【建設コンサルティング】E・Jホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【建設コンサルティング】E・Jホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エイトコンサルタントと日本技術開発株式会社の株式移転により、共同持株会社として2007年に設立。本社を岡山県に置く。国内外のインフラ分野の課題解決のために、建設コンサルタント領域、海外コンサルタント領域、インフラ・マネジメント領域、 事業開発領域の4つの領域で事業を展開している。


1. E・Jホールディングスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

E・Jホールディングス株式会社(イージェイホールディングス)は、岡山県岡山市北区に本社を置く総合建設コンサルタントを傘下に持つ持株会社。

1-2 創業者と沿革

島根県松江市にて八雲測量社として創業

昭和30年3月1日、島根県松江市の民家に八雲測量社の看板が掲げられた。大阪で測量技師をしていた小谷誼氏始め4名の八雲測量社の前でたたずむ創業者若者がわずかな給料の蓄えを元手にしての独立であった。

1955年3月 島根県松江市にて株式会社エイトコンサルタントの前身である「八雲測量社」として創業
1959年4月 日本技術開発株式会社として創業
2005年10月 株式会社エイトコンサルタントと日本技術開発株式会社の資本・業務提携
2007年6月 株式会社エイトコンサルタントと日本技術開発株式会社の株式移転により共同持株会社である「E・Jホールディングス株式会社」を設立 (東京証券取引所 市場第二部に上場)
2008年1月 株式会社エイトコンサルタントの子会社「新協技術コンサルタント株式会社」を「日本インフラマネジメント株式会社」に商号変更
2009年6月 日本技術開発株式会社を分割会社とし、株式会社エイトコンサルタントを継承会社とするとともに「株式会社エイト日本技術開発」に商号変更
株式会社日本技術開発を「株式会社EJビジネス・パートナーズ」に商号変更
2010年6月 株式会社近代設計を完全子会社化
2015年5月 「株式会社EJビジネス・パートナーズ」を「株式会社エイト日本技術開発」が吸収合併

1-3 本社所在地とネットワーク

【本社所在地】
岡山県岡山市北区津島京町三丁目1-21

1-4 ビジョン・ミッション

【企業理念】
■グループメッセージ
「価値ある環境を未来に
 インフラ・ソリューション・コンサルタントの挑戦」

■使命(Mission)
「地球環境にやさしい優れた技術と判断力で、真に豊かな社会創りに貢献」
・私たちは、確かで優れた技術によるコンサルティングサービスを通じて、地球レベルから地域レベルまで、安全・安心で住みやすく、美しく快適な国土・地域環境を創造し、未来にこれらを継承することにより、真に豊かな社会づくりに貢献する。

■経営ビジョン(Vision) ~私たちは使命を果たすために何を追い求めるのか~
・持続的成長と企業価値向上を追い続ける、「わが国第一級のインフラ・ソリューション・コンサルタントグループ」を目指す。

■価値観(Values)
・企業価値の向上をめざした、最先端の知識、創造的で革新的な技術の追求
・社会的責任の達成をめざしたコンプライアンスと高い倫理観に根ざした公正・誠実な行動
・誇り高く、働きがいのある企業文化の創成をめざした、主体性と協調性、責任ある行動

■行動規範(Principles)
・イノベーション
社会や環境の変化を見極め、あらゆるインフラ分野の課題解決を目指すグローカル(グローバルからローカルまで)な思考で行動する。
・プロフェッショナリズム
多様で高度なニーズに的確に応えることのできる優れた技術と豊かな感性、誠実な人格を有するプロフェッショナル集団として、人材価値、企業価値を高めるため、自己研鑽に努める。
・誠実
関連法令ばかりでなく企業倫理~職業倫理も遵守し、公正・中立的な立場で社会的責任を遂行する。
・チームワーク
わが国第一級のインフラソリューションコンサルタントグループとしての自覚をもち、常に高い目標を掲げ、その実現に向けてグループの総力で挑戦する。

2. E・Jホールディングスの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
2017年5月期 229億7800万円
2016年5月期 224億7000万円
2015年5月期 227億4700万円

