イグニスが福利厚生の大充実で「中途採用」強化中! 働きやすい職場づくりで「よりよいサービス開発」を目指す

イグニスが福利厚生の大充実で「中途採用」強化中! 働きやすい職場づくりで「よりよいサービス開発」を目指す

成長を続ける株式会社イグニス(本社:東京・恵比寿)。積極採用で社員数が増加する中、多様なメンバーが活躍するための「福利厚生制度」をリニューアルした。そのねらいについて、取締役CFOの山本彰彦氏に話を聞いた。(2016.7.20付けでキャリコネニュースに掲載された記事を基に、数字等を最新状況に加筆しています。)


スマートフォン向けネイティブアプリの企画・開発・運営を手掛ける株式会社イグニス(東京・恵比寿)。2016年3月には、同社が提供したアプリの累計ダウンロード数が1億DLを突破。「協力バトル」という独自のゲームシステムが人気の『ぼくとドラゴン』が特に好調だ。

世界134の国と地域で『breaker:ブロック崩し』のグローバル版をリリース。メンタリストDaiGo氏と共にマッチングサービス『with』でオンラインデーティング市場へ参入するなど、創業8年目を前に本格的な成長の兆しを見せている。

リリース2周年を迎えた『ぼくとドラゴン』(開発・運営は100%子会社の株式会社スタジオキング)

プライベートが充実すれば、仕事のパフォーマンスも上がる

株式会社イグニスの取締役CFO、山本彰彦です。よろしくお願いします。監査法人出身の33歳で、最高財務責任者と総務・人事など管理部門の担当役員を務めています。

新しい福利厚生制度を拝見しました【図1】。目玉は「子育て支援」ですね。

女性の産前産後休暇、育児休暇を最大で約7か月半、有給で取得できるようにしました。男性向けの育休制度もあり、子どもが生まれてから最大4週間は100%有給で取得できます。

こうした制度整備を進めていくことで、結婚や出産を理由に退職する人や、子育ての負担に疲弊する女性が減ることを期待しています。

【図1】イグニスの福利厚生の例(2016年新設分)
産前産後休暇について、国の補助がない産後8週までの休暇手当を会社が100%支給。育児休暇も拡充し、安心して出産・育児ができる制度になっている。

なぜこういう取り組みを始めたのですか?

創業当時は20代ばかりだった社員も、いまでは平均年齢が30歳を超え、結婚して家庭を持つ社員も増えています。単身世帯向けの福利厚生だけでは満足できなくなってきたところを、在籍する社員のライフタイルに合わせて見直したのです。

まずは社員からの「こういう制度が欲しい」という要望に応えた側面が大きいです。イグニスにはもともと人を大事にする社風と、それを体現する制度がありましたが、足りない部分は他社を参考にしたところもあります。

東京・恵比寿のオフィスには広々としたリラックススペースを設置

ベンチャーですと、福利厚生はコスト面でためらう会社が多いと聞きます。

当社は開発会社であり、社員数は165名(2017年2月末時点、正社員のみ)とまだ規模が小さいので「一人ひとりがいかに成果を出すか」が会社の業績に如実に影響を与えます。そこで間接的ではありますが、福利厚生が重要になってくるのです。

仕事にしっかりと気持ちが向くためには、プライベート面の安心が重要だと考えています。会社としては一時的なコスト増があるかもしれませんが、今回の制度見直しで社員のパフォーマンスが上がれば、十分レバレッジが効くと考えています。

「当社はホワイト企業」と胸を張って言い切れる

イグニスには以前から働く人に配慮した制度があるようですが、特に評判がいいものはありますか?

社員食堂は社内のカフェスペースを利用し、社員同士がテーブルを囲んでごはんを食べます。栄養士さんが作った料理で、もちろん無料です。恵比寿の夜は居酒屋や高級なレストランが中心で、ファストフードで食事を済ませる社員が多く、食生活を改善したいという要望に応えました。社内コミュニケーションも活性化し、とても評判がいいです。

ある日のメニュー。社員の健康へのあたたかな配慮が感じられる。

カフェスペースで食事をとる女性社員たち

ITベンチャーといえば「ブラック労働」のイメージもありますが。

「当社はホワイト企業である」と胸を張って言い切れます。サービスリリース前など多忙になることもありますが、企画から開発、運営まで全て自社で展開しているので、無理なスケジュールを組まずに開発を進められるのが大きいと思います。

フレックスタイム制で、コアタイムを11時から16時までに設定しており、それ以外の時間帯は自由にスケジュールを設計できます【図2】。朝が苦手な人はもちろん、お子さんをお持ちの方、夕方以降に趣味やスクール通いをする方など様々なライフスタイルに対応できることを心がけています。

【図2】イグニスの福利厚生の例(既設分)
フレックスのコアタイムは11時から16時。この時間帯に出社していれば、他の時間は自由に使って良い。政府が最近提言に加えた「有給休暇の入社時付与」も、すでに先取りしている。週2日のランチ代支給もうれしい。

制度だけで、使われていないということはないですよね……?

