経営責任者)(~平成26年3月)
平成24年10月 当社代表取締役社長、CEO(最高経営責任者)

平成29年4月1日就任予定
代表取締役社長CEO(最高経営責任者)
栁川 欽也

出典:
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=34943&code=5413

昭和27年10月3日生
昭和53年4月 住友金属工業㈱(現 新日鐵住金㈱)入社
平成17年4月 同社鹿島製鉄所副所長
平成19年4月 同社常務執行役員
平成23年4月 同社専務執行役員
平成24年6月 同社取締役専務執行役員(~平成24年9月)
平成24年10月 新日鐵住金㈱常務取締役
平成26年4月 同社代表取締役副社長
平成28年4月 同社取締役
平成28年6月 当社取締役副社長執行役員

3-2 発言、ブログ、エピソード

2014年4月、当社は新たなスタートを切りました。
経済環境の変化は激しく、鉄鋼のマーケットはグローバル化し、お客様のニーズは高度で多様なものとなっています。
このようななか、私たちはこれからも存在感、存在価値のある会社であり続けること、そして将来にわたり成長し続けていくことが必要です。
日新製鋼ホールディングス、日新製鋼、日本金属工業の三社合併により誕生した当社は、統合効果を最大限にあげ、このグローバル競争に打ち勝っていきます。
日新製鋼グループでこれまで培ってきた製造技術、商品開発、販売ネットワークの強みを掛け合わせ、より強固なものにしていきます。
お客様中心主義に基づき、鉄を通じてお客様の夢と理想を実現するお手伝いをしたい。その使命の達成に向け、私たち日新製鋼は、これからも日々邁進してまいります。
(三喜社長)

真の国際競争力が問われる時期に、ステンレス協会の会長に就任するにあたり、木下前会長の進めてこられたISSFをはじめとするグローバルでのコミットメントや、日本国内における公共物件でのステンレス鋼の採用拡大推進、統計データの適時提供、環境問題への対応などを引続き進めてまいります。何卒、よろしくお願いします。
(三喜社長)

柳川氏は新日鉄住金副社長を務めていたが、昨年2月に子会社化を発表したのを受けて、日新製鋼副社長に転じていた。柳川氏は同日都内で行った会見で、「新日鉄住金とのシナジー(相乗効果)を最大限に創出していきたい」と抱負を述べた。
(柳川副社長 平成29年4月1日社長就任予定)

4. 日新製鋼ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結:6805名
単体:4042名
平成28年3月31日現在

4-2 平均年齢

単体:38.5歳
平成28年3月31日現在

4-3 平均勤続年数

単体:17.7年
平成28年3月31日現在

4-4 平均年間給与

単体:589万6774円
平成28年3月31日現在

4-5 社員インタビュー、コメント

2015年入社
普通鋼・特殊鋼生産推進センター
堺・東予生産推進チーム(堺製造所内)

日新製鋼は、ZAMに代表されるように明確な強みがある鉄鋼メーカーです。私は就職活動にあたって「自分たちにしかない強み」をもつ会社に就職したいと思っていました。日新製鋼はまさにその強みを持っており、その強みを活かすことで社会に対して貢献していくことができる会社です。
堺製造所はそのZAMも含めた、鋼板にめっきや塗装を施す表面処理鋼板という製品を生産しています。私の仕事は生産計画の作成や生産状況の管理を行う生産推進チームの一員として、堺製造所内の多くの原料や製品コイルなどの流れを把握し、情報を整理して関連部署に伝えていくことです。また、生産状況と出荷能力のバランスを考慮した上で工場全体の売上計画を作成するという、出荷関連の業務にも携わっています。生産推進チームは、1年目からそれなりに責任を伴う仕事を任される、という特徴があります。与えられた責任の重さからプレッシャーを感じることは多いのですが、自分で考え発信した情報をもとに計画が作成され、目標が達成されたときに得られた達成感は、メチャメチャ大きいです。仕事をやり遂げようとさえすれば、確実に成長していくことができる職場だといえます。

