営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

広告代理店にとっての営業部門は、まさに顔といってもいいほど、会社を代表する部門。新卒入社組の7~8割が最初に配属されるといわれています。営業の仕事とは具体的にどのようなことをおこなっているのでしょうか。


1.広告営業は誰に対して営業をするのか

まず、広告代理店にとってのクライアント(お客様)とは誰なのかということですが、広告を見ている消費者でも、広告を載せているメディアでもありません。それは広告を出稿してくれる企業や組織、いわゆる広告主です。

広告会社の収入は、広告をのせる媒体の販売手数料を得る「媒体収入」と、広告の制作においてディレクションの費用を得る「制作収入」の二つがあります。広告会社はこのマージンによって儲けているわけです。これを支払ってくれるのは広告を出したい法人、つまり広告主です。

そして広告代理店と広告主との間に立って、両者の橋渡しをする役目が営業職なのです。

「広告代理店」はなぜ必要なのか? 広告業界に転職するなら知っておきたい基礎知識

https://tenshock.biz/articles/2346

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。

2.営業の職種にはどのようなものがあるのか

会社によって多少違いますが、アカウントという言葉がついた職種が営業職になります。ここで言うアカウントとは広告業界で顧客、得意先を意味します。
具体的な職種に、アカウント・エグゼクティブ(AE)、アカウント・スーパーバイザー、アカウント・プランナーなどがあります。
それぞれの職種には以下のような役割があります。

アカウント・エグゼクティブ
広告主担当者として、クライアントから課題を受け、検討し広告効果を上げる提案を行ったり、広告制作を担当するクリエイティブスタッフを統括したり、予算配分を考えたりと、広告のプロデューサー的役割の仕事をします。

「法人営業を担当していました。担当クライアントは電機メーカー、ハウスメーカーなどです。媒体、領域問わず要望に応える、全面対応のアカウント・エグゼクティブ(広告統括責任者)でした」(株式会社博報堂の営業職(アカウント・エグゼクティブ)経験者Eさん)

アカウント・スーパーバイザー
アカウント・エグゼクティブの上司に当たり、営業職の責任者。営業部門全体のマネージメントを行う役割です。

アカウント・プランナー
企画営業とも呼ばれるこの仕事は、マーケティング視点を持ち、最適な広告案をクライアントに提案することです。市場動向や競合他社の状況、消費者マインドなどを分析し、クライアントの要求に合致した広告提案を行います。

「現場リーダーとして、食品メーカー、金融などのナショナルクライアントに対する法人営業を担当しました。現場の提案企画の仕切り、実施取り回し、数字管理などを担当。ATL(Above the line=マス4媒体を使ったメディア施策)やBTL(Below the line=イベント、ダイレクトメール、店頭POPなどを使った販促施策)を通じて、営業メニューはひと通り経験しています」(株式会社博報堂の営業職(アカウントプラナー)経験者Aさん)

3.広告営業の仕事の流れを理解する

広告ができるまでに営業が主体となってクライアントと接していきますが、実際どのように関わっているのか、かいつまんで追ってみます。

(1)クライアントのオリエンテーションに参加
クライアントが新たに広告を出したい時に、クライアントは広告会社向けにオリエンテーションを開催します。営業はそれに参加して、売りたい商品・サービスの内容、ターゲット層、売りになるポイント、広告予算、スケジュールなど課題や条件をヒアリングします。

(2)社内検討とチーム編成
オリエンテーションから持ち帰った課題や要望を部内で検討します。基本的な方向性が決まったら、それを具現化するにふさわしい制作、メディア、マーケティング、PRの担当者を集めプロジェクトチームを編成します。

(3)クライアントへのプレゼンテーション
プロジェクトチームで戦略を練り、デザイン、キャッチコピーなど出来上がった広告案をクライアントにプレゼンします。その際の仕切り役を営業が担うことが多いです。

(4)広告制作のスケジュール管理、コンセプト管理
クライアントにGOサインをもらったら、広告制作の開始です。営業は広告制作のスケジュール管理、予算管理、出来上がった広告がコンセプトどおりになっているかの確認などを行います。

(5)納品
完成した広告をクライアントに確認してもらます。OKが出れば営業が責任を持って期日どおりに納品します。

4.営業の仕事の中でも一番大切なこと、それは「人付き合い」

広告の営業はとにかく人にあう職種です。クライアント、社内外のスタッフ、メディア関係者などなど。そこに必要となってくるのが、仕事の潤滑油「コミュニケーション」、言い換えれば「人付き合い」です。

特にクライアントとの関係は良好に保っておかなければ広告の発注がこなくなってしまう恐れがあります。そのため、時間やプライベート問わずお付き合いをしなければならない状況が多々生まれます。
夜に急な会食のお誘いがあればすぐさま駆けつけ、深夜になるまで飲んだり、カラオケで歌ったりすることも日常茶飯事です。
休みの日は休みの日で、ゴルフ好きのクライアントと一緒にホールを回ったりもします。
これが一番大切かつ大変な仕事です。

ただでさえ残業も多い中、クライアントの付き合いも大切にしないといけないということは、自分の時間を犠牲にしても人と関わりあうことが好きな人、覚悟ができる人でないと勤まらない職種かもしれません。

 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


広告

関連する投稿


【斎場の運営も】(株)廣済堂に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【斎場の運営も】(株)廣済堂に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1949年創業の、印刷事業を中心とした各種ソリューションを手がける企業。1970年に日本初となるコンピューターによる文字組版システムを導入して以来、デジタル情報の加工技術で先進的な事業展開を行っている。求人情報提供や人材紹介などヒューマンコミュニケーション事業にも強みを持つ。グループの東京博善株式会社が総合斎場を運営。


【ネット広告の代理店】(株)オプトホールディングに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【ネット広告の代理店】(株)オプトホールディングに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2015年4月に持株会社制に移行され「株式会社オプト」が改称し「株式会社オプトホールディング」となった。ネット広告の代理店で、業界4位に位置している。グループ会社にはマーケティングを専門とする「株式会社オプト(新設分割により設立)」や投資育成事業を専門とする「株式会社オプトインキュベート」などがある。


【岐阜県の東証一部上場企業】(株)中広に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【岐阜県の東証一部上場企業】(株)中広に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岐阜県を地盤とする総合広告代理店。「地域みっちゃく生活情報誌」の発行を中心とし、地域に根付いたあらゆる広告・販促プロモーションを行っている。広告業界で17位という位置にあるが、地元企業や地域の人々に喜ばれるサービスを展開し、事業地域も拡大している。


【海外事業54%】株式会社電通に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【海外事業54%】株式会社電通に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京・汐留に本社を置く日本最大の広告会社。連結売上高は2兆円を超え、国内2位の博報堂の約2倍、3位のADKの約4倍を誇る。広告会社単体で世界最大の売上規模で、グループとしては5位。売上総利益に占める海外事業の割合は54.3%。社長の過労自殺に伴い交代した新社長は「最優先の経営課題は、労働環境の改革」と述べている。


株式会社アイドママーケティングコミュニケーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイドママーケティングコミュニケーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1979年に設立されたマーケティング事業を主とする企業。折込広告やPOPなどのマーケティングツール制作を得意としており、個別の連携を深く取ることでその事業に合った販促効果の向上等の実績を上げている。女性社員が多いのも特徴であり、2017.1.20現在で女性比率は64%に上っている。


最新の投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


wiget_w300 wiget_w300