神奈川県の正社員で「月給16.5万円」 これって本当に「最低賃金」を上回っていますか?

神奈川県の正社員で「月給16.5万円」 これって本当に「最低賃金」を上回っていますか?

2017年10月に各地の最低賃金が改定されました。各地で最低賃金が引き上げられており、東京は932円から958円へ、神奈川県は930円から956円となっています。これを下回る水準の給与は違法となりますので、経営者や担当者はもちろん、正社員の方もいちど確認しておいた方がいいかもしれません。


Q&Aサイトの教えて!gooに、こんな質問が載っていました。質問者のまるこっこちゃまさんは、26歳の大卒男性。神奈川県の転職先候補の企業から正社員の内定をもらい、「月給は交通費込みで16万4800円」という条件を提示されたのだとか。

勤務時間は、8時30分から17時まで。土日祝日は原則としてお休みですが、月に数回の土曜出勤が求められています。質問者さんが疑問に思っているのは、この給与の金額が「神奈川県の最低賃金の時給956万円」を下回っているのではないか、ということです。

「思いっきりアウト」の「名ばかり正社員」なのか

ネットでは、正社員なのに給与が著しく低い「名ばかり正社員」の話題がよく見られます。長時間のサービス残業が続き、計算したら最低賃金を下回っていた、なんて例も。それは大手企業の社員であってもありうることです。

特にこの10月には最低賃金が一斉に見直されており、神奈川県は930円から956円に引き上げられています。時給換算でこれ未満ということになれば、アルバイト以下の違法状態となりますが、回答者からはこんな意見が飛び出しています。

「賃金が安すぎて割に合わないのでしたら、実際時給956円のバイトでもされてみてはいかがですか。固定給の有難みがわかります」(plocinさん)

正社員は安定的な雇用が保障されているのだから、それと引き換えに給与が多少低くても目を瞑らざるをえないという話でしょうか。しかし、固定給のありがたみと、経営者が法律を守る義務とは別の話です。

別の回答者の、ぽんすけじろうさんは「月に22日出勤したとして、956円×8時間×22日間=16万8256円」とザックリ計算。これを下回っている質問者さんのケースは「思いっきりアウト」の「名ばかり正社員」だとして、労働基準監督署への相談を勧めます。

昼休みを1時間とすると「ギリギリセーフ」かも

他の回答者からも「最低賃金にギリギリか、状況に応じては最低賃金より低い」というコメントがありますが、相談内容は本当に問題がないのでしょうか。実際の日数を当てはめて、あらためて計算し直してみましょう。

2017年の土日祝日は117日ですので、営業日数は248日。これを12か月で割ると、月平均は約20.7日。これに隔週(月2日)の土曜出勤があるとすると、1か月の平均営業日数は22.7日となります。

昼休みを1時間とすると、1日の所定労働時間は7時間30分(7.5時間)となり、月の労働時間は170.25時間。これに最低賃金の956円を掛けると、16万2759円。相談内容の16万4800円を2041円上回っていますので、適法ということになります。

ただし昼休みを45分、1日の所定労働時間を7時間45分とすると、月の労働時間はさらに長くなり、最低賃金を下回ってしまうことに。土曜出勤がさらに増えたり、残業が数時間でも申請できなかったりした場合にも、同じことが起こります。

「交通費込み」は明らかな説明不足

また、「交通費込み」と書かれていますが、実際には交通費が一切支給されていないことを確認しておいた方がよいでしょう。会社には交通費支給の義務は必ずしもありませんが、明らかに説明が不足しているといえます。質問者さんも「この給与は低いですよね……。内定をいただいたのですが、働こうか迷っております」と答えています。

ただし質問者さんは、まだ26歳。仕事内容が気に入って、入社後に頑張り次第で昇給する見込みがあるのなら、挑戦してみてもいいのではないでしょうか。逆に、質問内容と同じ水準で何年も変わらない正社員の人は、好景気のうちにもっといい会社を探した方がいいのかもしれません。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


お悩み相談 転職

関連する投稿


新卒入社1年目だけど、もうこんな会社辞めたい! 転職するデメリットはありますか?

新卒入社1年目だけど、もうこんな会社辞めたい! 転職するデメリットはありますか?

明らかに労働基準法に違反しているのに、「どこの会社でも同じだよ」「この程度でブラックなんて言ってたら成り立つ会社はない」なんて話をよく聞きます。果たしてそれは本当なのでしょうか?


面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接慣れをしてくると「人間なんて5分で分かるよ」と言いたくなる気持ちも分かります。しかし、それはやっぱり思い上がりなのではないのでしょうか。入社後に成果を上げる「良い人材」の定義もままならないようです。



内定を辞退した「罪悪感」が消えなくて苦しい! 採用担当者がすごくいい人ばかりで…

内定を辞退した「罪悪感」が消えなくて苦しい! 採用担当者がすごくいい人ばかりで…

バブル期以来の「売り手市場」で、複数企業の内定を獲得した人も少なくないでしょう。そういう人は、入社までに内定辞退をしなければなりませんが、辞退したことの「罪悪感」に苦しむ殊勝な大学生から、ネットに相談があったようです。


ブラック企業を辞めて転職したいけど「退職したい」と切り出せない! どうしたらいい?

ブラック企業を辞めて転職したいけど「退職したい」と切り出せない! どうしたらいい?

「転職したい」と思っても、社長や上司が怖かったり、同僚に迷惑がかかるのではと心配になったりして、退職を言い出しにくいケースは少なからずあるでしょう。しかし、よりよい労働環境とキャリアを勝ち取るには、自分自身で一歩進み出すしかありません。退職の足を引っ張るブラック企業の「傾向と対策」をまとめてみました。


最新の投稿


シノブフーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

シノブフーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

寿司の製造販売業が起源。その後、1971年に株式会社志のぶ寿司を設立。1979年7月販売開始以来、30年以上のロングセラーの「おにぎりQ」は、当時は斬新な開発であった、”海苔の食感・利便性に優れたおにぎりフィルム包装”を採用した商品である。太陽光発電システムの導入や、社内における活動での、環境への取り組みにも積極的だ。


石原ケミカル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

石原ケミカル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和14年に設立され、「界面科学」を原点に研究・開発。電子関連分野、自動車用品分野、工業薬品分野という構成比率。その中でも、電子関連分野の”電子部品外装めっき液”では、国内7割のシェアを持ち、売上の大きな柱となっている。 国際規格「ISO9001」及び国際規格「ISO14001」の認証を取得。


福島労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

福島労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2017年11月16日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2016年11月1日~2017年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、福島労働局管轄の一覧(最終更新日:2017年10月31日)です。


秋田労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

秋田労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2017年11月16日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2016年11月1日~2017年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、秋田労働局管轄の一覧(最終更新日:2017年10月31日)です。


宮城労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

宮城労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2017年11月16日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2016年11月1日~2017年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、宮城労働局管轄の一覧(最終更新日:2017年10月31日)です。


wiget_w300 wiget_w300