松竹株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

松竹株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

歌舞伎興行は松竹がほぼ独占的に手掛けており、日本の映画、演劇の制作、興行、配給を中心とするエンターテインメント中心の企業。1895年創業から、数多くの映画などを生み出し、俳優を育てていることで知られている。創業120年の歴史と『松竹のDNA』を発揮して、良質な映画・演劇により「夢」と「感動」を提供し続けることを目指す。


1. 松竹ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

映像事業、演劇事業、不動産・その他事業の3つを主体とする、総合エンターテインメント企業グループ

1-2 創業者と沿革

大谷 竹次郎(おおたに たけじろう、1877年12月13日 - 1969年12月29日)は兄・白井松次郎とともに松竹を創業した日本の実業家。

白井 松次郎(しらい まつじろう、1877年12月13日 - 1951年1月23日)は、松竹の創業者の一人(松竹株式会社社長)。興行師、劇場経営者として活躍し、旧態依然たる明治の興行界に近代的なシステムを導入したことで知られる。また上方歌舞伎をはじめ人形浄瑠璃などの古典芸能の保護振興につとめ、その経済的な基盤を支えた面でも功績は大きい。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
東京都中央区築地4丁目1-1

1-4 ビジョン・ミッション

今後もこの「ミッション」にのっとり、お客様の要望に応える魅力ある作品を提供し、また社外とのパートナーシップを促進して、株主の皆様に信頼され続ける企業であることを経営の基本方針として事業活動を進めてまいります。

《目標とする経営指標》
当グループの中核事業である劇場用映画および演劇は予想と実績の乖離が大きく、このため特定の経営指標をもって目標とすることはせず、安定した収益基盤を着実に強化していくことが第一と認識しております。

2. 松竹って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
平成28年度 961億7300万円
平成27年度 925億1400万円
平成26年度 898億600万円

▲経常利益(連結)
平成28年度 66億2600万円
平成27年度 65億7600万円
平成26年度 65億500万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益(連結)
平成28年度 37億1000万円
平成27年度 38億9500万円
平成26年度 41億8000万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業別セグメント(平成28年度)
映像関連事業 547億1900万円(56.9%)
演劇事業 251億4200万円(26.1%)
不動産事業 102億4500万円(10.7%)
その他の事業 60億6500万円(6.3%)

2-3 主力商品

■ 映像事業

実写およびアニメ・特撮映画の製作・宣伝・配給
海外製作映画の買付・宣伝・配給
映像の国内外へのライツビジネス
映像コンテンツの開発
劇場・シネコンの運営
劇場の番組編成
CS・CATVのソフト製作・編集・放送
CSの委託放送
映像関連イベントの企画・運営
ビデオソフトの製作・買付・販売

■ 演劇事業

歌舞伎の企画・製作・興行(巡業・海外公演を含む)
一般演劇の企画・製作・興行(巡業・海外公演を含む)
直営劇場(歌舞伎座、新橋演舞場、大阪松竹座、南座)の運営
演劇のライツビジネス
歌舞伎関連イベント
演劇に関係する新しい事業の開拓(シネマ歌舞伎・METライブビューイングなど)
俳優・タレントの斡旋

■ 不動産事業
ビル賃貸、不動産管理、不動産開発
出典:
http://www.shochiku.co.jp/company/about/business/

3. 松竹の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役会長
大谷 信義

昭和43年6月松竹株式会社 入社
平成10年1月代表取締役社長 就任
平成19年2月代表取締役会長 就任

代表取締役社長
迫本 淳一

平成10年4月松竹株式会社顧問 就任
平成10年5月代表取締役副社長 就任
平成16年5月代表取締役社長 就任

3-2 発言、ブログ、エピソード

「明治22年、ここ銀座木挽町に初代歌舞伎座が開場して以来、第二期、第三期、第四期と、さまざまな歴史を刻みつつ、多くの名優たちの舞台とともに、歌舞伎の殿堂として歩んで参りました。歌舞伎座の建替えは、単なる劇場の改築工事に止まらず、銀座の上質な町並みの継承、文化の発信拠点など、さまざまな大きな意味を持つ事業であると確信しております。今回の建替えにより、未来永劫、歌舞伎座が存続できますよう、また、地域と一体となって、今後も発展して参りますよう、皆様方にご支援を賜りたくお願い申し上げます。」(代表取締役会長 大谷信義)

グローバル化がますます進み、マーケットが拡大している今、当社を取り巻く環境は変化の激しさを増しております。今後も、日本文化の伝統を継承・発展してまいるとともに、時代のニーズを的確にとらえた多様なコンテンツをお客さまにお届けできるよう、市況の変化に柔軟に対応できる収益基盤を確立してまいります。また、エンターテインメント企業として、日本にとどまらず、世界中のお客さまからご支持いただける企業を目指してまいります。(代表取締役社長 迫本 淳一)

