転職で念願の「年収アップ」を実現! 上手な「給与交渉」のポイントは?

転職で念願の「年収アップ」を実現! 上手な「給与交渉」のポイントは?

いまの会社は給与が安すぎる。昇給もしそうにない――。そんなとき、転職で給与アップができないか、という考えが頭に浮かびます。どうすれば給与交渉をうまくできるのでしょうか?


Q&AサイトのYahoo!知恵袋に、こんな質問が載っていました。質問者のeternity_k1_1216さんは、現在離職して転職活動をしている23歳の男性です。次の勤務先も、現職と同じ業種を希望しています。

周囲からは「転職はほとんど年収が下がる」と言われていますが、できればそれは避けたいもの。そこで、年収アップまたは維持ができた経験のある人に、「履歴書にどう書き、面接時にどのような交渉をしたのか」と尋ねています。

回答者「私の周りも年収上がっている人の方が多い」

リクルートエージェントが今年1月に発表した調査結果によると、同社経由の転職決定者のうち、「前職と比べ賃金が1割以上増加した」人の割合は、2002年の調査以来最高の30.4%に達したのだそうです。

この調査では、増加が1割未満の人や現状維持の人の割合は出していませんが、それを含めれば全体の半数程度に達しているのでは、と推測しても大げさではないでしょう。

その一方で、何割かの人たちは転職によって収入を減らしているのも事実です。親の介護やUIJターンのほか、本人が体調を崩して負担の軽い仕事に変わる人もおり、収入減を承知で転職する人もいますが、それだけでなく不本意ながら年収が下がった人もいるはずです。

「転職後はほとんど年収が下がる」という声に惑わされる必要はありませんが、質問者さんが絶対に下がらない保証はありません。しかし回答者からは、そんなに悲観する必要がないという声が相次いでいます。

私の周りも年収上がっている人の方が多いですよ。現状維持でいいなら、履歴書に同額を記載すればいいです」(iuxaqv3901さん)
「オレの場合はまさに『来てください』だったから、最低ラインが現状維持で、さらに入社後実力を見せつけてアップさせたよ」(yamamosenninさん)

「御社の規定」に従うだけでいいのか

広告代理店に勤める32歳のjaymars023さんは「転職の際の年収交渉にはコツが要ります」と胸を張ります。その方法とは、まずは前職の年収を提示して「御社の規定に基づいてご判断いただけたらと思います」と言えばいいのだそうです。

「私の経験上、どこの企業も自分の希望年収よりも高い金額でオファーを出してきます。そのため、希望年収を伝えてしまうと損することが多いのです」

企業サイトの中途採用の募集要項にも「経験実績、前職給与を考慮の上、当社規定により決定します」と書かれていることが多いです。最終的には先方の相場で決まるとすれば、あまり図々しく振る舞わない方がいいのかもしれません。

とはいえ、現状維持の場合にはそれでよいとして、あわよくば年収アップをしたいと考えている人は、先方任せでいいのでしょうか? 「お、お買い得じゃん」と思われて、据え置きにされてしまうケースの方が多いのではないでしょうか。

年収を上げすぎてしまうリスクも

キャリコネ「転職ガイド」「年収アップに役立つ8つの面接交渉術」によると、転職で年収を上げた人々の多くは「積極的な交渉」をしているといいます。そして交渉ポイントの例をして、次の8つをあげています。

Point 1 年収交渉は面接が進んでから切り出す
Point 2 年齢・スキル・経験から年収相場を聞きだす
Point 3 現在の年収では満足できないことをロジカルに説明
Point 4 「年収の希望金額はありますか?」はチャンス!
Point 5 最低ラインの年収額を決めておく
Point 6 現年収にウソをつくのはNG!
Point 7 入社時点の年収アップが難しそうなら、入社後の昇給を狙う!
Point 8 転職エージェントを活用する

詳しくはリンク先を見ていただくとして、特に「年収相場」を聞き出すことは、交渉を有利にする上で必要になる情報ではないでしょうか。入社後に昇給の見込みがあるのかということを確認するためにも、欠かせないことに思えます。

