株式会社サンデーに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サンデーに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1975年吉田産業グループとして設立。イオングループを親会社とする。東北地方を中心に住生活関連を主体としたホームセンターであり、2016年時点で100店舗展開する。電話で配達してくれるSAN急便、通販のNet得通販、各店舗に専門資格を持つスタッフを配置するなど、地域密着型にこだわり豊富な品揃えでサービスを提供している。


1. サンデーってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

東北を主要基盤に生活必需品全般を扱うホームセンター事業を展開

1-2 創業者と沿革

(創業者)吉田昌平
1922年生まれ。京都帝国大工学部卒業後、48年に家業の「吉田金物店」(現:吉田産業)に入社。65年に代表取締役社長に就任し、東北地方屈指の建設資材販売会社に育成した。  
75年にサンデーを設立し、東北エリアに出店。現在、東北6県(青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県)に80店舗(フランチャイズを除く)を展開。2010年2月期(連結)の売上高は492億円に上る。
91年に取締役会長就任。03年から顧問に。その03年、イオン(千葉県/岡田元也社長)と業務・資本提携を結んでイオングループ入りを果たした。
吉田さんは、財界活動にも精を出し、82年には八戸商工会議所第10代会頭に就任し、以降4期12年間にわたって、八戸市の経済発展に尽力した。

出典:
http://diamond-rm.net/articles/-/4019

1975年5月 大工用品の販売を目的として、株式会社サンダイヤーズマートを設立。
1975年10月 第1号店として八戸店を青森県八戸市に開店。
1976年11月 商号を株式会社サンデーに変更。岩手県に初めて進出し、久慈市に久慈店を開店。1978年8月 秋田県に初めて進出し、鹿角市に花輪店を開店。
1980年10月 発注業務の効率化を図るため、コンピュータシステムを導入。
1983年6月 北海道に初めて進出し、札幌市に4店を同時に開店。
1984年2月 物流コスト削減のため、八戸市に物流センターを開設。
1985年7月 商品供給を主体としたFC事業を開始し、FC第1号店ハッピーワン若草店が
      苫小牧市に開店。
1986年3月 固定客の増加と顧客管理を目的とした自社カード「マイカード」を導入。

沿革|DIY・園芸・日用品なら株式会社サンデー

http://www.sunday.co.jp/company/history.html

サンデーは東北6県に展開する、DIY用品や園芸、農業などのアグリ事業、日用品、ホームファッション、リフォームなど生活必需品全般を扱うホームセンターです。こちらでは株式会社サンデーの沿革をご紹介します。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
青森県八戸市根城六丁目22番10号

出典:
http://www.sunday.co.jp/company/

1-4 ビジョン・ミッション

■経営理念
受け継がれるサンデーのDNA、創業の精神は今も変わらない。
「忠恕(ちゅうじょ)」ー受け継がれる言葉ー
創業者の吉田昌平氏がかかげているサンデーの精神を象徴する言葉に「忠恕」という言葉がある。
「忠」は内なる真心に背かないこと。「恕」は真心による他人への思いやりである。小売業として受け継がれる精神である。

■基本理念、行動指針
「お客さまを原点に、平和を追求し続け、人間を尊重し、地域社会に貢献する」

■スローガン
「Save Money Good Life」(節約による豊かな暮らしの実現)

2. サンデーの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(単体)
平成29年2月期 474億3100万円
平成28年2月期 423億8600万円
平成27年2月期 386億800万円

▲経常利益(単体)
平成29年2月期 7億7900万円
平成28年2月期 5億3100万円 
平成27年2月期 9億7200万円

▲当期純利益(単体)
平成29年2月期 3億1600万円
平成28年2月期 3億600万円 
平成27年2月期 10億1300万円
 

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲部門ごとの売上高
 DIY用品 69億2197万4000円
 家庭用品 210億81万1000円
 カー・レジャー用品 188億9875万6000円
 その他 3311万7000円
(平成29年2月期)

▲地域ごとの売上高
 青森県 200億7358万3000円
 岩手県 93億9420万1000円
 秋田県 61億8935万8000円
 宮城県 38億1163万4000円
 山形県 70億4098万円
 福島県 9億2135万1000円
(平成29年2月期)

