【外資コンサル大手】アクセンチュア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【外資コンサル大手】アクセンチュア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界最大の経営コンサルティング会社であるアクセンチュア(Accenture PLC)の日本法人。戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの分野でサービスを提供し、FORTUNE誌の「世界で最も称賛される企業」に2003年から15年連続で選ばれている。Accenture Japan


1. アクセンチュアってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

様々な分野・産業に対し戦略、業務、ITなどのあらゆるコンサルティングを提供

1-2 創業者と沿革

アクセンチュアは、米国のトップ監査法人だったアーサー・アンダーセン(AA)に由来を持つ。1989年に分社化されてアンダーセン・コンサルティングとなった。この分社化により、アーサー・アンダーセンは会計監査業務を、アンダーセン・コンサルティングはコンサルティング業務を担当するという業態棲み分けが行われた。

アンダーセン・コンサルティングは社内公募で新社名を募集、最終的に“accent”と“future”(accent on future)の造語であるaccentureを選定した。社名変更は2001年1月1日に行われ、アンダーセン・コンサルティングの社名は20世紀と共に消滅した。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都港区赤坂1-11-44 赤坂インターシティ

出典:
https://www.accenture.com/jp-ja/company-japan-over-facts

会社概要・地図|アクセンチュア

https://www.accenture.com/jp-ja/company-japan-over-facts

アクセンチュアの会社概要を紹介します。事業内容:ストラテジー、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズ 拠点数:世界55カ国 200都市以上

1-4 ビジョン・ミッション

会社のカルチャーを形作り特徴づける価値観として以下のコア・バリューを掲げ、アクセンチュア社員の日々の行動指針としています。

・スチュワードシップ
次世代のために、より持続性のある強く優れた企業を築き、アクセンチュア・ブランドを守り、利害関係者との約束を果たし、オーナー意識をもって行動し、人材を育成し、地域社会と地球環境の改善を支援する、という私たちの責任を果たす。

・ベスト・ピープル
私たちのビジネスにとって最高の人材をひきつけ、育成し、引き留める。社員の意欲を駆り立て、”Can Do”という姿勢を発揮させ、協力的で相互に支え合う環境を作り出す。

・クライアント価値の創造
クライアントがハイパフォーマンス・ビジネスを実現できるようにする。また、クライアントの期待に応え、深く関与し、首尾一貫した価値を提供することで、長期的な関係を築く。

・ワン・グローバル・ネットワーク
世界中どのクライアントに対しても最高のサービスを提供するために、国際的な見識、関係、連携、知識を効果的に活用する。

・個人の尊重
人々の多様性を認め、一人一人の独自の貢献を尊重しながら、オープンで、信頼しあい、受け入れあう環境を作り上げる。アクセンチュアの価値観を反映したやり方で一人一人に接していく。

・インテグリティ
倫理規範に基づいて確固たる態度で、正直に振舞い、信頼を築き上げる。意味することを正確に伝え、言行を一致させ、責任を持って行動する。

2. アクセンチュアって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

accenture PLC(グローバル連結)
▲売上高(Net revenues)
2016年度 328億8300万USドル
2015年度 310億4800万USドル
2014年度 300億200万USドル
▲営業利益(Operating income)
2016年度 48億1000万USドル
2015年度 44億3600万USドル
2014年度 43億100万USドル
▲親会社株主に帰属する当期純利益(Net income attributable to Accenture plc)
2016年度 41億1200万USドル
2015年度 30億5400万USドル
2014年度 29億4100万USドル

2-2 事業セグメントと業績内訳

accenture PLC(グローバル連結)
▲事業ごとの売上(2016年度)
Communications, Media & Technology
 (コミュニケーション、メディアおよびテクノロジー) 66億1600万USドル
Financial Services(金融サービス) 70億3100万USドル
Health & Public Service(ヘルスおよび公共サービス) 59億8700万USドル
Products(製品) 83億9500万USドル
Resources(資源) 48億3900万USドル
Other(その他) 1500万USドル

▲地域ごとの売上(2016年度)
北米(North America) 156億5300万USドル
ヨーロッパ(Europe) 114億4800万USドル
成長市場(Growth Markets) 57億8100万USドル

2-3 主力事業

■STRATEGY
ビジネス戦略からテクノロジー戦略、オペレーション戦略、ファンクション戦略まで、アクセンチュアはお客さまの価値の創出に注力し、新たなビジネスの姿を描くとともに、持続的成長を支える経営管理モデルを構築します。
■CFO&エンタープライズ・バリュー・サービス、デジタル戦略、オペレーション戦略、営業/顧客サービス、人材・組織管理、IT戦略、M&A戦略

