就職人気ランキングで「銀行が上位」なのはなぜ? 「みんな知ってるし給料も良さそう」で大丈夫なのか

就職人気ランキングで「銀行が上位」なのはなぜ? 「みんな知ってるし給料も良さそう」で大丈夫なのか

つい数ヶ月前の「就職人気ランキング」で上位を占めたメガバンクで、いま転職希望者が急増しているそうです。将来のリストラを察知して、「売り手市場」のうちに高く自分を売ろうと考えているのでしょう。


Q&AサイトのYahoo!知恵袋に、こんな質問が載っていました。質問者のf35mikumikuさんは「就職人気ランキングみたいなので、保険会社や銀行が上位なんですが何故ですか?」と尋ねています。

新卒向けの就職人気ランキングでは、確かに銀行が強い傾向があります。「キャリタス就活2018」の就職希望企業ランキングでは、総合ランキングの1位と2位を、みずほフィナンシャルグループと三菱東京UFJ銀行が占めています。

回答者は「単なるイメージでしょ」と冷ややか

また「マイナビ2018」就職企業ランキングでは、三菱東京UFJ銀行が2位、三井住友銀行が4位にランクイン。東洋経済オンラインの「就職人気ランキング」では、三菱東京UFJ銀行とみずほフィナンシャルグループが2位と3位に入っています。

上場企業だけでもおよそ4000社ある中で、これだけ上位を占めているということは、大変な人気業種であることは間違いありません。しかし回答者から寄せられたコメントは、あっけないほどシンプルなものでした。

「就職人気ランキングは、単なるイメージでしょ」

回答者のnekomanmano_u2さんは、ランキングは「みんな知っている」「ブランドイメージが良い」「ステータスがありそう」「給料が良さそう」「周囲に自慢できる」といった要素が影響しているといいます。

lsshibataさんも「待遇も良さそうだし、給料も良さそうだし、会社名を言えば世間でも通じるし、と思うからじゃないですか」と答えています。共通しているのは「有名な大手銀行なら○○でありそう」というイメージや推測です。

そもそも、人気ランキングが多数決で決まる限り、最大公約数の知名度競争になるのは当たり前。さらに、メガバンクの中には過去に新卒学生だけで2000人近く採用するところもあったので、それに比例して志望者の数が増えるのも自然な話です。

実態は厳しい競争社会「昇格できるのは5割程度」

しかし、その実態はどうでしょうか。メガバンクに入社できれば、30代のうちに年収1000万円を超えることは難しくないとも言われています。口コミサイトのキャリコネには、三菱東京UFJ銀行の経営企画部門で働く人による書き込みが見られます。

この男性も30代前半にして、早くも年収1000万円に到達しています。

「7年目で社内昇格ができれば、総合職であれば(年収は)1000万円程度に達します。巷で出ている(銀行員の)平均年収がなぜあれほど低いか分からないが、一つあるのは昇格率の悪さでしょうか。最初の昇格ができるのは5割程度の印象です」

確かに高給を得ている若手銀行員もいますが、それは長時間の残業代込みの話。基本給は決して高くなく、一度の失敗も許されない減点主義で、学閥も強く影響する出世競争に勝ち目がない人は退職に追い込まれる、厳しい競争社会であることまではあまり知られていません。

銀行には新卒からしか入れないと言われる理由も、同じスタートラインで大量に採用し、競争で選別していくからでしょう。nekomanmano_u2さんも、給与額やイメージだけで就職先を選ぶことにはリスクがあると指摘しています。

「それが悪いとは言いませんけど、仕事として考えた場合、自分に合う仕事、働く環境の良い企業は、学生の知らないところにあったりしますね」

「銀行員の転職希望急増」の新聞報道も

AIに仕事を奪われる話もあり、銀行員の将来性にも不安要素が出ています。1月15日付けの読売新聞は、一面の記事に「銀行員の転職希望急増」という見出しをつけ、その理由を「超低金利に伴う銀行の収益悪化などで、人員削減への不安が高まっていることが背景にある」と分析しています。

たとえ銀行がリストラを実施しても、他社で働けるスキルがついていれば心配はありません。しかし、その会社で一生働き続けるつもりで、自社でしか通用しないスキルしか身につけていなければ、行く場所はなくなってしまいます。

