退職理由は「尊敬できる上司がいないため」 リストラ報道のNECで続く若手社員の流出

退職理由は「尊敬できる上司がいないため」 リストラ報道のNECで続く若手社員の流出

NEC(日本電気)が2018年度中に3000人規模の希望退職を募ると発表した。リストラ費として400億円を計上し、純損益は半減の見通しだ。同社には2001年度から3回のリストラを繰り返し、計1万人以上を削減してきた経緯がある。企業口コミサイトの「キャリコネ」には、社員から根本的な問題のありかを指摘する声が相次いでいる。


自分のことしか考えない「50代以上」が批判の的に

報道されているNECのリストラは、2012年に行った5000人超の人員削減が直前のものだが、その後も内部ではさまざまな形で締め付けがあったようだ。

企業口コミサイトの「キャリコネ」を見ると、2013年度に退職した30代女性から、「会社の業績が悪化して派遣切りに遭った」という書き込みが寄せられている。

現場では働きを評価されていた派遣スタッフも、業績悪化によってトップダウンで契約を切られてしまう。そういう状況がすでにあったようだ。

口コミで目につくのは、退職理由に「上司」を挙げている人の割合の高さだ。2016年度に退職した30代女性は、「尊敬できる上司がいないため」とその理由を明かす。

この女性は、会社の業績が年々悪化して危機的な状況にもかかわらず、「自分たちがいる間だけ会社がもてばいいと思っている50代以上」が多いと憤る。

「会社にしがみついている人が、仕事を膨らませる」

こんなことでは、せっかくのリストラで人員を削減しても、残った社員に余計な仕事のしわ寄せが行って疲弊してしまうだけ、という結末にもなりかねない。

2017年度中に退職予定という30代男性も、退職理由に「管理職以上に尊敬できる人がほとんどおらず、みんなあまり熱心に仕事していない」点を挙げる。

同様の指摘は、2013年度に退職済みの30代男性のシステムエンジニアも書き残しており、「早い成長を希望していたため物足りなくなった。中間管理職層が極端に厚い」と明かす。

2015年度に退職した20代の研究開発担当も、過去の希望退職で優秀な人材はすでに流出してしまい、「高年齢の管理職」だけが残っていると嘆いている。

この他にも「ここにしがみつかなければならない人が残り、そういう人が仕事をつくり、膨らませ、邪魔をする」といった書き込みなど、同様の退職理由を挙げる若手が続出している。

フジテレビはバブル世代に「最高7000万円の退職金上乗せ」

共通するのは、中高年の管理職層の人数が多く、彼らの働きが悪いために、業務の効率化・スピード化を妨げられており、若手社員のやる気を削いでいるという告発だ。

こうなると、現在50歳を超えている大量採用の「バブル入社組」がボトルネックになっていることは、想像に難くない。同様の告発は2016年度に早期退職制度を実施した、あの東芝の社員からも聞かれる。

このような問題は、NECに限られるものではない。元フジテレビアナウンサーの山中秀樹氏(59歳)は、古巣で囁かれるリストラの噂について、こうツイートしている。

7000万円は「上乗せ分」なので、総額で1億円を超える人も珍しくないのだろう。そうまでしてでも、フジテレビは50歳以上の世代に、どうしても辞めてもらいたいのだ。おそらくNECだけでなく、他社でも広く同じような組織的な問題が生じているのだろう。

工場リストラの前に着手すべきは…

NECのリストラ報道には、ネット掲示板の5chにも辛辣な書き込みが並んでいる。

「ここはふんぞり返っているだけのクズ管理職が多いから、また技術者が流出するだろう」
「なんで(希望退職を)募るの?無能なやつをクビにしろよ」
「ゴミが残る。いい加減、金銭解雇認めろよ」

フジテレビもNECも、バブル世代が入社したころには業績が絶好調だった。その時代が忘れられない人たちが、業績回復のボトルネックとなっている。

これまで大企業では、「働かなくなったおじさん」を子会社に出向・転籍させて、その弊害を緩和する方策と採っていた。しかしグループ全体の経営を考えると、子会社もそんな「お荷物」を引き受ける余裕がなくなっている。

確実に言えることは、会社の収益改善を牽引するのは、本社をはじめとする「グループ内の若手技術者たち」ということだ。海外を含む最先端のインターネット技術やサービスの変化に対応できる彼らの生産性を上げないことには、業績のV字回復も望めないだろう。

工場や間接部門のリストラもさることながら、まっさきに着手すべきは「あの層」の圧縮であることは確実だ。それでも会社は時間稼ぎをして逃げ切りを許すのか、それとも会社立て直しのために摘出することができるのだろうか。

