東京都港区 コンサルティング McKinsey&Co 外資

【戦略コンサル】マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【戦略コンサル】マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

米大手コンサルティング会社マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)が日本に置く拠点である。1971年の設立以来、日本のトップ30社の8割をサポートし、グローバルなコンサルタントが日本の産業の発展に貢献している。2018年3月1日、大阪市内に「マッキンゼー・アンド・カンパニー日


1. マッキンゼー・アンド・カンパニーってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファーム

1-2 創業者と沿革

ジェームズ・O・マッキンゼー
(James O. McKinsey)
■Invention of management consulting
経営コンサルタントの創業
1926年 マッキンゼー・アンド・カンパニーは、シカゴ大学の教授で会計の専門家だったジェームズ・O・マッキンゼーによって創立された。彼は永続的な独立性の確立と、厳格な研究および努力を責任をもって行うことを明言した。

1926年、カーニー&マッキンゼーという1つのファームから、マッキンゼ-&カンパニーとA.T.カーニーの2つに分かれて、米国にオフィスを開設。米国、欧州、アジア、南米、東欧など世界60カ国に105以上の支社を持つグローバルな戦略系コンサルティングファームとして知られる。全世界の主要企業を対象に、年間1,600件以上のコンサルティング・プロジェクトを手掛ける。出版事業として、『マッキンゼー・クオータリー』の発行を手がける。
1971年、東京に日本支社を開設。港区六本木一丁目のアークヒルズ仙石山森タワーにオフィスを構える。

1-3 本社所在地とネットワーク

日本支社
東京都港区六本木1-9-10
アークヒルズ仙石山
森タワー

出典:
https://www.mckinsey.com/japan/contact-us/ja-jp

Locations

https://www.mckinsey.com/locations

Regardless of location, clients have access to our global network of experts via industry and functional practices that concentrate knowledge and expertise on issues that matter.

1-4 ビジョン・ミッション

■ グローバルファ⁠ー⁠ム⁠と⁠し⁠て最⁠高⁠のコ⁠ン⁠サ⁠ル⁠テ⁠ィ⁠ン⁠グサ⁠ー⁠ビ⁠ス⁠を

マッキンゼーは、グローバルレベルの専⁠門知⁠識とロ⁠ー⁠カ⁠ルレ⁠ベ⁠ルの深い知⁠見を組み合わせ、クライアント⁠企⁠業が最⁠大の目⁠標を達⁠成できるよう支⁠援します⁠。

2. マッキンゼー・アンド・カンパニーの業績・主力商品・見通し

2-1 業績推移・見通し

ビジネス+ITの2015年の記事によると、マッキンゼー・アンド・カンパニーのグローバル連結売上高は23億3500万ドルで、コンサルティング業界の第7位(元データは2015年のガートナーの資料)。

D&B Hooversのサイトによると、最新の売上高(推定)は23億6693万ドル(1ドル110円として2600億円あまり)。

McKinsey & Company, Inc. Company Profile | Competitors, Key Contacts & Financials

http://www.hoovers.com/company-information/cs/company-profile.mckinsey__company_inc.46fb3e18326ccceb.html

Find company research, competitor information, contact details & financial data for McKinsey & Company, Inc. Get the latest business insights from D&B Hoovers.

2-2 事業セグメントと業績内訳

*外資系企業につき、公開された情報がありません。

2-3 主力事業

■デジタル・マッキンゼー

マッキンゼーは、中核事業の改革を通じた価値創造に向けて、顧客企業を支援しています。

■マッキンゼー・アナリティクス

マッキンゼーは、顧客企業の最大価値創出機会を特定し、情報を実行可能な知見に転換するとともに、それを業績向上につなげるための支援をしています。

■ソリューション

現代を勝ち抜くためには、戦略的知見、高度な専門知識、情報およびテクノロジーを組み合わせる必要があります。

3. マッキンゼー・アンド・カンパニーの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

日本支社長
アンドレ・アンドニアン
(Andre Andonian)

