【六本木にオフィス統合】株式会社ネクソンの広報担当が紹介する「うちの会社のいいところ」

【六本木にオフィス統合】株式会社ネクソンの広報担当が紹介する「うちの会社のいいところ」

株式会社ネクソン(以下 ネクソン)は、PC及びモバイルゲームの開発・配信及び運用を行うオンラインゲーム会社です。世界中のユーザーに対して、面白くて高品質なゲームを、長期にわたり提供しています。本記事では、ネクソンの会社紹介や重視している考え方、さらにはオフィス紹介や福利厚生など、ネクソンを様々な角度からご紹介します。


ネクソンとは?

キーワードは「インターナショナル」

ネクソンはオンラインゲームの会社です。2011年に東証における同年最大規模の上場案件として東京証券取引所第一部に上場。2014年にオーウェン・マホニーが代表取締役社長に就任して以降は、欧米事業の強化にも注力しています。

本社(日本)のほか、海外法人や提携しているパートナー企業を通じて、ネクソンは現在、80を超えるゲームを190以上の国と地域に向けて配信しています。

時価総額はなんと1兆6,000億円超え!ゲーム業界ではナンバー2!

ネクソンの時価総額は1兆6,000億円を突破し、ゲーム業界では任天堂に次いで第2位!東証上場企業(全業種)の中で85位(※2018年3月1日時点)であり、2011年の上場以来、規模を着実に拡大しています。

主力PCオンラインゲームは10年以上のサービス実績多数!近年はモバイルゲーム事業にも注力し、新作ラインナップも豊富!

ネクソンの強みの一つである、「長年にわたってゲームを成長させることができる運用力」により、10年以上配信を続けているゲームは、なんと11タイトルも!(※2017年12月時点)既存ゲームからの安定的な売上収益を元手に、新作開発や戦略的パートナーシップといった成長機会への投資を積極的に行っています。

例えば、2005年に配信開始した当社最大の売上を誇る『アラド戦記』は、2016年の全世界における売上が、上場した2011年と比較して約2倍に成長。配信開始から13年が経過した『メイプルストーリー』の韓国における2016年第4四半期の売上は、2011年第4四半期と比較して18%成長しています。

従来からの主要事業であるPCオンラインゲーム事業に加え、世界累計2,500万ダウンロードを突破した『HIT』、その全く新しい世界観で韓国での先行配信前から話題となった『Durango: Wild Lands』など、現在はモバイルゲーム事業にも注力しています。

既存タイトルのみならず、当社史上類を見ないと言っても過言ではないほど豊富な新作ラインナップを控えている点も特徴です。多数の新作を、今後も皆さんにお届けする予定です!

ネクソンが大事にしていること

「クオリティ」が第一!ゲームづくりのこだわり

オーウェン・マホニーが2014年に代表取締役社長に就任してからは、短期的な売上を追求するのではなく、「面白くて差別化されたゲーム」すなわち「品質」にこだわったゲームの開発及び配信により、事業を長期的に成長させていくことを目指しています。

2つの「世界初」を記録! ネクソンの「チャレンジ精神」

ネクソンは創業以来、オンラインゲームのパイオニアとして常に挑戦を続けており、2つの「世界初」事例を有しています。

①世界初のグラフィックMMORPG(注)である『風の王国』
配信開始をした1996年以降、同作は現在も韓国でサービスを継続しており、「最も長くサービスされているグラフィックMMORPG」としてギネス世界記録にも認定されています!
(注)Massively Multiplayer Online Role-Playing Game(大規模多人数参加型ロールプレイングゲーム)

②世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』
2001年にもともと月額課金であったゲームを無料にし、ゲーム内アイテムを販売するという世界初の試みを行いました。今やモバイルゲームでは主流の基本プレイ無料型(F2P)ゲームの始まりは、実はネクソン!

気になるオフィス環境、そして福利厚生は?

オフィスエリアを紹介

ネクソンのオフィスは、東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅直結の「アークヒルズ サウスタワー」内にあります。オフィス内にはゲーム会社らしいエンタメ要素も多数!カラフルな椅子が並ぶ交流スペースでは、ミーティングをしたり、ランチタイムや就業後に社員がゲームや卓球をしていることも!

ネクソンならではの働き方とは?

