転職で念願の「年収アップ」を実現! 上手な「給与交渉」のポイントは?

転職で念願の「年収アップ」を実現! 上手な「給与交渉」のポイントは?

いまの会社は給与が安すぎる。昇給もしそうにない――。そんなとき、転職で給与アップができないか、という考えが頭に浮かびます。どうすれば給与交渉をうまくできるのでしょうか?


Q&AサイトのYahoo!知恵袋に、こんな質問が載っていました。質問者のeternity_k1_1216さんは、現在離職して転職活動をしている23歳の男性です。次の勤務先も、現職と同じ業種を希望しています。

周囲からは「転職はほとんど年収が下がる」と言われていますが、できればそれは避けたいもの。そこで、年収アップまたは維持ができた経験のある人に、「履歴書にどう書き、面接時にどのような交渉をしたのか」と尋ねています。

回答者「私の周りも年収上がっている人の方が多い」

リクルートエージェントが今年1月に発表した調査結果によると、同社経由の転職決定者のうち、「前職と比べ賃金が1割以上増加した」人の割合は、2002年の調査以来最高の30.4%に達したのだそうです。

この調査では、増加が1割未満の人や現状維持の人の割合は出していませんが、それを含めれば全体の半数程度に達しているのでは、と推測しても大げさではないでしょう。

その一方で、何割かの人たちは転職によって収入を減らしているのも事実です。親の介護やUIJターンのほか、本人が体調を崩して負担の軽い仕事に変わる人もおり、収入減を承知で転職する人もいますが、それだけでなく不本意ながら年収が下がった人もいるはずです。

「転職後はほとんど年収が下がる」という声に惑わされる必要はありませんが、質問者さんが絶対に下がらない保証はありません。しかし回答者からは、そんなに悲観する必要がないという声が相次いでいます。

私の周りも年収上がっている人の方が多いですよ。現状維持でいいなら、履歴書に同額を記載すればいいです」(iuxaqv3901さん)
「オレの場合はまさに『来てください』だったから、最低ラインが現状維持で、さらに入社後実力を見せつけてアップさせたよ」(yamamosenninさん)

「御社の規定」に従うだけでいいのか

広告代理店に勤める32歳のjaymars023さんは「転職の際の年収交渉にはコツが要ります」と胸を張ります。その方法とは、まずは前職の年収を提示して「御社の規定に基づいてご判断いただけたらと思います」と言えばいいのだそうです。

「私の経験上、どこの企業も自分の希望年収よりも高い金額でオファーを出してきます。そのため、希望年収を伝えてしまうと損することが多いのです」

企業サイトの中途採用の募集要項にも「経験実績、前職給与を考慮の上、当社規定により決定します」と書かれていることが多いです。最終的には先方の相場で決まるとすれば、あまり図々しく振る舞わない方がいいのかもしれません。

とはいえ、現状維持の場合にはそれでよいとして、あわよくば年収アップをしたいと考えている人は、先方任せでいいのでしょうか? 「お、お買い得じゃん」と思われて、据え置きにされてしまうケースの方が多いのではないでしょうか。

年収を上げすぎてしまうリスクも

キャリコネ「転職ガイド」「年収アップに役立つ8つの面接交渉術」によると、転職で年収を上げた人々の多くは「積極的な交渉」をしているといいます。そして交渉ポイントの例をして、次の8つをあげています。

Point 1 年収交渉は面接が進んでから切り出す
Point 2 年齢・スキル・経験から年収相場を聞きだす
Point 3 現在の年収では満足できないことをロジカルに説明
Point 4 「年収の希望金額はありますか?」はチャンス!
Point 5 最低ラインの年収額を決めておく
Point 6 現年収にウソをつくのはNG!
Point 7 入社時点の年収アップが難しそうなら、入社後の昇給を狙う!
Point 8 転職エージェントを活用する

詳しくはリンク先を見ていただくとして、特に「年収相場」を聞き出すことは、交渉を有利にする上で必要になる情報ではないでしょうか。入社後に昇給の見込みがあるのかということを確認するためにも、欠かせないことに思えます。

このほか、「転職エージェントを活用する」という手段も紹介されています。確かにエージェントは、その会社の相場を知っている場合が多いし、仲介手数料を得るために年収アップのためのアドバイスをくれるかもしれません。

ただ、無理に年収をアップして期待を高めすぎると、入社してから「大したことないな」「この働きじゃあ高すぎる」と思われて、年収を下げられたり、退職勧奨されたりするおそれもあります。あまり欲張りすぎるのも考えもの。悩ましいところです。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