過去20年以上にわたり先端産業のクライアント企業に従事。手がけたテーマは、業績改善、戦略計画の策定、製造戦略、世界水準のベンチマーキング、ビジネス・プロセス・リエンジニアリング、R&Dポートフォリオの最適化、イノベーション、組織効率化、企業合併前・合併後の組織再編、技術的多様化および合弁事業の設立支援等、多岐にわたる。

最近の主な実績:

・電子部品のグローバルメーカーにおける組織再編および戦略計画の策定を支援
・半導体メーカーにおけるマーケティング&セールス戦略の策定を支援
・ハイテク関連メーカーに対し、財務計画の作成と目標設定に関する助言を提供
・ヨーロッパの航空宇宙・防衛企業のR&Dシステム、製品開発システムの評価を支援

近年では、マッキンゼーが新世代のCEOに提供するMcKinsey Bower Forumの総長に就任。経験の浅い新しい経営責任者を真のCEOとして目覚めさせ、個として、および経営のプロフェッショナルとしての優先順位を明確化するプログラムをリードしている。

3-2 発言、エピソード

1988年にマッキンゼーに入社する以前は、米国Masco Corporation社、IBMヨーロッパおよびIBMアジアにて、セールス、マーケティング、エンジニアリング関連のコンサルティング活動に従事。故郷オーストリアのウィーン大学にて電気通信技術学部、および経済経営科学部修士課程をいずれも優秀な成績で卒業。その後、フルブライト奨学生として、ペンシルバニア大学ウォートン校にてMBAを優秀な成績で取得。

アルメニア語のほかドイツ語、英語、ペルシャ語、スペイン語に堪能。アルメニアの経済発展に尽力する非営利団体Armenia 2020の理事も務めている。

(04.09.2013、Armenian News-NEWS.am.より)

アルメニア大統領Serzh Sargsyanがマッキンゼー&カンパニーの代表と国内航空分野の改革について議論した。

大統領の報道官によれば、Sargsyan大統領は、航空会社、航空サービス会社、航空宇宙会社の収益戦略の開発とグローバルな業務改善を支援するマッキンゼー&カンパニーのシニアパートナー、アンドレ・アンドニアンと、同社ディレクターのAlex Dichterとともに、アルメニアの民間航空開発の展望について議論した。アルメニア国家競技基金の理事会メンバーである実業家、Ruben Vardanianも会合に参加した。

会合中には、改善のための不可欠な条件と現状の問題の解決、および航空分野における州規制に関連する問題について議論した。これに先立ち、マッキンゼー・アンド・カンパニーは、アルメニアで信頼性の高い競争力のある運送を目的としたアルメニア国家競技基金との条約に調印した。

マッキンゼー・アンド・カンパニーのコンサルティングに基づき、アルメニアの民間航空局は、航空路線の入札を発表する予定である。

4. マッキンゼー・アンド・カンパニーではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

コンサルタント 1万2000人以上
調査・情報専門スタッフ 約2000人
(グローバル連結、2017年10月現在マッキンゼー・アンド・カンパニー公式サイトより)

4-2 平均年齢

4-3 平均勤続年数

*外資系企業につき、公開された情報がありません。

4-4 平均年間給与

(1) 口コミサイト「キャリコネ」の書き込み

非上場の外資系企業なので、平均年間給与は公開されていません。企業口コミサイトのキャリコネには、現役・OBOG社員のリアルな書き込みや給与明細が13件残されています。

口コミを書き込んだ人の平均年収は1045万円。世代別の最高年収は、20代で904万円、30代で1490万円、40代で1912万円でした。

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社(McKinsey & Company)の評判総合情報

https://careerconnection.jp/review/18250?utm_source=tenshock&utm_medium=2549&utm_campaign=body&utm_content=link_1&dmai=TEN