2015年入社
ステンレス製造本部 周南製鋼所
総務部 人事チーム

社員の皆さんが快適に働くことができるように、社会保険、給与、福利厚生といった業務を通して縁の下で支えているのが人事チームです。私は、給与計算と採用を主に担当しています。給与は賃金が適正に支払われているか確認したり、製鋼所全体の時間外勤務を含めた就労時間を把握して資料を作成し労務管理に活かすという重要な仕事です。また採用に関しては、採用試験で日新製鋼を訪問してくれた学生の皆さんを工場見学に案内しています。私の印象が日新製鋼の印象にもつながるとても重要な仕事ですので、いつも明るく前向きであることを心がけています。今年内定をもらった学生の一人が、私が案内しているときに社員と明るく会話をしている姿を見て、明るい職場だと感じて入社を希望したと話してくれたときは、新入社員の私でも会社の良さを伝えることができたと嬉しく思いました。
現在の職場も含めて日新製鋼は、プライベートな事も気軽に話せて、社員の方の笑顔が絶えないとても明るく気さくな会社だと思います。まだ女性の社員数は多くはありませんが、少ないからこそ活躍できる場面はたくさんあります。私自身の目標は、日新製鋼をもっと女性が働きやすい職場・環境にすることです。会社全体でも女性社員の活躍を促していくために、さまざまな制度を新設し始めています。女性目線で物事を考えどんどん意見を発信していって、女性にとって働きやすい、女性の社員がもっと増える会社にしていきたいです。

 

5. 日新製鋼の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

適性検査や複数回の面談を行います。 この過程を通じて日新製鋼の事業内容、仕事内容、社風などを充分に理解し、納得して内定へのステップを踏んでください。 また、採用プロセスは応募方法(自由応募、学校推薦)や専攻、時期によって異なることがあります。

求める人財像
 当社グループでは、企業を構成する社員の成長こそが企業の成長につながると考え、事業活動の主体である社員を「人財」と位置付けています。
 当社グループの求める「人財」とは、現在の企業活動に貢献することはもちろん、環境の変化を見据えながら変革を恐れず、未来の企業活動にも貢献する挑戦的な姿勢で仕事に取り組むことのできる人物と捉え、社員の採用・育成に取り組んでいます。

女性がより活躍できる環境づくり
 当社グループでは経営ビジョンの一つとして「社員一人ひとりの力を大切にし、人と人の繋がりによってグループ総合力を発揮する」ことを掲げており、この取り組みの一つとして女性がその希望に応じて十分に能力を発揮し活躍できる環境づくりを推進しています。
 その一環として仕事と子育ての両立支援への取り組みに加えて、2016年度からは女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画を策定し、当該計画に沿った活動を推進していきます。具体的には、女性従業員の計画的かつ継続的な採用の推進、女性が就業するうえで望ましい職場環境の整備、女性自身のキャリア形成に対する意識醸成活動、主に管理職層を対象としたダイバーシティやワーク・ライフ・バランスに関する意識啓発活動などを行うこととしています。

5-2 育成に関する方針・施策

Q 新入社員研修について教えてください。
A 人材育成として1年間の新入社員教育プログラムを実施しています。 まず、入社直後に当社の業務内容や制度、鉄鋼業界に関する講義、工場見学および製造所での三交代製造実習、本社・支社・支店での販売・商品開発実習など約3ヶ月間の導入教育があります。 三交代製造実習では、実際の「モノづくり」に触れることで自社製品の製造過程をより理解していただきます。
配属後はそれぞれの部署で、約1年間のOJTやOFF-JTを通して業務に必要な知識やスキルを身に付けていただきます。

