オンライン面接メリット・デメリットまとめ。服装自由・面接対策ができると求職者にはメリットしかない?

オンライン面接メリット・デメリットまとめ。服装自由・面接対策ができると求職者にはメリットしかない?

海外では既に活用が広がっているオンライン面接ですが、自宅のパソコンからウェブカメラを通じて面接する仕組みが果たして企業・求職者の両方に受け入れられるのでしょうか?オンライン面接の仕組みの解説とメリットとデメリット、及び利用の際の注意点についてまとめました


オンライン面接とは

求職者が企業へ応募する際に、直接出向くことなくオンライン上の仕組みを使って面接を行うものです。自宅のパソコンからwebカメラを使ってリアルタイムにリモート面接するものや、予め企業が登録した動画に対して受け答えを行うもの等があります。

場所や時間の制約を受けにくいことはもちろん、転職活動(企業側の目線では採用活動)における費用が双方にとって安価で済むこともあり、今後普及が見込まれています。

オンライン面接の応募者側のメリット

時間や場所に縛られない

オンライン面接では、自宅に居ながらすぐに面接が受けられるため、面接を受けるための移動時間を削減することができます。また、例えば、応募する(働きたい)店舗は地元にあっても、面接は本社までといったような求人に対しても諦めることなく応募することが可能となりました。

費用がほとんどかからない

移動のための交通費だけでなく、履歴書などもWeb上で提出するスタイル(事前にエントリーフォームに回答するとそれが履歴書・職務経歴書になって企業側に保存される)がほとんどなので、わざわざ紙の履歴書や職務経歴書のフォーマットを購入し、証明写真を撮影し・・・といった費用がかかりません。

リラックスした状態で、面接に臨める

意外と多いのが、精神面のメリットです。慣れない空間で慣れない面接(慣れている人のほうが珍しいと思いますが)を受けるよりも、自宅でリラックスした状態で面接に臨んだほうが合格率も高まるかもしれません。直前までお化粧直しをしたり、コーヒーを飲んでリフレッシュしてから面接に臨むということも可能ですね。

スマホで面接するというパターンも

学生等のアルバイトの採用シーンでも導入が進んでいるオンライン面接ですが、スマートフォンによる面接も実現可能となります。もはや最近のスマートフォンの画質はパソコンのwebカメラのそれを凌駕しますから、企業さえよければ、「自宅×スマホ」で面接完了という時代です。

オンライン面接の採用側のメリット

応募の絶対数の増大と質向上の両方が見込める

自社にあった、優秀な人材を確保するには、そもそもの応募総数が多くなくては実現は難しいです。首都圏や関西圏等の大都市圏では人口そのものは多いものの、その分競合企業もひしめいており、その中で一定量の応募数を確保することは熾烈を極めます。

一方で、遠隔地(例えば地方や現在海外在住者)等の候補者は、直接面接には手を上げられない状況にあります。それ故、競合他社に先駆けてそういった遠隔地の優秀な人材にアプローチできれば、応募数の増加だけでなく、質の向上も期待できます。

これまでは、求人にエントリーいただいた方とは電話でスケジュール調整をしていました。同時にスケジュール調整を保留にされる方が何人かいると、調整中のスケジュールで埋まってしまい、無駄になってしまう時間や調整コストがかなりかかっていましたね。
それがインタビューメーカーを使うようになって、スケジュール調整をすることがほぼ無くなりました。調整というより、空いている日程を選ぶだけ。あとは応募者の方で調整してもらって面接日程が決定する、という具合です。
面接するまでの調整期間がなくなった分、面接の実施回数が導入前の4、5倍まで増えました。

同じフォーマットで面接を行う為、面接の品質がぶれない

応募者に、オンライン上で履歴書や職務経歴書を記載してもらうシステムの場合、同じフォーマットで候補者を横並び比較することができる為、面接時にフォーマットの違いなどで気を取られること等はまずありません。また、システムに登録された一問一答で面接していくようなシステムが一般的であるため、面接担当者によって、聞く内容が変わり、面接の品質が変わることも起きにくくなっています。

面接の属人化を避け、仕組化できる

オンライン面接のシステムは「面接を動画に保存できる」という直接面接には無い大きなメリットがあります。これにより、各採用担当者が適切なコミュニケ―ションを図れているかの内部チェックも可能となりますし、面接内容のどの部分で「合否」を決めるのか(決めたのか)という判断ポイントのすり合わせも行うことができるようになります。

採用にかかる移動コストなども抑えられる

はい、全国にある各店舗へ、代表が自ら赴いて面接をしていまいた。数日泊りがけの採用スケジュールを組んで、それこそ北海道から沖縄まで全国各地行っていたので、1回の出張で約10万円、1ヶ月で40万円ほど出張費用がかかっていました。
それが遠方の応募者にはインタビューメーカーを使ってもらい、WEB面接に切り替えたことで、その分のコストを抑えることが出来ました。

