CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

CYBERDYNE株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

筑波大学サイバニクス研究センター長の山海 嘉之教授によって、2004年に設立された大学発のベンチャー企業。医療、介護、福祉分野などで、実際に人間の生活に役立つ、サイバニクス技術を駆使した『ロボットスーツHAL』を、日本、ドイツ、アメリカなどの各国で展開している。医療用として、保険適用も受けられるようになっている。


1. CYBERDYNEってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

ロボットスーツ「HAL®」を、医療・介護・福祉分野、労働・重作業分野等、人間生活に役立つ領域で展開することを目的とした大学発ベンチャー企業

出典:
http://www.cyberdyne.jp/company/Recruit.html

1-2 創業者と沿革

創業者
山海 嘉之
代表取締役社長である山海嘉之は平成3年からロボットスーツの開発に着手し、同年、人間・ロボット・情報技術を複合融合させた新しい学術領域、サイバニクスを創出しました。その後、サイバニクスは様々な分野と融合し、その研究成果としてロボットスーツHALが誕生しました。 この研究成果を広く社会に還元することを目的として、平成16年6月にCYBERDYNE株式会社を設立しました。
出典:http://www.cyberdyne.jp/company/download/20160627_fr.pdf

沿革
2004年(平成16年)6月 - 会社設立
2007年(平成19年)6月 - 筑波大学などとともに、HALの開発で経済産業大臣賞受賞
2008年(平成20年)7月 - 大和ハウス工業とHALの販売につき代理店契約締結
2009年(平成21年)1月 - HAL福祉用の初期モデルを製造販売開始
2013年(平成25年)7月 - 富士重工業よりクリーンロボット事業を譲受
2014年(平成26年)3月 - 東京証券取引所マザーズ上場

1-3 本社所在地とネットワーク

本社所在地
茨城県つくば市学園南二丁目2番地1

1-4 ビジョン・ミッション

「夢」や「情熱」は大切ですが、「人を想いやる心」は更に大切なこと。

人や社会を想う心があれば、未来を見据えて人や社会のために何をなすべきかを自ら発想し行動できる・・・ それがサイバーダインという会社です。

「サイバニクス:人・ロボット・情報系の融合複合技術」を駆使して、「人に寄り添う革新的テクノロジー」の研究開発から社会実装に至るまで、社会が直面する課題を解決し、その解決法を基に新産業を創出する。その結果、その開拓過程を経験する新たな開拓者たちがここから生まれる ・・・ それが私たちの「未来開拓への挑戦」です。

素晴らしい未来は適切なテクノロジーによって築かれる ・・・ サイバーダイン社は、人とテクノロジーが相互に支援し合うテクノ・ピアサポートを提唱します。

2. CYBERDYNEって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高                 
平成28年3月期 12億6490万2000円 
平成27年3月期 6億3127万8000円
平成26年3月期 4億5637万5000円

▲経常損失(△)
平成28年3月期 △7億1007万9000円
平成27年3月期 △9億785万4000円
平成26年3月期 △6億8288万1000円

▲親会社株主に帰属する 当期純損失(△)
平成28年3月期 △7億1805万7000円
平成27年3月期 △9億1589万3000円    
平成26年3月期 △6億8817万1000円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲地域別セグメント売上高(平成28年3月期)
日本  11億8183万8000円
EMEA 8306万3000円

2-3 主力製品

HAL(Hybrid Assistive Limb)は、身体機能を改善・補助・拡張・再生することができる、世界初※のサイボーグ型ロボットです。

身体にHALを装着することで、「人」「機械」「情報」を融合させ、身体の不自由な方をアシストしたり、いつもより大きなチカラを出したり、さらに、脳・神経系への運動学習を促すシステムです。

※ WIPO(世界知的所有権機関)にて、本国際特許はNotable Inventionに認定されました。

HAL THERAPY(セラピー)とは、脊髄損傷や脳卒中を含む脳・神経・筋疾患の患者に対する、ロボットスーツHALを用いた機能改善治療を行う医療サービスです。

人が体を動かそうとするとき、脳から運動ニューロンを介して筋肉に神経信号が伝達されることで、関節などの筋骨格系が動きます。そのとき、人の「動かしたい」という動作意思が反映された微弱な“生体電位信号”が皮膚表面に漏れ出します。HALは、“生体電位信号”を読み取りパワーユニットをコントロールすることで、人と一体となって関節の動きをアシストすることができます。

2013年現在は、サイバーダイン・ケア・ロボティックス社(Cyberdyne Care Robotics GmbH)がロボットスーツHALを用いた機能改善治療を行う医療サービスを提供しています。

HALデモンストレーションは、約90分~120分で、ロボットスーツHALの装着体験をしていただくコースです。
参加者の皆様にはロボットスーツHALに関する簡単な講習を受けていただき、安全にロボットスーツHALを体験していただきます。また、より具体的なロボットスーツHALの利用イメージを持っていただくために障害者疑似体験も合わせて実施いたします。ぜひ、あなた自身でロボットスーツHALの最先端技術をご体感ください!

