アクセンチュア 外資系 コンサルティング 働き方改革

アクセンチュアの激務はもはや過去のもの? ホワイト企業化した現在

アクセンチュアの激務はもはや過去のもの? ホワイト企業化した現在

2016年の電通過労自殺問題以降、長時間労働=ブラックと言われてしまう昨今、企業はその対応に追われています。「働き方改革」「ワーク・ライフ・バランス」といった労働環境改善が叫ばれる中、激務で有名だった外資系コンサルティングのアクセンチュアはどう対応したのでしょうか。それにより残業や年収に変化が起こったのでしょうか。


アイルランドに本社をおく、外資系コンサルティング会社「アクセンチュア」。

世界最大のコンサルティングファームとして、世界56カ国で事業を展開。日本には前身となる会社を1989年に設立。現在ではITコンサルティングを中心に事業展開しています。

アクセンチュアが就活生・転職希望者に高い人気を誇っている理由のひとつが「高収入」。30代で1000万を超えるという話もあります。しかし一方では膨大な仕事量をこなさなければならない「激務」であるということも有名です。「アクセンチュア=ブラック企業」とみなされる向きもあることは確かです。

そんなアクセンチュアもここ数年状況が変わってきています。アクセンチュア独自の働き方改革なるプロジェクトを推進。これまでの組織風土を改め、全社員の意識をイノベーションを図ろうとしています。

このプロジェクトにより、一体どのように労働環境が変わっていったのでしょうか。「残業」の面から見ていきましょう。

減った残業時間 1日の労働時間はどれくらいまでに縮まった?

そもそも、これまでアクセンチュアの労働時間はどれくらいだったのでしょうか。

繁忙期や部署によっても違いますが、月あたりの残業時間が100時間程度と言われていました。
ひと月の営業日を20日とすると、1日あたり5時間。法定労働時間8時間と合わせると1日平均13時間労働です。実に半日以上仕事をしていることになります。

労働組合がある会社で、労使が36協定を結んでいる場合は月の残業時間が45時間~60時間程度ですからどれだけ多かったのかのかがわかります。

アクセンチュアはこの状況を憂慮し、2015年より社長自らが音頭をとって「プロジェクト・プライド」と呼ばれる働き方改革で、ワーク・ライフ・バランスの適正化を推進してきました。2017年より、本格的に労働時間の改善が行われ、月45時間以上の残業は原則禁止に。これにより大幅な残業時間の削減が達成できたとしています。

本当にそれほどまでに改善されたのでしょうか?
社員の口コミを見ると残業時間については厳しく管理されていることがうかがえます。

アクセンチュア社員の口コミ

労働時間短縮とともに推進されてきたこととは

「世間で思われているような激務ではなくなってきた。働き方改革が進んでいる。 単純に「労働時間を減らせ」というのではなく、「どのようにしたら…

残業手当を申請したら上司から驚愕の返答が

「プロジェクトにもよるが、残業なしでこなせる業務量ではないものばかり。働いた分はきっちりともらおうと申請したら、 上長から「そんなに時間を使ったとして…

以前よりはだいぶマシになったものの、トラブルやシステムリリース直前、プロジェクトが山場を迎えるタイミングの時など、業務として避けて通れないときは、状況に身を任せるしかありません。
あわせて気になるのは休日出勤ですが、こちらも残業と同様、顧客ののっぴきならない事態の時にはあるとのこと。激務から完全に逃れられるわけではないようです。

長時間労働からの解放は着実に進んでいるようですが、その代わりにデメリットを被った社員もいるようです。

残業時間減少により月収が減り… それに困る社員も

アクセンチュアは激務の代わりにしっかりと対価である「残業手当」が支払われていました。この点では「激務薄給」である中小企業に比べれば全然ブラックではないのですが。

残業時間には、いちおう月79.5時間というキャップがなされていたようで、その時間分残業手当は支払われていました。その制限を超えた分については、翌月に回して支払われたようです。

しかし、2017年からは残業は月45時間と定められたため、それ以上は働けなくなってしまいました。正確に言えば、45時間を超過した分について残業手当を請求できなくなったのです。もちろん仕事は残っているので、サービス残業になってしまったという声が上がっています。