ネクソンでは社員それぞれが、自身の経験や多様なスキルを活かして働いています。「ゲームが好き!」や「プレイヤーに面白いゲームを届けたい!」という熱い想いを持った社員はもちろん、自身の資格を活かして「経営管理/支援」の側面からゲーム事業を支えたり、語学力を活かしてグローバルな業務に携わっている社員もいます。

そんな社員の生の声を、定期的に発行している「NEXT ON」や採用ホームページで紹介しています。ぜひご覧ください!

NEXT ON×CULTURE
採用ホームページ

福利厚生制度も充実!

スキルアップや働きやすさを支援する様々な制度を用意しています。ネクソンは、すべての社員が長期に渡って活躍できるよう、あらゆるサポートを惜しみません。以下は、ごく一部ですが、ネクソンならではの独自の制度。いずれも形だけではなく、実際に利用されているものです。

より詳しい情報は、ネクソン採用ホームページ、またネクソン公式ブログをご覧ください。

採用ホームページ
ネクソン公式ブログ

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【オンラインゲーム大手】(株)ネクソンに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】(株)ネクソンに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。

東京都中央区 ITサービス 東証一部 e-Sports ネクソン JPX日経400 Nexon


【新規事業続々】ディー・エヌ・エー(DeNA)の事業内容は?【転職・求人・採用サイトを渡り歩いて調べてみました】

【新規事業続々】ディー・エヌ・エー(DeNA)の事業内容は?【転職・求人・採用サイトを渡り歩いて調べてみました】

オークションサイトから始まり今ではモバイルゲームが主力の株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)。フリマ、自動運転やAI、ヘルスケア、球団運営など多角的な事業展開に乗り出し、ますます存在感を高める同社。働きたいけど、実際これはどうなの? と転職者が疑問に思うことを、企業サイト、転職・求人サイトの情報から調べてみました。

DeNA ゲーム 野球 ヘルスケア オートモーティブ キュレーションメディア EC ITサービス・ソフトウェア ディー・エヌ・エー


最新の投稿


アサヒグループ食品(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループ食品(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループの中核事業会社。食品事業を担う。菓子、健康食品、サプリメント、乳幼児用ミルク、ベビーフードおよび乳幼児用商品、フリーズドライ食品、食品原料など、幅広いラインナップを擁する。2017年にアサヒフードアンドヘルスケア、和光堂、天野実業(アマノフーズ)を吸収合併。

東京都渋谷区 食品・飲料 非上場 アサヒグループ


【国内酒類】アサヒビールに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内酒類】アサヒビールに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

アサヒグループの中核事業会社。ニッカウヰスキー、サントネージュワインなど関連会社とともに国内酒類事業を担う。ビール、発泡酒などのほか、洋酒やワイン、焼酎、RTD(Ready To Drink:購入後そのまま飲める缶チューハイなど)、アルコールテイスト清涼飲料を手がける。アサヒグループの事業利益の約半数を生み出す。

東京都墨田区 食品・飲料 非上場 アサヒグループ


【平均年収792万円】三菱電機の給与が高いのはなぜなのか

【平均年収792万円】三菱電機の給与が高いのはなぜなのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業は堅実な経営体制が安心の三菱電機です。

三菱電機 年収


【平均年収703万円】サイバーエージェントの給与が高いのはなぜなのか

【平均年収703万円】サイバーエージェントの給与が高いのはなぜなのか

就職・転職活動中の方は志望する企業をどのように決めていますか? 判断基準の1つとしてよく挙げられるのが「年収(給与・報酬)」。この記事では毎回年収面から注目の企業にアプローチ。データや口コミをもとに社員の収入実態に迫っていきます。今回注目する企業はインターネット広告は国内トップシェアのサイバーエージェントです。

サイバーエージェント 年収


「社畜になるな!」に騙されるな 会社は敵とは限らない

「社畜になるな!」に騙されるな 会社は敵とは限らない

会社を悪者にして「社畜になるな」と煽る人は、ネットにたくさんいます。しかし、会社や経営者は本当に敵なのでしょうか。本当の問題はどこにあり、自分をサポートしてくれる人が誰か、見誤ってはいけません。人材研究所代表・曽和利光氏の連載第17回です。

悩まないキャリアの歩き方 働き方改革 働かないおじさん


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300