株式会社マーキュリアインベストメントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マーキュリアインベストメントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2005年設立の投資運用会社。成長が期待できる事業や高い収益性が見込める資産に投資するなど、国境や既成概念などの枠を超えクロスボーダーをコンセプトに様々なチャレンジを行なっている。日本のファンドとしては初めて中国不動産に投資を行い香港REITとして上場させており、今後も新規ファンド立上げ・成功報酬の最大化等を目指す。


1. マーキュリアインベストメントってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

当社グループは、国内外投資家の資金を投資事業組合等のファンドを通じて運用を行うファンド運用事業、自己資金の運用を行う自己投資事業を主たる業務としております。

1-2 創業者と沿革

豊島 俊弘
代表取締役

日本政策投資銀行(以下、DBJ)に1985年に入社。グロース・クロスボーダー投資グループ長や、世界銀行上級民間セクター専門官等を歴任。
2005年以降は、DBJで成長投資を担当すると同時に、創設メンバーとして当社に参画。2008年に代表取締役に就任。Mercuriaの発展を主導。
DBJでは不動産証券化・PFI・事業再生業務の立ち上げを行い、世界銀行ではアフリカ諸国の国営企業民営化に携わる。
東京大学法学部卒、マサチューセッツ工科大学不動産修士課程都市計画修士課程修了。

2005年 10月 東京都港区に株式会社日本政策投資銀行(DBJ)とあすかアセットマネジメント株式会社との合弁会社として株式会社あすかDBJパートナーズ設立
当社1号ファンドとして、あすかDBJ投資事業有限責任組合を組成
2009年 7月 本店所在地を千代田区に移転
2011年 2月 金融商品取引業者(投資助言業及び代理業)として登録
2011年 8月 北京に日開華創(北京)投資諮詢有限公司(AD Capital(Beijing)Investment Consulting Co.,Ltd.)(現MIBJ Consulting (Beijing) Co., Ltd.)を子会社として設立
2011年 9月 ケイマン諸島にファンド運営会社として、ADC International Ltd.を設立
2012年 4月 1号ファンド投資先であるライフネット生命保険株式会社が東京証券取引所マザーズ市場に上場

1-3 本社所在地とネットワーク

[本社所在地]
東京都千代田区内幸町 1-3-3

出典:
http://www.mercuria.jp/aboutus/profile.html

会社概要|企業情報|マーキュリアインベストメント

http://www.mercuria.jp/aboutus/profile.html

マーキュリアインベストメントおよびグループ会社の基本情報です

株式会社マーキュリア インベストメント、摩丘利亚投资咨询(北京)有限公司、春泉資產管理有限公司

1-4 ビジョン・ミッション

クロスボーダー(国や地域を超えること、既存のビジネスの枠組みにとらわれずに挑戦すること)

[経営理念] Cross Border

当社は、あらゆる垣根を超え、日本の強みを基盤として世界に広がる成長分野や成長可能性への投資を中心に、産業界・投資業界の幅広いネットワークを通じ、ユニークな投資機会を見出すことを目的としています。

[基本コンセプト]

1.成長機会の存在
2.障壁の突破
3.既成要素の新たな組み合わせ
4.日本のノウハウ

[私たちの目指す姿]

クロスボーダー投資を通じ、投資資金を正しく循環させることで当社の事業に関わる企業・投資家の皆さまを幸せにすること。
「すべての人を幸せに」が私たちの目指す姿です。

2. マーキュリアインベストメントの業績・主力商品・見通し

マーキュリアインベストメント[7190]東証1部 NS

https://youtu.be/Z7Ads8siirE

2017年12月19日放送「東京マーケットワイド」 New Stage 出演:マーキュリアインベストメント[7190]代表取締役 豊島 俊弘さん 2017年12月18日 東証1部に上場となりました。

2-1 業績推移・見通し

▲営業収益(連結)
2016年12月期 25億2100万円
2015年12月期 20億4800万円
2014年12月期 16億1600万円

▲営業利益(連結)
2016年12月期 12億8000万円
2015年12月期 9億600万円
2014年12月期 9億4000万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益(連結)
2016年12月期 8億5400万円
2015年12月期 6億2100万円
2014年12月期 7億4000万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲連結経営成績(連結損益計算書)
 ファンド運用(管理報酬)
   2016年12月期 15億6200万円
   2015年12月期 15億4600万円
   2014年12月期 14億1400万円
 自己投資/その他
   2016年12月期 5億8600万円
   2015年12月期 4億6300万円
   2014年12月期 1億2800万円
 ファンド運用(成功報酬)
   2016年12月期 3億7300万円
   2015年12月期 3800万円
   2014年12月期 7500万円