■CONSULTING
ビジネスを変革するには、パートナーが必要です。斬新で革新的なアイデアを常に提案してくれるパートナー。

深い業界知識、示唆に富んだ知見、幅広い能力を備えるパートナー。

そして、肩を並べて仕事に取り組み、クライアントがパフォーマンスを1つ上の次元に高められるように支援するパートナー。

40以上の業界に関する専門知識を備え、世界で最も卓越したコンサルタントを擁するAccenture Consultingは、まさにそうしたパートナーとして、お客様の変革をともに成し遂げます。

■DIGITAL
■ACCENTURE INTERACTIVE
顧客体験・マーケティング戦略・コンテンツ管理・コマースに関連した全方位的なサービスを提供します。
■ACCENTURE MOBILITY
企業/組織のニーズに応じ、モバイルやIoTを活用してモビリティ(機動力)を高めるため支援を行います。
■ACCENTURE ANALYTICS
探索的データ解析にモデリングを融合させるとともに人工知能の競争優位性と人間の英知を最適な形で組み合わせ、課題ごとに個別に設計したアプローチを提供します。

3. アクセンチュアの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

Pierre Nanterme, Chairman & CEO,accenture PLC
会長兼最高経営責任者 ピエール・ナンテルム
ナンテルム氏はアクセンチュアで34年のキャリアを持ち、同社事業の主要部分において、幅広く様々な指導的地位を歴任してきました。2011年1月、CEOに就任。

出典:
https://www.accenture.com/jp-ja/company-japan-over-facts

代表取締役社長
江川 昌史

1989年 慶応義塾大学商学部 卒業、同年アクセンチュアに入社。 製造・流通業界を中心としつつ、通信、ハイテク、素材・エネルギー、金融業界や公共サービス領域など、多岐にわたるお客様のプロジェクトを指揮。主に、戦略立案、構造改革、新規事業立ち上げ、デジタル変革、大規模アウトソーシングプロジェクトなど、さまざまな領域の案件を主導した。2000年にパートナー就任。消費財業界向け事業の日本統括を歴任し、2008年10月に執行役員 製造・流通本部 統括本部長に就任。 2014年12月に取締役副社長就任、2015年9月に現職である代表取締役社長に就任。経済同友会 会員。

3-2 発言、エピソード

アクセンチュアは一企業として、世界における喫緊の課題に向き合い、人々の働き方と暮らしを向上させる責任を担っています。アクセンチュアが持つグローバル規模での知見とデジタル分野での経験を社会に還元することで、若者の就業・起業に必要なスキル構築からテクノロジーを活用したジェンダー・ダイバーシティ推進に至るまで、さまざまな社会問題の解決に貢献できると考えています(ピエール・ナンテルム会長)

今後、あらゆるモノがセンサーでつながり合い、データが集積され、人には見えなかったつながりが可視化されます。IoTの発展に伴い、機械が人を代替する局面は、あらゆる場面で起こってくるでしょう。人はよりクリエイティブで付加価値の高い仕事に専念できるようになります。そして、思ってもみなかった組織同士が、業界、国境、規模などの既存の垣根を越えて協業して、今までになかったサービスや、産業さえも生み出していくことでしょう。

こうしたサービスを、単体としてではなく、戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズというエンド・ツー・エンドの体勢で提供していく。デジタル変革、事業の最適化、組織変革とともに実現する。全世界で39万人以上のプロフェッショナルを擁する圧倒的なスケールを持つ総合コンサルティング企業、私たちにしかできない、唯一無二のサービスです。(江川社長)

代表取締役社長就任以降、日本のお客様に対するデジタル変革支援をさらに推し進めるべく、国内屈指のデジタルマーケティング企業である株式会社アイ・エム・ジェイの株式過半取得を主導したほか、世界的なアパレル製造小売企業と、革新的なデジタル体験創出を目指す合弁会社を設立した。さらに、「お客様に対して最高のサービスを提供するには、社員個人が最大の力を発揮でき、さらなる誇りを持てる職場環境を整備すべき」との考えのもと、全社横断の社員意識・働き方改革プロジェクトを主導。業績を伸ばす中での残業時間削減の実現や、社員の多様性拡大の一環として女性従業員比率の向上など、すでに目に見える成果を達成。本取り組みは、アクセンチュアの他国オフィスや、社外からも注目を集め、日本法人の地位向上に大きく貢献している。(江川社長)

4. アクセンチュアではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

約9000人(日本法人単体、2017年8月末現在)

41万1000人以上(accenture PLCグローバル連結、2017年5月31日現在)

