「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

会社に貢献しているのは、若手と女性、それに非正規と呼ばれる人たち――。そんな職場を「働かない正社員おじさん」から奪回し、頑張っている人たちに解放することが「働き方改革」ではなかろうか。


厚生労働省の調査データに不備があったことから、裁量労働制の対象拡大が「働き方改革」法案から外れることになった。この部分だけを切り離すことで、懸案となっている「高度プロフェッショナル制度」などを通そうというのだ。

これを受けて新聞各紙は、遅まきながら「働き方改革」の意義について思い思いのオピニオンを掲載し始めた。こういうものは審議が始まる前に、各紙の記者が審議会の議事録や法案を読み込んで解説して欲しいものだが、なかなかそうはならない。

企業と従業員の理想的な関係を考えよう

オピニオンの中には「働き方改革」の目的について、労働者側の利益から説くものが見られた。しかし雇用は「企業」あってのものであることを忘れてはならない。企業が発展・成長しないことには雇用が確保されず、社会不安に直結する。政府が避けたいのは、こういう事態だ。

したがって「働き方改革」も、まずは企業経営を中心に置いた好循環を生み出すための取り組みだと考えた方が、合理的なはずである。

このようなことを書くと、労働組合と関係の強い人物やメディアから「企業は労働者を搾取しようとするのが当たり前だ。働く人間を中心に置いたもっと優しい制度にすべきに決まっている」という批判が来ることは容易に想定される。

しかし、企業はそんなに悪なのだろうか。ついこの間まで自分たちの仲間だったサラリーマン社長が、大企業の経営者の座に就いた途端、手のひらを返したように悪の道に走るのだろうか。それはあまりにも古い思い込みというものだろう。

頑迷な「経営者悪玉説」を排して考えたとき、企業経営と従業員の働き方の理想的な関係は、どのようになるのだろうか。

おそらく、従業員の誰もが健康的で、クリエイティブな仕事をし、貢献度に応じて公平に報酬が支払われ、業績が安定的に成長し、組織として存続しながら株主に配当をし続けるサイクルがバランスよく回ることが、ひとつの理想の姿となるのではないだろうか。

「大企業は悪」のイデオロギーは労働者を救わない

しかし現状は、従業員は不健康で、仕事はクリエイティブではなく、報酬は貢献度に応じたものになっていない。業績は将来性に不安があり、組織として存続できない日が来るのではないかと思わせる企業も少なからずある。

この現状は変えなければならないが、「働き方改革」を批判する声を見ていると、仕事はクリエイティブじゃなくても貢献度に応じなくてもいいから、「とにかく報酬を上げて仕事をラクにしろ」と言っているように見えてしまう。

それが彼らのいう「働き方改革」だとしたら、具体的にそれをどう実現するというのか。もしも「大企業は悪だから、法でまだまだ搾り取れる余地がある」と、足かせをさらに重くしようと考えているのであれば、結果的に雇用を減らす方向に働くに違いない。

TDKや村田製作所などでは海外売上比率が9割を超えているように、大企業はすでにグローバルな市場での戦いに臨んでいる。少子高齢化で内需が縮小する一方の日本は、こういうグローバル企業に海外で稼いでもらわないことには、豊かな生活が維持できない。

むしろ、日本企業に無理やり担わせている「社会保障」的な役割を、少しでも軽くしてあげることが大事だ。それもできるだけ客観的に、公平な形で。

貢献する若手や女性、非正規に給与を振り分けろ

具体的には「とにかく報酬を上げて仕事をラクにして終身雇用せよ」と主張する「働かない正社員おじさん」のムダな給与を減らすのが、最も先にすべきことだろう。「長時間労働の是正」(ダラダラ残業による無駄な残業代稼ぎ)や「同一労働同一賃金」こそが、働き方改革の第一歩となる。

批判の多い「裁量労働制」「高度プロフェッショナル制度」も、基本的には同じように機能させるようにすべきだ。そのようにして減らしたムダな給与は、実質的な働きに貢献している若手社員や女性社員、非正規労働者に振り分けられるべきである。

従来の「働かない正社員おじさん天国」の職場を、ちゃんと働く人たちにとって居心地のいい場所として解放すること。これこそが「働き方改革」の本質なはずだ。

しかし、大して働かずに高給を得ている中高年を多く抱える大新聞やテレビ局が、そのような方向に議論を誘導できないのは、仕方ないと諦めていいものだろうか。

「男性社会」を冷ややかに見つめる女性社員 口コミサイトに「働かないおじさん」の慌てぶりを投稿

https://tenshock.biz/articles/2784

明確なセクハラ行為にまでは至らないものの、あからさまに男性を優位し、女性の扱いを軽んじる会社は少なくないようです。「男は外で働き、女は家を守る」という価値観の現れと見られますが、その弊害は至るところに吹き出しつつあります。

