兵庫県 自動車関連 東証二部

株式会社ニチリンに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ニチリンに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業100余年。自動車用のブレーキ、カーエアコンなどの各種ホース、住宅設備の配管部品などを製造・販売している。特に二輪車用ブレーキホースでは、日本国内で100%近いシェアを確保。その技術力や安全性は国内だけでなく、海外でも高く評価されている。北米や欧州、東南アジア、中国にも生産拠点を持つ、グローバル企業である。


1. ニチリンってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

株式会社ニチリンは、自動車や二輪車のブレーキ、カーエアコンなどの各種ホース、住宅設備用のホースを製造している独立系の企業です。

1-2 創業者と沿革

大正3年(1914)5月 鈴木商店の子会社(東工業株式会社)より、分離独立。日本輪業合資会社(資本金10万円)として、 神戸市に設立。
       5月 自転車タイヤ・チューブ、各種ゴムホースおよび工業用ゴム製品の製造・販売を開始。
  13年(1924)3月 日本輪業株式会社(資本金60万円)に組織変更。
昭和6年(1931)2月 商号を日本輪業ゴム株式会社に変更。
  9年(1934)5月 大阪セドライト工場建設。人造絹糸製造用フェノール樹脂製品の製造開始。
  12年(1937)4月 航空機用高圧耐油可撓ゴム管、パッキン類の製造開始。
          制動用自動車ホース(液圧ブレーキホース[四輪用])の製造開始。
  18年(1943)8月 商号を日輪ゴム工業株式会社に変更。
  20年(1945)7月 全工場を戦災で焼失。
  21年(1946)3月 姫路工場を再建し、操業開始。
  32年(1957)4月 空調用自動車ホース(カーエアコンディショニングホース)の製造開始。

企業情報 - Nichirin Co.Ltd.

http://www.nichirin.co.jp/corporate/co_enkaku.html

株式会社ニチリン(兵庫県姫路市)。企業情報のご案内。

1-3 本社所在地とネットワーク

神戸本社
〒650-0033
兵庫県神戸市中央区江戸町98番地1(東町・江戸町ビル)

出典:
http://www.nichirin.co.jp/corporate/co_gaiyou.html

企業情報 - Nichirin Co.,Ltd.

http://www.nichirin.co.jp/corporate/co_kokunaikyoten.html

株式会社ニチリン(兵庫県姫路市)。企業情報のご案内。

1-4 ビジョン・ミッション

(ビジョン)

 めまぐるしく変化する時代のニーズを的確にとらえ、
 持続的に「新たな価値」を創造し、提供し続ける企業集団

(6つの全体戦略)

 1.成長分野の強化・拡大
 2.新たな事業の創造
 3.収益構造の改革・利益体質の強化
 4.グローバルな経営管理改革
 5.グローバル人材の確保と育成
 6.信頼される企業活動、社会への貢献により、企業価値を高める

2. ニチリンの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(単体/連結)
2016年 287億6100万円/509億9200万円
2015年 287億 900万円/508億5100万円
2014年 285億5700万円/476億1800万円

▲営業利益(単体/連結)
2016年 14億4000万円/66億1800万円
2015年 16億1900万円/57億6400万円
2014年 10億9100万円/45億 500万円

▲経常利益(単体/連結)
2016年 20億3800万円/63億4300万円
2015年 26億4300万円/58億4900万円
2014年 23億5100万円/50億1400万円

▲純利益(単体/連結)
2016年 15億7000万円/36億4400万円
2015年 20億5700万円/33億2200万円
2014年 17億1800万円/26億 900万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲2016年度 販売実績
日本  175億7707万5千円
北米  130億7201万3千円
中国   65億3182万7千円
アジア 107億6775万円
欧州   30億4357万3千円
合計  509億9224万円

2-3 主力事業

■自動車用
搭載システムの高機能化にも柔軟に対応する製品づくりに努めます。
・制動系ホース各種
・空調系ホース各種
・操舵系ホース各種
・その他油圧空圧系ホース各種

