LINE Financial誕生!LINEが仮想通貨事業に参入する本当の理由とは

LINE Financial誕生!LINEが仮想通貨事業に参入する本当の理由とは

コインチェック社から日本円にして約580億円もの仮想通貨が不正流出したことが話題になっています。セキュリティや投機的な面が懸念される一方で、メガバンクやベンチャー企業の参入が相次いでいます。仮想通貨には企業にとってどんな旨味があるのでしょうか。LINEにスポット当て仮想通貨事業とは何なのかを読み解きます。


2018年1月31日、LINEは金融事業関連の新会社「LINE Financial」の設立し、仮想通貨事業に乗り出すことを表明しました。
今やスマホを持っている多くの人が使っていると思われるメッセージアプリ「LINE」。1度はその名前を聞いたことがあるでしょう。その運営会社がLINE株式会社です。有名すぎて今更かもしれませんが、プロフィールを調べてみました。

LINE株式会社のプロフィール

<<【完全無料】働く前にLINE社員の生の声、聞きたくないですか?>>

LINE株式会社(ライン、LINE Corporation)は、韓国最大のインターネットサービス会社ネイバー(NAVER、1999年設立)の100%子会社として2000年に日本で設立された株式会社。東京都新宿区に本社を置く。

社名は同社が提供するサービス『LINE』にちなむ。

沿革

2000年 9月 ハンゲームジャパン株式会社設立
2003年 8月 NHN Japan 株式会社に商号変更
2007年11月 検索関連事業を行う子会社ネイバージャパン株式会社を設立
2009年 7月 子会社であるネイバージャパン株式会社が検索サービス「NAVER」キュレーションプラットフォーム「NAVERまとめ」提供開始
2010年 5月 インターネット企業株式会社ライブドアの株式を取得、子会社化
2011年 6月 コミュニケーションアプリ「LINE」提供開始
2012年 1月 NHN Japan株式会社、ネイバージャパン株式会社および株式会社ライブドアの3社が経営統合
2016年 7月 ニューヨーク証券取引所および東京証券取引所市場第一部に上場

LINE社が入る東京・新宿区のビル

設立当初はオンラインゲームの運営をしていましたが、その後、ブログやSNSサービスの運営など徐々に事業を拡大。「LINE」アプリは2011年にリリース。2013年に現在の社名に商号変更しています。

LINE株式会社はエンジニア志望の学生だけではなく、転職希望者の間でも非常に人気が高いのが特徴です。

<<記録的アクセス数!LINEの面接対策は口コミでできる!【完全無料】>>

LINE株式会社の主な事業・サービス

LINEは以下の事業を手がけています。

・メッセンジャーアプリ「LINE」

・クラウドAIプラットフォーム「Clova」

・スマホゲーム「LINE GAME」

・まとめサイト「NAVER まとめ」

・スマホアプリ「LINE ファミリーサービス」

・ニュース配信・ブログ「livedoor」

「LINEファミリーサービス」と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、ライブ動画配信プラットフォーム「LINE LIVE」、定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」、スマホホーム画面カスタマイズアプリ「LINE DECO」、多彩なフィルターやアニメーションスタンプが用意されたカメラアプリ「B612」を開発・運営しています。

【新オフィスは新宿】LINE(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/95

就職・転職するなら「LINE株式会社」。就職・転職するならLINE。月間アクティブユーザー国内6600万人、グローバル2億1700万人(2016年12月末現在)を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。2016年7月に東証一部とニューヨーク証券取引所(NYSE)に同時上場。2017年4月に渋谷から新宿に本社移転。[給与、面接、口コミあり]

話題沸騰中「仮想通貨」とは?

さて、ここ最近なにかとニュースを賑わせている「仮想通貨」ですが、一体どのようなものなのでしょうか?Wikipediaでは以下のように説明されています。

仮想通貨(かそうつうか、英語: virtual currency)は、米ドルやユーロ、日本円などの法定通貨に対して、特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。ビットコインに代表される、暗号理論を用いて電子的に発行される通貨(=暗号通貨)が広く知られている。

海外では「Cryptocurrency(暗号通貨)」と呼ばれているので暗号通貨の方が正しいのかもしれません。

主な「仮想通貨」の種類

2018年2月1日現在、仮想通貨の種類は全部で約1500種類あるといわれています。そのうち、日本で取引されているのは14種類です。
代表的なのは「ビットコイン(bitcoin)」仮想通貨といえばビットコインです。他にも仮想通貨はありますが、ビットコインではないその他のコインということで総称として「アルトコイン(Altcoin)と呼ばれています。

