【スルガ銀行VS静岡銀行】地方銀行の雄は、メガバンクより高い給与をなぜ得られるのか?

【スルガ銀行VS静岡銀行】地方銀行の雄は、メガバンクより高い給与をなぜ得られるのか?

年間平均給与で地銀1位と2位を占めた、スルガ銀行と静岡銀行。首都圏と中京圏に挟まれた恵まれた環境とはいえ、静岡県という同じエリアで営業する地方銀行が、なぜ潰し合いせずに生き残り、ともに好業績を誇っているのだろうか。TENSHOCK編集部がキャリコネ会員に取材した。


2016年度の有価証券報告書を集計したところ、平均年間給与でスルガ銀行(沼津市)が85地方銀行のトップになったと、ブルームバーグ・ニュースが報じている。2位は静岡銀行(静岡市)で、ともに静岡県を中心に事業を展開する地方銀行だ。

スルガ銀行に至っては、メガバンクの三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行の平均給与を上回ったとのこと。なぜこのようなことが可能になったのか。口コミサイト「キャリコネ」会員の現役・OBOG行員に話を聞いた。

支社長含め10人未満「少数精鋭」のスルガ銀行

スルガ銀行の年間平均給与(賞与・基準外賃金を含む)は810万6000円で、メガバンクといわれる三菱東京UFJ銀行の773万8000円や、みずほ銀行の744万5000円を上回る。静岡銀行も763万7000円と高水準だ。

スルガ銀行に勤める20代女性のAさんは、自分の勤務先の給与が他行に比べて高水準であることを「知っていた」と答え、「ある意味、当たり前」としている。その理由は「社員の数が少ない。少数先鋭だから」というものだ。

「ドラマで見る銀行の営業所には、働いている人が20人以上いると思います。しかしスルガ銀行の場合、ほとんどの営業店で10人程度しかいません。私が勤めていた店舗に至っては支社長を含めて10人未満で、その分、一人ひとりの仕事量が多くて大変なのです。ですから、給料が良くて当たり前だと思います」

【年収824万円】32歳男性・ルートセールス職の給与明細―スルガ銀行株式会社の年収・給料・給与

https://careerconnection.jp/review/NDk0ODg0-reviewNode.html

スルガ銀行株式会社の社員(32歳、男性、ルートセールス・渉外)の年収・給料・ボーナス情報です。

Aさんは銀行の窓口受付だけでなく、預かり資産やローンの電話営業などの業務も幅広く担当していたという。また、行員に高給を支払える背景として「スルガ銀行の事業は、高収益のローンが柱となっているから」と説明する。

ビジネスモデルは「高給取りに高金利で大金を貸す」

スルガ銀行といえば「平日日中ならコンビニ・ゆうちょ銀行のATMで手数料が0円」「スマホ・PC・アプリでいつでも銀行取引」など、いまどきの若者にも利便性のよいサービスをいち早く提供しているイメージがある。

しかし収益としては、マイナス金利下の銀行業務ではなく、高金利を設定できる銀行ローンが中心だという。例えば最高限度額が800万円の「ロードバイク購入ローン」は、年利が7.0%~11.0%に設定されている。Aさんはさらに内情を説明する。

「そのローンも、普通のサラリーマンに低い金利で組むものは取り扱いせず、他行を利用できない訳ありの人に高い金利で貸したり、一部の高給取りや医師に高い金利で大金を貸したり、他行との差別化ができているので収益が上がっているのだと思います」

【年間給与メガバンク超え】スルガ銀行株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/307

静岡県沼津市に本社を置く地方銀行。五大都市圏に支店を構えるほか、全国でネットバンキングに対応。年間平均給与が85地方銀行の中で首位、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行の水準を上回っていることが話題となった。収益の柱は「パーソナルローン事業」と「住宅ローン事業」。2016年7月現在で88種類のローン商品を揃える。

高い利便性のサービスで個人ユーザーを幅広く囲い込み、そこにニッチなニーズにも応えるユニークな金融商品を案内して、高収益を実現するモデルといえるだろう。

今後の将来性についても、Aさんは「ある」と予想する。というのも、スルガ銀行ではここ5年ほどの間だけでも常に新しい商品や企画が開発されており、担当者として「社内で取り扱うものがガラッと変わっていったのが、手に取るように分かった」からだ。強い商品開発力があれば、今後も安泰だろうという印象だ。

「バブル期に不良債権を作らなかった」静岡銀行

もう一方の地銀の雄、静岡銀行についてAさんはこう評する。

「静岡の西部では、かなり強い印象です。スルガは個人客しか相手にしませんが、静銀は優良企業も相手にするので、大きな収益を得ることができているのだと思います。静岡におけるメガバンク的なポジションを押さえているといえます」

