働き方改革とは、大企業の「働かないおじさん」問題である

働き方改革とは、大企業の「働かないおじさん」問題である

日本経済の喫緊の課題とされる「働き方改革」だが、生産性向上が必要なホワイトカラーとは誰なのか、いまひとつターゲットが明確になっていない。もしかすると、日本の大企業に勤める「働かないおじさん」ではないだろうか。


裁量労働制の対象職務拡大をめぐって、与野党の対立が激化している。しかし、「そもそも何をねらいとした法改正なのか」疑問に思っている人もいるだろう。

日本経済新聞は2月23日の社説の中で、国会の審議停滞を「これ以上、先送りは許されない」と厳しく批判し、働き方改革法案を次のように位置づけている。

「働き方改革関連法案には、(中略)働いた時間に成果が比例しない仕事が増えてきた時代の変化に合わせ、働き手の生産性向上を後押しする狙いがある」

日本では生産性を上げるインセンティブが働かない理由

産業の高次化に伴って、「働いた時間に成果が比例しない仕事」が増えると言われて久しい。しかし、それをポジティブに感じている人は少ないのではないか。

同じコードを書くのに、10時間かかるAさんがいる一方で、2時間で終わらせるBさんがいるのは事実だ。さらにBさんの方が仕事の質がよいといった、肉体労働ではありえない圧倒的な生産性の差も頭脳労働では起こりうる。

この2人に同じ給料が支払われているとすれば、明らかに不公平だ。しかし現実には、Bさんは早く家には帰れない。上司に呼ばれ「おい、手が空いているならこれもやってくれ」と、新しい仕事を振られるのが日本企業だからだ。

原因は、個人の「職務範囲」を明確に決めていないことにある。仕事や責任の範囲をあいまいにし、異動や転勤などの業務命令に従わせる代わりに、生活を丸抱えして終身雇用を保障するのが日本の「メンバーシップ型雇用」である。

プレッシャーを掛けてくるのは、上司ばかりではない。仕事の遅い同僚までもが「自分の仕事が終わったからといって、仲間を助けずにサッサと帰るなんて」と批判し、思いやりという名の連帯責任を求めてくる。

このような職場で、Bさんのようなデキル人が、生産性を上げようとするインセンティブが働くわけがない。逆に言えば、職務を明確にし、連帯責任の職場風土を変えなければ、裁量労働制は正しく機能しないということになる。

本丸は「結果を出さない大企業の中高年サラリーマン」

社員側の「効率」を考えれば、Aさんのように、同じ給料でより少ない仕事をしたいと考えるのは自然だろう。そうやって日本の職場には、生産性の低い人たちが増え、彼らが生産性を上げようとする人の足を引っ張っている。

日経の社説には、「裁量労働制の拡大には、ホワイトカラーの生産性向上を促す意義がある」という記述もある。裏を返せば、日本の大企業の経営者は、現状のホワイトカラーの生産性が低いと考えているということになる。

日本企業の生産性が先進国の中で最低ということは、各種統計によっても指摘されている。それでは生産性向上を促すべき「ホワイトカラー」とは、具体的に誰なのか。そこは政府も日経も明確には言っていない。

そんな中、フジテレビ上席解説委員の平井文夫氏は、「日本は社会主義国か 結果を出さないサラリーマンはもういらない」の中で、改革されるべき対象をこう指している。

「日本は欧米に比べ生産性が低い。長時間働く割に結果が出ない。僕の周りにもそういう人がたくさんいる。(中略)働かずに結果も出さない大企業の中高年サラリーマンの高い給料を減らし、やる気と能力があって結果を出す若者、ママさん、高齢者、にその分を払う。これはいい改革でしょ」

ここには、ひとつのホンネが示されているように思える。政府も日経も、平井氏と同様に「働かずに結果も出さない大企業の中高年サラリーマン」が本丸であると、本当は言いたいのではないか。

「年収1000万円」でネットサーフィン三昧

58歳の平井氏は、自分を「はっきり言って逃げ切り組だ」と言っているが、「働かないおじさん」にうんざりする若手社員の声は、企業口コミサイトの「キャリコネ」にも数多く見られる。

【財閥系金融業】できる人は退職、できない人が残っていく仕組みになっている。社員の大半は関連会社から出向してきたおじさんばかりで、給料は1000万円以上貰っているようだが、仕事をせずネットサーフィンを楽しんでいる

【化学メーカー】ノンワーキングリッチな中年社員の存在。ほとんど働かず、かといって高い付加価値を生み出しているわけでもなく、若手よりもはるかに高い報酬を得ており、モチベーションが下がる

【システム開発】年功序列。顧客との折衝を直接担って、結果や成果を出している若手の方が、働かないおじさんたちの給料よりも安いのが問題。「自分たちばかり苦労している」感が否めない

もともと「日本型雇用」は高度成長期のころ、完全に会社の言いなりになるサラリーマンを大量確保するために、社員の生活丸抱えと終身雇用を最優先してきたのだから、先行きが不透明な時代に生産性が低くなるのはある意味当然だ。