3. CYBERDYNEの経営者ってどんな人?

3-1 社長の プロフィール

代表取締役社長
山海 嘉之
昭和62年3月 工学博士(筑波大学)
平成15年7月 筑波大学機能工学系教授
平成16年4月 筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授(現任)
平成16年6月 当社設立、取締役
平成18年2月 当社代表取締役社長(現任)
平成21年9月 筑波大学内閣府FIRST最先端サイバニク スセンター長(現任)
平成25年8月 Cyberdyne Care Robotics GmbH 取 締 役 (現任)
平成26年6月 内閣府 革新的研究開発推進プログラム (ImPACT) プログラムマネージャー(現任)
出典:http://www.cyberdyne.jp/company/download/20160627_fr.pdf

3-2 発言、 ブログ、 エピソード

通常は、起業をしようとすると、コンサルティングの方たちが、いろいろなアドバイスをくれます。そういう中で、右へ左へとかじ取りをさせられたり、投資家に『今はこちらが収益が上がるから』と言われたりして、軸がどんどんブレていくんです。そういうことにならないために、無議決権株式というものをやりました。これはちょうど会社法が調整されて、種類の違う株式が使えるようになったからです。そこで、無議決権株式のみで第三者割当を行いました。そうしたら新聞に「サイバーダイン、日本で初めて無議決権株式のみで第三者割当に成功」という記事が出たんです。「初めてだったんだ」と思いました。それからしばらく経つと今度は「東証、無議決権での株式上場を検討」と載ったわけです。
 そこでわかったことは、社会変革や産業変革をしていくためには、事例をアクションとして起こして示していくことの必要性や重要性です。そうすると、社会がそれに反応していくことになります。

「受賞後は内外からの就職希望者が増加しました。大学生や大学院生はもとより、MBAを取得した管理職から『新技術の開発から新市場の開拓まで一貫して手掛けてみたいので』という転職の売り込みもあります」。昨年チャレンジング・スピリット部門で大賞となったサイバーダインの山海嘉之CEOは、こう受賞効果を説明する。ちなみに同社は、身体に装着する世界初のサイボーグ型ロボット「ロボットスーツHAL」を開発した企業だ。

さらに「後で知らされたのですが、投資を検討中の機関投資家が最終審査と大賞発表の会場に足を運んでいました。私共の技術や経営を調査中のときで、第三者の見解を確認するのが目的だったということです。結局、受賞が投資家の決断を後押しすることになり、今年、資本金等を44億円から66億円にする増資に参加していただくことになりました」と、山海CEOは話を続けた。

4. CYBERDYNEではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結158名 
単体114名 (平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 39.6歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 2.7年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 478万7000円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報がありません。

 

5. CYBERDYNEの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

CYBERDYNE株式会社は、筑波大学山海研究室で誕生したサイバニクス(CYBERNICS)技術を駆使して製作された『ロボットスーツHAL®』を、医療・介護・福祉分野、労働・重作業分野、エンターテイメント分野等、人間生活に役立つ領域で展開することを目的として、筑波大学大学院教授であり、サイバニクス研究センターセンター長の山海嘉之がCEOとして理想実現のために起業した大学発ベンチャーです。

未来開拓を推進する、意欲ある有能な人材を求めます。

■システム設計・開発担当者

◎チャレンジを恐れずオーナーシップ・責任感を持って、粘り強く推進できる方
◎バックキャスティングの考え方に立ち、適応力とスピード感を持って仕事ができる方
◎リーダーシップを発揮し会社全体の取り組みとして牽引できる方

5-2 育成に関する方針・施策

情報がありません。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■給与
経験、能力等を考慮し、社内規定により支給
昇給有