■二輪車用
二輪車用ブレーキホースでは、日本国内で100%近いシェアを確保。
・制動系ホース各種
・その他油圧空圧系ホース各種

■住宅設備関連
樹脂またはゴムを用いた設計自由度の高いフレキシブルな配管です。
・給水給湯用配管各種

3. ニチリンの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 社長執行役員
前田 龍一

昭和33年5月11日生
昭和56年4月 当社入社
平成15年12月 当社生産本部長
平成16年3月 当社取締役
       モノ造り改善チームリーダー
平成18年12月 海外本部長
平成19年3月 当社常務取締役
平成25年3月 当社代表取締役
       当社常務執行役員
平成27年3月 当社代表取締役社長[現任]
       当社社長執行役員[現任]

出典:
http://www.nichirin.co.jp/ir/ir_10_yuho/201604_yu.pdf

3-2 発言、エピソード

私たちは、今後も”In Step with the Future” のスローガンのもと、ALLニチリンの全従業員が一体となり、世界のお客様のご期待に応え、感動を与え安心して頂ける製品をお届けする真のグローバルサプライヤーを目指してまいります。

4. ニチリンではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1859人(臨時従業員数 1189人)
 日本  476人(同 386人)
 北米  321人(同 326人)
 中国  313人(同 240人)
 アジア 554人(同 175人)
 欧州  195人(同  62人)
単体 342人(同 88人)

(2016年12月31日現在)

4-2 平均年齢

42才6カ月(単体、2016年12月31日現在)

4-3 平均勤続年数

18年9カ月(単体、2016年12月31日現在)

4-4 平均年間給与

661万7734円(単体、2016年12月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

技術部 第3技術グループ
Y.I(32歳)
【出身】芝浦工業大学 工学部 材料工学科 卒

パワーステアリング、燃料関係のホースを設計・開発しています。直接お客様とやり取りし、ご要望形状が開発可能かの検証、設計、試作品作成、周辺部品の設計まで担当しています。基本的には1製品1人の主担当で進めることが多く、一連の流れを1人で担当できるので幅広く経験を積むことができます。

技術部 基礎研究グループ
T.M(32歳)
【出身】徳島大学 工学部 機械工学科 卒

ゴム材料を配合し、評価・検討を行っています。顧客から要求された、新たな製品や仕様の性能を満足いくものにすべく、トライ&エラーをラボで繰り返し行いながら性能評価を行っています。その中で狙いの性能を満足する配合が出来上がると、製品の材料として採用されていきます。

 

5. ニチリンの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

創業100年を誇る、各種高機能ホースのリーディングカンパニーですが、これまで培ってきた実績と技術力を基盤に、今後、一層、海外のクライアントの高いご要望にお応えしていける体制を築いていかなければなりません。
そのためにも、新しいことに積極的に挑むことのできるバイタリティある方にお会いできることを期待しています。

5-2 育成に関する方針・施策

それぞれの志向を考慮した適切な人員配置を行い、社員一人ひとりが技術者としてスキルアップ、キャリアアップを実現できる環境です。様々な職種を経験する機会はもちろん、海外勤務のチャンスもあり、幅広い知識が身につきます。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

昇給
年1回(4月)

6. ニチリン出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. ニチリンの福利厚生は?

当社の福利厚生制度をいくつか紹介します。

【紹介者制度】
当社の指定する自動車、バイクを購入する場合、
または購入する人を紹介すれば、奨励金がもらえる制度です。

【永年勤続者表彰制度】
勤続満30年の従業員に、表彰金を支給する制度です。
同時に3日間の休暇も付与。
社員の長きにわたる勤務に対する、会社からの慰労制度です。

【食事補助】
従業員の昼食代を会社が半額補助します。
社員食堂がある、姫路工場では昼食を1食200円程度で食べることができます。
社員食堂のない神戸、東京、浜松の事業所でも昼食1食につき
350円を昼食補助として支給しています。

8. ニチリンの新卒採用、中途採用は?

