【ゴム・合成樹脂】クリヤマホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ゴム・合成樹脂】クリヤマホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1939年に大阪で「栗山ゴム商会」として創業。2012年に「クリヤマホールディングス」へと商号変更し持株会社体制に移行している。ゴム・合成樹脂製品の製造、販売、施工を主体とし、産業用や建設用、スポーツ施設用資材など幅広く取り扱っている。海外にも拠点を持ちグローバルな事業展開を行っている。


1. クリヤマホールディングスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

ゴム・合成樹脂製品の販売・施工を主業として、国内はもとより世界に視野をひろげたグロ−バルな事業展開をしています

1-2 創業者と沿革

創業者:栗山芳雄

壇浦護謨商会に勤務していた栗山芳雄は、取引先メーカーからの信頼も厚く、大いに社業に貢献していました。彼は未知の市場開拓への熱意を抱き、1939年(当時31歳)大阪市西区に「栗山ゴム商会」の看板を掲げ、独立開店しました。

1939(昭和14)年 栗山ゴム商会の商号で創業
1940(昭和15)年 栗山護謨株式会社設立
1952(昭和27)年 資本金1,000万円に増資
1957(昭和32)年 王子ゴム化成株式会社設立、工業用ゴム製品の製造開始
1964(昭和39)年 資本金5,000万円に増資
          開発部門新設、新製品開発を推進
1969(昭和44)年 栗山ゴム株式会社に社名変更
         資本金1億円に増資
1972(昭和47)年 クリヤマコンソルト株式会社設立"ホテル・コンソルト"を開業
1979(昭和54)年 栗山興産株式会社(現:KOC)設立、不動産業・ビル管理業務を開始
1980(昭和55)年 資本金3億円に増資
1981(昭和56)年 資本金4億円に増資

国内の沿革 | クリヤマホールディングス株式会社

https://www.kuriyama-holdings.com/company/history.html

クリヤマ株式会社の事業内容をご紹介。ゴム・樹脂製品を中心に、建機農機・電力・船舶向け産業用部材、各種ホース、セラミックタイル・点字タイル等の建設用資材及びロングパイル人工芝・全天候型トラックや体育施設用の床材等のスポーツ施設資材の販売・施工を行っています。

海外の沿革 | クリヤマホールディングス株式会社

https://www.kuriyama-holdings.com/company/history_w.html

クリヤマ株式会社の事業内容をご紹介。ゴム・樹脂製品を中心に、建機農機・電力・船舶向け産業用部材、各種ホース、セラミックタイル・点字タイル等の建設用資材及びロングパイル人工芝・全天候型トラックや体育施設用の床材等のスポーツ施設資材の販売・施工を行っています。

1-3 本社所在地とネットワーク

■本社所在地
大阪市中央区城見1丁目3番7号
松下IMPビル25階

グループ会社について | クリヤマホールディングス株式会社

https://www.kuriyama-holdings.com/company/group.html

クリヤマ株式会社の事業内容をご紹介。ゴム・樹脂製品を中心に、建機農機・電力・船舶向け産業用部材、各種ホース、セラミックタイル・点字タイル等の建設用資材及びロングパイル人工芝・全天候型トラックや体育施設用の床材等のスポーツ施設資材の販売・施工を行っています。

1-4 ビジョン・ミッション

■経営ビジョン~クリヤマグループの未来像~
「顧客のニーズをつかみ、社会に貢献する会社」
~夢をかなえる豊かな未来へ~
私たちは、「顧客のニーズをつかみ、社会に貢献する会社」を目指し、常に世界を視野におきながら、「夢をかなえる豊かな未来」の実現に向けてチャレンジを続けていきます。

■行動指針
1 できないと思うより、まずやってみよう、改善、工夫、協力で目標を達成しよう
2 責任を取らされることを恐れるより、積極・果敢に仕事に挑戦しよう
3 人と人とのつながりをもっと大切にして、学んだことを活用しよう
4 情報を共有して、お客様とのネットワークを拡大しよう
5 株主、お客様、社員、家族、社会のことを大切に思い、行動しよう

2. クリヤマホールディングスの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
第78期(平成29年) 489億4200万円
第77期(平成28年) 448億2900万円
第76期(平成27年) 456億4200万円