一般社員の口コミを見ると、残業手当があるとないとではかなりの差があるらしく、落胆した声が聞かれました。

アクセンチュア社員の口コミ

残業手当は月給の大きな割合を占めていた

「年棒制のためボーナスもなく、唯一稼ぐことができるのが残業でした。 残業がない月と忙しい月では月収が大きく変動。どれくらいかというと…

同業他社にもまして支給されていた残業手当

「残業が多い会社だというのはわかっていました。それだけ激務であることも。しかし残業代がしっかり支払われるということでそれを当てにしていたんです。 だって、他社のコンサルティング会社と比べて…

アクセンチュア社員の口コミ

残業理由の見える化がもたらした苦慮

「管理者は部下の残業理由について説明しなければならず、大きな負担となっている。 現場社員には具体的説明が求められ、その分余計な…

役職者はそもそも残業手当が支給されないので直接的な影響はほぼありませんでした。
しかし、別の負担が大きくなったとの嘆きが聞こえます。

労働時間短縮=薄給化?アクセンチュアの給与・年収は大きく下がってしまったのか

若手社員に取って、残業手当が少なくなったことは事実です。しかしながら、元々給与が高いと言われるアクセンチュア、年収そのものが大きく下がり、いわゆる「薄給」になってしまったのでしょうか?

答えはNOです。
アクセンチュアの給与体系は変わっておらず、いままで通り高収入を維持しています。
働き方改革で残業手当が減っても、年収がさほど下がらないような給与制度に変更されました。

ところで、アクセンチュアの給与は部門に支給額が違います。


給与的にざっくりと

・ストラテジー部門
・非ストラテジー部門
 (・コンサルティング・デジタル・テクノロジー・オペレーションズ・セールス・ファンクションズ(管理部門))

の2部門に分類されます。ストラテジー部門の給与が高く、同じ職位でも非戦略系部門と比べて15%程度の違いがあるようです。
非ストラテジー部門でもセールスにはインセンティブがあり、場合によってはストラテジー部門よりも給与が高くなります。

また職種でも給与格差があるようで、コンサルタントがいちばん高く、続いてエンジニア、事務職となっています。

アクセンチュア社員の給与明細

同年代でも職種が違うとこれほど賃金格差がある

年代が上がってもその差は埋まらず

職位による年収の違いも気になるところです。

アクセンチュアの職位は下から

・アナリスト
・コンサルタント
・マネージャー
・シニア マネージャー
・マネージングディレクター

となっています。マネージャーから先が管理職です。

目安では30代前半がマネージャーで年収は1000万を超えます。また管理職にはインセンティブがあり非管理職の年収差が大きくなってきます。

どれくらい違うものなのでしょうか?具体的な給与明細を見てみましょう。

アクセンチュア社員の給与明細

同年代でも管理職と非管理職とではこれほど賃金格差がある

年齢よりも管理職と非管理職の違いでの差が大きい

  • 30代コンサルタント関連職(管理職)の 給与明細
  • 40代品質管理、テスト、評価職(非管理職)の 給与明細

会社を挙げての取り組みで、労働環境は随分と変わってきたことに間違いはないようですし、高収入であることも変わっていないようです。 そもそも優秀な人材が集まっていると言われるアクセンチュアですが、今後は一層就職先・転職先としての競争率が高くなっていくかもしれません。

ここはぜひプロの転職アドバイザーに相談してみてください。年収をアップさせるためのコツを教えてくれたり、場合によっては年収交渉をやってくれる場合があります。

アクセンチュアへの転職をプロのアドバイザーに相談する

※リンク先のサイトに登録すると後ほど転職アドバイザーから連絡があります。その際に「アクセンチュアに転職したい」旨をお伝え下さい。

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【デジタルコンサルティング】アクセンチュア(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【デジタルコンサルティング】アクセンチュア(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界最大の経営コンサルティング会社であるアクセンチュア(Accenture PLC)の日本法人。戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの分野でサービスを提供し、FORTUNE誌の「世界で最も称賛される企業」に2003年から15年連続で選ばれている。Accenture Japan

東京都港区 外資 アクセンチュア コンサルティング DODA_転職人気企業ランキング2018 キャリタス就活2019_総合ランキング 働きがいのある会社2018


株式会社NTTファシリティーズに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社NTTファシリティーズに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

NTTグループ傘下の建築設計事務所で本社は東京都港区にある。エネルギー事業ではコンサルティングから改善提案、システムインテグレーションなど展開、建築事業では施設の設計から維持・管理、都市計画なども行い、手掛けた建築物の多くがグッドデザイン賞などを受賞している。