GINZA KABUKIZA(歌舞伎座と歌舞伎座タワーからなる複合施設)の地下にもおいしいスイーツが揃っています。観劇される方でなくても買い物や食事が楽しめる。5階のギャラリーでは、歌舞伎の展示会も開催しています。将来、歌舞伎のファンになってもらえたらと、このフロアをつくりました。歌舞伎は400年以上続く伝統芸ながら、国の助成を受けずに成り立っています。つまり、お客様あってのもの。これからも現代のエンターテインメントとして継承していければと思いますし、そのための秘策になればと願っています。(代表取締役社長 迫本 淳一)

4. 松竹ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 1258人
単体 535人
(平成29年2月28日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 42.5歳(平成29年2月28日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 16.5年(平成29年2月28日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 807万9643円(平成28年2月28日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

酒見 奈那子
2015年入社
事業部 出版商品室

■ 仕事のやりがい・楽しさ

商品を企画するときは、作品を観たり脚本を読んだりして、作品の持つ世界観をいかに商品に落とし込めるか、ということを考えていきます。
なので、作品のイメージがぴったりとはまった商品が出来たときはとても嬉しいです。
また、売り場を視察した際に、お客様が嬉しそうに自分たちが企画した商品を手に取って下さっている姿を見ると、頑張ってよかったなぁとしみじみ思います。

安藤 央
2015年入社
歌舞伎座 販売課

■ 仕事に関して、今後の目標は?

もっと多くの若い人たちに歌舞伎を観てもらうことが目標です。歌舞伎というものに対して、「敷居が高い」「内容も難しそう」という印象を持つ若い人が多いように思います。学生時代の自分もまさにその一人でした。しかし、自分自身が関わってみて感じたことは、実際は、ヒーローもので分かりやすい結末の話だったり、お手頃な値段の席もあったり、そもそも難しい演目はイヤホンガイドが解説してくれたりと、一度観に来てみれば身近に感じるエンターテインメントだということです。
その中で、自分が今の仕事を通じて出来ることは、学生の方々や、普段歌舞伎を観ないお客様に対して、団体で来ていただける施策を考えることです。
その取り組みを達成することができれば、これから先、歌舞伎という伝統芸能をもっともっと盛り上げていく為のきっかけを作ることができると信じていますので、その実現に向けて頑張りたいと思います。

宮本 英
2015年入社
映画宣伝部 パブリシティ室

■ 仕事に関して、今後の目標は?

自分で仕事をつくれるようになりたいです。今はまだ慣れないこと、分からないことが山のようにあり、周りの方々から仕事を学ぶことや、与えられた業務をこなすことで必死です。
ですが、エンターテインメントには「正解」がないので、自分次第でもっと自由に色んなことができるのではないかと思っています。新しいことをする為には、とにかく今は勉強して基礎力をつけるしかありません。常に温故知新という言葉が頭の中にあります。

 

5. 松竹の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■松竹の求める人物像とは?
松竹グループには、明確な「ミッション・ビジョン」があります。

この「ミッション・ビジョン」を実現するためには、働く一人ひとりの努力の積み重ねが必要です。当社グループは、世界の人々の心の琴線に触れる演劇や映画作品を提供していくという、とても大切な使命を担っています。そして同時に、会社という組織の究極の目的である利益の追求もしていかなくてはなりません。
この両方を継続的に実現するために、求められる要素は二つあると考えています。

ひとつは、「目標に対する強い意欲を持ち、目標に向かってスピーディに行動し、目標を達成できる」ということです。
仕事において、個人に対して常に求められることは、自分の目標を達成し、会社の利益を上げることです。目標達成は、会社における人事評価の重要なポイントでもあります。

もう一つの要素は、世の中やエンターテインメントへの好奇心を持っているという基本的な姿勢に加えて、仕事をしていく上で求められる「コミュニケーション能力」です。
ここで意味するコミュニケーション能力とは、仕事において関係する人たちと円滑に意思の疎通が行える力のことであり、話す力や聞く力、相手の感情を理解する力です。
これは、演劇や映画作品はひとりで作り届けるものではなく、多くの人々の協力によって成立つものだからこそ、不可欠な力といえます。

現時点でこの二つを兼ね備えておくことは難しいことだと思いますが、入社後求められるものとして、皆さんに意識してもらいたいと考えています。
最後に、演劇や映画ビジネスをしていきたいという強い意志のある方は、就職活動中の限られた時間ではあるかと思いますが、できるだけ作品に触れる機会をつくって欲しいと思います。

「百聞は一見に如かず」です。そうすればきっと、あなたと松竹が身近になるはずです。

■ どのような人材を求めていますか?

