「あなたの強みを教えてください」は、下手な面接担当者ほどよく聞く質問である

「あなたの強みを教えてください」は、下手な面接担当者ほどよく聞く質問である

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第3弾。今回は採用面接でよく聞かれる「あなたの強み、弱み」について、安易に尋ねる採用担当者を牽制し、応募者に対応の心構えを授けます。


採用面接で「あなたの強み、弱みを教えてください」と尋ねる質問は、あまり良いものではないと思います。世界中で研究されている採用面接の基本中の基本は「事実を聞く」ことで、それは国連の面接ガイドラインにも書かれていることです。

その人が実際に「やってきたこと(事実)」を聞いて、そこから一体どんな人であるかを解釈し、推測するのが面接担当者の仕事です。それなのに、応募者自身に自己解釈させて「へえ、そういう人なんですか」と聞いていては、本来やるべき仕事をやっているとは言えないでしょう。(文:人材研究所代表・曽和利光)

どんな人も「何かの天才」であるはずなのに

理屈っぽい言い方で恐縮ですが、人にはそもそも「強み、弱み」などというものはなく、あるのは「特徴」だけだと私は思っています。

もちろん、特定の仕事や環境を前提とした際には、その特徴が強みになったり、弱みになったりするのは分かります。しかし、そういう前提なしに「あなたの強み、弱みは?」と聞かれても、困ってしまうのではないでしょうか。

例えば「知的好奇心が旺盛」と聞いて、強みと思う人は多いでしょう。しかし、私が以前勤めていた金融機関では、場合によっては「飽き性」と捉えられ、一つのことを長く深く続けられない弱みと捉えられることもありました。

同じように、ストレスに強いのは「鈍感」なだけかもしれませんし、志が高いのも能力がついていかなければ空回りし、日々の必要な雑事をバカにして「凡事徹底しない」と思われるかもしれません。それだけ「強み、弱み」は相対的なものなのです。

逆に言えば、一般的に弱みとされる特徴でさえ、強みに転じることがあるということです。極端な言い方をすれば、私は「要らない人は一人もいない」と思っています。どんな人にも、どこかに生きる道がある。どんな人も何かの天才なのです。

それを見つける旅が人生であり、キャリア開発なのではないかと。ところが多くの人は、自分の特徴をなぜかネガティブな言葉で表現して、自ら自信を失うようなことをしています。それでは楽しいキャリアは歩めません。

楽しいキャリアは「ポジティブな言い換え」から

楽しいキャリアを見つけるために必要なことは、物事をポジティブに言い換えることのできる語彙力です。聖書の「はじめに言葉ありき」ではありませんが、同じことでもポジティブに言うか、ネガティブに言うかによって、まったく効果が違ってきます。

優柔不断は「慎重」と言えば、ポジティブな特徴になります。軽率は「フットワークがよい」、神経質は「感受性が豊か」、気が小さいは「注意深い」、大雑把は「おおらか」、融通がきかないは「まじめ」、頑固は「信念がある」、せっかちは「行動が早い」、気分屋は「感情表現が豊か」等々、いくらでも表現できます。

このように、一見すると弱みと言われてしまいそうなことでも、見方によっては強みになり得ることが、分かっていただけたのではないでしょうか。

これは決して言葉遊びではありません。本当のことです。例えば、明るい、暗いみたいなことですら、例えば「明るい葬儀屋さん」など求められていないように、暗い、言い換えれば、落ち着いている、物静かであるという特徴を求めている仕事はいくらでもあるのです。

むやみな卑下で、可能性の芽を摘んではいけない

多くの会社の「求める人物像」を分析した経験から断言できます。企業側が低い評価をするのは、その人の特徴に対してではなく、その特徴を本人がネガティブに解釈していることに対してです。

なぜなら、どんな特徴も「どうせ俺なんて」と思っていては活用できないからです。ですから、持つべきものは自信なのです。

なかなか難しいとは思いますが、上に挙げたような「ポジティブ言い換えワーク」などを、他人の力を借りたりしながらやってみると、自分の意外な可能性に気づくこともあるかもしれませんよ。

そういうことをせずに、むやみな卑下をして自分の可能性の芽を摘んでしまうことだけは避けて欲しいと願います。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連するキーワード


悩まないキャリアの歩み方

関連する投稿


「市場価値」で仕事を選ぶ落とし穴 その道を目指す人が増えれば希少価値が下がる

「市場価値」で仕事を選ぶ落とし穴 その道を目指す人が増えれば希少価値が下がる

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第4弾。今回はキャリア開発の場面でよく言われる「市場価値」について。当たり前のように使われる言葉ですが、本当に大事なことなのでしょうか。

悩まないキャリアの歩み方


「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

人材研究所代表の曽和利光氏が贈る新連載の第2弾。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。

悩まないキャリアの歩み方


就活や転職に悩む若い人たちは「やりたいことの捏造」に時間をかけてはいけない

就活や転職に悩む若い人たちは「やりたいことの捏造」に時間をかけてはいけない

人材研究所代表の曽和利光氏が贈るコラムの新連載が始まりました。タイトルは「悩まないキャリアの歩み方」。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。

悩まないキャリアの歩み方


最新の投稿


シダックス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

シダックス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2001年にシダックスフードサービス㈱とシダックス・コミュニティー㈱の共同完全親会社として設立され、子会社18社及び関連会社10社の経営指導や間接業務を受託する持株会社である。企業や教育機関への車両運行および給食業務などのアウトソーシングや病院での給食の受託運営、レストランカラオケの全国展開など、その事業は多岐に渡る。

東証ジャスダック 外食 東京都渋谷区


株式会社柿安本店に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社柿安本店に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1872年に、三重県桑名川岸町(現在の桑名市)で牛鍋店の開業が始まり。現在では精肉をはじめ、総菜や和菓子、レストランなど幅広い食品を本物の味で追及・提供をしている老舗企業。「おもてなしの心」や、「料理」などのコンクールを定期的に実施し、消費者へのサービスや、スタッフのモチベーション向上にも力を入れている。

三重県 東証ジャスダック 食品・飲料


ASTI(アスティ)株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ASTI(アスティ)株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

静岡県浜松市に本社を置き、本社を含め国内に6拠点、国外においてはインドや中国などに5拠点を持つ(2018年現在)。基幹事業の車載電装品では、大手自動車製造業などに幅広い生産・開発技術を提供している。1999年には国際品質規格「ISO9001」、2002年には5つの工場で「ISO14001」を取得。

静岡県 東証二部 電機・電子


【知る人ぞ知る10社】普通の「就職人気ランキング」に載っていない注目企業(文系編)

【知る人ぞ知る10社】普通の「就職人気ランキング」に載っていない注目企業(文系編)

企業の採用広報活動が3月1日から始まります。身の程を知らずに有名大企業ばかり受けていると、100戦100敗になってもおかしくありません。“知る人ぞ知る企業”にも目を向けて、自分に合った就職先を探しましょう。

就職人気ランキング


「ホワイト企業なのに辞めてしまっていいものか?」 大企業からの転職者を襲う不安

「ホワイト企業なのに辞めてしまっていいものか?」 大企業からの転職者を襲う不安

自分の仕事に将来性がない――。そんな理由でホワイト企業を辞めてしまう人がいます。それは損なことなのか。それとも先見の明がある行為なのでしょうか。

お悩み相談 転職


wiget_w300 wiget_w300