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社の年収、評判、転職・採用面接といった転職・就活に役立つ情報を掲載しています。

給与の満足度は5点満点で4.1点。30代の女性経営コンサルタント(年収1300万円)は、報酬の満足度について次のように書いています。

28歳男性の経営コンサルタントは、2015年のキャリコネへの書き込みで「年収904万円」の給与明細を公開しています。内訳は、月の基本給が60万円。年1回の定期賞与が60万円。インセンティブ賞与が100万円などとなっていました。しかし本人は、仕事の内容や量に対する報酬額の満足度について「不満」と答えており、満足できる年収額を「1500万円」としています。

(2) 求人情報サイトの給与相場

求人サイトには、マッキンゼーの求人が掲載されていませんでした。有名人気企業なので、求人応募はすべて会社の採用サイトからの応募に限られるようです。

(3) コーポレートサイトの採用情報

企業の採用サイトにも、初任給を含めて具体的な給与水準の手がかりとなるものがありませんでした。すべてエントリー後に、職種などに応じて提示されるようです。採用サイトには、インターンシップや企業説明会の案内が書かれています。

マッキンゼー東京オフィスへ入社するコンサルタントには、ジェネラリスト、スペシャリストのそれぞれのキャリアパスに対して、さまざまなスタートポジションからのキャリア形成機会が用意されています。

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

森田 咲
2014年中途入社
シニアインプリメンテーションコーチ・東京

私はマッキンゼー・インプリメンテーション(MI)といって、全社変革プログラムの展開や戦略の実行にフォーカスしたコンサルタントです。ビジネス環境が複雑になる中、単に戦略を立てるだけではなく、その実行精度を上げることの重要性は年々高まっています。そんな中で私の使命は、クライアント自身が正しい形で変革をリードし、継続していけるよう支援していくことです。

仲田 健治
2013年新卒入社
エンゲージメントマネジャー・東京

私は将来、国際機関で働きたいという夢があります。そのために必要なスキルとして、多様性のあるチームで働く力が必要と捉えマッキンゼーを選びました。近年官と民の垣根がどんどん低くなっており、また官・民の事業が国境をまたぐことも多くなっています。
マッキンゼーで世界中を舞台に、ビジネスの最前線で戦えるスキルを身に付ける。それが新卒でマッキンゼーを選んだ理由です。

5. マッキンゼー・アンド・カンパニーの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

マッキンゼーでは、顧客企業や地域社会に対して価値ある変化をもたらすことのできる優秀な人材を求めています。

■応募資格

・国内外の4年制大学の卒業資格取得者、もしくは卒業見込みの方
・現・前職務において、求められる成果を達成し、高い評価を得ていること(職務経験のある方のみ)
・日本語での業務遂行能力があること(日本語が母語でない方は、日本語能力試験N1またはハイレベルなビジネス日本語力を有していること)
・ビジネスレベルの英語会話力があること(職務経験のある方のみ)

■選考プロセス

●書類選考
・日本語もしくは英語の履歴書を提出していただきます。
●適性検査
・日本語もしくは英語ので実施いたします。
・オンラインまたはペーパーでの検査となります。
・適性検査を実施しないポジションもあります。
●ケース面接
・日本語もしくは英語ので実施いたします。
・ビデオ会議あるいは対面で実施いたします。

5-2 育成に関する方針・施策

■トレーニング

マッキンゼーのコンサルタントのバックグラウンドはさまざまです。職務経験の有無や専門・前職分野の違いにかかわらず、全員が、業務に必要な基礎知識やコミュニケーションスキルなどを迅速に習得できるよう、十分なサポート体制がとられています。

また、"One Firm Policy"の原則のもと、どのオフィスに入社したコンサルタントも、1年半に1度程度のグローバルトレーニングに参加します。これらのトレーニング は、同時期に入社した他のオフィスの同僚と一緒に受けるため、知識・スキルの習得と共に、ネットワークを広げる機会となっています。

