転職を見据えた「筋のいい年収アップ」と「筋の悪い年収アップ」の見分け方

転職を見据えた「筋のいい年収アップ」と「筋の悪い年収アップ」の見分け方

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第6弾。今回は「年収アップ」を目指した転職の落とし穴について解説します。自分の実力と報酬が見合っていないと感じている方に、一読をおすすめします。


転職理由の一つに、「今の自分の実力と報酬とが合っていないと感じるから」というものがあります。自分はこれだけ実績を上げていて、能力やスキルもついているのに、会社から得ている報酬はそれに見合っていない。だから、それを解消するために転職をするというものです。

「割安人材」というあなたの感覚が正しければ、人材紹介会社に登録したり、転職メディアから企業に応募したりすれば、おそらくあなたは引く手あまたでしょう。あなたを採用したがる企業は、今よりも高い報酬を提示してくるはずです。(文:人材研究所代表・曽和利光)

報酬への不満は「昇格一歩手前」に感じるもの

しかし私は、特に若い人の場合には、このようなタイミングで転職するのは極めてもったいないと思います。理由のひとつは、おおよそ30歳ぐらいまでは、目の前の報酬にこだわりすぎることは得策でないと思うからです。

たいていの会社では、職位が高くなるほど同一職位内の報酬差が大きくなる人事制度を取っています。若いときは数十万円の差が大きな違いに思えますが、歳を重ねて高い報酬を勝ち取れれば、数十万程度は誤差のようなものだったりします。

同年代の社員と比較してどうか、ということも重要です。相対的に自分が自社の中でどのくらいの位置にあるのかを考えて、比較的高い位置にいるのであれば、キャリアを積んでいけば希望の金額に到達するかもしれません。

多くの会社では定期評価よりも、昇格・昇進による報酬アップの金額を高く設定しています。なぜなら、昇格には至らないものの、その職位内で長く働いて欲しい人が多いからです。したがって、人が実力と報酬の差を最も感じるのは「昇格一歩手前」のときなのです。

社内のポストが詰まっているのであれば話は別ですが、少し我慢すれば昇格する可能性のある人が、そのタイミングで辞めるのはもったいない。転職で報酬が一時的に上がっても、次の会社での昇格はしばらくないでしょう。あなたを「適切な報酬」で迎え入れたと思っているからです。

若いとき「だけ」必要とされる会社ではないのか

早期リタイアを目指す一部の人を除けば、給与というものは「生涯賃金」「昇給カーブ」といった長い目で見る必要があります。

どんな年齢や職位の社員に、どのくらいの報酬水準を出すかという「昇給カーブ」は、会社の思想によって決まります。若いうちから高い報酬にしている会社は、ベテランになってもそれ以上は上がらない場合があります。

逆に、若いうちの報酬は低くても、ベテランになればなるほど報酬は高くなる会社もあります。あなたが転職しようとしている会社が前者のタイプであれば、高給は一時的なもので、そのうち昇給が停滞するかもしれません。

しかも、前者のような会社は、実は「若い人だけ欲しい」と考えている可能性があります。若いときには高給を支払うけれど、昇給をしなければ徐々に人は辞めていくだろう。むしろそうなって欲しいということです。

そうなると、結局は給与に不満が出て、再び新しい会社を探すことになります。若いうちから活躍したいという気持ちはわかりますが、若いとき「だけ」必要とされる会社に行きたいわけではないでしょうから、ここは是非気をつけてください。

転職市場は「ポジション」で明確に分かれている

お金の話だけではありません。一時の報酬のために昇格を捨てることは、仕事機会の損失にもつながってきます。報酬を取るか昇格を取るかは、人によって考えが違うと思いますが、一般的にはプレイヤーからマネジャーになる方が大事と思います。

なぜなら、昇格によって権限や責任が広がれば、成長機会が増え、経験値が高くなるからです。もちろん「名ばかり管理職」のような場合もありますが、名前だけでもポジションを得ておくことにはメリットがあります。

転職市場は、プレイヤーは「プレイヤー市場」、マネジャーは「マネジャー市場」、エグゼクティブは「エグゼクティブ市場」に分かれており、昇格することで自分が流通する市場の格が上がります。その意味でも、昇格機会は大事なことなのです。

プレイヤーがマネジャーとして採用されたり、マネジャーがエグゼクティブとして迎えられたりする例もなくはないですが、基本的には横滑りです。マネジャーに昇格しておけば、マネジャー経験者として扱われるようになり、キャリアにおけるチャンスが増えるのです。

