未経験の部署で初めて管理職に就任 部下から「これ分からないですか?」と笑われ悲しい

未経験の部署で初めて管理職に就任 部下から「これ分からないですか?」と笑われ悲しい

「うちの上司は手を動かさない」なんてグチが聞かれますが、管理職とは本来現場のリーダーとは異なり、自ら手を動かす仕事ではありません。部下がマネジメントを理解してくれない職場では、管理職はやりにくいでしょうね。


Q&AサイトのYahoo!知恵袋に、こんな質問が載っていました。質問者のruriruriru4さんは、未経験分野の部署に管理職として赴任した男性です。新しい職場の部下たちは自分よりも年上で、在職年数が長い人が大半とのこと。

就任して数週間、仕事を教えてもらいながら進めていますが、一部の部下たちから「えっ、これ分かんないですか?」「まだ終わってないんですか?」などと馬鹿にしたような言い方をされ、周囲の人たちもクスクス笑っているのだそうです。

明るく笑い飛ばすことも性格的に難しく

こんなことが何度も続く中で、仕事に疲れてしまったのだとか。「分からなくてごめんね」と明るく笑い飛ばせればよいのですが、性格的にそれができない。こんな管理職ではダメだと思う一方、管理職にならなければよかったと後悔しています。

「今後どのように過ごしていけばいいのかと悩んでいます」

日本企業は現場が強く、叩き上げのベテラン社員が管理職になる場合が多いものです。「管理職は誰よりも現場の仕事を知っていて、自分でも手を動かせなければならない」という信仰のようなものすらあります。

しかし本来、管理職という存在は「マネジメント」という言葉があるように、部下に仕事をやらせる役目です。自分がやらない、できない仕事であっても、他人にやらせなくてはならないのです。

組織の目標や課題に合わせて、ときにはこれまでの現場のやり方を変えさせたり、やめさせたりすることも必要で、「現場のリーダー」とは頭の使い方が異なるものです。

「名選手、名監督にあらず」という言葉もあるほど。新任管理職は、まずは組織の人と仕事の現状をヒアリングし、広い視野で問題点や課題を把握することが先決です。

回答者は叱咤「下らないプライドは捨てましょう」

そんな役目を担うことになったのに、弱気になっている質問者さんを、回答者のotsukare526さんはこう叱咤激励しています。

「アホ。毅然とした態度で『未経験の分野で知らない事があるのは当然で、だから質問しています』ぐらいのことを言え」

管理職とは孤独な立場であり「部下をねぎらう事はあっても、舐められては仕事にならない」といいます。そもそも管理職に向いていると評価されたのだから、レベルの低いことで悩んでいることの「アホさ加減」に気づけと励ましています。

ちょっと言葉は乱暴で、厳しすぎるような気もしますが、ここで慰めても何の解決にもならないのは確かです。pazoo3298さんも、そんな弱気は組織の士気にかかわると戒めます。

「教えてもらっているのだから、下らないプライドは捨てましょう。歯を食いしばってでも頑張って"管理職"として"その先"を見せなきゃいけない義務があなたにはあるんじゃないでしょうか?」

本来は慣れた仕事で管理職を経験し、そこでマネジメントのコツをつかんで、他部署でも応用する方がやりやすいのかもしれません。しかし、そうできない場合もあります。

未経験で「マネージャー候補」に転職できた人も

キャリコネ「転職ガイド」に、参考になりそうなエピソードがありました。プロジェクトマネージャー(PM)の経験がなかった31歳の男性が、年収アップを狙ってこれまでより高いポジションへの転職を果たしたのだそうです。

この男性は、予想どおり「PMの経験がないなら採用は難しい」という理由で不採用になることが多かったため、「PM候補」「プロジェクトリーダー」の求人に切り替えました。

そして、これまで携わった業務の中から「後輩の指導や業務の割り振り」「顧客との打ち合わせへの同席」など、PMの仕事に関連しそうな経験をすべて洗い出して職務経歴書に記載しました。プロジェクト管理の本を読み込んだり、PM経験者からアドバイスともらったりもしたそうです。

このような工夫によって、この男性は未経験分野への転職による年収アップを手に入れました。質問者さんの参考にもなるでしょう。

システム開発におけるプロマネと同様、プロジェクトの目的や目標、成果を定義して、管理職や部下たちの役割分担を行い、スケジュール管理をして進める点は、どの組織の管理職にも共通しています。

謙虚かつ意欲的にヒアリングし、悩みに耳を傾ければ、その組織にいままでいなかったタイプの管理職になれるかもしれません。その組織の管理職の役割は何か、ということを自問しながら、頑張ってもらいたいものです。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


お悩み相談

関連する投稿


不正行為を断り退職に追い込まれた40代男性 転職活動1年で「年収300万円ダウン提示」に悩む

不正行為を断り退職に追い込まれた40代男性 転職活動1年で「年収300万円ダウン提示」に悩む

「年上には物を言いにくい」という理由で、難易度が高くなる中高年の転職。年齢を盾に威張りくさる人が多いから、逆に年齢で差別されてしまうのでしょう。「年功序列」は、人口減の時代に撤廃したい日本の風習です。

お悩み相談 転職


転職したいけど「自分がやりたい仕事」が分からない! みんなどうやって見つけたの?

転職したいけど「自分がやりたい仕事」が分からない! みんなどうやって見つけたの?

今の仕事は、やりたいことではないし、好きでもない。そのような状態で転職をするとしたら、どうやって「やりたい仕事」に就けるのでしょうか。

お悩み相談 転職


「人間関係に疲れて」と転職面接で正直に言っていいのか それとも隠し通すべき?

「人間関係に疲れて」と転職面接で正直に言っていいのか それとも隠し通すべき?

職場は仕事をする場所。でも人間関係が悪くなると、とたんにストレスが高まって、仕事に集中できなくなります。居心地が悪くなって、辞めたくなっても仕方ないでしょう。

お悩み相談 転職


資格を取って「新しい仕事」がしたい! 勉強と転職活動は同時進行できるのか?

資格を取って「新しい仕事」がしたい! 勉強と転職活動は同時進行できるのか?

「このままここで働いていても仕方ないな」と気付いたら、みなさんはどうしていますか? 資格を取れば必ず転職できるわけではないけれど、何らかの専門性を高めて高給を得たいと考える人は少なくないでしょう。

お悩み相談 転職


転職で念願の「年収アップ」を実現! 上手な「給与交渉」のポイントは?

転職で念願の「年収アップ」を実現! 上手な「給与交渉」のポイントは?

いまの会社は給与が安すぎる。昇給もしそうにない――。そんなとき、転職で給与アップができないか、という考えが頭に浮かびます。どうすれば給与交渉をうまくできるのでしょうか?

お悩み相談 転職


最新の投稿


【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。今回は外資系コンサルティングファームのアクセンチュアです。


【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

口コミと公開データを元に転職者目線で企業研究。業績と待遇の2つの面で志望企業を掘り下げます。今回取り上げるのはIT企業のLINE(株)です。

LINE


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300