大企業の「働かないおじさん」問題 解決にはやっぱり「働き方改革」が不可欠だ

大企業の「働かないおじさん」問題 解決にはやっぱり「働き方改革」が不可欠だ

2月28日に公開した「働き方改革とは、大企業の『働かないおじさん』問題である」は、ネット経由での多くの反応を得た。その中には筆者に対する反論もあったので、簡単に補足しておきたい。


目についたのは、「働かないおじさん」問題は、裁量労働制をいじらなくても、現在の枠組みだけで解決できるという指摘である。例えば「そんなの就業規則に残業は許可制と書けばよいだけの話」という声があった。

ところが大企業のおじさんたちは、昼間はサボっているけれど、夕方からは残業代稼ぎのために曲がりなりにも作業は行っている。管理職がおじさんだけの残業申請を断るのは難しい。だからいまは、全社的な「残業削減」が叫ばれているのである。

「遅れず、休まず、働かず」のままでいいのか

それなら昼間サボらせないように「成果ベースの給料体系を導入すればいい」「今でも査定があるでしょ」という声もあった。賃金ダウンは、本人の同意なしに行うことはできないのをご存じだろうか。

会社が強引に減給すれば、裁判で負けるおそれが高い。それを知って賃金ダウンに同意する大企業の「働かないおじさん」はいない。しかも、日本企業の労務管理の多くは「成果」をきちんと評価できておらず、労働時間しか見ていないのが実情だ。

それもこれも、日本企業が職務範囲を明確にした「ジョブ型雇用」になっていないから。だから日本のサラリーマンは「遅れず、休まず、働かず」をモットーにしているのであり、「働き方改革」の複合的な取り組みが新たに必要なのである。

反論を見ていると、中小企業の常識で考えているものが多く、大企業が強いられている制約を甘く見ているという印象を持った。

前回も書いたとおり「メンバーシップ型雇用」とは、いわゆる正社員が完全に会社の言いなりになることと引き換えに、会社に家族を含めた生活を完全に丸抱えしてもらう制度である。

つまり、会社の都合で社員を簡単に異動させたり、マイホームを購入したばかりと知ったうえで転勤させたりしているのに、使えなくなったら「やっぱり解雇ね」とはいかない。それが、裁判所の判断する「社会通念」である。

解雇ができれば非人道的な「追い出し部屋」は不要

中小企業では、ある部署で使えなくなった社員を、別の部署に異動させる余裕はない。だから会社都合の解雇が認められる場合もある。

しかし何千、何万人の社員を抱え、何十もの部署を持つ大企業では、そうはいかない。ある部署で不要になった「働かないおじさん」を、会社はよりヒマで重要でない部署に回すことを余儀なくされている。大企業では倒産の危機でもない限り、解雇は回避されなければならないからだ。

中小企業とはずいぶん違う丁重な扱いだが、そんな異動を繰り返し、いよいよ行き場がなくなっても、まだ解雇はできない。最終的に会社は、かの悪名高き「追い出し部屋」「追い出し会社」に追い込むしかなくなる。

新聞や雑誌が非人道的な「追い出し部屋」の悲惨な様子を告発していることがあるが、その背景を構造的に捉えようとするメディアはまれだ。会社だって、好き好んで社員をいじめようとしているのではない。

現状の枠組みでは、それしか方法はないのであり、それを非人道的と呼ぶのであれば、何らかの形で解雇を許せばいいのである。少なくとも「金銭解雇」という手段を検討するチャンスはあったが、労働組合の反対に遭って頓挫している。

「身分」を盾にする既得権者が横行すれば社会は停滞

「追い出し部屋」がなぜあるのか。50代の社員に5000万円もの退職金の上乗せをして、頼み込むようにして会社を辞めてもらっているのはなぜか。それは現状の硬直化した「メンバーシップ雇用」のゆがみを解決するには、それしか方法がないからである。

救いなのは、読者から「これは若者的には雇用の流動化のほうで解決してほしいね」という声があったことだ。会社だって、溢れかえったバブル入社をひととおり整理したら、退職金の上乗せをやめるだろう。追い出し部屋をなくすためにも、メンバーシップ型雇用に代えて、「ジョブ型雇用」「職務の専門性に応じた転職促進」を進めるしかない。

有名大卒業という一時の栄光を背に、大企業の正社員という「身分」を一度得てしまったら、あとは働かずとも給与をもらい続ける権利があると主張する既得権者が横行する社会は、活力が停滞するに決まっている。