2-3 主力事業

住生活関連商品を中心とした暮らしの必需品を一般消費者へ販売するホームセンターの経営を主たる事業としております。

主な取扱商品は、DIY商品(木材、建築金物、工具、塗料、エクステリア)、家庭用品(日用品、インテリア、電化製品、家庭雑貨等)、カー・レジャー用品(園芸資材、ペット用品、レジャー用品、カー用品等)、その他(施工サービス等)であります。

■家庭用品
日用品、インテリア、電化製品、家庭雑貨等

介護用品、洗濯洗剤、洗面用品、化粧品、壁紙、のれん、マット、調理家電、家事家電、テレビ・ビデオ、台所用品、調理器具、食卓用品 など

出典:https://shop.sunday.co.jp/all_category/

■カー・レジャー用品
園芸資材、ペット用品、レジャー用品、カー用品等

園芸用品(用土、肥料、園芸用薬品 他)、園芸機械(草刈・剪定、散布器、ポンプ 他)、ドッグフード、キャットフード、サークル・首輪・衛生用品、サイクルパーツ、玩具、アウトドア・スポーツ用品、カーワックス、カー洗浄剤 など

出典:https://shop.sunday.co.jp/all_category/

■DIY商品
木材、金物、工具、塗料、エクステリア

木工完成品、荒材、断熱材、接合金物、建具金物、電動工具、作業工具、塗料、塗装用具、ガーデン用品、作業機器 など

出典:https://shop.sunday.co.jp/all_category/

3. サンデーの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
川村 暢朗

昭和33年3月30日生
昭和51年3月 当社入社
平成6年3月 当社営業企画室長
平成9年5月 当社取締役営業企画室長
平成10年2月 当社取締役営業企画部長
平成11年3月 当社取締役商品部長
平成17年5月 当社取締役スーパーセンター 事業部長
平成20年6月 当社取締役商品部長
平成21年2月 当社取締役商品統括部長
平成23年5月 ㈱ジョイ取締役
平成23年5月 当社常務取締役商品統括本部長
平成25年3月 当社代表取締役社長(現任)
平成25年5月 ㈱ジョイ取締役会長
平成27年5月 イオンスーパーセンター㈱取締役(現任)

3-2 発言、エピソード

■地域の皆さまとともに歩む
サンデーは、「お客さまを原点に、平和を追求し続け、人間を尊重し、地域社会に貢献する」というイオン各社共通の基本理念と行動指針である「イオン行動規範宣言」、そして「Save Money Good Life」(節約による豊かな暮らしの実現)というスローガンのもと、住生活関連を主体とした生活必需品やアグリ、園芸、DIY(ドゥ・イット・ユアセルフ)などホームセンターらしい商品の販売と各種サービスを通じ「あなたの街のホームセンター」として地域のお役に立てる企業を目指しております。また、お客さま、お取引先さま、株主さま、働く仲間である従業員などすべてのステークホルダーの期待にお応えできるよう、企業価値の向上に努めるとともに、企業の永続的な発展を目指しております。

■中長期経営視点
サンデーは東北を主要基盤に生活必需品全般を扱うホームセンター事業を展開しておりますが、イオングループとのシナジー効果を発揮し、環境変化に対応しお客さま満足を追及する企業を目指してまいります。そのために、今後も続くと思われる業種・業態を越えた出店競争や価格競争の激化、お客さまの節約・低価格志向、少子高齢化に伴う人口減少など、一層厳しさを増す経営環境の変化へ迅速に対応し、新しいホームセンターづくりに向けた基盤を創り上げる期間と位置づけ、新たな価値創造による顧客創造を目指し、さらなる成長を図ってまいります。また、当社は、成長戦略の実現に向け(1)新規出店によるドミナントエリア形成、(2)新しいお客さまを呼び込む新カテゴリーの導入、(3)イオンのブランド「トップバリュ」などオリジナル商品による新しいニーズへの対応と、それを支える(4)スペシャリストとしてのチェーンストアマンを育成するとともに、ローコスト経営を推し進め、収益力向上と集客力のアップを図ってまいります。そして、これらの取り組みを実行するため、「商品経営、衆知経営、積極経営、人財経営」を経営の柱として掲げ、ガバナンス機能を高めつつ、持続的成長性と安定した収益性を確保できる経営基盤を構築してまいります。