弊害が分かった後でも、自分もいつか歳を取るし、そのときに楽をしたいからという理由で目をつぶってきた。しかしこのまま働かない中高年に対する厚遇を続けていては、会社が立ちいかなくなるのは火を見るより明らかである。

本来であれば、社員の職務を明確にし、成果とコストを総合的に評価して給与を決めるようにシフトしていくのがマネジメントの王道である。しかし日本企業と労働組合は、何かと理由をつけてこれを避けてきた。

職場の風土も、一朝一夕では変えられない。そんな中で考え出されたのが、時間あたりの成果が先進国で最も低い「ニッポンの大企業の働かないおじさん」の残業代をカットするために「裁量労働制」を使うことだったのではないか。

オブラートに包んだ表現を取らざるをえない悩ましさ

考えてみれば、働き方改革で掲げられている「長時間労働の是正」「同一労働同一賃金」「裁量労働制」「ホワイトカラー・エグゼンプション」も、大した成果も生まずにダラダラ残業で稼いでいる大企業の中高年正社員には不利な変更である。

転職しようにも、その会社でしか通用しないスキルしか身についていない。新しいツールも覚えられない。テレワークもできない。「成長分野に転職しろ」と言われても無理だ。

そんな「働けないダメなおじさん」も、会社を出れば「一家の大黒柱」として扱われている。解雇されれば自力で稼ぐ力もなく、妻も子どもも大きな被害を受ける。政府や経済界が「働き方改革」という、オブラートに包んだ表現を取らざるをえない所以だろう。

「男性社会」を冷ややかに見つめる女性社員 口コミサイトに「働かないおじさん」の慌てぶりを投稿

https://tenshock.biz/articles/2784

明確なセクハラ行為にまでは至らないものの、あからさまに男性を優位し、女性の扱いを軽んじる会社は少なくないようです。「男は外で働き、女は家を守る」という価値観の現れと見られますが、その弊害は至るところに吹き出しつつあります。

大企業の「働かないおじさん」問題 解決にはやっぱり「働き方改革」が不可欠だ

https://tenshock.biz/articles/3176

2月28日に公開した「働き方改革とは、大企業の『働かないおじさん』問題である」は、ネット経由での多くの反応を得た。その中には筆者に対する反論もあったので、簡単に補足しておきたい。

「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

https://tenshock.biz/articles/3188

会社に貢献しているのは、若手と女性、それに非正規と呼ばれる人たち――。そんな職場を「働かない正社員おじさん」から奪回し、頑張っている人たちに解放することが「働き方改革」ではなかろうか。

この企業情報の記事作成

関連する投稿


会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社は敵とは限らない 「社畜になるな!」に騙されるな

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

東京医科大学が女子受験生を一律減点していた問題が発覚しましたが、日本企業にも、とても平成の時代とは思えない男女差別が残っています。キャリコネの口コミから、女性の訴えを拾ってみました。

働き方改革 働かないおじさん


「己の才能に失礼な生き方」をしていないか ミドル世代専門転職コンサルタントがハッパ

「己の才能に失礼な生き方」をしていないか ミドル世代専門転職コンサルタントがハッパ

リクルートキャリアの調査によると、今年3月の転職求人倍率は2か月連続で前年同月を下回ったという。原因は、転職市場の活性化を受けて転職希望の登録者数が増加したため。空前の売り手市場は、ミドルの転職にも恩恵をもたらすのか。

転職 働き方改革 働かないおじさん


サラリーマンは「冴えない男」を延命させるシステムである

サラリーマンは「冴えない男」を延命させるシステムである

「働き方改革」の本来の目的は何なのか。昭和型の日本経営とサラリーマンの働き方を見直し、「ポスト平成型」の新しい姿を描くことではなかったか。現状では、その入り口にも至っていない。誰が「働かないおじさん」の首に鈴をつけることができるのか。

働き方改革 働かないおじさん


「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

「働かないおじさん」から会社を解放する革命こそが「働き方改革」である

会社に貢献しているのは、若手と女性、それに非正規と呼ばれる人たち――。そんな職場を「働かない正社員おじさん」から奪回し、頑張っている人たちに解放することが「働き方改革」ではなかろうか。

働き方改革 働かないおじさん


最新の投稿


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

若者に人気のアパレルECサイト「ZOZOTOWN」に対する批判的な報道が、ここのところ相次いでいます。「ZOZO離れ」という言葉も見られますが、運営する株式会社ZOZOの行く先には本当に暗雲が垂れ込めているのでしょうか。同社の決算説明会の資料を参考に、情報を整理してみました。

ZOZO 投資家向け


ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

「加盟店の解約増加で大失速」とネットで話題になっている株式会社ぐるなび。創業者の滝久雄会長は2018年7月、保有株式の一部を楽天に売って資本業務提携を締結しました。すでに会員の新規獲得数やネット予約件数で効果が現れているようですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300