面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接慣れをしてくると「人間なんて5分で分かるよ」と言いたくなる気持ちも分かります。しかし、それはやっぱり思い上がりなのではないのでしょうか。入社後に成果を上げる「良い人材」の定義もままならないようです。


Q&Aサイトの教えて!gooに、こんな質問が載っていました。質問者のfedora777さんは、就職や転職の際に採用の可否を判断する「面接官」と言われる人の能力に、ある疑問を持っているようです。

人は面接官(企業の面接担当者)を「彼らは人を見るプロだ」と一目置き、「いくつかの質問からその人物の本質を見抜くことができる」と豪語する面接官もいます。しかし実際にはかなり個人的な感覚で決めているのでは、というのです。

「面接官は、的確に、人物の本質を見抜いていると思いますか?」

第一印象と入社後を比較すれば「見る目」ができる?

質問者さんによれば、面接官の中には、たとえば「遅刻は絶対だめ」「まずは服装から」というマナーや印象重視の人もいれば、少しくらい無礼でも「成果こそ大事」といった考えの人もいるといいます。

そういう、まちまちの価値観に基づいて採用の可否を決めているのに、今後その会社で数十年働ける人を見抜ける、などと言っているのが、納得いかないようです。

「『長年の付き合いには第一印象なんて当てにならない』というのが私の考えなのですが、面接で今後の数十年を占うことなんて、普通の面接官が出来るのでしょうか」

採用の可否を決める面接官は、就職・転職志望者から見れば、生殺与奪を握る神のような存在。その「神」が実際には大したスキルを有しておらず、好き嫌いで判断していたとすれば、不採用になった人は納得がいかないでしょう。

この質問には、回答者の100196banさんが、なぜ面接官が「人を見るプロ」と言われるのかを説明してくれています。

「大企業の人事担当者なら一年で千人以上の人を面接で見てます。入社後も毎年数百人を見て第一印象の面接とその後を比較できます。10年面接官をすれば『人を見るプロ』にある程度なっている人が面接官になってるかと思います」

「人事課にいるタダのサラリーマン」という冷ややかな見方も

なるほど。第一印象と入社後の活躍を見比べることができれば、一種の法則のようなものができるというわけですね。質問者さんも「これをある程度、統計的に解析していれば、多少納得です」と答えています。

しかし、多くの会社では、1人で数百人のサンプルを見ることはできません。やはり質問者さんと同様、冷ややかに見ている人は多いようです。

「こんなことを完璧にできるわけないじゃないですか。採用なんて平均を取った時にどれだけ優秀なのが含まれているかの勝負です」(testman199さん)
「面接官は人を見るプロ? タダのサラリーマンです。人事課にいる、採用担当だ、多少経験があるというだけです。とてもじゃないが、プロなんて呼べたものではありません」(tanzou2さん)

tanzou2さんによれば、人物の本質など見抜けないから「学歴が重視される」。短時間の面接だけで今後の数十年を占うことなど「絶対にできない」のであり、「そもそも人間の能力など、実際にやらせてみなければ判断できない」と言います。

別の回答者のsoramaさんも、ある店の店長から、良い人材かどうかは「実際、雇わないと分からない」と言われたそうです。どの部署に配属されてどんな上司や同僚に囲まれて仕事をするか、どんな仕事やクライアントと出会って能力を発揮するかによって、成果は大きく変わります。それを面接だけで決めるのは無理な話ですね。

そもそも「優秀な人材」を定義するのは難しいこと

それでは人事のプロと言われている人は、実際に採用をどう考えているのでしょうか。新潟の米菓メーカー・三幸製菓で人事責任者を務めた杉浦二郎氏は、かつて「優秀な人材」を定義づけようとした経験があるそうです。

しかし、入社後に高い業績を挙げている社員を分析しても「適性や性格がバラバラで結局定義できなかった」のだとか。そこで「定着率」を重視した採用に切り替えたところ、性格診断の結果「外向性、開放性」が高すぎると、短期間で会社を辞めてしまうことが分かりました。

世間一般で言われている「社会的望ましさ」にまどわされないユニークな手法です。性格診断をあわせて使っているところも、面接の主観だけでなく、手法を客観的なものにしようとする意思が感じられます。それでも採用段階でできることといえば、これが精一杯なのですね。

逆に定着率を重視せず、外向性や開放性を歓迎する会社だってありえます。採用は会社の業績を左右すると言われますが、実際に各社でどんな方法が採られているのか、興味深いところです。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


お悩み相談 就活 転職

関連する投稿


30代女性の転職活動って「リクルートスーツ」でいいの? 何を着ればいいのか迷います

30代女性の転職活動って「リクルートスーツ」でいいの? 何を着ればいいのか迷います

画一的すぎるとか、本来のマナーからは外れているといった批判もありますが、最近の新卒就活では「黒のリクルートスーツ」が定番となっています。しかし、転職活動には定番といわれる服装がないようです。何を着ればよいのでしょうか?


