【CA中途採用50人】日本航空(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【CA中途採用50人】日本航空(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内、国際航空運送事業(旅客・貨物)を手がける。通称JAL。連結子会社5社(日本トランスオーシャン航空、日本エアコミューター、ジェイエア、琉球エアーコミューター、北海道エアシステム)と関連会社1社で航空運送事業を展開。グループ乗り入れ国は50カ国を超え、コードシェアを含めて国内線143便、国際線571便の路線を有する。


1. 日本航空ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

東京都品川区に本社を置く日本の航空会社である。日本航空株式会社法が、1953年(昭和28年)に施行されてから1987年に廃止されるまで日本のフラッグ・キャリアであった。国際線は東京国際空港(羽田空港)や成田国際空港を拠点に、アジアや欧米、オセアニアに、国内線は東京国際空港を拠点に幹線からローカル線まで、幅広い路線網をもつ。世界的な航空連合である「ワンワールド」に加盟している。日本では全日本空輸と並ぶ主要な航空会社である。

1-2 創業者と沿革

1950年(昭和25年)6月にGHQにより日本の航空会社による運航禁止期間が解除されることとなり、1951年(昭和26年)1月に日本航空創立準備事務所が開設された。
同時期に他にも4社が国内航空運送事業免許の申請の意向を見せたために、行政指導により最終的に日本航空に一本化され、1951年(昭和26年)3月に国内航空運送事業の免許を申請。その2か月後に営業免許を取得したことを受けて、1951年(昭和26年)8月に「日本航空株式会社」として設立された。
日本政府主導による半官半民の体制で、設立当初の本社は現在の銀座日航ホテルがある場所に置かれた。

JALの沿革 | JALについて | JAL企業サイト

http://www.jal.com/ja/outline/history.html

企業情報や安全・運航情報、CSR情報などがご覧いただける、JAL(日本航空)の企業サイトです。

*わが国唯一の国際線定期航空運送事業の免許会社として発足

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都品川区東品川二丁目4番11号 野村不動産天王洲ビル

http://www.jal.com/ja/outline/company.html

JALグループ情報 | JALについて | JAL企業サイト

http://www.jal.com/ja/outline/group_category/

企業情報や安全・運航情報、CSR情報などがご覧いただける、JAL(日本航空)の企業サイトです。

*航空運送/グランドハンドリング/空港旅客サービス/整備/貨物/機内食/空港周辺事業/燃料/旅客販売/不動産・建設/文化・教育・人材/商事流通/金融・カード/情報/その他

1-4 ビジョン・ミッション

グループ企業理念

公明正大で、大義名分のある高い目的を掲げ、これを全社員で共有することで、
目的に向かって全社員が一体感をもって力を合わせていくことができると考えています。
JALグループは、全社員の物心両面の幸福を追求し、
一、お客さまに最高のサービスを提供します。
一、企業価値を高め、社会の進歩発展に貢献します。

■BRAND STORY
明日の空へ、日本の翼

日本の航空会社として初めて世界の空に羽ばたいてから、
私たちに脈々と受け継がれてきたもの。
それは、歴史や伝統に裏打ちされた技術や経験に誇りを持ち、
妥協を許さない心です。
そして、夢や人、社会を支えていきたいという強い思い。
JALの原点である挑戦する気持ちと
お客さまを想う心を大切にしながら、
「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」を目指します。

2. 日本航空って何をする会社?

女性が多い企業のため、強い忍耐力、精神力、女性特有の気遣い能力を持つ人には大変向いています。したがって、頑張っていけば、会社も教育をしっかりとやってくれますので、管理職を目指すことは十分可能です。(20代女性)

2-1 業績推移・見通し


▲営業収益
2016年3月期 1兆3366億円        
2015年3月期 1兆3447億円


▲営業利益
2016年3月期 2091億円        
2015年3月期 1796億円


▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年3月期 1744億円        
2015年3月期 1490億円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲部門別収入 平成28年3月期
国内線旅客収入  5012億7400万円
国際線旅客収入  4487億8000万円
その他の収入   1624億5300万円
国際線貨物収入  542億7300万円
国内線貨物収入  233億6300万円
国際線郵便収入  103億3700万円
国内線郵便収入  35億7500万円

▲地域別売上高(自平成27年4月1日 至平成28年3月31日)
アジア・オセアニア 2437億8500万円
米州        1975億5200万円
欧州        799億9700万円

2-3 主力商品

航空運送事業

国内、国際航空運送事業(旅客・貨物)を営んでおり、連結子会社5社(日本トランスオーシャン航空株式会社、日本エアコミューター株式会社、株式会社ジェイエア、琉球エアーコミューター株式会社、株式会社北海道エアシステム)および関連会社1社にて航空運送事業を行っております。

■国内線
「JAL SKY NEXT」を順次導入。「便利さ・シンプルさ」を追求し、機内でインターネットをお使いいただけるなど、お客様の利便性向上に注力しています。また、離島や地方都市を広く結ぶことで、地域の方々の足となるほか、「地方創生」の担い手として地域振興にも取り組んでいます。

■国際線
ワンワールド・アライアンス内外のパートナーとの連携を強め、日本と世界を結ぶ利便性の高い路線ネットワークを拡充。また、「高品質・フルサービス」を追求した「JAL SKY SUITE」の導入により、さらに便利で快適なフライトをご提供しています。

3. 日本航空の経営者ってどんな人?