当社は多くのお客さまに “Save Money Good Life”(節約による豊かな暮らし の実現)を実感していただくため、「お客さまのニーズ にお応えできる品揃え構築」と「安心して購入できる価格設定」を推進してまいりました。この取り組みのひとつとして、サンデー大船渡店に資材館を増築する活性化を実施し、建築資材や土木資材の品揃え充実を図っております。

4. サンデーではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

単体 581人(臨時雇用者数 1485人)
(2017年2月28日現在)

4-2 平均年齢

41歳(単体、2017年2月28日現在)

4-3 平均勤続年数

15.7年(単体、2017年2月28日現在)

4-4 平均年間給与

430万5726円(単体、2017年2月28日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報はありません

 

5. サンデーの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

サンデーでは失敗を恐れずチャレンジできる人・自らが考え、行動できる人・思いやりの心を
持てる人を求めております。

5-2 育成に関する方針・施策

■新入社員研修
社会人としての意識改革やビジネススキルを身につけ、早期に戦力となる人材に育成しています。
また、同期入社の仲間たちとの意見・情報交換することで、更にモチベーションが高まるよう自己育成の場になっています。

■SBS
SBSとは、サンデービジネススクールの略で、イオン株式会社の教育システムABS(イオンビジネススクール)受講前の基礎知識習得と一人一人が顧客満足を目指し、変化し続けるお客さまに対応できるコア人材を育成するサンデーのビジネススクールです。SBSでは、従業員が職位・職務を遂行するために必須の知識・技術・考え方を習得し、目標達成に向けたキャリアアップをサポートします。主な研修は職位別の「候補者研修」「新任研修」「現職研修」等です。

■通信教育・資格
【通信教育制度と資格取得制度で各自のスペシャリストへの道をバックアップ 】
サンデーには資格取得を会社が積極的にサポートする制度があります。また、販売士、バイヤー講座、管理者基本コース、マネジメント基本コースなどの通信教育の費用を会社が補助する制度があり、一人ひとりのキャリアアップを支援しています。外部セミナーの派遣や、各種アドバイザーの資格取得も援助しています。毎年多くの社員がこの制度を活用して資格取得にチャレンジし、スペシャリストへの道を歩んでいます。
【アドバイザー資格取得の推進】
サンデーではアドバイザー制度を導入しており、「DIYアドバイザー」、「自転車安全整備士・自転車技士(組立整備士)」、「グリーンアドバイザー」の資格取得を推進しております。
取得が非常に難しい資格ですが、
(1)自分のスキルアップ向上、(2)お客さまへ正しい知識を提供することを目的として、毎年多くの方が受験しております。
アドバイザー取得を通して、知識や技術を日々の実務へ活かす方法を見出し、お客さまへより良いサービスを提供できるよう努力しています。

■人材育成
お客さまへ正しい商品知識で正しい商品説明が出来る企業を目指し、資格取得制度の活用や通信教育の受講による従業員のレベルアップを推進しております。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

(新卒採用者)
■初任給
 短大・専門卒 172,000円
 大学卒 196,000円
■昇給/年1回(4月)
■賞与/年2回(6月、12月)
■手当/職位手当、住宅手当、子女教育手当、通勤手当、残業手当

(中途採用者)
■初任給
 177,500円~205,000円
■昇給 昇給あり
■賞与 年2回(6月・12月)
■諸手当 通勤手当、時間外手当

6. サンデー(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. サンデーの福利厚生は?

社会保険完備
昇給あり(年1回)
賞与あり(年2回/1.3ヶ月)
通勤手当あり(2km以上 上限50,000円)
産休・育休・介護休等あり
リフレッシュ休暇あり

8. サンデーの新卒採用、中途採用の求人は?