仮想通貨の種類(コインチェック社のウェブサイトより)

Bitcoin(ビットコイン)…仮想通貨の草分け的存在。レートの高騰・下落などのニュースになるのも大体ビットコイン。

NEM(ネム)…2018年1月26日、コインチェック社から流出したことで話題になった仮想通貨。単位は「XEN(ゼム)」。2015年に登場。

Monacoin(モナコイン…2014年に運用開始された日本生まれの仮想通貨。

Litecoin(ライトコイン)…ビットコインから派生して誕生した。


その他については名前だけ挙げておきます。

・Ethereum(イーサリアム)

・Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

・Ripple(リップル)

・Zcash(ジーキャッシュ)

・Factom(ファクトム)

・COMSA(コムサ)

・DASH(ダッシュ)

・Monero(モネロ)

・Ether Classic(イーサリアムクラシック)

・Lisk(リスク)

<<LINEでの年収の上げ方がわかります。【完全無料の口コミを見る】>>

LINEは仮想通貨で何をしようとしているのか?

新会社「LINE Financial」の代表取締役には、LINE代表取締役社長の出澤剛氏が就任

LINEが1月31日に発表した内容によると、新会社「LINE Financial」を1月10日に設立、今後LINEのアプリで仮想通貨の交換・取引のほか、ローンや保険といった金融商品を扱えるようにする、とのことでした。フィンテックビジネスの先駆者として存在感を示そうというのです。

ここで「仮想通貨の交換・取引」と出てきました。これはどういうことをするのでしょうか。


仮想通貨を入手するには3つ方法があります。

1.マイニング(採掘)

2.取引所(交換所)での交換

3.販売所での売買


取引所での交換では、仮想通貨を持つユーザーと直接やり取りして購入します。売買が成立すると取引所は手数料を徴収します。

販売所での売買では、販売所が決めた値段で仮想通貨を売り買いします。一般的には買うときには取引所よりも高いレートで、売るときには低いレートで行われます。この差額のことをスプレッドといいますが、販売所の利益になります。外貨を買うときと同じようなイメージです。

LINEは新会社のLINE FINANCIALで取引所と販売所の運営をする事業に参入するわけです。

取引所や仮想通貨によってまちまちですが、手数料の種類と料金はだいたい下記のとおりです。

・売買手数料 0.01% ~ 0.15%

入金手数料  0円~2500円

借入手数料  0.05%/日

スワップ手数料 0.04~0.05%

送金手数料 仮想通貨により異なる。料金は仮想通貨で支払う

LINE Financialもこれに準じた手数料を設定すると思われます。

LINEは膨大な取引量で発生する手数料収入に目をつけたわけです。
コインチェック社の月あたりの取引高は4兆円といわれていますから、手数料が1%だったとして月あたりの利益が400億円、単純計算で年間4800億円もの利益が出ることになります。

日本国内の仮想通貨取引高は年々どころか日を追って増えてく一方です。利益確保が望める成長著しい分野への進出はベンチャーとしての当たり前なのかもしれません

<<【完全無料口コミ】LINE社員の年収はやっぱりすごかった!?>>

参入障壁が低い仮想通貨業界は戦国時代 勝ち抜く企業はどこか?

インターネット関連事業者のGMOは「GMOコイン」を、DMMは「DMM bitcoin」を設立し、すでに多くのユーザーを獲得しています。

また、フリマアプリを運営しているメルカリや通信大手のIIJ・インターネットイニシアティブも参入することを発表しました。


仮想通貨そのものを立ち上げる動きがあります。三菱東京UFJ銀行が「MUFGコイン」、ゆうちょ銀行・みずほ銀行・地銀が「Jコイン」を発行すると表明しています。


この動きに冷水を浴びせるように、金融庁は2018年3月8日に、コインチェック社や、新たに仮想通貨の不正出金・不正取引が判明したZaifを運営するテックビューロー社、GMOの子会社であるGMOコイン社など5社に対し業務改善命令を、2社には業務停止命令を出しました。

これだけで収まればよいのですが、仮想通貨業界はまだまだひと悶着もふた悶着も起こりそうな雰囲気を漂わせています。


この状況でLINEが参入するということは、かなりの自信があるように思えます。

すでに決済サービス「LINE Pay」を持っているため、これを利用して物販やサービス利用料を仮想通貨で手軽に支払えるようにすれば、一気にフィンテック市場を席巻できる可能性があります。

