地元に帰って転職したい! そう考えるのは「ゆとり世代」の甘えでしょうか?

地元に帰って転職したい! そう考えるのは「ゆとり世代」の甘えでしょうか?

日々の仕事に疲れたとき、ふと「地元に戻って癒やされたい」と思うことはあるでしょう。しかし仕事は都会にあり、故郷にばかりいては生活していくことは難しい。そんな悩みを持っている人は、若い世代にもいるようです。


Q&Aサイトの教えて!gooに、こんな相談が載っていました。質問者のタイショウさんは、21歳の男性。いまは出身地の隣の県に就職し、会社の独身寮で生活をしながら勤務しています。

寮には同期入社の社員もいるので寂しくはないのですが、友達のいる地元に帰るたびに精神的な安心感を覚えています。そのうち地元に骨を埋めたい、という意思が芽生えてきて、いつかは出身地に戻りたい気持ちが強くなったのだそうです。

望郷の念は当然?「サケやうなぎは生まれた川へ帰る」

タイショウさんの心は故郷への愛着で占められているようですが、一方でこんなことでよいのかという疑問も湧いているのか、「こんな気持ちで地元に戻り転職するのはゆとり世代、甘えなのでしょうか?」と冷静な質問を投げかけています。

これまでは都市部の給与が高いこともあり、地方を後にした若者が都市部の会社に勤めて、定年後に出身地に戻るサイクルがありました。いまでも若いうちは「地元を離れる」のは当然視される向きもあります。

その一方で、経済的な豊かさを手に入れても、どこか心が満たされないこともあります。マーケティングアナリストの原田曜平氏が「マイルドヤンキー」と名付けたように、「上京志向がなく、地元で強固な人間関係と生活基盤を構築し、地元から出たがらない若者たち」が新たに現れているという指摘もあります。

この質問にも回答者から、タイショウさんの望郷の念に共感する声が相次いでいます。

「誰しもそのような感情は持っていると思います」
「全然! 別に普通だし! 地元で転職先探すといいよ」
「生まれ育った環境を懐かしむのは、動物の帰省本能から生まれるものです。ウミガメは生まれたところへ帰ってくる、サケやうなぎは生まれた川へ帰る」

ふるさとは「遠きにありて思うもの」なのか?

その一方で、回答者の<言葉には意味がある>さんは、こんな風に質問者を揶揄しています。

「ホームシック! 弱い!」

ワンアップしたい人向けの求人・転職サイトならキャリコネ転職

https://job.careerconnection.jp/?utm_source=tenshock&utm_medium=2665&utm_campaign=body&utm_content=link_1&dmai=TEN

キャリコネ転職は今の自分より「ワンアップ」できる転職サイト。優良企業の求人情報はもちろん、スカウト機能や転職に役立つコンテンツで、あなたの転職活動を完全サポート。また、入社決定で転職祝い金がもらえるのは「キャリコネ転職」

ノムリンさんも「そういう思いを持つのは普通のことだと思いますよ」と共感を示していますが、「実行に移すかどうかはあなた次第です」と結論を留保しています。

key00001さんは、故郷に愛着があるのは「ゆとり世代」とは無関係としつつ、海外で働くことなども当たり前になりつつ時代に「隣県ならいつでも帰られるでしょ?」と、やや呆れています。

そして、ふるさとで大失敗をして地元にいられなくなる場合もあるとして、室生犀星の「ふるさとは遠きにありて思うもの」という詩を引用して、こんなアドバイスをしています。

「働くという行為は、仲間を作ることができる反面、意図せず敵を作ってしまうような場合もありますし。"帰りたい"という気持ちと、その場所に"居ること""居続けること"は、全く違う感情です。骨を埋めたい場所だからこそ、その場所を大切に考えて、"そこでは働かない"という考え方もあるんじゃないですかね?」

仕事ばかりの人生では味気ないけれども、打ち込める仕事のない人生も張り合いがない。それと同じように、愛する故郷との距離感をどう取るかは、職場を選ぶうえで意外と大事なことなのかもしれません。

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


お悩み相談 転職

関連する投稿


30代女性の転職活動って「リクルートスーツ」でいいの? 何を着ればいいのか迷います

30代女性の転職活動って「リクルートスーツ」でいいの? 何を着ればいいのか迷います

画一的すぎるとか、本来のマナーからは外れているといった批判もありますが、最近の新卒就活では「黒のリクルートスーツ」が定番となっています。しかし、転職活動には定番といわれる服装がないようです。何を着ればよいのでしょうか?