企業自体のイメージはお堅いです。航空機内で働く客室乗務員の環境としては、同じ社員であるにも関わらず非常に気を使います。女性が多い職場ということもあり、場合によってはかなり厳しく細かい上司がいることが特徴です。(40代女性・客室乗務員)

3-1 社長のプロフィール

取締役会長
大西 賢 
昭和30年5月19日生

昭和53年4月 当社入社
平成14年12月 当社整備企画室部長
平成19年4月 当社整備本部副本部長 株式会社JAL航空機整備成田代表取締役社長(出向)
平成21年4月 当社執行役員 日本エアコミューター株式会社顧問
平成21年6月 日本エアコミューター株式会社代表取締役社長
平成22年2月 当社管財人代理(兼)社長
平成22年11月 当社取締役
平成23年3月 当社代表取締役社長 安全総括(安全統括管理者)
平成24年2月 当社代表取締役会長 安全推進本部長(安全統括管理者)
平成25年4月 当社代表取締役会長(安全統括管理者)
平成26年4月 当社取締役会長(現任)

代表取締役社長
植木義晴
昭和27年9月16日生

昭和50年6月 当社入社
平成6年4月 当社DC10運航乗員部機長
平成16年4月 当社運航企画室企画部副部長(兼)運航企画室業務部副部長
平成17年4月 当社運航本部副本部長(兼)運航企画室企画部長
平成19年4月 当社運航乗員訓練企画部長
平成20年6月 株式会社ジェイエア代表取締役副社長(出向)
平成22年2月 当社執行役員運航本部長
平成22年12月 当社専務執行役員路線統括本部長
平成24年2月 当社代表取締役社長 路線統括本部長
平成25年4月 当社代表取締役社長(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

「社員の喫煙対策に年間1億円を投資して喫煙者の2割が禁煙に成功した場合、たばこを吸うために席を離れていた時間が無くなるだけで、年間3億円の生産性向上につながるとの試算を得た」という。「これらを真摯に受け止めて実行に移せるか」が経営者に問われている部分であり、「日本の経営者にはその思考が弱かったのではないか」(大西会長)

僕は高校を卒業後、パイロットに憧れて航空大学に入り日本航空に入社しました。パイロットの仕事を心から誇りに思い、「自分の一生の仕事」と決めておりましたので、2010年2月にパイロットをやめて運航本部長にならないかとオファーをいただいたときは「役員をお受けするか、会社を辞めパイロットを続けるか」で3日間悩みました。(植木社長)

これからも皆さまからいただいたご支援を忘れることなく、常に感謝の気持ちをもって、全社員が心を一つにお客さまの気持ちに寄り添ったサービスを提供してまいります。また、エアバス社のA350型機や三菱航空機社のMRJといった新しい機材の導入も控えており、お客さまの快適性と利便性向上のためには何が出来るのかを考えながら、さまざまな施策への挑戦を続けていきます。
「世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社」という夢の実現に向けて、一歩ずつ歩みを進めてまいります。(植木社長)

4. 日本航空ではどんな社員が働いているの?

妊娠が発覚した日からフライトは出来なくなる。希望をすれば産前休暇まで地上職として働くことができるが、配属部署によっては土日勤務のシフト制になる。また育児休暇は子供が三歳になるまで取得することが可能で多くの乗務員が取得している。(20代女性)

4-1 従業員数

連結 31,986名 単体平均 11,224名 (平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 39.5歳 (平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 13.9年 (平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 760万5000円 (平成28年3月31日現在)

給料は非常に低く、2010年の破綻時に2割カットとなった給与制度のため、社内でも不満を持っている人は多い。フィロソフィーや社訓で物心両面の幸福を謳っているが、少なくとも「物」で幸福度の高い人は社内にいないと思う。(20代男性・財務会計職)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント


今北恭平
2005年入社
コーポレートブランド推進部
アシスタントマネージャー

私は前部署でマーケティング戦略を担い、お客さまに「選んでいただく」ことを、そして現部署でブランド戦略を担い、お客さまに「愛される」ことを中心に考えています。多くのお客さまにJALをご利用いただくには、どちらも欠かせない取り組みであり、様々な部門と連携して取り組むことが重要です。しかし、どちらも明確な答えがあるわけではなく、実行に移すときには、様々な困難にぶつかることもあります。それでも明るく、前向きに、何でも意欲的に挑戦する気持ちを持つことで、常に前進しようとするのが私の長所。このフィロソフィとともに、世界で一番お客さまに選ばれ、愛される航空会社を目指していきたいと思います。