【ITベンダー業界研究】富士通 vs NEC 比較――就職・転職するならどの会社?

https://tenshock.biz/articles/2846

今回は日本の「電機大手」8社の一角を占める、富士通とNEC(日本電気)を取り上げます。ともに「旧電電ファミリー」の「ITゼネコン」として公共分野に強いという共通点があります。また、ハードメーカーからの脱却を図り、近年はグループ企業を再編してITサービスにシフトし、収益改善を図っている点も似ています。

働き方改革とは、大企業の「働かないおじさん」問題である

https://tenshock.biz/articles/3149

日本経済の喫緊の課題とされる「働き方改革」だが、生産性向上が必要なホワイトカラーとは誰なのか、いまひとつターゲットが明確になっていない。もしかすると、日本の大企業に勤める「働かないおじさん」ではないだろうか。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


NEC 日本電気 リストラ

関連する投稿


【平均年収789万円】NEC(日本電気)の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収789万円】NEC(日本電気)の給与が高いのはなぜなのか

NEC(日本電気)の年収(給与・報酬)が丸わかり!同業他社との比較、平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに平均年収が高い理由や社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業はメーカー系ITサービス 国内第2位のNECです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 電子・電気機器 エレクトロニクス NEC 日本電気


外国人経営陣に社員は不満「タケダイズムは失われた」 7兆円買収の武田薬品工業

外国人経営陣に社員は不満「タケダイズムは失われた」 7兆円買収の武田薬品工業

内需縮小を見越しグローバル競争に打ち勝つために、海外M&Aで規模を買収する日本企業が増えている。トップダウン的な意思決定が求められる経営手法だが、この流れはこれから増えていくのだろうか。

武田薬品工業 海外M&A リストラ


コピー機の将来に不安を抱くリコーの若手エンジニア 「新しい技術開発」の場を求め転職

コピー機の将来に不安を抱くリコーの若手エンジニア 「新しい技術開発」の場を求め転職

事業環境の変化により、盤石の経営基盤を誇っていた大企業に存続の危機が訪れる――。そんな時代になっている。就職や転職も、投資のように先を見越した成長性重視の判断が求められるだろう。

リコー リストラ


【ITベンダー業界研究】富士通 vs NEC 比較――就職・転職するならどの会社?

【ITベンダー業界研究】富士通 vs NEC 比較――就職・転職するならどの会社?

今回は日本の「電機大手」8社の一角を占める、富士通とNEC(日本電気)を取り上げます。ともに「旧電電ファミリー」の「ITゼネコン」として公共分野に強いという共通点があります。また、ハードメーカーからの脱却を図り、近年はグループ企業を再編してITサービスにシフトし、収益改善を図っている点も似ています。

富士通 NEC


最新の投稿


【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収706万円】東レの給与が高いのはなぜなのか

東レの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業は国内唯一、三大合成繊維を生産できる繊維総合メーカー東レです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 東レ 繊維製品


御社の面接担当者には「インタビュー」と「人の見立て」の基本能力が備わっているか?

御社の面接担当者には「インタビュー」と「人の見立て」の基本能力が備わっているか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は「面接担当者に求められる基本的な能力」について。人事は「採用基準の目線合わせ」を重視するところが多いですが、もっと大事なことがあるのではないかという指摘です。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収767万円】ニコンの給与が高いのはなぜなのか

ニコンの年収(給与・報酬)が丸わかり!平均年収の推移、役職・職種・入社年次・年齢別の年収、同業他社との比較、年収以外のメリットなど、データや口コミをもとに社員の年収実態に迫っていきます。今回注目する企業はカメラだけじゃない、FPS露光装置の世界シェアNo.1のニコンです。就職・転職活動中の方は必見です。

年収 ニコン 精密機器 半導体製造装置


候補者の緊張を解きほぐしてこそ「プロの採用面接担当者」だ

候補者の緊張を解きほぐしてこそ「プロの採用面接担当者」だ

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は「面接の場での緊張」について。候補者が緊張するのは当たり前。上手にアイスブレークし、異常時ではなく「ふつうの場」で本性を見るのがプロだという指摘です。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


大手企業じゃなくても、たった2ヶ月で優秀な若手人材を採用できた理由

大手企業じゃなくても、たった2ヶ月で優秀な若手人材を採用できた理由

ノウハウが無い中小企業が中途採用に苦労するのはよくあること。しかし、早期に中途採用を成功させた会社がある。その秘訣とは何か。アメリカンホリデーズ代表取締役社長・遠藤秀登氏にうかがった。

中途採用


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300