▲経常利益(連結)
第78期(平成29年) 23億5400万円
第77期(平成28年) 22億8600万円
第76期(平成27年) 34億4300万円

▲当期純利益(連結)
第78期(平成29年) 25億4300万円
第77期(平成28年) 15億6600万円
第76期(平成27年) 24億4900万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメントごとの売上高
(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
アジア事業       226億3723万7000円
 産業資材事業     119億5622万7000円
 建設資材事業      75億2616万6000円
 スポーツ施設資材事業 21億2007万1000円
 ホテル事業      3億5423万3000円
 その他事業      6億8053万8000円
北米事業        220億3610万円
北欧事業         42億6959万2000円
合計          489億4293万円

▲地域ごとの売上高
(自 平成29年1月1日 至 平成29年12月31日)
日本  207億7329万5000円
米国  197億8271万7000円
カナダ 22億409万7000円
欧州  22億7854万5000円
その他 39億427万3000円

2-3 主力事業

■アジア事業(産業資材事業)
送る・運ぶ・伝える。そして動かす。
<納期在庫管理から輸送まで>産業資材製品の提供を通して、需要と供給の円滑化を推進すると同時に、未知の分野を担うパイオニアとして、社会の発展にも大きく寄与しています。

■アジア事業(建設資材)
快適・安全・安心。さらに、豊かさをカタチにする。
高速道路や大橋で活躍する道路資材。落橋防止装置を始め、反力分散沓・ゴム沓・伸縮継手・高麗・目地材、さらに景観資材などの重要な機能を担っています。

■アジア事業(スポーツ施設資材)
競う・観る・楽しむ・・・スポーツ環境のレベルアップ。
スーパーX、ネオクッションシステム、モンドターフ、タラフレックス、ヴェネリシート、クッションフェンス等、様々なスポーツの場面で使用される資材を提供します。

■北米事業
常に進化して拡がり続ける、クリヤマのグローバリゼーション。
北米における「産業用(ゴム・樹脂・メタル)ホース事業」は45年の実績を経て、確固たる製造・物流・販売基盤を確立し、業界ポジションもトップクラスにあります。

■北欧事業 
グローバル展開を加速させる新規事業
クリヤマヨーロッパは、ゴム製レイフラットホースを製造販売している世界でもトップクラスのメーカーです。スペイン、アルゼンチン、アメリカに製販の拠点を構え、世界各国の様々な業界に製品を納入しています。当社は、北米事業に加え、新たにスペイン、アルゼンチンに生産拠点を保有することにより、従来は空白であった欧州・南米等への事業活動を拡大し、更なるグローバル展開を加速させています

3. クリヤマホールディングスの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役CEO 
能勢 広宣

昭和61年4月 当社入社
平成17年4月 当社商品開発本部副本部長
平成20年1月 当社商品開発部長
平成20年4月 当社執行役員商品開発部長
平成21年12月 当社執行役員東京支社長兼商品開発部長
平成23年3月 当社取締役東京支社長兼商品開発部長に就任
平成24年1月 当社取締役東京支社長
平成24年10月 クリヤマ㈱取締役東京支社長に就任
平成25年3月 クリヤマ㈱取締役営業本部副本部長兼東京支社長
平成26年1月 クリヤマ㈱取締役営業本部長
平成27年3月 当社取締役に就任
平成28年3月 クリヤマ㈱常務取締役営業本部長兼上海栗山貿易有限公司董事長に就任
平成29年3月 クリヤマ㈱代表取締役社長(現任)兼上海栗山貿易有
       限公司董事長(現任)兼営業本部長に就任
平成30年1月 当社代表取締役CEOに就任(現任)

3-2 発言、エピソード

現在のクリヤマグループは各事業領域において独自のユニークな製品開発に一層の拍車をかけております。 国内では当社のサプライヤーであった尿素センサーメーカー(株)サンエーを2015年に買収、当社の顧客である建機、農機メーカーへのプレゼンスを高め、排ガス規制に対応した製品開発を推進いたしました。 また海外ではレイフラットホースのトップブランドであるTIPSAグループを2015年に買収、スペインとアルゼンチンに製造拠点を確保しました。現在は北米の産業用ホース事業とのシナジーの最大化を推進しております。 また来るべき2020年東京オリンピック、パラリンピックは当社のスポーツフロア及びオリジナル建材にとっては最大の追い風となっており、更なる事業の拡大を目指してまいります。