伊藤幸絵
2010年入社
運航本部運航技術部

私の仕事は、「航空機の安全を左右する」責任重大な業務と理解しています。世に完璧など存在しないと言われるなかで、安全運航に関しては絶えず100点満点を出していくことが私たちの使命なのです。そのためには100点を目指していては不十分、120点を目指してはじめて、100点満点が担保されると私は考えています。もちろん、言うは易く行うは難しですが、それでもこうした課題と向き合うからこそ、それ以上の経験や出会いがもたらされ、それが自信となって私を成長させてくれるものと信じています。だからこれからも、たとえ人より時間がかかろうとも、120点を目指してフルスロットルで日々の業務に取り組みたいと思っています。

金子和彦
1993年入社
運航業務部調査役機長

パイロット職には、機長と副操縦士という二つの職種があります。どちらも航空機を操縦し、目的地まで安全に快適にお客さまをお運びすることが仕事。飛行技術という観点で見れば、機長と副操縦士に、大きな能力差はないと思うことも多々ありますが、そのミッションは大きく異なります。それは、機長には、フライトにおけるすべての起こりうる事象を想定して事前準備をし、そしてそのフライトの責任をすべて背負うということが求められている点です。そのために、機長には運航に携わるすべてのスタッフをコーディネートする能力が求められるのだと私は考えています。

浜田奈帆
2002年入社
成田第2客室乗員部
チーフキャビンアテンダント

客室の責任者として、成田・羽田発着の国際線を主に乗務しています。運航の最終責任者である機長と絶えず情報共有しながら、お客さまの安全性、定時性、快適性を追求していきます。また、一緒にフライトする仲間が最大限実力を発揮できるような環境づくりを通じて、JALグループとして高品質なサービスの提供を目指すとともに、チームの要となってお客さまとの絆づくりを実践し、印象に残るフライトをつくりあげていきます。

 

5. 日本航空の人材採用・育成方法

経営破綻後、会社はイメージアップをはかり、それが成功しているかのように見えているが、実情は昔と何も変わっていないと思う。仕事は好きだが会社は嫌い、信じていないという同僚がほとんどである。給料も見合っていない。(20代女性)

5-1 採用に関する方針・施策

▪ともに挑戦者として、新しいJALを。
再生に踏み出してから5年が過ぎ、JALはすっかり立ち直り完成された会社だと思っている人がいるかもしれません。しかし、それは大きな間違いです。私たちの再挑戦は始まったばかりで、その歩みもまだ不安定だと思っています。JALは、これからみんなで一緒につくっていく会社です。経営理念に「全社員の物心両面の幸福」という言葉がありますが、この「幸福」も経営陣や先輩たちから授かるのではなく、これから入ってくる皆さんが一緒になって追求していくものなのです。
このように、私たちはいつでもJALの「素」の姿をお伝えしたいと思っています。ですから、皆さんも選考の場では着飾ることなく、たとえたどたどしくても「素」の自分を見せてほしい。私たちはすでに出来上がった人財ではなく、ともに成長していく人財を欲しているのですから。挑戦者として、新しいJALを一緒につくっていきましょう。

5-2 育成に関する方針・施策

安全教育、JALフィロソフィ教育、JALブランド教育、各階層別研修、自己啓発プログラムなど

JALは「女性だけでなく全社員のワーク・ライフ・バランスを推進し、在宅勤務などをはじめ、働き方の柔軟性を高めていること、また様々な教育研修の機会を設け、女性のキャリア促進と多様な人財が育まれる職場風土の醸成に取り組んでいる」という理由で選出されました。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

JALグループでは、国内外の法人・事業所で勤務するすべての社員に対して、JALフィロソフィに基づく行動と企業理念の実現に向けた行動を求めています。
人事評価においても、JALフィロソフィに基づく行動を評価する仕組みとすることで、JALフィロソフィの実践と企業理念の実現に向けて取り組んでいます。
JALグループでは実力主義に基づく適財適所の人財登用を進めることとしており、合わせて「JALグループ グローバルHR方針(JAL Group Global HR Policy)」を定めることで、日本地区・海外地区問わず同じ考え方に基づき人財の育成、登用を進めています。

6. 日本航空出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

若田光一
宇宙飛行士 
1989年3月 、九州大学大学院を修了し日本航空に入社する。1992年4月 旧・NASDAによりミッションスペシャリスト候補に選出された。

重太 みゆき
日本の印象行動学の第一人者 
大学3年の時にキャビンアテンダントを目指す事を決意し、独自の印象力アップトレーニングを始め、大学卒業後に念願のJAL国際線キャビンアテンダントとなるが、病気で退職。
一時は専業主婦として子育てをしながら暮らすが、夢を諦めずにグループ会社のJALウェイズに再就職。接客姿勢のレベルの高さから年間接客MVPであるグッドパフォーマンス賞を受賞する。

7. 日本航空の福利厚生は?