マーケティングコンサルタントの酒井光雄氏は、1月9日付けのプレジデントオンラインのコラム「"息子や娘に就職アドバイス"7つの新視点」の中で、「学生の人気企業ランキングに入っている企業はあえて避ける」ことを提案しています。10年後に凋落している可能性もある競争率の高い会社を、わざわざ目指す必要はないというわけです。

知名度はなくても、今後成長が見込める事業領域で活躍している中堅中小企業が存在する。入社しやすく、しかも長期にわたって自身の力を存分に発揮できる可能性がある。上場の予定があり、社員持ち株会がある企業なら、社員でも上場益を期待できる」

その会社の人気のピークで入社するのは、「ババをつかまされている」のと同じこと。とはいえ、回答者さんが言うように、社会人なら1つは知っているよい企業は多数決では見えてこず、「学生の知らないところにあったりする」のが悩ましいところです。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


お悩み相談 就職

関連する投稿


京都府で幼稚園教諭の求人をお探しの方に、知っておいて欲しい大切なこと

京都府で幼稚園教諭の求人をお探しの方に、知っておいて欲しい大切なこと

なりたい職業で常に上位に入る、幼稚園の先生人気は衰えません。では幼稚園教諭の実態はどうなのか、京都で人気の幼稚園を営んでいるのはどんな学校法人なのか。今回は京都府周辺で求人を出している「幼稚園教諭」の情報をまとめてみました。

就職 転職 教育 丸投げプラン


愛知で介護職求人は常時7,000件以上!愛知で見つける、楽しくやりがいのある介護職の探し方

愛知で介護職求人は常時7,000件以上!愛知で見つける、楽しくやりがいのある介護職の探し方

最近何かと話題の介護職ですが、介護施設や携わっている人も多くなってきました。介護職の実態はどうなのか、愛知の介護事業を営む企業はどんな会社があるのか。愛知にある事業所の特徴と合わせてまとめてみました。

介護 転職 就職 丸投げプラン


19卒大生の「内定辞退率」66% 「口コミ見て不安」の声も

19卒大生の「内定辞退率」66% 「口コミ見て不安」の声も

リクルートキャリアの研究機関「就職みらい研究所」が、2019年卒の就活生に実施した「就職プロセス調査」の結果を公開した。10月1日時点での大学生の就職内定率は94.0%。前年同月比で1.9ポイント高くなった。

転職 就職


不正行為を断り退職に追い込まれた40代男性 転職活動1年で「年収300万円ダウン提示」に悩む

不正行為を断り退職に追い込まれた40代男性 転職活動1年で「年収300万円ダウン提示」に悩む

「年上には物を言いにくい」という理由で、難易度が高くなる中高年の転職。年齢を盾に威張りくさる人が多いから、逆に年齢で差別されてしまうのでしょう。「年功序列」は、人口減の時代に撤廃したい日本の風習です。

お悩み相談 転職


未経験の部署で初めて管理職に就任 部下から「これ分からないですか?」と笑われ悲しい

未経験の部署で初めて管理職に就任 部下から「これ分からないですか?」と笑われ悲しい

「うちの上司は手を動かさない」なんてグチが聞かれますが、管理職とは本来現場のリーダーとは異なり、自ら手を動かす仕事ではありません。部下がマネジメントを理解してくれない職場では、管理職はやりにくいでしょうね。

お悩み相談


最新の投稿


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

「ZOZO離れ」は深刻な問題なのか? 決算説明会資料から占う将来性

若者に人気のアパレルECサイト「ZOZOTOWN」に対する批判的な報道が、ここのところ相次いでいます。「ZOZO離れ」という言葉も見られますが、運営する株式会社ZOZOの行く先には本当に暗雲が垂れ込めているのでしょうか。同社の決算説明会の資料を参考に、情報を整理してみました。

ZOZO 投資家向け


ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

ぐるなびの業績悪化は、楽天との資本業務提携で改善できるのか?

「加盟店の解約増加で大失速」とネットで話題になっている株式会社ぐるなび。創業者の滝久雄会長は2018年7月、保有株式の一部を楽天に売って資本業務提携を締結しました。すでに会員の新規獲得数やネット予約件数で効果が現れているようですが、今後の見通しはどうなのでしょうか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300