「自分を引き上げてくれる人」を作れ! 能力や実績だけでは「出世」はできない

「自分を引き上げてくれる人」を作れ! 能力や実績だけでは「出世」はできない

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第7弾。最近の若い人は「出世」に興味がないと言いますが、曽和さんは「正しいことをしたければ偉くなれ」という『踊る大捜査線』の名台詞を引用し、正当な自己アピールの必要性を説きます。


私も若い頃は、実力をつけて実績さえ残せば、よいキャリアを歩めるし、出世もできると思っていました。企業は有能な人材を確保し、活用することは必須。この世は実力主義の社会であり、実力あるものは各所の要職に当然に抜擢されていくであろう、と。

しかし、大人になっていくにつれ、有能な人が必ずしも出世しないのを何度も見て、少なくとも日本では「力さえあればいいわけではない」のかと徐々に思うようになりました。

そしていろいろな人のキャリアに触れることで、ある一つの仮説にたどり着きました。それは「出世をする人には、必ず誰かその人のことを買っていて、その地位まで引き上げてくれる人がいる」ということです。(文:人材研究所代表・曽和利光)

「昇格基準」は単なる必要条件でしかない

人手不足時代になり、会社に入ること自体は以前よりは楽になっているかもしれません。しかし、入社してからの競争はそれほど変わっていない。むしろ「担当部長」「担当課長」的な組織長ではないポジションが減ったことで、出世競争は激化しているともいえます。

あるポジションに誰かをつけるとき「あの人でもこの人でもどちらでもよい」なら、引き上げてくれる味方が決裁者の中にいる人が選ばれるだけ。一つの席には一人しか座れません。一番でなければ、二番手の候補はその他大勢の候補と同じです。

私は様々な会社で、人事評価制度を作るお手伝いをしているのですが、制度で決められる「昇格基準」は、単なる必要条件でしかないことを知っています。

しかも学校の入学試験のように、何点というレベルで精緻に順位づけられているわけではありません。ほとんどの会社が「上司の推薦」「評価会議での承認」というような、特に基準を定めないブラックボックスのプロセスを挟んでいます。

同じ能力や実績でも、誰かがそれを認めて「この人を出世させたい」と明確に意思を持たなければ、自動的に出世することなどない。力や実績があれば昇格候補にまではなれますが、たどり着けるのはそこまで。最後の最後は、決裁者の判断によって決まるのです。

アピールがなければ誰もあなたを気に留めない

そう考えると、出世をしたいと考える人は、自分を認めてくれて、自分をそれなりの地位につけてあげて、力を発揮して欲しいと考えてくれる人を見つけなくてはなりません。あるいは、決裁者にそう思ってもらえるように、自己アピールをすることが必要です。

このようなことを言うと「上司にゴマスリをしろ、おべんちゃらを言え。あれはオレがやったんだと何でも自分の手柄にしろ、ということか」と、若い人は嫌な気分になるかもしれません。しかし、何もそんなに悪く考えることはないと思います。私が伝えたいのは、

「お天道様が見ていると、何のアピールもせずに陰徳をただ積んでいるというのでは、あの世では報われるかもしれませんが、この世では報われることはないですよ。自分のしていることをきちんとアピールしなければ、誰もあなたのことなど気にしませんよ

ということです。きちんと「上」に対して、自分をアピールしたり、場合によっては気に入ってもらえるように動いたりすることで、ようやく相応の出世ができるのです。

無論、「自分は出世なんて興味がない」という人もいるでしょう。一匹オオカミ的な生き方も悪くありません。かく言う私も、大組織では出世できずに独立しています。

しかし、『踊る大捜査線』の名台詞「正しいことをしたければ偉くなれ」(いかりや長介演じるベテラン刑事、和久平八郎による)のように、優秀な人には「きちんと出世」して欲しい。それ相応の地位を得て、組織の力を使って世の中に高い価値を提供して欲しいものです。

出世して組織の力を使って欲しい

今の権力構造や経営思想が気に入らなくても、出世してその権力の中枢に入らねば、それを変えることもできません。そのためには小さな美意識を捨て、上司に対してアピールしたり、気に入ってもらえる努力をしたりするぐらいのことはしてはどうでしょう。

私自身、若い頃は血気盛んで、上司に反抗ばかりしていました。清濁併せ呑まず、正義感を振りかざし、自分だけきれいでいて、社会に何の価値提供もできていないのに、会社のせい、組織のせい、上司のせい、周囲のせいにしていました。

そんな青臭いだけのスタンスでなく、もっとうまくしなやかに、出世に対し貪欲になればよかったかもと、たまに思います。せっかく組織に入ったのであれば、若い皆さんは偉くなって組織の力を存分に使ってみることに、一度はガツガツ挑戦してみてはいかがでしょうか。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連するキーワード


悩まないキャリアの歩き方

関連する投稿


「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

「コミュ障」でも面接に受かるには? ギリギリ許される方法はこれだ!

人前に出ると極度に緊張し、うまくコミュニケーションが取れない……。そんな悩みを持つ人もいるでしょう。「コミュ障」の人が採用面接で思ったような対応ができないと、人生を左右しかねません。面接の場で許されるギリギリの方法について、人材研究所代表・曽和利光氏がアドバイスします。

悩まないキャリアの歩き方


会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

人気企業を目指す就活生に忠告! 自分に向かない会社には「早期退職」のリスクがある

多くの学生が就職を目指す「大企業」。高い競争に勝ち残ってせっかく入った人気企業を短期間で辞めてしまう人がいます。それはなぜなのでしょうか。その理由をあらかじめ知っておくことで、自分に合わない会社に入ることを避けることができます。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第16回です。

悩まないキャリアの歩き方


「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

「マネジメントに興味がない」と言う若い人たちへ――したい時には機会なし

スペシャリスト志向の若者が増える中、マネジャーになりたくないという人が増えているそうです。しかし需要があるのだから、機会があれば挑戦してみる価値があるという考えもあります。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第15回です。

悩まないキャリアの歩き方


「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第14回。AI(人工知能)に仕事が奪われると危機感を煽る意見がある一方で、人間がやるよりも仕事の質が高まるという指摘もあります。それでは企業の「採用選考」はどう変わるのでしょうか。得をする人がいれば、もしかすると損をしてしまう人もいるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


最新の投稿


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

若者に人気のアパレルECサイト「ZOZOTOWN」に対する批判的な報道が、ここのところ相次いでいます。「ZOZO離れ」という言葉も見られますが、運営する株式会社ZOZOの行く先には本当に暗雲が垂れ込めているのでしょうか。同社の決算説明会の資料を参考に、情報を整理してみました。

ZOZO 投資家向け


ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

「加盟店の解約増加で大失速」とネットで話題になっている株式会社ぐるなび。創業者の滝久雄会長は2018年7月、保有株式の一部を楽天に売って資本業務提携を締結しました。すでに会員の新規獲得数やネット予約件数で効果が現れているようですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300