4-2 平均年齢

4-3 平均勤続年数

4-4 平均年間給与

*非上場の外資系企業につき、詳細の情報がありません

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

Junpei.K
戦略コンサルティング本部(アクセンチュア・ストラテジー) マネジャー

■キャリアの中でいちばんのチャレンジ
入社3年目、外資クライアントへの戦略プロジェクトでは、短期間・オールイングリッシュでの新規事業立案。小さな成功体験やプライドを捨てて、とにかく一つ一つ価値を出すことに拘ったチャレンジングな経験でした

Emi.A
戦略コンサルティング本部(アクセンチュア・ストラテジー)シニア・マネジャー

■キャリアの中でいちばんのチャレンジ
2013年にアフリカ進出を目指す企業の支援として、アフリカにてマーケット調査や政府関係調整などのプロジェクトをドライブして帰国したこと

 

5. アクセンチュアの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■求める人材像
私たちが求めるのは、アクセンチュアによって自らを進化させ、アクセンチュアに進化をもたらす人材。

■採用理念
未来のアクセンチュアに必要なDNA
・背伸びをしてでも目標に手を伸ばさずにはいられない
・自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
・ここで成長したあとは「次のステージ」も視野に入れている
・チャレンジに、手加減をしない
・タフな状況も、先頭に立ち楽しめる情熱がある
・正しい判断のためには、上司との衝突も辞さない
・信念に基づき、主張し、実際にやりとげる
・チームワークの可能性を信じる
・多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
・常に誠実さを失わず、言行一致の気概がある

先駆者であり続けるために、進化は宿命であり
予測不可能な未来のアクセンチュアを造れるDNAが必要なのです

5-2 育成に関する方針・施策

■教育制度
入社後には新入社員に対する実務研修があります。その他、業務分野別・業界別の研修カリキュラムが多数用意されており、キャリアパスに応じて選択することができます。また、海外数カ所にあるトレーニング・センターにて、世界中の事業所の社員とともに研修を受ける機会があります。アクセンチュアの教育プログラムは、真のプロフェッショナルを育成するものとして、各方面から高い評価を受けています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■報酬
アクセンチュアでは、市場競争力のある報酬制度を提供します。

・所属グループ/キャリアレベル/評価に応じ、業績賞与、パフォーマンス報酬、シェアオプション付与などの制度があります。
・従業員株式購入プラン: アクセンチュアの株式を社員が割引価格で購入できます。
・Recognition & Awards Program:日々の業務において、感謝を伝えたい場面、高い貢献を認知した場面において、各個人がE-cardを送付することができます。また、期待を上回る貢献をした個人またはチームに対し、所属グループからギフトに交換可能なポイントを贈呈します。

6. アクセンチュア出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

森正弥
楽天株式会社執行役員
楽天技術研究所所長

慶應義塾大学経済学部卒業、アクセンチュア株式会社を経て現職。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%AD%A3%E5%BC%A5

田村 誠一
K.I.T.虎ノ門大学院 客員教授
株式会社JVCケンウッド 取締役 執行役員 最高戦略責任者(CSO)
グロービス経営大学院 経営研究科 教授

アクセンチュア(株)において、各業界を代表する40社超のクライアント企業の各種戦略立案や新規事業立上げを支援。同社エグゼクティブ・パートナーとして、戦略グループ製造・流通セグメント統括等、主要ポジションを歴任する。その後、(株)企業再生支援機構のマネージング・ディレクターとして多くの事業再生投融資案件の責任者を務めると同時に、ハンズオン型ターンアラウンドマネジャーとして投融資先企業3社の取締役を務め、いずれもV字回復を実現し、事業売却を果たす。現在は、(株)JVCケンウッドの取締役兼執行役員最高戦略責任者として、同社の再成長に向けた企業戦略/財務戦略の立案と遂行、及びM&A/戦略的提携を統括する。

7. アクセンチュアの福利厚生は?

■福利厚生
アクセンチュアでは国で定める社会保険のほか、以下の制度や特典を提供しています。
・長期収入所得補償(LTD): 病気ケガで長期間働けなくなった際に、5年間年収の約60%が補償されます。(免責期間あり)
・確定拠出年金制度(401k): 会社は社員の給与の5%を毎年拠出します。希望により前払い退職金として受け取ることも可能です。
・Accenture Discount Directory: ホテル使用におけるアクセンチュア特別レートの適用など、社員が利用できる様々な割引特典があります。
・財形貯蓄制度、退職年金制度

■健康サポート
・定期健康診断:1年に1度、健康診断を受けられます。
・健康相談:社内に常駐する産業医や保健師にいつでも相談することができます。
・カウンセリング支援(EAP):社外の専門教育を受けたカウンセラーによる支援サービスを提供します。自身のキャリアやストレス解消のためのリラックス方法、対人関係や家族に関する悩みなどを相談できます。
・カフェテリアプラン:アクセンチュア健康保険組合のカフェテリアサービスを通じて、ポイントが与えられ、その範囲内で多くのメニューの中から好きな時/必要な時に選んで利用できます。 <メニュー例> 医薬品購入補助、スポーツクラブ/保養所利用、育児/介護サービス補助、法律相談補助、各種スクール/研修機関/個人旅行の優待など

8. アクセンチュアの中途採用求人は?