毎日「自炊」と「お弁当」のどっちが安上がり? 「作るより買った方が安い」と主張する人も

毎日「自炊」と「お弁当」のどっちが安上がり? 「作るより買った方が安い」と主張する人も

「若者の外食離れ」が指摘されて久しいですが、毎日の食事をどう摂るかによって、生活費のかかり方が大きく変わるのは事実です。昼は定食屋、夜は居酒屋通いが欠かせないお父さん世代と比べ、格段に無駄が少ないと言っていいでしょう。


転職直後に「圧倒的な実力不足」を実感! 試用期間中に自ら辞めるべきでしょうか?

転職直後に「圧倒的な実力不足」を実感! 試用期間中に自ら辞めるべきでしょうか?

転職直後に「辞めたい」と思う人もいるでしょう。新しい環境では、なかなか成果を出せないこともあります。しかしあまり自分を責めず、そういうものだと前向きに考えた方がいいのかもしれません。


転職活動がめんどくさくなってきた モチベーションを上げるにはどうすればいい?

転職活動がめんどくさくなってきた モチベーションを上げるにはどうすればいい?

人間にとって「環境変化」は大きなストレスになります。せっかく入社した会社を辞めて転職することも、億劫な人が多いはず。「転職で収入アップした人が過去最高」と聞くと、動くなら今かなと思いつつ、なかなかやる気が盛り上がらない…。そんなとき、どうすればよいのでしょうか。


転職サイトの「未経験歓迎」って、ホントに信じていいんですか? 実はブラック企業だったりして…

転職サイトの「未経験歓迎」って、ホントに信じていいんですか? 実はブラック企業だったりして…

転職サイトでよく目にする「未経験者歓迎」の求人広告。心機一転、新しい仕事にチャレンジしたい人の興味を引きますが、その一方で、実務経験がなくても本当に採用されるのか、実は怪しいブラック企業ではないかなど不安は尽きません。実際のところ、どんなものなのでしょうか?


最新の投稿


株式会社メルカリに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社メルカリに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2013年7月に、個人間で簡単・安全にモノを売買できるフリマアプリ「メルカリ」をリリース。日本国内で5,000万ダウンロード、日米通算では9,000万ダウンロードを突破し、1日の出品数は100万品以上。月間流通額は100億円以上とされ、日本最大のフリマアプリへと成長。2016年3月には約84億円の資金調達を実施した。


Sansan株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

Sansan株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「それさぁ、早く言ってよぉ」のTVCMでお馴染みの、デスク内に眠っている名刺をクラウド上で一元管理し、社内全員で人脈情報を共有出来るサービス「Sansan」を提供している会社。クラウド上にアップロードされた名刺情報は、AIと人力で100%の精度でデータベース化され、外出先からスマートフォン等でも確認出来る。


株式会社日本政策金融公庫に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社日本政策金融公庫に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本政策金融公庫は、100%政府出資の政策金融機関である。民間金融機関の補完を旨としつつ、社会のニーズに対応して、種々の手法により政策金融を機動的に実施。「国民生活事業」「農林水産事業」「中小企業事業」「危機対応等円滑化業務」を柱とし、融資を通じて国民生活の向上に寄与することを目的としている。


30代女性の転職活動って「リクルートスーツ」でいいの? 何を着ればいいのか迷います

30代女性の転職活動って「リクルートスーツ」でいいの? 何を着ればいいのか迷います

画一的すぎるとか、本来のマナーからは外れているといった批判もありますが、最近の新卒就活では「黒のリクルートスーツ」が定番となっています。しかし、転職活動には定番といわれる服装がないようです。何を着ればよいのでしょうか?


ラクスル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ラクスル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

全国にある印刷会社と提携し、印刷機の非稼働時間を活用した印刷ECサービス「ラクスル」、荷主と運送会社を直接繋ぎ、空き時間を利用した荷物の運送を行う「ハコベル」を提供。「2015 Red Herring Top 100 Asia」をはじめ数々の賞を受賞し、ITの力で産業構造を変えることに挑戦している。


wiget_w300 wiget_w300