▲投資戦略別報酬(連結)
 成長投資戦略
   平成28年12月期 管理報酬 4億6000万円
 バリュー投資戦略
   平成28年12月期 管理報酬 5000万円 / 成功報酬 4000万円
 バイアウト投資戦略
   平成28年12月期 管理報酬 7000万円 / 成功報酬 3億3000万円
 不動産投資戦略/CF投資戦略
   平成28年12月期 管理報酬 9億7000万円

2-3 主力事業

[不動産投資]
地域毎に異なる経済発展レベルや経済環境に照らし合わせた不動産投資により、リスクに見合ったリターンが得られる不動産投資を目指しています。

経済が成長局面にあるアジア地域においては、中国国内の個人消費の拡大とともに北京の貸オフィスビルへの需要が拡大することを見越し、北京市の中心的なオフィス街にあるオフィスビル2棟にいち早く投資を行いました。当社グループでは、当社子会社であるSpring Asset Management Limitedにおいて、香港証券取引所へ上場しているリート(不動産投資信託)であるSpring REITの管理運営を行うなどの実績を上げています。

Spring Reit Corporate Video

http://www.springreit.com/videos/video_480.html

「Spring REITとは?」というテーマの豊島社長インタビュー動画がご覧いただけます。

• スプリング不動産投資信託 (「Spring REIT」/ 香港証券コード:01426)は、中国本土のハイグレードな収益不動産物件の所有及び投資を行う不動産投資信託です。 出典: http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=ir_material_for_fiscal_ym&sid=39233&code=7190

[成長投資]
マクロトレンドが変化する中で、クロスボーダーなアプローチで国や地域を越えて成長する企業や既成概念を破って成長する企業、既成要素の新たな組み合わせにより障壁を突破して成長する企業等に投資しています。中でも主に次のような要素に着目しています。
・マクロ経済の成長に伴い需要の伸びが予想される新しいサービスの展開
・社会構造の変化に伴い変化が求められる既存産業における新たなビジネスモデル
・モノ造りに関する管理の技術やノウハウ等の日本の優れた特性を活かすことができる分野の海外市場への展開

[承継投資]
企業への株式投資を行うことにより、経営に参画し、事業の拡大や再編、構造改革などにより企業価値の向上を目指します。経営を改善することで企業価値の向上の余地のある企業を友好的に買収することにより、投資先経営陣と共に経営改革の推進、投資先企業の成長をサポートします。
グループ会社のネットワークやリソースも活用した新たな成長シナリオを描くことで企業価値の向上を図ります。

3. マーキュリアインベストメントの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役 CEO 豊島 俊弘
昭和37年9月20日生
昭和60年4月 日本開発銀行(現株式会社日本政策投資銀行)入行
平成13年8月 世界銀行入行
平成16年10月 日本政策投資銀行(現株式会社日本政策投資銀行)入行
平成17年10月 当社 取締役就任
平成20年10月 当社 代表取締役就任(現任)
平成21年5月 Beijing Hua-re real-estate Consultancy Co,Ltd. Director就任(現任)
平成23年8月 MIBJ Consulting (Beijing) Co.,Ltd.Director就任(現任)

出典:
http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2506138

平成24年10月 株式会社アドミラルキャピタル 取締役就任(現任)
平成25年1月 Spring Asset Management Limited Director就任(現任)
平成25年1月 Wownew (Beijing)Commerce Co.,Ltd. Director就任(現任)
平成26年1月 Allport Ltd. Director就任(現任)
平成26年7月 Stellarworks International Co.,Ltd. Director就任(現任)
平成26年7月 STELLARWORKS INVESTMENT LIMITED Director就任(現任)
平成26年9月 STELLARWORKS HOLDINGS LIMITED Director就任(現任)
平成26年12月 合同会社ユニオン・ベイ 代表社員就任(現任)

3-2 発言、エピソード

「海外進出を狙う中堅企業に投資するファンドなどを運営している。不動産投資も手がけており、中国・北京のオフィスビルを所有しているほか、香港では不動産投資信託(REIT)を上場した。このほか、国内のリース債権を保有するなど幅広い投資事業を手がけている。企業の事業利益をやモノの使用価値がもたらすキャッシュフローを取りにいくのが基本的な戦略だ」

「ファンドは乗っ取りやハゲタカというイメージがあるかもしれないが、実際は違う。企業の事業承継や系列の再編の際にまとまった資本を供給できるのがファンドだ。8月には日本政策投資銀行や三井住友信託銀行と共同で80億円規模の新ファンドを立ち上げた。こうした大きな金融機関と手を組める信用力も武器にしていきたい」

4. マーキュリアインベストメントではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 38人(臨時従業員2人)
単体 25人(同2人)
2016年12月31日現在
(注)1.従業員数は就業人員(当社から社外への出向者を除き、社外から当社への出向者を含む。)であり、臨時雇用者数(人材会社からの派遣社員を含む。)は、年間の平均人員を( )外数で記載しております。

4-2 平均年齢

42歳(単体、2016年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

3年(単体、2016年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

1104万9000円(単体、2016年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報はありません

 

5. マーキュリアインベストメントの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

5-2 育成に関する方針・施策

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

情報はありません

6. マーキュリアインベストメント出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. マーキュリアインベストメントの福利厚生は?