誰もが自分の役割分担を誠実に果たそうとする社会は、いまよりもっとよくなるはずだ。自らの能力を社会で適切に活用しようという気概のある人たちがもっと増えて、大企業の社内競争に見切りをつけた人たちがどんどん転職したり、起業したりする世の中になって欲しいものだ。

「男性社会」を冷ややかに見つめる女性社員 口コミサイトに「働かないおじさん」の慌てぶりを投稿

https://tenshock.biz/articles/2784

明確なセクハラ行為にまでは至らないものの、あからさまに男性を優位し、女性の扱いを軽んじる会社は少なくないようです。「男は外で働き、女は家を守る」という価値観の現れと見られますが、その弊害は至るところに吹き出しつつあります。

働き方改革とは、大企業の「働かないおじさん」問題である

https://tenshock.biz/articles/3149

日本経済の喫緊の課題とされる「働き方改革」だが、生産性向上が必要なホワイトカラーとは誰なのか、いまひとつターゲットが明確になっていない。もしかすると、日本の大企業に勤める「働かないおじさん」ではないだろうか。

「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

https://tenshock.biz/articles/3188

会社に貢献しているのは、若手と女性、それに非正規と呼ばれる人たち――。そんな職場を「働かない正社員おじさん」から奪回し、頑張っている人たちに解放することが「働き方改革」ではなかろうか。

この企業情報の記事作成

関連する投稿


会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

東京医科大学が女子受験生を一律減点していた問題が発覚しましたが、日本企業にも、とても平成の時代とは思えない男女差別が残っています。キャリコネの口コミから、女性の訴えを拾ってみました。

働き方改革 働かないおじさん


「己の才能に失礼な生き方」をしていないか ミドル世代専門転職コンサルタントがハッパ

「己の才能に失礼な生き方」をしていないか ミドル世代専門転職コンサルタントがハッパ

リクルートキャリアの調査によると、今年3月の転職求人倍率は2か月連続で前年同月を下回ったという。原因は、転職市場の活性化を受けて転職希望の登録者数が増加したため。空前の売り手市場は、ミドルの転職にも恩恵をもたらすのか。

転職 働き方改革 働かないおじさん


サラリーマンは「冴えない男」を延命させるシステムである

サラリーマンは「冴えない男」を延命させるシステムである

「働き方改革」の本来の目的は何なのか。昭和型の日本経営とサラリーマンの働き方を見直し、「ポスト平成型」の新しい姿を描くことではなかったか。現状では、その入り口にも至っていない。誰が「働かないおじさん」の首に鈴をつけることができるのか。

働き方改革 働かないおじさん


「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

会社に貢献しているのは、若手と女性、それに非正規と呼ばれる人たち――。そんな職場を「働かない正社員おじさん」から奪回し、頑張っている人たちに解放することが「働き方改革」ではなかろうか。

働き方改革 働かないおじさん


最新の投稿


屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは2019年4月5日、2019年2月期の決算を発表した。利益の大半を生み出す国内コンビニ事業が期首計画を達成できないなど、懸念材料は多い。2019年2月19日に5014円だった株価は、4月12日の終値で3830円まで下がった。

投資家向け


中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業のM&Aを多く手掛ける、国内大手のM&A仲介会社「株式会社日本M&Aセンター」の業績が好調です。年間案件成約件数やM&Aコンサルタント数で国内トップの強さはどこにあるのか。将来性はあるのか。同社の決算説明会資料を参考に、情報を整理してみました。

投資家向け


就活は若者にとって「学びの機会」 採用担当者は「利己的な大人」になるな

就活は若者にとって「学びの機会」 採用担当者は「利己的な大人」になるな

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、就活生に対する採用担当者の基本スタンスについて。自社で優秀な人材を採用することばかりを考えるのでなく、未来ある若者たちと接している自覚を持つべきだと提言します。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

B2B向けデータベース「SPEEDA」と、B2C向けメディア「NewsPicks」の両輪で事業を進めてきた株式会社ユーザベースが、2018年12月期の有価証券報告書を公表した。2018年7月に米「Quartz」を買収。業績好調の中、将来のさらなる成長に向けて「大胆な挑戦」を行う決断をしたようだ。

投資家向け


戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

LINE株式会社は2019年1月31日、2018年12月期の通期決算を公表した。売上高は2000億円を超えたが、最終損益が赤字となったと報じられている。これを受けて株価は一時急落したが、すぐ反発。今後の経営の見通しはどうなるのか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300