若手社員を見ていると「人と比較して恥ずかしくないか」ということを自己評価の基準にしてきたのではないかと感じることがあります。しかし私は、なぜ無理をして人に合わせるのか?もったいない!と思います。勇気を持ち、自分の思う道を歩き続けると、必ずや会社の中で自分が役立つ「場」が見えてくるはずです。自分の良さを見つけると、自信が生まれるものです。

4. クリヤマホールディングスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1,056名 (臨時雇用者数 78名)
 アジア事業
  産業資材事業    249名 (同 50名)
  建設資材事業     90名
  スポーツ施設資材事業 23名
  その他事業      23名 (同 6名)
 北米事業   452名 (同 11名)
 欧州事業   159名 (同 10名)
 全社(共通)  60名 (同 1名)
単体 9名

(2017年12月31日現在)

4-2 平均年齢

41.5歳(単体 2017年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

14.4年(単体 2017年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

794万8000円(単体 2017年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

2012年入社
東京支社 東京第一営業部
東京建設グループ 鉄道施設チーム

鉄道施設チームに所属していますので、担当させてもらっているJR・私鉄などの鉄道会社や設計事務所へ取扱い製品(点字タイル等)の提案営業を行っています。
また実際に当社製品を施工している現場へ行くこともあります。

2005年入社
Kuriyama of America,Inc. 出向

私の業務内容は、北米にて建機、農機、輸送機器メーカー等の量産部品を納品することです。更に、顧客先で情報収集を行い、その情報を日本に伝え、グループ全体で円滑に情報を共有出来るよう計らう事です。また北米グループ内で生産しているホースを北米内の顧客へ販売する事も大事な業務の一つです。

2016年入社
経営企画部 連結グループ

部署としての仕事は、連結決算や開示書類の作成、国内外のグループ会社の統括、中期経営計画の策定、IR活動等があります。その中で私は、開示書類の作成や北米グループを中心に連結決算に携わっているほか、必要に応じて翻訳等を行っています。また、プロジェクトの一員として会議に出席するなど…と様々です。難しい仕事が多いですが、その分やりがいも大きいです。

2015年入社
明石支店 OEMチーム

主に建機メーカーに対して、ゴム・樹脂等の製品を納入しております。
客先の開発、バイヤーの方々に対して製品PRを行い、採用してもらえるような活動をしています。

 

5. クリヤマホールディングスの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■求める人物像・選考基準
クリヤマは、これからも常に時代の変化に対応し、顧客のニーズに、社会のニーズに全力で応えていきます。 新しいことに積極的にチャレンジする意欲のある方、様々なことに興味を持つ探究心のある方、自ら課題を見つけ考え判断し、勇気を持って歩いて行ける方、そして、その思いを周囲に熱く語ることができる方こそ、これからのクリヤマに必要な人材であると考えています。

5-2 育成に関する方針・施策

新入社員採用時研修、OJT研修、フォローアップ研修、セグメント別研修、階層別研修、目的別研修

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

初任給:204,400円(2017年4月実績)※諸手当は別途支給
昇給:年1回(4月)
賞与:年2回(7月、12月)4.6ヵ月分(2017年実績)

6. クリヤマホールディングス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. クリヤマホールディングスの福利厚生は?

各種社会保険、退職年金、従業員持株会、財形貯蓄、社内融資制度、寮・社宅制度、傷病休暇制度、資格取得補助制度、定期健康診断、各種表彰制度 他

8. クリヤマホールディングスの新卒採用、中途採用の求人は?