▲営業利益(連結)
2017年5月期 12億7400万円
2016年5月期 12億5000万円
2015年5月期 15億4800万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益(△損失)
 (連結)
2017年5月期 △2億9300万円
2016年5月期 9億4300万円
2015年5月期 13億9800万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲業務別販売実績
(自 平成28年6月1日 至 平成29年5月31日)
建設コンサルタント業務 200億2400万円
調査業務 29憶5300万円
合計 229憶7800万円

2-3 主力事業

【建設コンサルタント領域】
E・Jグループの主力事業として、様々な社会資本整備の企画、計画策定、調査・設計を展開しています。

【海外コンサルタント領域】
今後成長が期待される海外市場の開拓を目指して地球温暖化対策も含め、都市交通整備計画をはじめとする、道路整備や改良事業、飲料水供給事業を主体にアフリカから東南アジア諸国を主要地域として、循環型社会づくり事業を展開しています。

【インフラ・マネジメント領域】
ストックマネジメント時代に移行する社会資本整備への対応として、官公庁が行う工事の施工管理や設計監理などの発注者支援業務や民間企業が行う工事の設計・施工管理、また、地方公共団体の保有する公社や民間が管理している有料道路施設などの運営や維持関連業務を展開しています。

3. E・Jホールディングスの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
小谷 裕司
昭和32年11月25日生

平成2年8月 株式会社アイ・エヌ・エー(現 株式会社クレアリア)退職
平成2年9月 株式会社エイトコンサルタント(現 株式会社エイト日本技術開発)入社
平成4年4月 同 東京事務所長
平成4年7月 同 取締役東京事務所長
平成6年7月 同 常務取締役社長室長
平成8年8月 同 代表取締役社長(現任)
平成10年1月 株式会社八雲代表取締役(現任)
平成19年6月 当社代表取締役社長(現任)

出典:
http://www.ej-hds.co.jp/ir/library/pdf/yuho/2017_04.pdf

3-2 発言、エピソード

E・Jグループが係わる社会資本整備は、質・量の物的なものから整備手法やマネジメントまでの知的なものへと大きく変化しつつあります。E・Jグループではこのような市場環境の変化に対し、グループ力を結集し、「価値ある環境を未来に」を合言葉に、地域社会から地球規模に至る、循環型社会形成におけるインフラ整備の川上から川下までの様々な課題解決に向け、ワンストップサービスを提供するOnly One のインフラ・ソリューション・コンサルタントとして次なる飛躍を目指しております。

今後は、E・Jグループ各社全員が一丸となって、優れた技術の発揮を通して社会に貢献し、信頼に応えることによって、お客様、株主、従業員ならびにグループのあらゆるステークホルダーの方々の満足度の確保・向上を達成し、その実現をとおしてグループ全体の企業価値の極大化を実現してまいります。

近況における世界経済は、中国を始めとする新興国経済の成長鈍化懸念や米国の新大統領によるTPP交渉・パリ協定からの離脱、英国総選挙における保守党の過半数割れなど不確実・不透明な情勢が続いております。一方、我が国においては、政府の各種政策等により、緩やかな回復基調にあるものの、回復への実感はあまりないままに推移しております。

このような中、E・Jグループが所属する建設コンサルタント業界では、公共投資予算がほぼ横ばいの状況下、競争環境が一段と厳しくなってきております。また、公共投資の内容が建設・開発型から国土強靭化基本計画や地方創生など、防災・減災対策、老朽化インフラの調査・点検、維持管理、地域活性化施策へと移り変わり、これまで以上に、総合的な知見が求められております。さらに、業界全般で起こる労働力不足などICTの利活用による働き方改革も必須となってきております。今、まさに当業界では、パラダイムシフトが起こっており、この変化を捉えて新たな社会ニーズに対応し、提案型の総合建設コンサルタントを目指すグループと従来型の事業を展開するグループの2極化が進んでおります。

