株式会社アイドママーケティングコミュニケーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイドママーケティングコミュニケーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

1979年に設立されたマーケティング事業を主とする企業。折込広告やPOPなどのマーケティングツール制作を得意としており、個別の連携を深く取ることでその事業に合った販促効果の向上等の実績を上げている。女性社員が多いのも特徴であり、2017.1.20現在で女性比率は64%に上っている。


1. アイドママーケティングコミュニケーションってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

流通小売領域に特化したマーケティング支援企業です。

1-2 創業者と沿革

創業者
蛯谷 貴(現 代表取締役)

1953年4月1日生まれ。富山県富山市出身。大学卒業後、地元・富山市での会社勤務を経て1977年、独立。流通小売関係のプロモーションを手掛ける個人事業を立ち上げ、1979年に株式会社「アイドマ」を設立、代表取締役に就任。1995年、業界に先駆け制作工程のデジタル化に踏み切り、1998年には独自の統合型販促支援モデルを確立。全国にクライアント網を拡大し、2016年3月、東証マザーズ市場上場を果たす。

1-3 本社所在地とネットワーク

富山本社
富山県富山市豊田町1丁目3番31号

国内と中国の拠点情報

1-4 ビジョン・ミッション

■経営理念
私たちは、国際社会の中で社員一人一人の自己の成長と企業の安定、発展をはかり
感謝と誠意をもって顧客へサービスを提供し社会に貢献しつづける。

■行動指針
単に経営発展や生活の安定向上だけのために働くのではなく、
貴重な人生をともに歩むもの同士として
相互に啓発し合って豊かな人間性を養いながら
豊かな社会環境を創りあげる。
また、顧客に満足していただける
商品やサービスの提供なくして企業の存続はありえず、
顧客の成長発展に寄与することを使命として時代の要請にあった
高レベルの商品・サービスを創りあげる。これらを通して、
アイドママーケティングコミュニケーションという企業が
存続発展し続けることが、当社に関わる多くの人々に対する責任を果たし、
社会の恵みに対して応えることになる。

2. アイドママーケティングコミュニケーションって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年3月期 71億7500万円
2015年3月期 65億7400万円
2014年3月期 57億9000万円

▲営業利益
2016年3月期 7億5300万円
2015年3月期 4億7900万円
2014年3月期 4億9700万円

▲当期純利益
2016年3月期 4億8800万円
2015年3月期 2億3500万円
2014年3月期 2億6400万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

2-3 主力商品

■ARSS販促ソリューション
マーケティング品質を高めつつ、コスト削減を実現。

独自のデータ分析にもとづくマーケティング企画を起点に、
折込広告など各種マーケティングツールの制作・デザイン、納品までを当社が一括サポート。
マーケティング品質の向上と、クライアントさまの負担軽減を同時に実現します。

■マーケティング調査企画
独自プランで、クライアントさまのMD戦略策定を支援。

多様な定量的・定性的情報の分析にもとづき、独自の販促MDプランを立案。消費者を店頭に誘引し、購買単価を高めるお手伝いをしています。また、自社構築のネットリサーチサービス「ごちそうカレンダー」、各メディアから“旬の情報”を集めた「AIDMA トレンド調査データベース」、
店舗近隣地域に特化したモニター調査や競合店分析サービスなど、多彩なリサーチメニューも揃えております。

■WEB・SPソリューション

マーケティングに欠かせない存在へと成長したウェブサイトやスマートフォンアプリ。当社では、コーポレートサイトやスマートフォンサイトの構築から、スマートフォンアプリを活用したマーケティングの立案・実行まで、インターネットを舞台とした幅広いサービスを取り扱っています。

“お弁当”をテーマとしたSNSアプリ「お弁当食べたい!」(iPhone専用)を開発し、2015年秋より運営しています。スマートフォン環境におけるソリューション力を高める一方で、消費者のお弁当づくりの傾向を把握し、今後の企画立案に役立てることが主な目的です。 サービス開始2週間で、1,000件を超えるお弁当の写真投稿を獲得。ユーザーのアクティビティも活発な状態にあります。

3. アイドママーケティングコミュニケーションの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役 蛯谷 貴

昭和28年4月1日生
昭和52年4月 アイドマ創業
昭和54年4月 株式会社アイドマ(現 当社)設立 代表取締役(現任)
平成18年1月 大連愛都碼科技有限公司 董事長(現任)
平成21年3月 株式会社シュリンプバレー 代表取締役(現任)

出典:http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=2378839

3-2 発言、ブログ、エピソード

■店と商品と人に、より良い関係を。
アイドママーケティングコミュニケーションの使命は、流通小売領域における、クライアントさまのマーケティング課題の解決にあります。提供しているのは、明日の売り場に変化をもたらす企画提案とソリューションです。

私たちの企画提案は、経験や感性にのみ頼るものではありません。内容の1つひとつが、膨大なデータ集積より導かれた分析結果に裏打ちされたものです。そしてソリューションは、着実な成果をクライアントさまにもたらします。

1977年の創業以来、私たちは長年にわたり、流通小売領域のセールスプロモーション分野に特化したマーケティング・カンパニーとして成長を続けてきました。“店舗と商品と人をより強力に結び付ける”という理想を、経験を積み重ね、感性を磨くことで追い求めてきました。

そして今、データ分析という新たな力を得て、私たちのビジネスは新たな領域へと進化しつつあります。店舗・商品・人の結節点となる“隠れた数字”を見つけ出し、経験と感性を加え、クライアントさまの課題を解決できる企画提案やソリューションへと昇華させること。これが、私たちのこれからのゴールです。

-食品メーカー向けに新事業に参入する意図は。

 小売業が出せる予算には限界がある。食品メーカーがマスメディアに出している広告費は年間約四千七百億円。市場規模としては既存事業よりもはるかに大きい。新たな市場としてメーカー業界にいち早く進出したいと考えた。