6. CYBERDYNE出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

坂本光広 
株式会社イデアクエスト代表取締役社長CEO

1972年 株式会社三菱銀行入行
1997年 日本信託銀行出向
1999年 タイムズ24株式会社常務取締役企画・営業本部長
2002年 朝日監査法人企業公開部部長
2004年 KPMGあずさ監査法人社員待遇
2005年 KPMGあずさ監査法人代表社員待遇
2006年 CYBERDYNE株式会社代表取締役副社長
2012年 株式会社イデアクエスト代表取締役社長
2013年 株式会社イデアクエスト代表取締役副社長COO
2014年 株式会社イデアクエスト代表取締役社長CEO

7. CYBERDYNEの福利厚生は?

■社会保険完備(健康、厚生、雇用、労災)
■自動車通勤可(駐車場完備)

8. CYBERDYNEの中途採用は?

CYBERDYNE/リクルート

http://www.cyberdyne.jp/company/Recruit.html

ロボットスーツが未来を変える

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントラストに転職するなら知っておきたい情報まとめ

家賃債務保証を中心に介護費保証や医療費保証など、さまざまな保証サービスを展開する企業。大手企業との協業や提携による強固な事業基盤を強みに、保証保有件数は年率130%超で成長し、2016年8月時点で24万件を突破。培った保証スキームでECや教育など生活に関わる多くの分野への展開を図り、日本の未来を支えることを目指す。


株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドに転職するなら知っておきたい情報まとめ

バッグを中心にジュエリーなどの製造・販売を手がける企業。若年層の女性をメインターゲットとし、最先端のファッションスタイルを取り入れた商品が強み。国内だけでなく海外への販売意欲も非常に高く、海外の著名人をCM等で起用したりとグローバルな事業展開を図っている。


日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本アセットマーケティング株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ドン・キホーテホールディングス傘下の総合不動産会社。主にドン・キホーテの商業施設の不動産賃貸・不動産管理を事業としている。全国各地に保有する商業施設の賃貸からビル管理・運営、保守・メンテナンスまでワンストップサービスを提供。その他事業として、エネルギーの効率化によるコスト削減のコンサルティングサービスも手がける。


株式会社アイドママーケティングコミュニケーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイドママーケティングコミュニケーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1979年に設立されたマーケティング事業を主とする企業。折込広告やPOPなどのマーケティングツール制作を得意としており、個別の連携を深く取ることでその事業に合った販促効果の向上等の実績を上げている。女性社員が多いのも特徴であり、2017.1.20現在で女性比率は64%に上っている。


最新の投稿


【30代前半で年収9,000万】ゴールドマン・サックス証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【30代前半で年収9,000万】ゴールドマン・サックス証券株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

米国ニューヨークを本拠地とする世界最大手の金融機関、ゴールドマン・サックスの証券部門における日本法人。投資銀行業務、セールス&トレーディング業務を中心に、個人・法人の顧客ニーズに対応した幅広い金融サービスを提供している。


【世界の製薬企業評価ランキング3位】武田薬品工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【世界の製薬企業評価ランキング3位】武田薬品工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の医薬品企業での売上高は1位。世界の医薬品企業の売上高順位(2016年)では16位。アステラス製薬、第一三共、大塚ホールディングス、エーザイと共に国内5大医薬品メーカーのひとつ。


【平均年収1571万円】ファナック(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【平均年収1571万円】ファナック(株)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界4大産業用ロボットメーカーのひとつであり、全世界の工場の自動化に貢献している。1956年に日本で民間初の NC(数値制御)装置 とサーボ機構の開発に成功。現在は世界シェアの約5割を占めている。ファナックロボットは産業用ロボットの世界シェアトップを誇る。国内生産にこだわり、山梨県の本社工場でほぼ全量を製造している。


【賞与年3回】株式会社NSDに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【賞与年3回】株式会社NSDに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社NSDは日本の独立系システムインテグレーターである。システム開発に注力しており、これまでに10,000システム以上の導入実績を誇る。多様な業種・業態にわたって、それぞれに応じたシステムを開発できる技術力と豊富な経験には定評がある。


【他電力会社と連携強化】関西電力株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【他電力会社と連携強化】関西電力株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

近畿地方2府4県(京都府、大阪府、滋賀県、兵庫県(赤穂市福浦を除く)、奈良県、和歌山県)および福井県(三方郡美浜町以西)、三重県(熊野市以南)、岐阜県不破郡関ケ原町の一部を営業区域とする電力会社。原発稼働ゼロの影響で、2015年3月期連結決算は最終損益がマイナス1,483億円と4年連続の赤字。


wiget_w300 wiget_w300