■語学研修

ビジネスアナリストとして入社予定の方には、内定後に英語力判定テストを受けていただき、結果に応じて、入社前の英語レッスンの受講などについてアドバイスをします。入社後も、希望者は定期的な英語研修を受講できます。

■留学支援

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、ビジネスアナリストの海外MBA留学を積極的にサポートしています(ジュニアアソシエイト、アソシエイトとして入社の場合は当制度の適用はありません)。

この支援制度に「定員」はありません。同期入社のうち決められた人数だけが派遣留学ができるという制度ではなく、 「留学が将来のキャリアアップに有用で、本人がそれを希望している」、そして「仕事において高い成果をあげてきた」ことが認められるビジネスアナリスト全員が、支援を受けて留学することが可能です。留学に関しても、社内の仲間と相対的に競争する必要はありません。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■ キャリアパス

マッキンゼーのキャリアパスの基本は、成果主義(Meritocracy)です。何歳か、何年在籍したかではなく、何を成し遂げたかによって評価されます。 "Promote when ready"と言われ、1つ上の役目を果たすための能力がついたと判断されると、年次に関係なく次の役割が与えられます。

6. マッキンゼー・アンド・カンパニー出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

安達保
ベネッセホールディングス代表取締役社長

1977年東京大学工学部機械工学科卒業後、三菱商事へ入社。1983年マサチューセッツ工科大学にてMBA取得。帰国後は情報産業本部に移籍し、当時まだベンチャー企業であった第二電電(現KDDI)に出向。
1988年マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。マッキンゼー在職中は大前研一、平野正雄らと共にハードワークであるコンサルタント業務に従事。コンサルタントとしての特徴的な手腕として、どのような複雑な事象の話し合いでも「必ず何らかの結論を出す人」と評される。主に情報通信、ハイテク産業分野を担当し、パートナーまで登りつめる。
1997年マッキンゼーを退職し、「GEキャピタル・ジャパン」の事業開発本部長を経て、日本リースオートの代表取締役に就任。
2003年から13年間アメリカのプライベートエクイティファンドであるカーライル・グループのマネージング・ディレクター・日本代表を務め、中堅企業を中心に20社以上に投資。企業再建のプロと呼ばれる。
2016年10月1日付で社外取締役を務めてきたベネッセコーポレーション社長に就任

大久保 豊
日本リスク・データ・バンク社長

1962年生まれ、84年慶応大学経済学部卒。住友銀行入行。企画部などを経て89年、英ケンブリッジ大学政治経済学部大学院修了。マッキンゼー&カンパニーなどを経て、2000年に日本リスク・データ・バンクを設立した。

7. マッキンゼー・アンド・カンパニーの福利厚生は?

■ ワーク・ライフ・バランス

リーディングカンパニーの経営者の課題解決支援という業務は、重責であり、毎日定時に終わる仕事ではありません。しかし、コンサルタントに求められることは長時間働くことではなく、高いアウトプット(仕事の成果)を一定の時間内に出すことです。そのためには生産性を高めることが重要であり、マッキンゼー・アンド・カンパニーは、コンサルタントのスキルアップのための充実した支援策を用意しています。

また、有給休暇の取得はもちろん、出産休暇や性別を問わず認められる育児休暇、介護休暇の制度も整っており、取得実績もあります。

8. マッキンゼー・アンド・カンパニーの新卒採用、中途採用は?

採用情報

https://www.mckinsey.com/japan/careers/careers-in-japan/ja-jp

Explore opportunities for a successful career at McKinsey Japan.