このほか、「転職エージェントを活用する」という手段も紹介されています。確かにエージェントは、その会社の相場を知っている場合が多いし、仲介手数料を得るために年収アップのためのアドバイスをくれるかもしれません。

ただ、無理に年収をアップして期待を高めすぎると、入社してから「大したことないな」「この働きじゃあ高すぎる」と思われて、年収を下げられたり、退職勧奨されたりするおそれもあります。あまり欲張りすぎるのも考えもの。悩ましいところです。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


お悩み相談 転職

関連する投稿


御社にもダメ面接官はいないか? 『コミュ障のための面接戦略』は人事部長も必読

御社にもダメ面接官はいないか? 『コミュ障のための面接戦略』は人事部長も必読

『コミュ障のための面接戦略』(星海社新書)は、元リクルートのゼネラルマネージャーで現在は株式会社人材研究所の代表取締役社長を務める曽和利光氏の最新著作。自身がいわゆるコミュ障であった経験を踏まえ、優秀なのになぜか採用されない人に対し、具体的な面接突破術「面接ハック」を授ける。

転職 就活


京都府で幼稚園教諭の求人をお探しの方に、知っておいて欲しい大切なこと

京都府で幼稚園教諭の求人をお探しの方に、知っておいて欲しい大切なこと

なりたい職業で常に上位に入る、幼稚園の先生人気は衰えません。では幼稚園教諭の実態はどうなのか、京都で人気の幼稚園を営んでいるのはどんな学校法人なのか。今回は京都府周辺で求人を出している「幼稚園教諭」の情報をまとめてみました。

就職 転職 教育 丸投げプラン


【熊本】正社員に積極登用! キャリコネ転職の内勤営業で「地方で働く」を後押し

【熊本】正社員に積極登用! キャリコネ転職の内勤営業で「地方で働く」を後押し

日本最大級の転職口コミサイト「キャリコネ」を運営する株式会社グローバルウェイ。全国の中小・ベンチャー企業の働きやすさや働きがいを伝え、中途採用を成功に導く「キャリコネ転職」が、熊本オフィスのスタッフを募集しています。成果や業務の習熟度などに応じ、契約社員から正社員、リーダー、マネジャーとキャリアアップが望めます。

熊本県 転職


愛知で介護職求人は常時7,000件以上!愛知で見つける、楽しくやりがいのある介護職の探し方

愛知で介護職求人は常時7,000件以上!愛知で見つける、楽しくやりがいのある介護職の探し方

最近何かと話題の介護職ですが、介護施設や携わっている人も多くなってきました。介護職の実態はどうなのか、愛知の介護事業を営む企業はどんな会社があるのか。愛知にある事業所の特徴と合わせてまとめてみました。

介護 転職 就職 丸投げプラン


リクルート住まいカンパニーへの転職、最近リクルートを退職した元社員人材エージェントが語る必勝面接対策

リクルート住まいカンパニーへの転職、最近リクルートを退職した元社員人材エージェントが語る必勝面接対策

日本の住宅市場における情報サイトとして圧倒的な存在感があるSUUMOを運営する会社。直近まで働いていた元社員の人材エージェントが語る必勝面接対策とは?

リクルート住まいカンパニー 転職 面接対策 リクルート


最新の投稿


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

若者に人気のアパレルECサイト「ZOZOTOWN」に対する批判的な報道が、ここのところ相次いでいます。「ZOZO離れ」という言葉も見られますが、運営する株式会社ZOZOの行く先には本当に暗雲が垂れ込めているのでしょうか。同社の決算説明会の資料を参考に、情報を整理してみました。

ZOZO 投資家向け


ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

「加盟店の解約増加で大失速」とネットで話題になっている株式会社ぐるなび。創業者の滝久雄会長は2018年7月、保有株式の一部を楽天に売って資本業務提携を締結しました。すでに会員の新規獲得数やネット予約件数で効果が現れているようですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300