4. E・Jホールディングスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1,226人(臨時従業員数 206人)
 総合建設コンサルタント事業 1,226人(同 206人)
単体 18人
(2017年5月31日現在)

4-2 平均年齢

51.0歳(単体、2017年5月31日現在)

4-3 平均勤続年数

6.8年(単体、2017年5月31日現在)

4-4 平均年間給与

751万8048円(単体、2017年5月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

【株式会社エイト日本技術開発】
家久冬萌
2016年入社
国際事業本部交通インフラ部 技師

現在はアフリカにおける道路の設計から都市計画の交通調査・解析などを担当しています。国内の主要都市におけるマスタープランに関わる大きなプロジェクトもあれば、道路の詳細設計など幅広い案件に携わっています。

【株式会社近代設計】
舘野 結人 
2014年入社
NEXCO東京支社管内橋梁大規模更新施工管理

私は2014年に東京支社に入社し、橋梁設計を担当しています。新しい橋の設計はもちろん、既設橋梁の補強や補修等の設計も行っています。

【株式会社共立エンジニア】
平野 弥生
2015年度入社
技術一部

1年目は調査、2年目からは設計に配属となりました。
内業だけでなく現場にも出るので、日々変化があり楽しい職場です。
調査や設計の部署を超え、協力して業務を行うことも多いため、幅広い分野を学べることが魅力だと思います。

 

5. E・Jホールディングスの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

【株式会社エイト日本技術開発】
当社の幅広いフィールドで活躍してくれる、情熱溢れる方と、共に働ける日を心待ちにしています!

5-2 育成に関する方針・施策

【株式会社エイト日本技術開発】
〇教育制度
キャリアの段階、業務に応じて様々な教育・研修制度を設けています。
■OJT
日常業務を通じて行う教育訓練
■社内集合研修
新入社員研修、新任管理職研修、管理職研修など
■E・Jグループフォーラム
年に1度グループ全体で開催される、技術発表大会
■外部研修、講習会参加
年間個人研修計画に基づく外部研修
■その他各種研修
技術研修、積算研修、商品勉強会など
■技術資格取得研修
技術士などの資格取得支援プログラム
■TOEIC受験支援
模擬試験の実施など
■イブニングセミナー
新技術の勉強会や、社外講師を招いた講演会など
■社外研修
海外研修、国内留学など

〇研修制度
新入社員研修、新任管理職研修、管理技術者研修、タイムマネジメント研修、セルフケア研修、労務管理研修、積算研修、海外研修など

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

【株式会社エイト日本技術開発】
■基本給
高専本科卒・専門学校(2年制)卒:月給210,800円~230,800円
大学卒・高専専攻科卒:月給 216,800円~236,800円
大学院(修士修了):月給 222,800円~242,800円
大学院(博士修了):月給 231,800円~251,800円
(2017年4月実績)

※上記の初任給には地域手当とコース手当(10,000円~30,000円)を含みます。
※既卒者は最終学歴を勘案し、上記と同額を支給いたします。

■諸手当
資格手当(技術士、博士号等)、別居手当、地域手当、コース手当、家族手当、時間外勤務手当、休日勤務手当、深夜勤務手当、通勤手当 ほか
■昇給
年1回(6月)
■賞与
原則年2回(6月、12月)

6. E・Jホールディングス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. E・Jホールディングスの福利厚生は?

【株式会社エイト日本技術開発】
各種社会保険加入(健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険)
退職金制度有(確定給付年金及び確定拠出年金)
企業年金基金加入、財形貯蓄制度有、社員持ち株会制度有
保養施設保有(軽井沢)、独身寮保有(東京都・大阪府)

8. E・Jホールディングスの新卒採用、中途採用の求人は?

 
 

9. E・Jホールディングスのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. E・Jホールディングスの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


那須電機鉄工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

那須電機鉄工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1929年に那須鉄工所として創業。以来、日本のインフラ整備に欠かせない、電力・通信関連事業、建築・道路関連事業、碍子・樹脂関連事業に関わる製品を製作・販売している。2018年4月に砂町工場・八千代工場を統合。鉄塔、金物、ポール、鉄構造物、表面処理を一貫して生産できる体制となった。