働き方改革とは、大企業の「働かないおじさん」問題である

https://tenshock.biz/articles/3149

日本経済の喫緊の課題とされる「働き方改革」だが、生産性向上が必要なホワイトカラーとは誰なのか、いまひとつターゲットが明確になっていない。もしかすると、日本の大企業に勤める「働かないおじさん」ではないだろうか。

大企業の「働かないおじさん」問題 解決にはやっぱり「働き方改革」が不可欠だ

https://tenshock.biz/articles/3176

2月28日に公開した「働き方改革とは、大企業の『働かないおじさん』問題である」は、ネット経由での多くの反応を得た。その中には筆者に対する反論もあったので、簡単に補足しておきたい。

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【空調世界一】 ダイキン工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【空調世界一】 ダイキン工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

大阪市に本社を置く空調機メーカー。空調事業の売上高は世界一。2兆円超の売上高のうち、空調・冷凍機事業が9割を占める。フッ素化学事業やフィルター事業も展開。世界約150か国で事業を行い、海外売上高比率が7割を超え、グループ全従業員数の8割が海外で働いている。単体の平均年間給与は733万円。

東証一部 doda_転職人気企業ランキング2018 JPX日経400 大阪府 電機・電子 グローバル・ニッチ・トップ 働き方改革 花粉症対策 猛暑


【旧スタートトゥデイ】(株)ZOZOに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【旧スタートトゥデイ】(株)ZOZOに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アパレル通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営する会社。出店ショップ数は、2019年3月期末時点で1111店舗。企業理念は「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」。千葉市に本社を置く。フォーブス誌の調査では前澤社長の資産は3330億円。2018年10月1日に「株式会社ZOZO(ゾゾ)」へ社名変更。

東証一部 千葉県 アパレル ZOZOTOWN ゾゾタウン doda_転職人気企業ランキング2018 働き方改革 ガールズトレンド 高ROE JPX日経400 スタートトゥデイ


会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

東京医科大学が女子受験生を一律減点していた問題が発覚しましたが、日本企業にも、とても平成の時代とは思えない男女差別が残っています。キャリコネの口コミから、女性の訴えを拾ってみました。

働き方改革 働かないおじさん


【5G時代先取り】KDDI(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【5G時代先取り】KDDI(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電信電話(NTT)に次ぐ大手電気通信事業者。KDDと第二電電(DDI)、日本移動通信(IDO)の3社合併で2000年に誕生。携帯電話ブランド「au」を展開。格安スマホ事業(MVMO)に「UQ Mobile」ブランドで参入。国内4位のプロバイダ事業「ビッグローブ」を買収しアセットのシナジー創出を狙う。

通信・ネットワーク 東京都千代田区 東証一部 KDDI doda_転職人気企業ランキング2018 キャリタス就活2019_総合ランキング200位以内 5G(次世代通信システム) グローバル・ニッチ・トップ 働き方改革 連続増配 5G 防災 TOPIXコア30


最新の投稿


東洋冷蔵に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋冷蔵に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1948年創業した三菱商事グループの水産加工品を扱う会社。生産、輸入、保管、加工、物流、販売を行っており、年間を通して安定した価格帯・品質で供給している。近畿大学等とのコラボレーションにより生産が可能となった人工孵化養殖本鮪「TUNA PRINCESS®」などオリジナルブランドも展開している。

東京都江東区 食品・飲料 非上場 三菱商事グループ


株式会社カノークスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社カノークスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1897年創業。愛知県名古屋市に本社を置く鉄鋼商社である。主な取り扱い商品は熱延鋼板・構造用鋼管・鋼板・鋼帯・農ビ管などの、自動車・建築・農業・工業用鉄鋼資材である。トヨタ自動車系の部品メーカーに商品を販売するなど、自動車メーカーとの取引が主となっている。

愛知県 名証二部 商社


京都機械工具株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

京都機械工具株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主に自動車製造に用いられる工具を生産する、アイテム数・生産量共に国内No.1の実績と高品質の信頼を誇るハンドツールメーカー。トヨタ自動車への工具供給で培った高い技術を持ち、2001年にTOYOTA F1との開発チームを結成、F1での工具供給も行った。今後は海外市場へのチャレンジも検討している。

京都府 東証二部 建機・工機


JALCOホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

JALCOホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主にパチンコホール向けの不動産賃貸業と貸金業等を行う子会社を持つ持株会社。元はテレビの電子部品事業を営んでいたが撤退し、業態変更している。子会社である株式会社ジャルコは不動産の賃貸、管理や貸金業、株式会社ジャルコアミューズメントサービスは中古遊技機売買サイトの提供、M&A、コンサルティングなどをそれぞれ行う。

東京都中央区 レジャー 東証ジャスダック


三井物産マシンテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井物産マシンテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

製造ラインの機械装置や飛行機の機体、エンジンの部品、医療機器の部品など、ものづくりに欠かせない工作機械を専門に取り扱う商社である。拠点は日本国内に限らず、中国やタイなど海外にも広がっている。1968年に創立された三井物産工作機械株式会社の流れを汲み、2003年に設立された。

東京都港区 建機・工機 非上場 三井物産グループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300