女性が活躍できる営業職の求人【性別関係ナシ】

女性が活躍できる営業職の求人【性別関係ナシ】

女性の積極的採用や、管理職起用などをしている企業の求人をご紹介します。


国が後押しする「女性の活躍」

アベノミクスの成長戦略の一つとして掲げられた「女性活躍推進」。平成27年8月28日には女性の職業生活における活躍の推進に関する法律「女性活躍推進法」が成立しました。概要は、女性の採用、昇進の機会を積極的に提供すること、仕事と家庭の両立が可能になるように必要な環境を整備することなどです。この法律により、事業主は積極的に女性が活躍できる環境づくりに取り組んでいます。

女性が活躍できる会社とは

女性が活躍する会社とは、女性社員や女性管理職の比率が男性比べ著しく低くないこと、男女の仕事内容や賃金格差が無いこと、平均勤続年数が長いこと、女性の離職率が低いことが挙げられます。それらを実現するためには、出産・育児面で女性が不利にならないような制度(産休・育休・時短勤務など)整っていること等ですが、すべての企業が実現できているわけではなく、少しずつ増えている状況です。

女性が活躍できる営業職の求人

【マーケティング営業】BtoB企業の営業領域の課題解決策を提案

営業コンサルティングからテレマーケティングまで、クライアント企業の営業活動をトータルにサポートする営業支援・コンサルティングを行う会社です。担当業務は営業的に悩みを抱える企業や、営業力をより強化したい企業を新規開拓になります。メインターゲットは税理士事務所や会計事務所。新規案件の獲得からプロジェクトの実行まで、プロジェクト単位でチームを組み取り組んでいきます。

株式会社RINOFFICE

募集職種:法人営業 企画営業 ビジネスコンサルタント(営業・マーケティング)
年収・給与:350万~500万円
勤務地:東京都目黒区

詳細はこちら

【企画提案営業】リサーチを軸とする総合マーケティング支援

メーカー・広告代理店・コンサルティング会社・官公庁などの多様な顧客に向け、商品開発から広報支援、業務効率化提案やIT支援までさまざまな企画提案営業を行います。セールス部署には25名が在籍しており、24歳~37歳のメンバーで構成されています。 男女比はほぼ半々で、中途から新卒社員までさまざまなメンバーが活躍中です。ゆくゆくはマネジメント業務を担う人材として登用されます。

株式会社ネオマーケティング

募集職種:マーケティングリサーチ・市場調査・市場分析 その他企画・マーケティング関連職 企画営業
年収・給与:400万~600万円
勤務地:東京都渋谷区

詳細はこちら

【オープンポジション】人材・キャリア系の仕事

オープンポジションでの募集です。求人広告の営業、人材紹介の営業/キャリアアドバイザー、人材派遣の営業、新卒採用向けメディアの営業新卒学生紹介の営業/キャリアアドバイザーのいずれかのポジションでの採用になります。求人広告の営業職ならば、採用に困っている企業に対して、自社の運営している転職サイトやイベントの案内をし積極的に売り込んでいきます。

株式会社キャリアデザインセンター

募集職種:法人営業 企画営業 キャリアアドバイザー・キャリアカウンセラー
年収・給与:400万~550万円
勤務地:東京都港区

詳細はこちら

【IT営業】 解決すべき課題に合わせた適切な技術を提案する

IT営業といっても幅広いですが、単なる「人出し」の派遣事業ではなく、解決すべき課題に合わせた「適切な技術を提案する」業務となります。お客様が困っていることを引き出し、そこをいかに解決していくかを考え、提案する。そのために、お客様との信頼関係を構築し、ヒアリングした内容から提案や企画をどんどん行っていきます。

ヴァイタル・インフォメーション株式会社

募集職種:法人営業 企画営業 ルートセールス
年収・給与:400万~600万円
勤務地:東京都新宿区

詳細はこちら

【コンサルティング営業】大手ECサイトの下支えをする

ASPサービスの企画提案営業を担当します。大手ECサイトの売上拡大や運用効率化の支援がメインの仕事になります。将来的にはチームマネジメントや商品企画、事業企画、パートナーアライアンス、採用教育などの業務にも関わります。研修制度が充実しており、さまざまな社内勉強会や勤務時間外のものや有料のセミナーへも参加できます。

ナビプラス株式会社

募集職種:法人営業 企画営業 プリセールス・セールスエンジニア
年収・給与:400万~650万円
勤務地:東京都渋谷区

詳細はこちら

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


転職 営業職 求人特集

関連する投稿


御社にもダメ面接官はいないか? 『コミュ障のための面接戦略』は人事部長も必読

御社にもダメ面接官はいないか? 『コミュ障のための面接戦略』は人事部長も必読

『コミュ障のための面接戦略』(星海社新書)は、元リクルートのゼネラルマネージャーで現在は株式会社人材研究所の代表取締役社長を務める曽和利光氏の最新著作。自身がいわゆるコミュ障であった経験を踏まえ、優秀なのになぜか採用されない人に対し、具体的な面接突破術「面接ハック」を授ける。