ベースとしては、変革するマーケットの中で、松竹の伝統、DNAを具現化してくれる人材、それに向けて皆と一緒になって力を発揮してくれる人材を求めています。
もちろん、それだけではなく、多種多様な人材が必要です。
例えば、「とにかく何か面白いことをやりたい人、楽しいことをビジネスにしてみたい人、人を驚かせる事にアクティブな人」など、モノ創りとは違った視点の人材も必要です。
良質な映画・演劇を作り、周囲にそれを拡げていくには、強い交渉力、パートナーや社内スタッフとの人間関係構築力、時代を読むセンス、ずばぬけた行動力も必要です。これがすべて一人の人間に、完璧に兼ね備えられているなら素晴らしいことですが、それはなかなか難しいことですので、それぞれが得意な分野で輝けるような、多様な人材が必要となる訳です。

5-2 育成に関する方針・施策

入社後、集合研修および複数の部署で研修を行います。研修の目的は以下の3点です。
1. 社会人としての必要な知識やマナーを習得する。
2. 松竹各部の業務内容や企業理念を理解する。
3. 仕事を通してのコミュニケーションについて考える。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■ 給与 大卒 月給 242,040円 (2016年4月実績)

■ 諸手当 家族手当、資格手当、時間外手当、通勤手当

■ 昇給 年1回(4月)

■ 賞与 年2回(7月・12月)

6. 松竹出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

小山内 薫(おさない かおる、1881年(明治14年)7月26日 - 1928年(昭和3年)12月25日)は、明治末から大正・昭和初期に活躍した劇作家、演出家、批評家。日本の演劇界の革新にその半生を捧げた。

『山暮れる』と『君よ知らずや』の二本を製作するが、興行不振などを理由に1921年(大正10年)松竹キネマ研究所は解散され、小山内は松竹の取締役兼相談役に転じた。2年後にはそれも辞し、松竹から退く。

ヘンリー・小谷(へんりー・こたに、本名・小谷倉市、1887年4月25日-1972年4月8日)は、大正・昭和期の映画監督。日本映画初期に、アメリカから最新技術を紹介、実践し、開拓者・指導者としても大きな役割を果たした。
1920年、松竹が映画事業に乗り出し松竹キネマが創立され、アメリカより技術者を招くこととなる。それに伴い、セシル・B・デミル監督や田口桜村に推薦され、松竹蒲田撮影所に撮影技師長として赴任する。

7. 松竹の福利厚生は?

■ 待遇・福利厚生・社内制度

厚生年金、健康保険、雇用保険、労災保険
融資など制度=住宅資金融資制度、従業員持株制度、財形貯蓄制度 ほか
提携スポーツクラブ、提携福利厚生施設あり
*クラブ活動(野球部、サッカー部、テニス部など)
*映画演劇鑑賞費 補助制度
*昼食費 補助制度

8. 松竹の中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手総合電機メーカー。総売上高では日立製作所、パナソニック、東芝に次ぐ業界4位。FA機器、昇降機、タービン発電機、鉄道車両用電機品、パワー半導体、人工衛星など多くの産業用電気機器で日本国内トップシェア。2016年度のグループ総売上高は4兆3943億円。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「ホンダ」のブランドで知られ、グローバルに事業展開する自動車メーカー、株式会社本田技研工業。二輪車では世界No.1。「有給休暇取得率ランキング」(東洋経済新報社調べ)で5年連続第1位に輝いており、働きやすい環境といえそうだが、年功序列のため「若手にとっては厳しい会社」という声もある。


【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岡山県内最大の地方銀行。貸出金残高は地銀中13位、預金残高は12位。外部格付けは邦銀中1位の「A1/P-1」、メインバンク社数は地銀中7位と安定経営で知られる。ファイナンシャルアドバイザー業務や投資銀行業務、国際業務、事業再生業務、内部統制監査業務などでキャリア採用を実施している。


【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛媛県松山市に本店を置く大手地方銀行。愛称は「いよぎん」。頭取は歴代生え抜きで、天下り役員は在籍しない。健全経営で知られ、預金・貸出金とも全国の銀行で唯一20年連続で増加。格付機関からの格付けは、全国に7行しかないトップのAA。事業所内に保育所を置いている。


最新の投稿


【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手総合電機メーカー。総売上高では日立製作所、パナソニック、東芝に次ぐ業界4位。FA機器、昇降機、タービン発電機、鉄道車両用電機品、パワー半導体、人工衛星など多くの産業用電気機器で日本国内トップシェア。2016年度のグループ総売上高は4兆3943億円。


破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

格安旅行会社「てるみくらぶ」の自己破産が、社会に大きな衝撃を与えている。楽しみにしていた海外旅行が中止になったうえ、代金もかえってこないと呆然とする人が多数発生しているが、社内では以前から社員が過重労働に苦しんでおり、「とにかく人が定着しない」という状況もあったようだ。


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


wiget_w300 wiget_w300