採用情報 | クリヤマホールディングス株式会社

https://www.kuriyama-holdings.com/recruit_new.html

クリヤマ株式会社の事業内容をご紹介。ゴム・樹脂製品を中心に、建機農機・電力・船舶向け産業用部材、各種ホース、セラミックタイル・点字タイル等の建設用資材及びロングパイル人工芝・全天候型トラックや体育施設用の床材等のスポーツ施設資材の販売・施工を行っています。

 
 

9. クリヤマホールディングスのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. クリヤマホールディングスの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


大阪府 東証二部 商社

関連する投稿


那須電機鉄工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

那須電機鉄工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1929年に那須鉄工所として創業。以来、日本のインフラ整備に欠かせない、電力・通信関連事業、建築・道路関連事業、碍子・樹脂関連事業に関わる製品を製作・販売している。2018年4月に砂町工場・八千代工場を統合。鉄塔、金物、ポール、鉄構造物、表面処理を一貫して生産できる体制となった。

東証二部 東京都新宿区 建設


金下建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

金下建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1951年に創立し京都府に本社を置く。建設事業を中心に、アスファルトの再生合成の製造・販売、土木工事等を行っている総合建設業。2002年にISO14001の認定取得した。各事業において、工事現場の地域性や特性を理解し、環境に負荷がかからないよう施工をしていることが特徴である。2018年に工事成績優秀企業に認定された。

京都府 建設 東証二部


日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪府に本社を置き、システムソリューション事業、エンジニアリング事業を二つの柱としている会社。通信設備においては同社が培ってきたコアな事業であり、基幹ネットワークや電話回線、CATV工事などインフラの設計・構築を手がけている。協和エクシオとの経営統合により2018年9月26日付で上場廃止が決定している。

大阪府 東証二部 ITサービス・ソフトウエア 建設


日本リーテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本リーテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社を東京都千代田区に置く。2009年に千歳電気工業株式会社と保安工業株式会社が合併し発足した。それぞれの強みである鉄道信号部門と強配電部門が合わさり、鉄道関係、道路関係、高圧電力線関係と日本のインフラ整備を幅広く行っている。東日本旅客鉄道(株)をはじめ、各高速道路会社、電力会社等より工事を受注している。

東証二部 東京都千代田区 建設


武蔵野興業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

武蔵野興業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

映画館の運営を行う会社。主力の映画事業では2016年にリニューアルした「新宿武蔵野館」とミニシアターの「シネマカリテ」を運営しており、個性溢れる作品のラインナップに注力し海外映画の自社買付け配給を行っている。またテナントビルや賃貸マンションを経営するほか、子会社を通じて寄居武蔵野自動車教習所の運営も手掛けている。

東京都新宿区 東証二部 レジャー


最新の投稿


株式会社日立ビルシステムに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日立ビルシステムに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を置く、主に昇降機をはじめとしたビル設備機器の製造販売を行う会社。2017年に世界トップクラスとなる分速1,200mのエレベーターを中国に納品した。緊急時の迅速な対応や全国に約350拠点あるサポート体制を強みとする。近年では、国内で培った技術力を活かし、グローバル展開に取り組んでいる。

東京都千代田区 非上場 建設 日立グループ


三菱日立パワーシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱日立パワーシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱重工業と日立製作所が火力発電システム事業を統合し設立した会社。世界最高クラスの火力発電技術を誇る。略称MHPS。大型火力プラント及び主機の開発から建設工事までに至る、全工程の自社技術対応を強みとする。近年では、省エネルギーや石油代替・新エネルギーなど、世界中で注目されているテーマにも取り組む。

神奈川県 非上場 建設 日立グループ


那須電機鉄工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

那須電機鉄工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1929年に那須鉄工所として創業。以来、日本のインフラ整備に欠かせない、電力・通信関連事業、建築・道路関連事業、碍子・樹脂関連事業に関わる製品を製作・販売している。2018年4月に砂町工場・八千代工場を統合。鉄塔、金物、ポール、鉄構造物、表面処理を一貫して生産できる体制となった。

東証二部 東京都新宿区 建設


金下建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

金下建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1951年に創立し京都府に本社を置く。建設事業を中心に、アスファルトの再生合成の製造・販売、土木工事等を行っている総合建設業。2002年にISO14001の認定取得した。各事業において、工事現場の地域性や特性を理解し、環境に負荷がかからないよう施工をしていることが特徴である。2018年に工事成績優秀企業に認定された。

京都府 建設 東証二部


日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪府に本社を置き、システムソリューション事業、エンジニアリング事業を二つの柱としている会社。通信設備においては同社が培ってきたコアな事業であり、基幹ネットワークや電話回線、CATV工事などインフラの設計・構築を手がけている。協和エクシオとの経営統合により2018年9月26日付で上場廃止が決定している。

大阪府 東証二部 ITサービス・ソフトウエア 建設


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300