お悩み相談 転職

関連する投稿


【ブラック企業の見分け方】企業ホームページに現れる5つの兆し

【ブラック企業の見分け方】企業ホームページに現れる5つの兆し

その会社がブラックかどうかは、実際に働いてみないと分かりません。特定の部署やリーダーだけがブラックという場合もあります。でも「会社の体質」や「経営者の姿勢」は、情報公開の仕方に現れるものです。就職・転職の候補にあがった会社のホームページは、必ず事前に隅々までチェックしましょう。

ブラック企業 ホワイト企業 転職


 1位とらばーゆ 、2位マイナビ転職…転職サイト(女性)ランキング企業で働く人の口コミ、従業員満足度(ES)まとめ

1位とらばーゆ 、2位マイナビ転職…転職サイト(女性)ランキング企業で働く人の口コミ、従業員満足度(ES)まとめ

転職サイト(女性)ランキングに名を連ねるような企業は、顧客満足度(CS)が高いと言えるが、一方でそこで働く従業員の満足度(ES)はどのようなものだろうか。今回は転職サイト(女性)ランキング企業で働く従業員の口コミをまとめてみた。

ランキング 口コミ 転職 女性


1位マイナビ転職 、2位エン転職…転職サイトランキング企業で働く人の口コミ、従業員満足度(ES)まとめ

1位マイナビ転職 、2位エン転職…転職サイトランキング企業で働く人の口コミ、従業員満足度(ES)まとめ

転職サイトランキングに名を連ねるような企業は、顧客満足度(CS)が高いと言えるが、一方でそこで働く従業員の満足度(ES)はどのようなものだろうか。今回は転職サイトランキング企業で働く従業員の口コミをまとめてみた。

口コミ ランキング 転職


働かないおじさんは「己の才能に失礼な生き方」をしていないか ミドル世代専門転職コンサルタントがハッパかける

働かないおじさんは「己の才能に失礼な生き方」をしていないか ミドル世代専門転職コンサルタントがハッパかける

リクルートキャリアの調査によると、今年3月の転職求人倍率は2か月連続で前年同月を下回ったという。原因は、転職市場の活性化を受けて転職希望の登録者数が増加したため。空前の売り手市場は、ミドルの転職にも恩恵をもたらすのか。

転職 働き方改革 働かないおじさん


【#新入社員退職RTA】「新卒もう辞めた」ツイート50連発! 3日で会社を見切るのは慧眼なのか?

【#新入社員退職RTA】「新卒もう辞めた」ツイート50連発! 3日で会社を見切るのは慧眼なのか?

希望に胸が高鳴る新年度。ツイッターには「今年の新入社員辞めた」というつぶやきが相次いでいる。ブラック企業と判明しても辞められなかった就職氷河期を思うと隔世の感がある。なお、RTAとは、ゲームをクリアする時間を競う「リアルタイムアタック」(Real Time Attack)の略です。内容は随時更新します。

転職 ブラック企業


最新の投稿


アサヒグループ食品(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループ食品(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループの中核事業会社。食品事業を担う。菓子、健康食品、サプリメント、乳幼児用ミルク、ベビーフードおよび乳幼児用商品、フリーズドライ食品、食品原料など、幅広いラインナップを擁する。2017年にアサヒフードアンドヘルスケア、和光堂、天野実業(アマノフーズ)を吸収合併。

東京都渋谷区 食品・飲料 非上場 アサヒグループ


【国内酒類】アサヒビールに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内酒類】アサヒビールに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループの中核事業会社。ニッカウヰスキー、サントネージュワインなど関連会社とともに国内酒類事業を担う。ビール、発泡酒などのほか、洋酒やワイン、焼酎、RTD(Ready To Drink:購入後そのまま飲める缶チューハイなど)、アルコールテイスト清涼飲料を手がける。アサヒグループの事業利益の約半数を生み出す。

東京都墨田区 食品・飲料 非上場 アサヒグループ


【平均年収792万円】三菱電機の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収792万円】三菱電機の給与が高いのはなぜなのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は堅実な経営体制が安心の三菱電機です。

三菱電機 年収


【平均年収703万円】サイバーエージェントの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収703万円】サイバーエージェントの給与が高いのはなぜなのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業はインターネット広告は国内トップシェアのサイバーエージェントです。

サイバーエージェント 年収


「社畜になるな!」に騙されるな 会社は敵とは限らない

「社畜になるな!」に騙されるな 会社は敵とは限らない

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300