 食品メーカーはこれまでテレビCMなどを多数展開してきたが、イメージ広告では見た人が商品を必ず購入するとは限らない。新たに導入するレシートを活用したスマートフォン向けアプリ「CASH☆BACK」は、これまでの不特定多数に向けたPRとは異なり、直接消費者に訴えるマーケティング手段を提供する。商品を繰り返し購入する固定ファンの獲得や未販売地区への販路拡大が促進できる。アプリは来年二、三月に沖縄県でテスト運用をした後、四月からの正式スタートを目標にしている。

 -四十周年に向けた課題は。

 東証一部への早期上場を目指す中、後継者育成が一番重要だと感じている。創業当時は私も若かったが、今は若い会社ではなくなった。多様な人材をどう獲得し、育てるかを考えたい。

4. アイドママーケティングコミュニケーションではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

単体 179人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 35.1歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 6.2年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 380万1000円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

Tさん 2013年入社
販促プランナー

クライアントの窓口として販促活動を統合的に支援すべく、折込チラシなどの広告メディアやPOP・カタログといった販促ツールに関する業務に携わっています。制作前段階ではMD(マーチャンダイジング)提案や資料の手配・作成を、制作段階では自社デザイナーへの指示やクライアントとの校正業務を行っています。同時に印刷会社や折込会社と打ち合わせを進め、制作後の納品手配までしています。

Iさん 2015年入社
レイアウトアシスタント

先輩デザイナーが作成したラフデザインをベースに、実際の掲載商品をレイアウトしています。
大きさを変えたり、枠を付けたり、傾けてみたり。 どう表現すれば消費者の目を引くか、見せ方を毎回考えさせられます。
上司や先輩は、優しい方ばかり。私から頼みごとをしても、「わかりました」と丁寧に答えてくださいます。 デザインにはチームワークが大事。雰囲気が悪くなると、良いものが出来ません。
先輩方はそれを熟知しているので、雰囲気を良く保とうとしてくれているのだと思います。 私も、いつかはまわりを引っ張っていけるような、良い先輩になりたいと思っています。

 

5. アイドママーケティングコミュニケーションの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

私たちは「人」を最も重要でかけがえのない「会社の財産」と捉えています。
共に働く仲間には、仕事を通じて、個人としても成長し、豊かな人間性を養って欲しいと考えております。
多くの可能性を秘め、意欲に満ちたあなたを、私たちは求めています。

中途採用
■レイアウトアシスタント
応募資格 簡単なパソコン操作のできる方
■デザイナー
応募資格 折込広告の制作経験3年以上
■マーチャンダイジング(MD)チームスタッフ
応募資格 マーケティング分野(MDやSP)での実務経験、マーケティング分野(MDやSP)での実務経験市場の動きや最新のトレンドに敏感な方

5-2 育成に関する方針・施策

研修制度
新人研修

(社員インタビューより)
元々全く畑違いの仕事をしていましたが、そこで販促物の制作に携わったことがきっかけです。 その経験からさらに販促支援の制作に特化した仕事をしたい思い、探していたところアイドマと出会いました。この分野は全くの未経験でしたが諸先輩の方々に一から丁寧に御指導頂き、現在に至ります。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■販促プランナー
月額230,000円(固定残業代68,809円含む)
※時間外手当は、時間外労働の有無に関わらず40時間分、法定休日勤務8時間及び深夜勤務30時間を固定残業代として支給。時間超過分は追加で支給。
(新卒採用実績がないため、2017年4月予定額)

■デザイナー・レイアウトアシスタント
月給164,000円(固定残業代37,601円含む)
※時間外手当は、時間外労働の有無に関わらず42時間分及び深夜勤務30時間を固定残業代として支給。時間外超過分は追加で支給。
(2016年4月実績:月額162,000円〔固定残業代37,142円〕)


昇給
年1回(5月)
賞与
年1回(12月)

6. アイドママーケティングコミュニケーション出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません。

7. アイドママーケティングコミュニケーションの福利厚生は?

待遇・福利厚生・社内制度
各種社会保険完備、社員持株会、社員旅行(2年に1回実施)
時短勤務制度あり
産休・育児休暇取得実績あり

8. アイドママーケティングコミュニケーションの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


富山県 東証マザーズ 広告

関連する投稿


営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

営業職―広告会社に転職するなら知っておきたい職種

広告代理店にとっての営業部門は、まさに顔といってもいいほど、会社を代表する部門。新卒入社組の7~8割が最初に配属されるといわれています。営業の仕事とは具体的にどのようなことをおこなっているのでしょうか。


【広告営業への転職】「広告代理店」はなぜ必要なのか?

【広告営業への転職】「広告代理店」はなぜ必要なのか?

「コンテンツのあるところに広告あり」という言葉をベースに、広告枠の買い付けと広告制作を代行する広告代理店の仕事を整理します。これを頭に入れておくことで、どのようなキャリアの人がどこに転職できるのかが分かるようになります。


電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

電博だけじゃない! 広告業界への転職志望者が知っておきたい「広告関連会社」の種類

一口に広告業界といってもさまざまな会社が関わっています。広告代理店のみならず、制作会社、PR会社やコンサルティング会社など、それも広告に携わっている会社です。いったいどのような会社があるのか見ていきましょう。




最新の投稿


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ユーシンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

貿易業から製造業に転じ、東証一部の会社となった。世界17ケ国に24の工場を展開し、自動車部品や農業・産業機械の部品を供給している。2013年にフランスのValeo社アクセスメカニズム事業を買収したことで、主力のキーセットは世界シェア首位となった。


wiget_w300 wiget_w300