 

関連する投稿


【人材スカウトだけじゃない】レイス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【人材スカウトだけじゃない】レイス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

人材スカウトを中心に企業経営を支援するレイスグループの中核会社。リクルート出身の創業者が、1997年に日本ビジネスタンクとして設立。2005年に社名変更。スカウト・ヘッドハンティング事業のレイノス株式会社や、ウェブプロモーションのレイサス株式会社など18社を傘下に置く。

東京都中央区 コンサルティング 非上場


株式会社矢野経済研究所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社矢野経済研究所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

矢野経済研究所は日本の市場調査会社のパイオニアとして1958年に設立された。消費者調査の領域において先進的な情報収集インフラの構築や、解析テクノロジーの開発などを行っている。培ってきた調査のノウハウや市場情報、また6万社を超える情報ネットワークを駆使し、独自のコンサルティング領域を開拓している。

東京都中野区 コンサルティング 非上場


ブリヂストンスポーツ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ブリヂストンスポーツ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

ゴルフやテニス用品の製造や仕入れ、販売を行っている。開発したゴルフ用品は、多くのゴルファーに使われており、契約プロも世界で活躍している。またゴルフ練習場などのスポーツ施設の企画や設計、施工を手がけるとともに、多くの男女プロゴルフトーナメントの企画運営にも取り組んでいる。

東京都港区 化粧品・生活用品 非上場


株式会社バイク王&カンパニーに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社バイク王&カンパニーに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「バイクを売るならGo!バイク王♪」というCMでお馴染みの大手オートバイ買取専門店「バイク王」を運営。地域密着型の小規模店舗やロードサイド型の店舗など、全国でそれぞれの土地に相応しい店舗を展開している。2009年8月には買取店舗100店舗を達成した。

東京都港区 東証二部 商社


株式会社フジマックに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社フジマックに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1950年創業の厨房機器メーカー企業。全国に69ヶ所の営業拠点を持ち、地域に密着した365日のメンテナンスサービスを行っている。また厨房空間の設計・施工やフードビジネスのトータルサポート体制も整えており、全国の営業所では厨房機器の操作方法や業種業態にあった調理方法などを紹介する「クッキングライブ」を随時開催している。

東証二部 東京都港区 電機・電子


最新の投稿


【平均年収1214万円】三井物産はなぜ給与が高いのか

【平均年収1214万円】三井物産はなぜ給与が高いのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は総合商社の三井物産です。

三井物産 年収 商社


株式会社JR(ジェイアール)東日本リテールネットに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社JR(ジェイアール)東日本リテールネットに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1987年に東日本キヨスク株式会社として設立。その後、2007年にJR東日本リテールネットとなった。コンビニエンス事業として「エキナカコンビニ」という新しい業態でスタートし、NewDaysとKIOSK合わせて約800店舗を展開している。デベロッパー事業として、東京駅などに「京葉ストリート」等、商業施設を開業させた。

東京都新宿区 非上場 小売


GMOクリック証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

GMOクリック証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都渋谷区に本社を置く、インターネット証券会社。GMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結子会社であり、GMOインターネット株式会社の孫会社である。株式、投資信託、FX等を扱う。主力はFX取引きで手数料は業界最安値を誇る。創業以来、金融取引システムの企画・開発・保守・運用までを一貫して自社で行っている。

東京都渋谷区 非上場 証券


株式会社エスアールエルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社エスアールエルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1970年創業。みらかホールディングス株式会社の連結子会社で、受託臨床検査事業を行う。東京都新宿区に本社を置き、日本国内に90カ所に営業拠点をもつ。主に大規模病院医から特殊検査を受託しており、検体を預かり分析や検査を行っている。また検診機関の運営受託や健康増進サービスも手がけている。

東京都新宿区 非上場 製薬


パラマウントベッド株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

パラマウントベッド株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

家庭用ベッドや医療用ベッドを取り扱う国内有数のベッドメーカー。国内のみならず海外にも納入しており、その実績は100ヶ国以上にのぼり世界シェア2位を誇る。2011年にパラマウントベッドホールディングスと株式交換を行い、完全子会社となった。女性活躍推進プロジェクトを立ち上げ、女性が活躍できる環境に注力している。

非上場 東京都江東区 化粧品・生活用品


wiget_w300 wiget_w300
'