静岡銀行で法人融資営業に携わる30代男性のBさんも、スルガ銀行について「ライバルではなく、他業態の金融機関という印象」という。

「同一エリアに地盤を持っていますが、営業上はほとんどバッティングしません。スルガ銀行は高金利の住宅ローンやカードローンが収益の中心で、ミドルリスクからハイリスク層への融資が強く、当行の融資対象とはややずれているからです」

要するにスルガ銀行は「一般的な銀行とはビジネスモデルが異なる」ため高給を実現できているが、静岡銀行は地方銀行の王道を行くことで高収益をあげているということだ。

Bさんは高給の理由について、「バブル時代に大きな不良債権を作ることがなく、それ以前の給与水準を維持できた」ことも大きいとする。また、一般職と総合職のような「複線人事」を採用せず、女性行員が総合職並みの給与であることも、平均値を押し上げる要因となっていると見ている。

【平均給与地銀2位】静岡銀行株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

https://tenshock.biz/articles/300

静岡市葵区に本店を置き、清水区に本部機構を置く地方銀行。通称は静銀(しずぎん)。2016年度の年間平均給与は、スルガ銀行に次いで地銀2位。マネックスグループやマネーフォワード、ほけんの窓口グループなど異業種との連携を進めた中西勝則氏が2017年6月に会長に就き、柴田久氏が新頭取となった。

メガバンク行員「従業員数は20倍。レベルが違う話」

自行の将来性について明るい見通しを持つAさんに比べ、Bさんは「短期的には不確定要素はないが、長期的にはGDPに連動して業容は縮小均衡せざるを得ない」と見る。とはいえ、静岡銀行が今後スルガ銀行のようなアイデアを打ち出すことも考えられ、競争が激化することがあるかもしれない。

そんなスルガ銀行や静岡銀行の後塵を拝しているように報じられたメガバンクだが、実際にはそこまで劣っているわけではないと不満を抱く行員もいる。みずほ銀行のある行員は、スルガ銀行の社員平均年齢42.5歳に対し、みずほ銀行は37.7歳であることを示し、同じ年齢なら自社の方が確実に高くなると指摘する。

三菱東京UFJ銀行の行員も、報道は気にならないと答え、「スルガ銀行の従業員1,500人に対し、うちは3万人を超えている。20倍もの差があるのに、その平均を比べて年間で数十万円多いといわれても、まるでレベルが違う話」ということだった。

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岡山県内最大の地方銀行。貸出金残高は地銀中13位、預金残高は12位。外部格付けは邦銀中1位の「A1/P-1」、メインバンク社数は地銀中7位と安定経営で知られる。ファイナンシャルアドバイザー業務や投資銀行業務、国際業務、事業再生業務、内部統制監査業務などでキャリア採用を実施している。


【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛媛県松山市に本店を置く大手地方銀行。愛称は「いよぎん」。頭取は歴代生え抜きで、天下り役員は在籍しない。健全経営で知られ、預金・貸出金とも全国の銀行で唯一20年連続で増加。格付機関からの格付けは、全国に7行しかないトップのAA。事業所内に保育所を置いている。


ゆうちょ銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ゆうちょ銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ゆうちょ銀行は、平成19年10月1日、当時の日本郵政公社が民営化・分社化して誕生した日本の金融機関。他の金融機関にはない全国の郵便局・ATMネットワークのい金融インフラという強みを生かして「最も身近で信頼される銀行」を目指している。


【本店はソフィアタワー】株式会社あおぞら銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【本店はソフィアタワー】株式会社あおぞら銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1998年に経営破綻した日本債券信用銀行が商号変更。2006年に普通銀行に転換。2010年には新生銀行との合併話が出たが後に解消。2012年に米投資ファンドのサーベラスグループの支配から脱却。2017年に上智大学ソフィアタワーに本店を移転した。キャリア採用は「高度なスキル・専門性を要求される業務を中心に」実施。


【キャリア採用あり】株式会社八十二銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社八十二銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

長野市に本店を置く地方銀行。行名の由来は前身の「第十九銀行」と「六十三銀行」が合併した際に数字を足したことから。地銀の連結経常収益ランキングで第6位、長野県内の取引社数の55.9%を占める(2016年度)。託児費用補助制度や再雇用制度など育児支援制度を揃える。本部と営業店で中途採用実施あり。


最新の投稿


【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手総合電機メーカー。総売上高では日立製作所、パナソニック、東芝に次ぐ業界4位。FA機器、昇降機、タービン発電機、鉄道車両用電機品、パワー半導体、人工衛星など多くの産業用電気機器で日本国内トップシェア。2016年度のグループ総売上高は4兆3943億円。


破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

格安旅行会社「てるみくらぶ」の自己破産が、社会に大きな衝撃を与えている。楽しみにしていた海外旅行が中止になったうえ、代金もかえってこないと呆然とする人が多数発生しているが、社内では以前から社員が過重労働に苦しんでおり、「とにかく人が定着しない」という状況もあったようだ。


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。