Q 社員の教育・育成制度について教えてください。
A 人材育成については、職務を通して知識やスキルを学ぶOJTをベースに、資格に応じて合宿形式で実施する階層別研修(6段階)、販売・財務・法規や技術・設備などの部門毎に実施する研修や社外セミナーで業務に必要な知識やスキルを身に付けていきます(部内研修)。 また英語・中国語などの語学研修、海外のロースクール・MBAなどへの留学等、国際化に対応した要員の育成も行っています。

■ OJT(On the Job Training)
「仕事を通して人は成長する」を基本認識としてプロとして自律した人材の育成を図っています。 部門で必要とされる知識・スキル、態度・行動特性の習得について、一人ひとりの特性に合わせたOJTを計画的・継続的に実施しています。

■ OFF・JT
社員の集合研修や外部のセミナーへの参加。 また、海外のビジネススクールや、ロースクールへの2年間の留学もあります。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

(新卒 総合職)
給与
【大学院修士了】 232,000円(2016年度実績)
【大学学部・高専専攻科卒】 206,000円(2016年度実績)
諸手当 超過勤務手当、通勤費 等
昇給 年1回
賞与 年2回

(新卒 事業所採用)
初任給 176,000円~188,000円[2016年度実績]+ 各種手当
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月、12月)

(中途採用 事業所採用)
初任給
【技術職】176,000円~188,000円[2016年度実績]+ 各種手当
【技能職】165,000円~188,000円[2016年度実績]+ 各種手当
昇給 年1回(4月)
賞与 年2回(6月、12月)

6. 日新製鋼出身者(OG・OB)にはどんな人がいるの?

株式会社トクヤマ 監査役
津田 与員(つだ よしかず)
1950年12月27日生

1974年4月 日新製鋼株式会社入社
1999年6月 同社経営企画部長
2001年6月 同社財務部長
2003年6月 同社執行役員 財務部長
2005年4月 同社執行役員
2006年4月 同社常務執行役員 CFO
2006年4月 同社取締役 常務執行役員 CFO
2007年4月 同社取締役 常務執行役員
PI推進部長 CFO
2008年4月 同社取締役 常務執行役員 CFO
2008年10月 同社取締役 常務執行役員
リスクマネジメント推進室長 CFO
2009年4月 同社取締役常務執行役員 CFO
2012年10月 日新製鋼ホールディングス株式会社
取締役常務執行役員 CFO
日新製鋼株式会社取締役常務執行役員 CFO
2014年4月 日新製鋼株式会社取締役社長付
2014年6月 同社常任顧問
2015年6月 当社監査役(現任)

南部 正司(なんぶ まさし、1967年8月6日 - )は、日本の元バレーボール選手、指導者。現役時代はアタッカーを務めていた。
大阪府大阪市出身。大阪商業大学附属高等学校、大阪商業大学を卒業し、1990年に日新製鋼入社。日新製鋼男子バレー部では高校の先輩でもある柳本晶一が監督を務めており、柳本の下で鍛え上げられた。また日本男子代表として1995年バレーボール・ワールドリーグに出場した。
1997年に日新製鋼ドルフィンズが解散したため、松下電器・パナソニックパンサーズへ移籍。2001年のシーズンまで現役としてプレーした後、バレーボール指導者へ転身して2002年からパンサーズのコーチやマネージャーを務めた。
2014年2月6日、ゲーリー・サトウの後を受けてバレーボール日本男子代表監督に就任することとなった。プレミア監督としての実績、ブラジルバレーの知識、飽くなき向上心などが評価されての抜擢だった。尚、プレミアリーグ 2013/14シーズン及び2014年黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会が終了するまではパンサーズの指揮を執り、2014年5月から代表監督に専念することとなった。2016年10月、続投を視野に中垣内祐一と荻野正二と共に日本協会の面接を受けたが、バレーボール日本男子代表監督を退任。

7. 日新製鋼の福利厚生は?

健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、企業年金制度(任意)、財形制度、通勤費支給(全額)、社宅・寮制度、保養所(大山、六甲)など

8. 日新製鋼の中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


最新の投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


wiget_w300 wiget_w300