毎日「自炊」と「お弁当」のどっちが安上がり? 「作るより買った方が安い」と主張する人も

毎日「自炊」と「お弁当」のどっちが安上がり? 「作るより買った方が安い」と主張する人も

「若者の外食離れ」が指摘されて久しいですが、毎日の食事をどう摂るかによって、生活費のかかり方が大きく変わるのは事実です。昼は定食屋、夜は居酒屋通いが欠かせないお父さん世代と比べ、格段に無駄が少ないと言っていいでしょう。


転職直後に「圧倒的な実力不足」を実感! 試用期間中に自ら辞めるべきでしょうか?

転職直後に「圧倒的な実力不足」を実感! 試用期間中に自ら辞めるべきでしょうか?

転職直後に「辞めたい」と思う人もいるでしょう。新しい環境では、なかなか成果を出せないこともあります。しかしあまり自分を責めず、そういうものだと前向きに考えた方がいいのかもしれません。


転職活動がめんどくさくなってきた モチベーションを上げるにはどうすればいい?

転職活動がめんどくさくなってきた モチベーションを上げるにはどうすればいい?

人間にとって「環境変化」は大きなストレスになります。せっかく入社した会社を辞めて転職することも、億劫な人が多いはず。「転職で収入アップした人が過去最高」と聞くと、動くなら今かなと思いつつ、なかなかやる気が盛り上がらない…。そんなとき、どうすればよいのでしょうか。


転職サイトの「未経験歓迎」って、ホントに信じていいんですか? 実はブラック企業だったりして…

転職サイトの「未経験歓迎」って、ホントに信じていいんですか? 実はブラック企業だったりして…

転職サイトでよく目にする「未経験者歓迎」の求人広告。心機一転、新しい仕事にチャレンジしたい人の興味を引きますが、その一方で、実務経験がなくても本当に採用されるのか、実は怪しいブラック企業ではないかなど不安は尽きません。実際のところ、どんなものなのでしょうか?


最新の投稿


株式会社メルカリに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社メルカリに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2013年7月に、個人間で簡単・安全にモノを売買できるフリマアプリ「メルカリ」をリリース。日本国内で5,000万ダウンロード、日米通算では9,000万ダウンロードを突破し、1日の出品数は100万品以上。月間流通額は100億円以上とされ、日本最大のフリマアプリへと成長。2016年3月には約84億円の資金調達を実施した。


Sansan株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

Sansan株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「それさぁ、早く言ってよぉ」のTVCMでお馴染みの、デスク内に眠っている名刺をクラウド上で一元管理し、社内全員で人脈情報を共有出来るサービス「Sansan」を提供している会社。クラウド上にアップロードされた名刺情報は、AIと人力で100%の精度でデータベース化され、外出先からスマートフォン等でも確認出来る。


株式会社日本政策金融公庫に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日本政策金融公庫に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本政策金融公庫は、100%政府出資の政策金融機関である。民間金融機関の補完を旨としつつ、社会のニーズに対応して、種々の手法により政策金融を機動的に実施。「国民生活事業」「農林水産事業」「中小企業事業」「危機対応等円滑化業務」を柱とし、融資を通じて国民生活の向上に寄与することを目的としている。


30代女性の転職活動って「リクルートスーツ」でいいの? 何を着ればいいのか迷います

30代女性の転職活動って「リクルートスーツ」でいいの? 何を着ればいいのか迷います

画一的すぎるとか、本来のマナーからは外れているといった批判もありますが、最近の新卒就活では「黒のリクルートスーツ」が定番となっています。しかし、転職活動には定番といわれる服装がないようです。何を着ればよいのでしょうか?


ラクスル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ラクスル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

全国にある印刷会社と提携し、印刷機の非稼働時間を活用した印刷ECサービス「ラクスル」、荷主と運送会社を直接繋ぎ、空き時間を利用した荷物の運送を行う「ハコベル」を提供。「2015 Red Herring Top 100 Asia」をはじめ数々の賞を受賞し、ITの力で産業構造を変えることに挑戦している。


wiget_w300 wiget_w300