寮・社宅制度、各種社会保険あり、制服貸与

育児休職は最大で子が3才に達する月の末日まで取得可能であり、産前休職者のほとんどが育児休職を取得しています。また、育児支援制度として小学校就学前の子を養育する社員には、深夜勤務免除、子の看護休暇、所定労働時間を超えて就業させない制度などもあります。厚生労働省の次世代育成支援認定マーク「くるみん」を取得しています。

【他社研究】日本航空のライバル・競合会社の情報まとめ

【売上高・旅客数国内TOP】全日本空輸株式会社(ANA)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/41

売上高、旅客数共に日本航空(JAL)を抜いて国内トップとなった大手航空会社。世界最大の航空連合「スターアライアンス」に加盟し、旅客数で世界トップ20に食い込む。親会社はANAホールディングスで、その傘下にはANAウイングス、エアージャパン、バニラ・エア、全日空商事、ANA Cargoなどの子会社がある。

8. 日本航空の中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


(株)みずほフィナンシャルグループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

(株)みずほフィナンシャルグループに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年1月に設立された、みずほグループの銀行持株会社。みずほ銀行をはじめ、みずほ信託銀行、みずほ証券、その他グループ会社の経営管理を行い、強固な基盤と三位一体の戦略でサービスを提供している。全都道府県に拠点を展開しており、その強固なネットワークは3大メガバンクの中でも他の追随を許さない強みである。


キリングループ(キリンビールなど)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

キリングループ(キリンビールなど)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

飲料事業会社のキリン株式会社(キリンビール、キリンビバレッジ、メルシャンを擁する中間持株会社)を中核とし、医薬・バイオケミカル事業の協和発酵キリンや乳製メーカーの小岩井乳業などを傘下に置く企業集団。持株会社はキリンホールディングス。三菱グループの一員で三菱金曜会・三菱広報委員会の会員企業。


【平均勤続20年】信越化学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均勤続20年】信越化学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1926年に信越窒素肥料として発足。現在は化学メーカーとして有機・無機化学品および電子部品材料を扱う。主力である塩化ビニール樹脂・半導体ウエハーは国内外においてシェアトップを誇る。TOPIX Core30の構成銘柄であり、上場する化学セクター内で最大の時価総額を誇る企業である。


【プレミアム会員192万人】クックパッド(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【プレミアム会員192万人】クックパッド(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

料理レシピの投稿・検索サイト『クックパッド』の運営などをする会社。『クックパッド』は国内で月間6000万人以上、海外では3000万人以上が利用している。プレミアム会員は192万人を超え、会員事業の売上は89億円。


【平均年収1861万円】(株)キーエンスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収1861万円】(株)キーエンスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪市に本社を置く自動制御機器、計測機器等のメーカー。主力製品は工場自動化向けのFA(ファクトリーオートメーション)センサーで、2016年度の営業利益率は53.0%を誇る。平均年間給与は1756万円で、新商品としてリリースする製品の約7割は「世界初」もしくは「業界初」とのこと。44カ国200拠点で事業を展開。


最新の投稿


シノブフーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

シノブフーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

寿司の製造販売業が起源。その後、1971年に株式会社志のぶ寿司を設立。1979年7月販売開始以来、30年以上のロングセラーの「おにぎりQ」は、当時は斬新な開発であった、”海苔の食感・利便性に優れたおにぎりフィルム包装”を採用した商品である。太陽光発電システムの導入や、社内における活動での、環境への取り組みにも積極的だ。


石原ケミカル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

石原ケミカル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和14年に設立され、「界面科学」を原点に研究・開発。電子関連分野、自動車用品分野、工業薬品分野という構成比率。その中でも、電子関連分野の”電子部品外装めっき液”では、国内7割のシェアを持ち、売上の大きな柱となっている。 国際規格「ISO9001」及び国際規格「ISO14001」の認証を取得。


福島労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

福島労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2017年11月16日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2016年11月1日~2017年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、福島労働局管轄の一覧(最終更新日:2017年10月31日)です。


秋田労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

秋田労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2017年11月16日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2016年11月1日~2017年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、秋田労働局管轄の一覧(最終更新日:2017年10月31日)です。


宮城労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

宮城労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2017年11月16日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2016年11月1日~2017年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、宮城労働局管轄の一覧(最終更新日:2017年10月31日)です。


wiget_w300 wiget_w300