情報はありません

8. マーキュリアインベストメントの新卒採用、中途採用の求人は?

情報はありません

 
 

9. マーキュリアインベストメントのキャリコネ、Vorkers、転職会議、カイシャの評判の総合評価や他口コミ項目を見る

10. マーキュリアインベストメントの、業界平均と比較したホワイト・ブラック企業度は?

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ビジネス向け高速印刷機器メーカー。通称リソー(RISO)。1980年代に小型印刷機「プリントゴッコ」が大ヒットするが、2012年に事業終了。現在の売上高のほとんどは印刷機器事業で、世界最速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」を展開。売上全体の4割を海外であげているが、営業利益は国内事業が大部分。

電機・電子 東証一部 東京都港区 理想科学工業


株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

上下水道の土木工事を中心に、不動産事業や太陽光パネルに関する事業など、さまざまな事業を手がけている。工事現場において安全第一を心がけており、無事故300万時間を達成、厚生労働省労働基準局長表彰の無災害記録証(第5種)を受けた。設立は1967年。

建設 東証二部 東京都千代田区


日立オートモティブシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日立オートモティブシステムズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車部分品をはじめ、輸送用や産業用の機械器具・システムの製造販売を行う日立グループの会社。エンジン機器を主力とし、エンジンの吸入空気量を検出する装置であるエアーフローセンサーでは世界でトップクラスのシェアを誇る。近年では、中国と米国の2大市場で拡販強化を行い事業伸長に取り組んでいる。

茨城県 東京都千代田区 非上場 自動車関連 日立グループ


株式会社長大に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社長大に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1968年設立。本社を東京都中央区に置く建設コンサルティング会社である。道路・橋梁などの建設コンサルタントを主とする。その他に環境分野、情報・電気通信分野、PPP等マネジメント分野、都市再生等まちづくり分野においてコンサルティングを行っている。また震災などの大規模な災害発生の際は専門家を派遣し復興に貢献している。

東京都中央区 コンサルティング 東証一部


株式会社日立ビルシステムに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日立ビルシステムに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を置く、主に昇降機をはじめとしたビル設備機器の製造販売を行う会社。2017年に世界トップクラスとなる分速1,200mのエレベーターを中国に納品した。緊急時の迅速な対応や全国に約350拠点あるサポート体制を強みとする。近年では、国内で培った技術力を活かし、グローバル展開に取り組んでいる。

東京都千代田区 非上場 建設 日立グループ


最新の投稿


【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界最速プリンター】理想科学工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ビジネス向け高速印刷機器メーカー。通称リソー(RISO)。1980年代に小型印刷機「プリントゴッコ」が大ヒットするが、2012年に事業終了。現在の売上高のほとんどは印刷機器事業で、世界最速カラープリンター「オルフィス」やデジタル印刷機「リソグラフ」を展開。売上全体の4割を海外であげているが、営業利益は国内事業が大部分。

電機・電子 東証一部 東京都港区 理想科学工業


株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大盛工業に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

上下水道の土木工事を中心に、不動産事業や太陽光パネルに関する事業など、さまざまな事業を手がけている。工事現場において安全第一を心がけており、無事故300万時間を達成、厚生労働省労働基準局長表彰の無災害記録証(第5種)を受けた。設立は1967年。

建設 東証二部 東京都千代田区


ユニクロの柳井会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ユニクロの柳井会長兼社長は、なぜあんなにたくさんお金を持っているの?

ファストファッションブランド「ユニクロ」のファーストリテイリングを率いる柳井正・会長兼社長。莫大な資産家としても知られていますが、その背景にある同社の業績やビジネスモデルについてチェックしてみましょう。

ユニクロ ファーストリテイリング アパレル


【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

【あなたの県は第何位?】都道府県別「最低賃金」ランキング

2018年度の「最低賃金」(時給)の改定額が8月10日、各都道府県の労働局から揃いました。最も高かったのは東京都の985円(958円から27円引上げ)、最も低かったのは鹿児島県の761円(737円から24円引上げ)でした。全国加重平均額は874円で、前年の848円から26円引き上げられています。なお、発効は10月です。

年収 最低賃金


女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

女性差別が横行する日本企業 「組織図は別枠」「下の名で呼びコンパニオン扱い」

東京医科大学が女子受験生を一律減点していた問題が発覚しましたが、日本企業にも、とても平成の時代とは思えない男女差別が残っています。キャリコネの口コミから、女性の訴えを拾ってみました。


wiget_w300 wiget_w300