情報はありません

 
 

 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社指月電機製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社指月電機製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1939年創業。本社を兵庫県西宮市に置く。営業拠点は東京や関西、中部だけでなくアメリカ等海外にもあり、国内外問わず展開している。高度な専門的技術で主に「産業用」「住環境用」「自動車用」「電力設備用」等、さまざまな用途のコンデンサを製造・販売しており、多様なニーズに応えている。

東証二部 兵庫県 電機・電子


工藤建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

工藤建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

神奈川・東京を中心に、住まいの建設から管理・メンテナンスまでを一貫体制で手掛ける建設会社。「全ライフステージにわたって居住し続けられる“住まい”を提案する生活舞台創造業」という理念を実現するため、高齢者向け介護施設の建設・運営も行っている。2016年に創業50周年を迎えた。

神奈川県 建設 東証二部


【成長ホルモン製剤】JCRファーマ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【成長ホルモン製剤】JCRファーマ(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

医薬品メーカー。1975年の創業以来、バイオ医薬品の研究・開発で技術力を誇る。遺伝子組換え製剤に強みがあり、天然型ヒト成長ホルモン製剤「グロウジェクト」や、ヒトエリスロポエチン製剤「エポエチンアルファBS注JCR」が主力。

兵庫県 東証一部 製薬 JCRファーマ


【安定のトヨタグループ】(株)ジェイテクトに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【安定のトヨタグループ】(株)ジェイテクトに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

トヨタグループ主要13社に属する大手機械・自動車部品製造会社である。2006年に光洋精工と豊田工機が合併して誕生した。主力製品は自動車のステアリング、駆動系部品、軸受(ベアリング)、工作機械、メカトロニクス製品など。「世界を感動させるモノづくり」を目指している。

東証一部 大阪府 愛知県 自動車関連 ジェイテクト


【国内2位】住友ゴム工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】住友ゴム工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ダンロップ」「ファルケン」のブランドを展開する大手自動車タイヤメーカー。国内シェアはブリヂストンに次ぐ2位、世界シェアは6位。2015年10月にグッドイヤーとの提携を解消した。タイヤ事業が売上高の86%を占めるが、ゴルフ・テニスのスポーツ事業や、制震ダンパーや精密ゴムなどの産業品事業も行っている。

東証一部 兵庫県 自動車関連 住友ゴム工業 住友グループ 防災


最新の投稿


株式会社指月電機製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社指月電機製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1939年創業。本社を兵庫県西宮市に置く。営業拠点は東京や関西、中部だけでなくアメリカ等海外にもあり、国内外問わず展開している。高度な専門的技術で主に「産業用」「住環境用」「自動車用」「電力設備用」等、さまざまな用途のコンデンサを製造・販売しており、多様なニーズに応えている。

東証二部 兵庫県 電機・電子


工藤建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

工藤建設株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

神奈川・東京を中心に、住まいの建設から管理・メンテナンスまでを一貫体制で手掛ける建設会社。「全ライフステージにわたって居住し続けられる“住まい”を提案する生活舞台創造業」という理念を実現するため、高齢者向け介護施設の建設・運営も行っている。2016年に創業50周年を迎えた。

神奈川県 建設 東証二部


日立グループの主要企業まとめ

日立グループの主要企業まとめ

売上高9兆円を誇る国内最大の総合電機メーカー「日立製作所」を頂点とする日立グループ。23の連結子会社と3つの持分法適用会社(いずれも国内企業のみ)をまとめてみました。日立グループに就職・転職するなら知っておきたい情報です。

日立グループ


【都市再生事業に強み】鹿島建設(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【都市再生事業に強み】鹿島建設(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称「鹿島」。スーパーゼネコン、日本の最大手総合建設会社である。国内大手ゼネコンとしては、五本の指に入る。1880年(明治13年)創立、さらにその源流は、1840年(天保11年)の大工の棟梁、鹿島岩吉にまで遡る。超高層ビルなどの建築、インフラなどの土木を中心に、海外プロジェクトや、姫路城保存修理なども手掛ける。

建設 東証一部 東京都港区 DODA_転職人気企業ランキング2018 キャリタス就活2019_総合ランキング200位以内 リニア新幹線 防災 復興関連


【平均年収920万円】川崎汽船(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収920万円】川崎汽船(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

海運業界で日本郵船、商船三井に次ぐトップ3のひとつ。1919年川崎築地造船所(現川崎重工)の船舶部を分離して設立された。世界中に拠点を置き、陸上総合職の約5人に1人が海外勤務を行う世界規模の会社である。コンテナ船による海上輸送を主軸事業としている。ファンネルマークは赤地に白文字のK。通称“K”LINE。

東京都千代田区 東証一部 海運 川崎汽船


wiget_w300 wiget_w300