LINEの本心はここにあるのではないでしょうか。

ますますプラットフォーム化が進む「LINE」。その進化はいったいどこまで続いていくのでしょう。


<<【先輩が直伝】LINEで出世するにはこうやれ!【無料口コミで学ぶ】>>

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


仮想通貨 LINE

関連する投稿


株式会社bitFlyer(ビットフライヤー)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社bitFlyer(ビットフライヤー)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

国内最大のビットコイン月間取引量・お客様数・資本金を誇る仮想通貨取引所「bitFlyer」を運営。2017年11月にはアメリカ、2018年1月にはヨーロッパで事業を開始するなど、その勢いは日本国内に留まらない。また、世界で初めて日本・米国・EU において仮想通貨交換業のライセンスを取得した事業者となった。

東京都港区 非上場 ITサービス・ソフトウエア 仮想通貨


【月1.2万円の福利厚生】LINE(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【月1.2万円の福利厚生】LINE(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

月間アクティブユーザー国内7500万人を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。DODA「転職人気企業ランキング2018」では32位と急上昇。勤続5年で10日間のリフレッシュ休暇制度あり。福利厚生として月12,000円を支給する「LINE Pay Card Benefit Plan」がある。

東証一部 ITサービス 東京都新宿区 LINE DODA_転職人気企業ランキング2018 キャリタス就活2019_総合ランキング200位以内 ガールズトレンド 仮想通貨


マーチャント・バンカーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

マーチャント・バンカーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1947年に前身となる「西日本紡織株式会社」で紡績業として創業。2003年よりアセット・マネジャーズ株式会社(現:いちご株式会社)の傘下に入ったことをきっかけに、当時保有していた工場などの土地を有効活用する事業を開始した。現在は企業や不動産への投資を主力に、ホテル・ボーリング場などの運営も行う。

東京都千代田区 レジャー 東証二部 仮想通貨


株式会社ファステップスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ファステップスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ファステップスは、学習支援を目的としたスマートフォンアプリの開発やモバイル学習のためのソリューション事業を主とし、広告事業、まつげエクステンション専門のプロ向け商材販売やサロン運営事業を展開している。また受託開発やアプリ開発で培った技術とノウハウを生かして、開発・運用支援のスタッフ派遣も行っている。

東京都新宿区 ITサービス・ソフトウエア 東証二部 仮想通貨


【金融・投資情報】株式会社フィスコに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【金融・投資情報】株式会社フィスコに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区に本社を置く国内外の金融・投資情報配信会社。株式や仮想通貨、金利市場などの情報を調査、分析。個人投資家、上場企業向けにヤフーなどのポータルサイトの他、金融ベンダーの専用端末に情報配信している。また介護事業所向けにインターネットを通じたアプリケーションの提供、旅行事業、小売りなど多様な事業展開をしている。

東証ジャスダック 東京都港区 ITサービス・ソフトウエア 人工知能 仮想通貨


最新の投稿


【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ビジネス向け高速印刷機器メーカー。通称リソー(RISO)。1980年代に小型印刷機「プリントゴッコ」が大ヒットするが、2012年に事業終了。現在の売上高のほとんどは印刷機器事業で、世界最速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」を展開。売上全体の4割を海外であげているが、営業利益は国内事業が大部分。

電機・電子 東証一部 東京都港区 理想科学工業


株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

上下水道の土木工事を中心に、不動産事業や太陽光パネルに関する事業など、さまざまな事業を手がけている。工事現場において安全第一を心がけており、無事故300万時間を達成、厚生労働省労働基準局長表彰の無災害記録証(第5種)を受けた。設立は1967年。

建設 東証二部 東京都千代田区


ユニクロの柳井会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ユニクロの柳井会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ファストファッションブランド「ユニクロ」のファーストリテイリングを率いる柳井正・会長兼社長。莫大な資産家としても知られていますが、その背景にある同社の業績やビジネスモデルについてチェックしてみましょう。

ユニクロ ファーストリテイリング アパレル


【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

2018年度の「最低賃金」(時給)の改定額が8月10日、各都道府県の労働局から揃いました。最も高かったのは東京都の985円(958円から27円引上げ)、最も低かったのは鹿児島県の761円(737円から24円引上げ)でした。全国加重平均額は874円で、前年の848円から26円引き上げられています。なお、発効は10月です。

年収 最低賃金


女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

東京医科大学が女子受験生を一律減点していた問題が発覚しましたが、日本企業にも、とても平成の時代とは思えない男女差別が残っています。キャリコネの口コミから、女性の訴えを拾ってみました。


wiget_w300 wiget_w300