オンライン面接の応募者・採用担当者双方のデメリット

非対面のコミュニケーションに対する慣れが必要

現在のオンラインシステムでは、通信環境によるやりとりのタイムラグのようなものはほとんどなくなっていますし、カメラの解像度も上がっているため表情等も十分に読み取れます。ただし、同時に会話する等を行った場合には聞きにくいことがほとんどなので、一問一答形式で相互にコミュニケーションが成り立つよう、採用側は少し訓練(というか慣れ)が必要です。

はじめは操作が難しいのではないかと少し不安でしたが、わかりやすい管理画面だったのですぐに慣れました。いつもパソコンやスマホを使っている方であれば、特に複雑な操作があるわけではないので、すぐに使えると思います。
導入を決める前には、実際にテストアカウントを使わせてもらいました。面接を受ける側にもなって、どういう風に聞こえたり見えたりするのかチェックをして、問題ないなと思ってから導入を決めました。

通信機器の操作トラブルは未然に防ぐべき

オンライン面談システムでは、応募者側が操作を誤るといった仕様になっているものはほぼありません。応募者はただ言われた通りに操作していけば、面接が完了するような仕組みとなっています。一方で、採用担当者の管理画面側は多くの機能がついていたり、操作を誤ると面接が中断されてしまうケースもありえますので、事前に研修を行うことがベターでしょう。

オンライン面接を実施している具体的企業は?

以下のような大手企業を中心として、導入が進んでいる。

2017年新卒エンジニア採用において、オンライン実技試験でのエントリーを導入 株式会社サイバーエージェント

https://www.cyberagent.co.jp/newsinfo/info/detail/id=11842

サイバーエージェントは「21世紀を代表する会社を創る」ことをビジョンとし、スマートフォン向け「Ameba」を運営。インターネット広告事業においては国内トップクラスの売上高を誇るインターネット総合サービス企業です。

東急ハンズがスマホで撮影した動画で採用を決める「録画面接」を開始

https://news.biglobe.ne.jp/economy/0629/atp_170629_2445385502.html

株式会社東急ハンズ(以下東急ハンズ)が、株式会社ブルーエージェンシー(本社:東京都中央区、代表取締役:前田裕人、以下ブルーエージェンシー)の提供するWEB面接サ…(2017年06月29日 11時00分00秒)

オンライン面接を提供している企業・サービスは?

BlueAgencyが提供するインタビューメーカーは、大手企業を中心に導入が進んでいる

導入成功事例

スマホで簡単WEB(オンライン)面接|インタビューメーカー(iM)

http://interview-maker.jp/

いつでもどこでも、場所を選ばずにスマホで面接ができる!WEB(オンライン)面接を実現した画期的な求人アプリの決定版!今まで大変だった人事担当の評価管理、スケジュール管理もインタビューメーカーを導入すれば業務の効率が大幅UP!

この企業情報の記事作成

最新の投稿


【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

【面接対策】アクセンチュアの中途採用面接では何を聞かれるのか

中途採用面接は新卒の場合と違い、仕事への取り組み方やこれまでの成果などを具体的に問われるほか、キャリアシートでは見えてこない「人間性」も見られます。即戦力として、そして一緒に仕事をする仲間としても多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。今回は外資系コンサルティングファームのアクセンチュアです。


【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

【年収と働きやすさを両立】転職者向けLINEの企業研究

口コミと公開データを元に転職者目線で企業研究。業績と待遇の2つの面で志望企業を掘り下げます。今回取り上げるのはIT企業のLINE(株)です。

LINE


「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

「国内コンビニ事業」前年同期比減 セブン&アイ・ホールディングスに死角はないか?

コンビニエンスストア「セブン-イレブン」のフランチャイズオーナーと本部が、24時間営業の継続などをめぐって対立するニュースが流れています。この背景には、セブン&アイグループの問題は関係していないでしょうか。第3四半期決算報告会の説明資料から読み解きます。

投資家向け


いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

いろんな人を採れば、組織は本当に「創造的」になるのか?

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、人事採用担当者の課題とされている「ダイバシティ」について考えます。組織における人材の多様性向上は疑うべくもない常識とされつつありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

【即席麺メーカー】日清食品HD、東洋水産 比較――就職・転職するならどの会社

今回は即席麺メーカーから日清食品HDと東洋水産の2社について比較します。朝ドラのテーマとして再注目されている日本が誇る即席麺業界について、今回は上場しているトップ2社の財務面から特徴を洗い出します。就職・転職活動の参考になれば幸いです。

業界研究


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300