「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

人材研究所代表の曽和利光氏が贈る新連載の第2弾。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。


もしもあなたが女性で、合コンに参加したときに、初めて会った男性から「ねえ君、なんで僕のこと好きなの?」と唐突に聞かれたら、気持ち悪いですよね。言うかどうかは別として、「いや、私、まだ別にあなたのこと好きとかじゃないんですけど……」と思うことでしょう。

男性だって、ふつうはそんな言い方しません。ところがこれと同じことをしているのが、企業の採用面接なのです。履歴書には「志望動機」の欄がありますし、初期段階の面接であっても「なぜあなたは当社を志望したのですか?」という質問は超定番になっています。(文:人材研究所代表・曽和利光)

最初から御社を「志望」している人などいない

しかし、多くの就職・転職希望者と接すればすぐ分かるのは、「最初の接点において、その企業のことを強く志望している人などいない」ということです。

「採用広告を見て、何となくいいかもと思ったから」とか「紹介会社に推薦されたから」くらいの、軽い気持ちで受けている人がほとんどです。

一方、「志望」という言葉は「志して望む」という、かなり強めの言葉です。このご時世、一部の超人気企業を除いて、応募者の多くがいきなり「志望」していることなど、なかなかないと考えるべきでしょう。

それにもかかわらず「志望動機」を聞くということは、合コンの例のように、会ったばかりの相手に「ねえ、なぜウチなの?」とキモい質問をしているのと同じです。

ただし、企業との力関係を考えれば、応募者は「いえ、まだ特段志望しているというレベルでもないのですが……」と言うことは現実的に難しいです。そんなことを言えば、空気の読めない人と判断されて落ちてしまいます。

そんなとき、応募者の皆さんはどのように「志望動機」の質問を乗り切ればよいのでしょうか。

人事が聞きたいのは「選社基準」の方だった

そこで採用担当者に「まだ志望もしていない人に、なぜ最初から志望動機なんて聞くのか」と尋ねたところ、本当に聞きたいことは別にあることが判明しました。実は人事が知りたかったのは、応募者の「選社基準」だったのです。

たとえば、「なぜ僕?」という質問は気持ち悪いですが、「どういう人がタイプなのですか?」であれば許容される範囲でしょう。これを採用面接に置きかえれば、前者が「志望動機」で、後者は「選社基準」です。

つまり、選考する一つの情報として、就職や仕事に関する応募者の「価値観」や「考え方」を聞きたい、ということだけなのです。「それなら最初からそう聞いてよ!」と言いたいところですが、あまりにも「志望動機」という言葉が流布しているので、そんな風に聞いてしまっているというのです。

したがって応募者側としては、厳密に考えるとズレた答えになるかもしれませんが、「志望動機」を聞かれたとしても、字義通りに「御社の魅力」を答えなくてもよく、人事が本当に聞きたがっている「自分の選社基準」を答えればよいのです。

まずは一般論として「私はこういう理由で、会社や仕事を選ぶ際にこんな点を重視しています」と答え、一応「志望動機」風にするために、「御社はこの点で、私の選社基準に合っていると思ったので受けました」と付け加えるということです。

例えば「私は就職先選びに、ワークライフバランスを重視しています。ボランティア休暇など柔軟な休暇制度を設けている御社は、それに合っているので受けました」でよいわけです。この内容で採用になるかどうかは別にして、普通はこのような構成で乗り切れます。その会社でなくてはならない理由など、言わなくても大丈夫です。

合理的な理由がなければ「偶然」で押し切る

それでも、そんな回答をすると、まれに「それって別にウチじゃなくても構わないですよね?」と聞くアホな面接担当者がいます。本音の答えは「そりゃそうですよ。私の希望に合う会社があるなら、もちろん御社じゃなくたっていい」ですよね。言ってはいけませんが。

そもそも会社など星の数ほどあるわけで、「その会社でなくてはならない理由」なんてあるわけがない。どれだけ思いあがっているというのでしょうか。

しかし、腐っても鯛。ダメでも、面接担当者。それに面接担当者がダメだからといって、会社全体がダメとも限りません。不運にしてそういう人に当たってしまったとしても、そこは何とか乗り越えなくてはなりません。

とはいえ「その会社じゃないといけない」合理的な理由はないので、無理にいろいろ言おうとすると、かえって墓穴を掘ります。頑張って無理にこじつけた理屈を述べると、ダメ面接担当者は「この人は論理的じゃないな」とNG評価をするかもしれません。質問が悪いせいなのに、腹立たしいことですが。