採用情報|DIY・園芸・日用品なら株式会社サンデー

http://www.sunday.co.jp/recruit/

サンデーは東北6県に展開する、DIY用品や園芸、農業などのアグリ事業、日用品、ホームファッション、リフォームなど生活必需品全般を扱うホームセンターです。株式会社サンデーでは新卒採用、中途採用、パートを募集しています。

 
 

9. サンデーのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. サンデーの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


JALCOホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

JALCOホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主にパチンコホール向けの不動産賃貸業と貸金業等を行う子会社を持つ持株会社。元はテレビの電子部品事業を営んでいたが撤退し、業態変更している。子会社である株式会社ジャルコは不動産の賃貸、管理や貸金業、株式会社ジャルコアミューズメントサービスは中古遊技機売買サイトの提供、M&A、コンサルティングなどをそれぞれ行う。

東京都中央区 レジャー 東証ジャスダック


株式会社成城石井に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社成城石井に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

輸入・販売、仕入・製造まですべて自社で行える独自の仕組みを持つスーパーマーケット。「食へのこだわり」を大切に商品展開し、プロの調理人が作ったお惣菜を販売。2017年には関東地方を中心に140店舗を展開し、2013年よりワインバー「ル・バーラ・ヴァン52」の運営を開始している。

神奈川県 小売 非上場 三菱商事グループ


中央化学株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

中央化学株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

弁当醤油のタレビンや、弁当や青果などの食品用プラスチック容器を開発するプラスチック製食品包装容器メーカー。時代の変化に伴う食の変化にも対応し、盛り付けから売場での陳列方法まで一貫した提案を行う。中国にも5製造拠点1販売拠点を設立し、今後消費が拡大が見込まれる中国での事業拡大を目指している。

東証ジャスダック 埼玉県 化学・繊維


株式会社ZOAに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ZOAに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パソコン及び関連機器、バイク用品等の小売業者。静岡を中心に全国23店舗を展開。2018年3月期は売上高前期比1.5%増の76億5700万円。経常利益・当期純利益も共に前期を上回っている。売りだけで終わりにしない「接客小売業」というスタイルを確立し、パソコン購入者に対するサービス・サポート事業にも注力している。

小売 静岡県 東証ジャスダック


【最新版】青森労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

【最新版】青森労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2018年11月30日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2017年11月1日~2018年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、青森労働局管轄の一覧(最終更新日:2018年10月31日)です。

ブラック企業 青森県


最新の投稿


東洋冷蔵に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東洋冷蔵に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1948年創業した三菱商事グループの水産加工品を扱う会社。生産、輸入、保管、加工、物流、販売を行っており、年間を通して安定した価格帯・品質で供給している。近畿大学等とのコラボレーションにより生産が可能となった人工孵化養殖本鮪「TUNA PRINCESS®」などオリジナルブランドも展開している。

東京都江東区 食品・飲料 非上場 三菱商事グループ


株式会社カノークスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社カノークスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1897年創業。愛知県名古屋市に本社を置く鉄鋼商社である。主な取り扱い商品は熱延鋼板・構造用鋼管・鋼板・鋼帯・農ビ管などの、自動車・建築・農業・工業用鉄鋼資材である。トヨタ自動車系の部品メーカーに商品を販売するなど、自動車メーカーとの取引が主となっている。

愛知県 名証二部 商社


京都機械工具株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

京都機械工具株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主に自動車製造に用いられる工具を生産する、アイテム数・生産量共に国内No.1の実績と高品質の信頼を誇るハンドツールメーカー。トヨタ自動車への工具供給で培った高い技術を持ち、2001年にTOYOTA F1との開発チームを結成、F1での工具供給も行った。今後は海外市場へのチャレンジも検討している。

京都府 東証二部 建機・工機


JALCOホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

JALCOホールディングス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

主にパチンコホール向けの不動産賃貸業と貸金業等を行う子会社を持つ持株会社。元はテレビの電子部品事業を営んでいたが撤退し、業態変更している。子会社である株式会社ジャルコは不動産の賃貸、管理や貸金業、株式会社ジャルコアミューズメントサービスは中古遊技機売買サイトの提供、M&A、コンサルティングなどをそれぞれ行う。

東京都中央区 レジャー 東証ジャスダック


三井物産マシンテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井物産マシンテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

製造ラインの機械装置や飛行機の機体、エンジンの部品、医療機器の部品など、ものづくりに欠かせない工作機械を専門に取り扱う商社である。拠点は日本国内に限らず、中国やタイなど海外にも広がっている。1968年に創立された三井物産工作機械株式会社の流れを汲み、2003年に設立された。

東京都港区 建機・工機 非上場 三井物産グループ


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300