当社には、長時間労働を良しとする文化はありません。残業時間が多くならないように工夫し、有給休暇も使いやすい雰囲気が根付いています。よりよいサービスを創るためには、柔軟なアイデアと技術力が必要ですが、長時間労働で疲弊していてはよいアイデアは生まれません。早めに退社して遊んだり勉強したり、世の中の新しいものに触れるのも大事だと思っています。

新しいサービス開発の現場で、女性リーダーが活躍中

今後のサービス開発について、どんな方針がありますか?

イグニスでは創業時から「世界にインパクトを与えなければ、気がすまない」という経営理念と、「次のあたりまえを創る。何度でも」というミッションを掲げています。

今はまだ世界中の人々が誰でも使っているようなサービスを生み出すに至っておりませんが、これから「イグニスといえばこれ!」というサービスをいくつも創っていくという強い意思があります。社内ベンチャーや子会社で事業を担うこともできますので、アイデアさえあれば誰でも自分で主導して開発できる環境にあるといえます。

現在、特に力を入れているサービスはありますか?

リリース済みのサービスでは、恋愛・婚活のマッチングアプリ『with』には大きな成長を期待しています。マッチングサービスというと日本では馴染みが少ないかもしれませんが、世界的に見ると「オンラインデーティング」という言葉が一般的で、ネットを通じた出会いは成婚に至るインフラとして当たり前になっています。

『with』以外にも複数の新規サービス開発が進んでおり、女性プランナーや女性エンジニア、女性デザイナーが社内で活躍しています。性別や家庭環境に関係なく、会社とフィットする人が満足して働ける環境を目指しています。

with(ウィズ)〜運命よりも、確実。〜出会いを趣味や共通点から探せる結婚・恋活サービス

https://with.is/welcome

withウィズは出会いを趣味や共通点から探せる男女のマッチングサービスです。出会いがない。結婚したい。そんな男女の悩みを解決する婚活・恋活サービスです。withウィズをはじめて好きな恋人を見つけましょう。出会から結婚までをサポートします。

自ら声をあげて動ける人には「最高に楽しい会社」

イグニスの「採用基準」についてお聞かせいただけますか?

イグニスはまだまだ成長過程のベンチャー企業であり、事業環境や社内環境は日々めまぐるしく変化します。採用ノウハウについては回答が難しいですが、そのような周辺環境の急激な変化を好まない方は、イグニスより社歴の長い安定した企業に行った方が幸せになれるのではないかと思っています。

逆に言うと、自分の仕事や組織に対してポジティブな思いを持っており、会社がより良くなるよう発言し続けることができる人、自ら動ける人には最高に楽しい会社だと思います。取り組むべき課題も多いですが、次の一手を考えて取り組んでいる状態なので、現状でOKということがほとんどなく常に発展途上です。

それがイグニスの良い特徴でもあり、社員全員が発言し行動を起こす、フットワーク軽く変わることができる会社であると思います。働く環境でもサービスでも「よりよくしたい」と自分から声をあげられる人であれば、イグニスで楽しく仕事をしていただけると思います。

採用した人は、全員「キーマン」と考える会社

現在、都内のIT企業ではエンジニアを始めとする人材の争奪戦となっている。「グローバルウェイ転職エージェント」では、イグニスを始めとしてさまざまなIT企業への転職を支援している。転職コンサルタントの小池希実に話を聞いた。

 

株式会社グローバルウェイでヘッドハンターをしています、小池と申します。得意分野は日系のITベンチャー企業です。

イグニスグループでは、これまでも「エンジニア」や「デザイナー」「イラストレーター」など採用を順調に進めてきましたが、現在では過去の同社とは規模やクオリティの異なる本格的な3DCGアクションゲームや、新規領域での大型運用サービス開発などを手がけて着実に成長し、チャレンジの幅を広げているのが印象的です。

コンシューマゲーム業界やSIer、広告代理店の出身者など、スマホアプリ未経験者でもチャレンジ欲の強い方が活躍しています。「採用した人はすべてキーマン」という精鋭採用なので選考のハードルは低いとはいえませんが、20代でリーダー職に就く人もいて、成長を見込んだ若手のポテンシャル採用には積極的な印象があります。

選考や入社時のオファーレターによって入社する方へ求める責任や働くスタンスを明確にしていく姿勢は、人を大事にするイグニスらしさを強く感じるところです。入社前後でのギャップが少なくするための、ていねいな選考は、イグニスの離職率の低さの理由のひとつでしょう。