私のお勧めは、「ふとした偶然に縁があった」ことを理由にし、合理を超越した「縁」「偶然」で押し切ることです。自分の先輩や知人が御社に勤めていて、たまたま少し前に出会ったとか、就職・転職活動をしてみて改めて生活を見直してみると、長年愛用していた商品が実は御社のものだった、とか。

もちろん、まともな回答とは言えませんが、変に「非論理的」と評価されるよりはマシではないでしょうか。どんな面接担当者と出会うかも運のうちですが、こういう対処法も一つの選択肢として検討してみてください。

【曽和利光氏のコラム】就活や転職に悩む若い人たちは「やりたいことの捏造」に時間をかけてはいけない

https://tenshock.biz/articles/2835

人材研究所代表の曽和利光氏が贈るコラムの新連載が始まりました。タイトルは「悩まないキャリアの歩み方」。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。

この企業情報の記事作成

人事コンサルティング、採用アウトソーシング、新卒人材紹介を行う株式会社人材研究所 代表取締役社長。

関連するキーワード


悩まないキャリアの歩み方

関連する投稿


「市場価値」で仕事を選ぶ落とし穴 その道を目指す人が増えれば希少価値が下がる

「市場価値」で仕事を選ぶ落とし穴 その道を目指す人が増えれば希少価値が下がる

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第4弾。今回はキャリア開発の場面でよく言われる「市場価値」について。当たり前のように使われる言葉ですが、本当に大事なことなのでしょうか。

悩まないキャリアの歩み方


「あなたの強みを教えてください」は、下手な面接担当者ほどよく聞く質問である

「あなたの強みを教えてください」は、下手な面接担当者ほどよく聞く質問である

人材研究所代表・曽和利光氏の連載第3弾。今回は採用面接でよく聞かれる「あなたの強み、弱み」について、安易に尋ねる採用担当者を牽制し、応募者に対応の心構えを授けます。

悩まないキャリアの歩み方


就活や転職に悩む若い人たちは「やりたいことの捏造」に時間をかけてはいけない

就活や転職に悩む若い人たちは「やりたいことの捏造」に時間をかけてはいけない

人材研究所代表の曽和利光氏が贈るコラムの新連載が始まりました。タイトルは「悩まないキャリアの歩み方」。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。

悩まないキャリアの歩み方


最新の投稿


シダックス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

シダックス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2001年にシダックスフードサービス㈱とシダックス・コミュニティー㈱の共同完全親会社として設立され、子会社18社及び関連会社10社の経営指導や間接業務を受託する持株会社である。企業や教育機関への車両運行および給食業務などのアウトソーシングや病院での給食の受託運営、レストランカラオケの全国展開など、その事業は多岐に渡る。

東証ジャスダック 外食 東京都渋谷区


株式会社柿安本店に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社柿安本店に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1872年に、三重県桑名川岸町(現在の桑名市)で牛鍋店の開業が始まり。現在では精肉をはじめ、総菜や和菓子、レストランなど幅広い食品を本物の味で追及・提供をしている老舗企業。「おもてなしの心」や、「料理」などのコンクールを定期的に実施し、消費者へのサービスや、スタッフのモチベーション向上にも力を入れている。

三重県 東証ジャスダック 食品・飲料


ASTI(アスティ)株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ASTI(アスティ)株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

静岡県浜松市に本社を置き、本社を含め国内に6拠点、国外においてはインドや中国などに5拠点を持つ(2018年現在)。基幹事業の車載電装品では、大手自動車製造業などに幅広い生産・開発技術を提供している。1999年には国際品質規格「ISO9001」、2002年には5つの工場で「ISO14001」を取得。

静岡県 東証二部 電機・電子


【知る人ぞ知る10社】普通の「就職人気ランキング」に載っていない注目企業(文系編)

【知る人ぞ知る10社】普通の「就職人気ランキング」に載っていない注目企業(文系編)

企業の採用広報活動が3月1日から始まります。身の程を知らずに有名大企業ばかり受けていると、100戦100敗になってもおかしくありません。“知る人ぞ知る企業”にも目を向けて、自分に合った就職先を探しましょう。

就職人気ランキング


「ホワイト企業なのに辞めてしまっていいものか?」 大企業からの転職者を襲う不安

「ホワイト企業なのに辞めてしまっていいものか?」 大企業からの転職者を襲う不安

自分の仕事に将来性がない――。そんな理由でホワイト企業を辞めてしまう人がいます。それは損なことなのか。それとも先見の明がある行為なのでしょうか。

お悩み相談 転職


wiget_w300 wiget_w300