アクセンチュアの経験者採用|アクセンチュア

https://www.accenture.com/jp-ja/careers/find-your-fit-experienced

アクセンチュアの経験者採用情報や、募集中の職種、応募プロセスを公開中です。メールでの簡単応募も受付中。あなたの経験を活かして、更なるキャリアアップを目指しませんか?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【ホンダ哲学】本田技研工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ホンダ哲学】本田技研工業(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「ホンダ」のブランドで知られる、日本の大手輸送機器及び機械工業メーカー。世界最大の二輪・四輪メーカーとして、368社の連結子会社と83社の持分法適用会社(2016年3月末日現在)を擁している。事故ゼロ社会の実現に向け、様々な技術の研究、開発を進めている。


【有休70日まで保有可能】(株)関電工に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【有休70日まで保有可能】(株)関電工に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本を代表する総合設備企業。海外工事の受注も多く、4カ国に事業所を構えている。電気通信工事業界内における売上高シェア率は2位(平成26年3月期時点4,379億円)で高いシェアを誇る(平成28年3月期では4,476億円の売上高を計上している)。


【平均年収1418万円】株式会社日本M&Aセンターに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収1418万円】株式会社日本M&Aセンターに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

中堅・中小企業の友好的M&Aを仲介する会社。1991年設立。成約支援数3,000件は国内トップの実績といわれる。徹底した成果主義で知られ、週刊東洋経済調べによる「生涯給料トップ500社」ランキング2015年版で2位、2016年版で8位(5億414万円)で、大手商社や広告代理店を上回る平均年収を誇る。


【介護・医療分野の人材紹介】(株)エス・エム・エスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【介護・医療分野の人材紹介】(株)エス・エム・エスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年創業。介護・医療分野の人材紹介・求人情報サービスを主軸に、介護・医療・ヘルスケア・シニアライフなどの領域に特化した様々な情報提供事業等を展開している企業。国内のみならず、医療・ヘルスケア分野のニーズが急拡大しているアジア・オセアニア地域にも進出し新規事業に取り組んでいる。


株式会社グローバルダイニングに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社グローバルダイニングに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

首都圏を中心に「カフェ ラ・ボエム」「ゼスト キャンティーナ」「モンスーン カフェ」など、海外2店舗を含む50店舗のエンターテインメントレストランを展開。全席禁煙・禁煙者採用、チャレンジャー(障がい者)採用にも取り組む。1973年創業。


最新の投稿


シノブフーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

シノブフーズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

寿司の製造販売業が起源。その後、1971年に株式会社志のぶ寿司を設立。1979年7月販売開始以来、30年以上のロングセラーの「おにぎりQ」は、当時は斬新な開発であった、”海苔の食感・利便性に優れたおにぎりフィルム包装”を採用した商品である。太陽光発電システムの導入や、社内における活動での、環境への取り組みにも積極的だ。


石原ケミカル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

石原ケミカル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和14年に設立され、「界面科学」を原点に研究・開発。電子関連分野、自動車用品分野、工業薬品分野という構成比率。その中でも、電子関連分野の”電子部品外装めっき液”では、国内7割のシェアを持ち、売上の大きな柱となっている。 国際規格「ISO9001」及び国際規格「ISO14001」の認証を取得。


福島労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

福島労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2017年11月16日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2016年11月1日~2017年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、福島労働局管轄の一覧(最終更新日:2017年10月31日)です。


秋田労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

秋田労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2017年11月16日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2016年11月1日~2017年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、秋田労働局管轄の一覧(最終更新日:2017年10月31日)です。


宮城労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

宮城労働局:労働基準関係法令違反に係る公表事案【ブラック企業リスト】

厚生労働省が2017年11月16日に公表した「労働基準関係法令違反に係る公表事案」(2016年11月1日~2017年10月31日公表分。いわゆる「ブラック企業」リスト)のうち、宮城労働局管轄の一覧(最終更新日:2017年10月31日)です。


wiget_w300 wiget_w300