東証二部 東京都新宿区 建設


金下建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

金下建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1951年に創立し京都府に本社を置く。建設事業を中心に、アスファルトの再生合成の製造・販売、土木工事等を行っている総合建設業。2002年にISO14001の認定取得した。各事業において、工事現場の地域性や特性を理解し、環境に負荷がかからないよう施工をしていることが特徴である。2018年に工事成績優秀企業に認定された。

京都府 建設 東証二部


日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪府に本社を置き、システムソリューション事業、エンジニアリング事業を二つの柱としている会社。通信設備においては同社が培ってきたコアな事業であり、基幹ネットワークや電話回線、CATV工事などインフラの設計・構築を手がけている。協和エクシオとの経営統合により2018年9月26日付で上場廃止が決定している。

大阪府 東証二部 ITサービス・ソフトウエア 建設


日本リーテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本リーテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

本社を東京都千代田区に置く。2009年に千歳電気工業株式会社と保安工業株式会社が合併し発足した。それぞれの強みである鉄道信号部門と強配電部門が合わさり、鉄道関係、道路関係、高圧電力線関係と日本のインフラ整備を幅広く行っている。東日本旅客鉄道(株)をはじめ、各高速道路会社、電力会社等より工事を受注している。

東証二部 東京都千代田区 建設


武蔵野興業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

武蔵野興業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

映画館の運営を行う会社。主力の映画事業では2016年にリニューアルした「新宿武蔵野館」とミニシアターの「シネマカリテ」を運営しており、個性溢れる作品のラインナップに注力し海外映画の自社買付け配給を行っている。またテナントビルや賃貸マンションを経営するほか、子会社を通じて寄居武蔵野自動車教習所の運営も手掛けている。

東京都新宿区 東証二部 レジャー


最新の投稿


株式会社日立ビルシステムに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日立ビルシステムに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を置く、主に昇降機をはじめとしたビル設備機器の製造販売を行う会社。2017年に世界トップクラスとなる分速1,200mのエレベーターを中国に納品した。緊急時の迅速な対応や全国に約350拠点あるサポート体制を強みとする。近年では、国内で培った技術力を活かし、グローバル展開に取り組んでいる。

東京都千代田区 非上場 建設 日立グループ


三菱日立パワーシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱日立パワーシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱重工業と日立製作所が火力発電システム事業を統合し設立した会社。世界最高クラスの火力発電技術を誇る。略称MHPS。大型火力プラント及び主機の開発から建設工事までに至る、全工程の自社技術対応を強みとする。近年では、省エネルギーや石油代替・新エネルギーなど、世界中で注目されているテーマにも取り組む。

神奈川県 非上場 建設 日立グループ


那須電機鉄工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

那須電機鉄工株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1929年に那須鉄工所として創業。以来、日本のインフラ整備に欠かせない、電力・通信関連事業、建築・道路関連事業、碍子・樹脂関連事業に関わる製品を製作・販売している。2018年4月に砂町工場・八千代工場を統合。鉄塔、金物、ポール、鉄構造物、表面処理を一貫して生産できる体制となった。

東証二部 東京都新宿区 建設


金下建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

金下建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1951年に創立し京都府に本社を置く。建設事業を中心に、アスファルトの再生合成の製造・販売、土木工事等を行っている総合建設業。2002年にISO14001の認定取得した。各事業において、工事現場の地域性や特性を理解し、環境に負荷がかからないよう施工をしていることが特徴である。2018年に工事成績優秀企業に認定された。

京都府 建設 東証二部


日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電通株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪府に本社を置き、システムソリューション事業、エンジニアリング事業を二つの柱としている会社。通信設備においては同社が培ってきたコアな事業であり、基幹ネットワークや電話回線、CATV工事などインフラの設計・構築を手がけている。協和エクシオとの経営統合により2018年9月26日付で上場廃止が決定している。

大阪府 東証二部 ITサービス・ソフトウエア 建設


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300