転職 就活


京都府で幼稚園教諭の求人をお探しの方に、知っておいて欲しい大切なこと

京都府で幼稚園教諭の求人をお探しの方に、知っておいて欲しい大切なこと

なりたい職業で常に上位に入る、幼稚園の先生人気は衰えません。では幼稚園教諭の実態はどうなのか、京都で人気の幼稚園を営んでいるのはどんな学校法人なのか。今回は京都府周辺で求人を出している「幼稚園教諭」の情報をまとめてみました。

就職 転職 教育 丸投げプラン


【熊本】正社員に積極登用! キャリコネ転職の内勤営業で「地方で働く」を後押し

【熊本】正社員に積極登用! キャリコネ転職の内勤営業で「地方で働く」を後押し

日本最大級の転職口コミサイト「キャリコネ」を運営する株式会社グローバルウェイ。全国の中小・ベンチャー企業の働きやすさや働きがいを伝え、中途採用を成功に導く「キャリコネ転職」が、熊本オフィスのスタッフを募集しています。成果や業務の習熟度などに応じ、契約社員から正社員、リーダー、マネジャーとキャリアアップが望めます。

熊本県 転職


愛知で介護職求人は常時7,000件以上!愛知で見つける、楽しくやりがいのある介護職の探し方

愛知で介護職求人は常時7,000件以上!愛知で見つける、楽しくやりがいのある介護職の探し方

最近何かと話題の介護職ですが、介護施設や携わっている人も多くなってきました。介護職の実態はどうなのか、愛知の介護事業を営む企業はどんな会社があるのか。愛知にある事業所の特徴と合わせてまとめてみました。

介護 転職 就職 丸投げプラン


リクルート住まいカンパニーへの転職、最近リクルートを退職した元社員人材エージェントが語る必勝面接対策

リクルート住まいカンパニーへの転職、最近リクルートを退職した元社員人材エージェントが語る必勝面接対策

日本の住宅市場における情報サイトとして圧倒的な存在感があるSUUMOを運営する会社。直近まで働いていた元社員の人材エージェントが語る必勝面接対策とは?

リクルート住まいカンパニー 転職 面接対策 リクルート


最新の投稿


屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

屋台骨の「国内コンビニ事業」は大丈夫? セブン&アイHD 2019年2月期決算を読む

株式会社セブン&アイ・ホールディングスは2019年4月5日、2019年2月期の決算を発表した。利益の大半を生み出す国内コンビニ事業が期首計画を達成できないなど、懸念材料は多い。2019年2月19日に5014円だった株価は、4月12日の終値で3830円まで下がった。

投資家向け


中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業の事業承継支援で絶好調の日本M&Aセンターに「死角」はないか?

中小企業のM&Aを多く手掛ける、国内大手のM&A仲介会社「株式会社日本M&Aセンター」の業績が好調です。年間案件成約件数やM&Aコンサルタント数で国内トップの強さはどこにあるのか。将来性はあるのか。同社の決算説明会資料を参考に、情報を整理してみました。

投資家向け


就活は若者にとって「学びの機会」 採用担当者は「利己的な大人」になるな

就活は若者にとって「学びの機会」 採用担当者は「利己的な大人」になるな

人材研究所代表・曽和利光氏の連載「採用担当者があなたの会社を魅力的にする」。今回は、就活生に対する採用担当者の基本スタンスについて。自社で優秀な人材を採用することばかりを考えるのでなく、未来ある若者たちと接している自覚を持つべきだと提言します。

採用担当者があなたの会社を魅力的にする


2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

2019年度は赤字計画! ユーザベースの有報から「大胆な挑戦」を読み解く

B2B向けデータベース「SPEEDA」と、B2C向けメディア「NewsPicks」の両輪で事業を進めてきた株式会社ユーザベースが、2018年12月期の有価証券報告書を公表した。2018年7月に米「Quartz」を買収。業績好調の中、将来のさらなる成長に向けて「大胆な挑戦」を行う決断をしたようだ。

投資家向け


戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

戦略事業に1400人増員! LINEの「2018年12月期通期決算」を読む

LINE株式会社は2019年1月31日、2018年12月期の通期決算を公表した。売上高は2000億円を超えたが、最終損益が赤字となったと報じられている。これを受けて株価は一時急落したが、すぐ反発。今後の経営の見通しはどうなるのか。

投資家向け


wiget_w640
wiget_w300 wiget_w300
wiget_w300