目の前の報酬より、能力開発機会の重視を

現代の人材市場は年々流動化しており、そのため実力と報酬が結局は見合うようになっていくと思います。能力だけきちんと身につけておけば、いつか適切な報酬を携えて機会の方からやってくることでしょう。

それが、本稿で述べてきたような「筋の良くない高給」なのか、満を持して受けるべき「筋の良い高給」なのかを見極めることが必要です。

特に若いうちは、報酬にこだわりすぎないことが、昇格や成長機会を生み、自分の能力を高めることにつながり、結果として高給を得ることができるようになるはずです。

生物的に見ても、若いときこそ能力開発をすべき時期です。基本的には目の前の報酬よりも、能力開発機会にフォーカスして、キャリアを中長期的に考えることをお勧めいたします。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連するキーワード


悩まないキャリアの歩き方

関連する投稿


「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

「AI採用」で得をするのは、頭はいいけど暗い人? 印象評価からデータ重視の選考へ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第14回。AI(人工知能)に仕事が奪われると危機感を煽る意見がある一方で、人間がやるよりも仕事の質が高まるという指摘もあります。それでは企業の「採用選考」はどう変わるのでしょうか。得をする人がいれば、もしかすると損をしてしまう人もいるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

「なりたい自分」の諦め方 きちんと絶望するから希望が生まれる

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第13回。日々の仕事に打ち込めず、「自分はここにいてよいのか」と悶々とする思いを抱えている人はいないでしょうか。そんな人たちに曽和氏は、自らの体験とともに、夢を「きちんと諦める」ことでようやく自分が「何か」に近づくことができると説いています。

悩まないキャリアの歩き方


「優秀な人から辞めていく」のは本当なのか?「早熟な転職」にはリスクもある

「優秀な人から辞めていく」のは本当なのか?「早熟な転職」にはリスクもある

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第12回。会社でよく聞く「優秀な人から辞めていく」という定説を疑います。売り手市場の中で転職する人が増えていますが、残ることによる利益も踏まえる必要があるでしょう。

悩まないキャリアの歩き方


社長になるにはどうすればいい? 出世に近づく「3つの道筋」

社長になるにはどうすればいい? 出世に近づく「3つの道筋」

どうせ働くならヒラより社長! 社長になるにはどうすればいい? 出世の近道は? 人材研究所代表・曽和利光氏の連載第11回。今回は社長になる3つの道筋について検討してもらいました。キャリアを考える上で「社長になる」という選択肢を置いてみると、会社員として働くのとは違った風景が見えてくるかもしれません。

悩まないキャリアの歩き方


リクルートのOBOGに学ぶ「よいキャリア」を歩むポイント

リクルートのOBOGに学ぶ「よいキャリア」を歩むポイント

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第10弾。リクルートの人たちがどんな考えて転職に望んでいるか、3つのポイントをまとめてもらいました。「市場価値より一品モノを目指せ」という考え方は、みなさんにも使えるのではないでしょうか。

悩まないキャリアの歩き方


最新の投稿


【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ビジネス向け高速印刷機器メーカー。通称リソー(RISO)。1980年代に小型印刷機「プリントゴッコ」が大ヒットするが、2012年に事業終了。現在の売上高のほとんどは印刷機器事業で、世界最速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」を展開。売上全体の4割を海外であげているが、営業利益は国内事業が大部分。

電機・電子 東証一部 東京都港区 理想科学工業


株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

上下水道の土木工事を中心に、不動産事業や太陽光パネルに関する事業など、さまざまな事業を手がけている。工事現場において安全第一を心がけており、無事故300万時間を達成、厚生労働省労働基準局長表彰の無災害記録証(第5種)を受けた。設立は1967年。

建設 東証二部 東京都千代田区


ユニクロの柳井会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ユニクロの柳井会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ファストファッションブランド「ユニクロ」のファーストリテイリングを率いる柳井正・会長兼社長。莫大な資産家としても知られていますが、その背景にある同社の業績やビジネスモデルについてチェックしてみましょう。

ユニクロ ファーストリテイリング アパレル


【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

2018年度の「最低賃金」(時給)の改定額が8月10日、各都道府県の労働局から揃いました。最も高かったのは東京都の985円(958円から27円引上げ)、最も低かったのは鹿児島県の761円(737円から24円引上げ)でした。全国加重平均額は874円で、前年の848円から26円引き上げられています。なお、発効は10月です。

年収 最低賃金


女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

東京医科大学が女子受験生を一律減点していた問題が発覚しましたが、日本企業にも、とても平成の時代とは思えない男女差別が残っています。キャリコネの口コミから、女性の訴えを拾ってみました。


wiget_w300 wiget_w300