人の成長を意識し、人に投資するという考えは根強く、目標設定と振り返り、詳細な評価基準など、必然的に成長を意識してしまう風土づくりが成されています。

ノルマなどはありませんが、主体的な行動が求められる自由度の高い会社です。サービスづくりや組織づくりに熱量の高い人に向いている職場と言えます。転職のアドバイスも行いますので、ぜひ弊社コンサルタントにご相談ください。

 
 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【プレミアム会員192万人】クックパッド(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【プレミアム会員192万人】クックパッド(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

料理レシピの投稿・検索サイト『クックパッド』の運営などをする会社。『クックパッド』は国内で月間6000万人以上、海外では3000万人以上が利用している。プレミアム会員は192万人を超え、会員事業の売上は89億円。


【永久ベンチャー】株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【永久ベンチャー】株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1999年にオークションサイトを運営する会社として創業し、2000年代にSNSサイト「モバゲータウン」で一世を風靡。現在も売上収益の7割超をゲーム事業があげている。オークションサイト「モバオク」は国内3位の規模。正式名称は。「永久ベンチャー」を標榜し、スポーツ、ヘルスケア、自動車など幅広い領域にもビジネスを拡げている。


【介護・医療分野の人材紹介】(株)エス・エム・エスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【介護・医療分野の人材紹介】(株)エス・エム・エスに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年創業。介護・医療分野の人材紹介・求人情報サービスを主軸に、介護・医療・ヘルスケア・シニアライフなどの領域に特化した様々な情報提供事業等を展開している企業。国内のみならず、医療・ヘルスケア分野のニーズが急拡大しているアジア・オセアニア地域にも進出し新規事業に取り組んでいる。


【独立系SIer】日本システムウエア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【独立系SIer】日本システムウエア株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1966年創業の独立系SIer。基幹システムや店舗管理システムなどの提供やシステム運用・保守を行う「ITソリューション事業」と、組み込みソフト開発やLSI開発などを行う「プロダクトソリューション」が事業の二本柱。大量のデータ処理・分析をリアルタイムに行うIoTプラットフォーム「Toami(とあみ)」を運営している。


株式会社サニーサイドアップに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サニーサイドアップに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業や商品、イベント、人物などのPR活動をする企業、本社は東京都渋谷区にある。PR活動では有名人のキャスティングなどを行い、レストラン「bills」の運営・ブランディングの実績もある。商品認知のノベルティ企画・制作なども手がけ、企業理念は「楽しいさわぎをおこしたい」で、新しい取り組みに挑戦し続けている。


最新の投稿


新卒入社1年目だけど、もうこんな会社辞めたい! 転職するデメリットはありますか?

新卒入社1年目だけど、もうこんな会社辞めたい! 転職するデメリットはありますか?

明らかに労働基準法に違反しているのに、「どこの会社でも同じだよ」「この程度でブラックなんて言ってたら成り立つ会社はない」なんて話をよく聞きます。果たしてそれは本当なのでしょうか?


【SI業界研究】大塚商会・野村総研・伊藤忠テクノソリューションズ比較――就職・転職するならどの会社?

【SI業界研究】大塚商会・野村総研・伊藤忠テクノソリューションズ比較――就職・転職するならどの会社?

情報システムの構築から運用までをサポートするのが「システムインタグレーター」(SI、SIer)と呼ばれるIT企業です。今回は大塚商会と野村総研、伊藤忠テクノソリューションズの大手3社のタイプを整理してみます。SI業界への就職・転職に役立てば幸いです。


面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接官は「人を見るプロ」なのか? 数十分で「人物の本質を見抜ける」なんて信じられない

面接慣れをしてくると「人間なんて5分で分かるよ」と言いたくなる気持ちも分かります。しかし、それはやっぱり思い上がりなのではないのでしょうか。入社後に成果を上げる「良い人材」の定義もままならないようです。


スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の給与・年収はどれくらいなのか?【求人・転職サイトを渡り歩いて調べてみました】

スタートトゥデイ(ZOZOTOWN)の給与・年収はどれくらいなのか?【求人・転職サイトを渡り歩いて調べてみました】

日本最大級のファッションショッピングサイトZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイ。国内の人気ブランドを扱い、送料や支払い方法では攻めの姿勢でサービスを充実させてきました。そんな同社で働いてみたいけど、実際これはどうなの? と転職者が疑問に思うことを、信用度が高い転職・求人サイトや口コミの情報をまとめてみます


DeNAの給与・年収はどれくらいなのか?【転職・求人サイトを渡り歩いて調べてみました】

DeNAの給与・年収はどれくらいなのか?【転職・求人サイトを渡り歩いて調べてみました】

オークションサイトから始まり今ではモバイルゲームが主力の株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)。フリマ、自動運転やAI、ヘルスケア、球団運営など多角的な事業展開に乗り出し、ますます存在感を高める同社。働きたいけど、実際これはどうなの? と転職者が疑問に思うことを、転職・求人サイトや口コミの情報から調べてみました。


wiget_w300 wiget_w300