東京都港区 建設 非上場 コンサルティング NTTファシリティーズ


【平均年収732万円】日本アジアグループ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収732万円】日本アジアグループ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区丸の内に本社を構える純粋持株会社である。グループ傘下に3事業を抱えており、「空間情報コンサルティング事業」「グリーンエネルギー事業」「ファイナンシャルサービス事業」が3本柱となっている。2015年には東証一部に上場した。

東証一部 東京都千代田区 コンサルティング 日本アジアグループ ゲリラ豪雨 防災 復興関連


【5G時代先取り】KDDI(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【5G時代先取り】KDDI(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本電信電話(NTT)に次ぐ大手電気通信事業者。KDDと第二電電(DDI)、日本移動通信(IDO)の3社合併で2000年に誕生。携帯電話ブランド「au」を展開。格安スマホ事業(MVMO)に「UQ Mobile」ブランドで参入。国内4位のプロバイダ事業「ビッグローブ」を買収しアセットのシナジー創出を狙う。

通信・ネットワーク 東京都千代田区 東証一部 KDDI DODA_転職人気企業ランキング2018 キャリタス就活2019_総合ランキング200位以内 5G(次世代通信システム) グローバル・ニッチ・トップ 働き方改革 連続増配 5G 防災


【空調世界一】 ダイキン工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【空調世界一】 ダイキン工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

住宅用、業務用の空調機や大型冷凍装置など、空調・冷凍機部門を中心にグローバルに事業を展開する空調機メーカー。連結子会社は国内28社、海外185社を数え、空調機器の売上では世界 No.1を誇る(2015年度)。空調事業では自社で空調機と冷媒ガスの開発・生産が可能な、世界で唯一のメーカーとして、世界の市場をけん引している。

東証一部 大阪府 電機・電子 ダイキン工業 DODA_転職人気企業ランキング2018 グローバル・ニッチ・トップ 働き方改革 花粉症対策


最新の投稿


株式会社指月電機製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社指月電機製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1939年創業。本社を兵庫県西宮市に置く。営業拠点は東京や関西、中部だけでなくアメリカ等海外にもあり、国内外問わず展開している。高度な専門的技術で主に「産業用」「住環境用」「自動車用」「電力設備用」等、さまざまな用途のコンデンサを製造・販売しており、多様なニーズに応えている。

東証二部 兵庫県 電機・電子


工藤建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

工藤建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

神奈川・東京を中心に、住まいの建設から管理・メンテナンスまでを一貫体制で手掛ける建設会社。「全ライフステージにわたって居住し続けられる“住まい”を提案する生活舞台創造業」という理念を実現するため、高齢者向け介護施設の建設・運営も行っている。2016年に創業50周年を迎えた。

神奈川県 建設 東証二部


日立グループの主要企業まとめ

日立グループの主要企業まとめ

売上高9兆円を誇る国内最大の総合電機メーカー「日立製作所」を頂点とする日立グループ。23の連結子会社と3つの持分法適用会社(いずれも国内企業のみ)をまとめてみました。日立グループに就職・転職するなら知っておきたい情報です。

日立グループ


【都市再生事業に強み】鹿島建設(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【都市再生事業に強み】鹿島建設(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称「鹿島」。スーパーゼネコン、日本の最大手総合建設会社である。国内大手ゼネコンとしては、五本の指に入る。1880年(明治13年)創立、さらにその源流は、1840年(天保11年)の大工の棟梁、鹿島岩吉にまで遡る。超高層ビルなどの建築、インフラなどの土木を中心に、海外プロジェクトや、姫路城保存修理なども手掛ける。

建設 東証一部 東京都港区 DODA_転職人気企業ランキング2018 キャリタス就活2019_総合ランキング200位以内 リニア新幹線 防災 復興関連


【平均年収920万円】川崎汽船(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収920万円】川崎汽船(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

海運業界で日本郵船、商船三井に次ぐトップ3のひとつ。1919年川崎築地造船所(現川崎重工)の船舶部を分離して設立された。世界中に拠点を置き、陸上総合職の約5人に1人が海外勤務を行う世界規模の会社である。コンテナ船による海上輸送を主軸事業としている。ファンネルマークは赤地に白文字のK。通称“K”LINE。

東京都千代田区 東証一部 海運 川崎汽船


wiget_w300 wiget_w300