「学べるリミット40歳」に反発の声 糸井重里さんも否定「折り返し点は65歳で、ずっと伸び盛り」

「学べるリミット40歳」に反発の声 糸井重里さんも否定「折り返し点は65歳で、ずっと伸び盛り」

今年1月17日付けの日経新聞「IoTが崩す転職35歳限界説」には、「最新技術を持っていれば40~50代でもあっという間に行き先が見つかる」という求人サービス幹部の発言があった。転職可能性は年齢ではなく、どれだけの仕事ができるかということであり、学びの姿勢と大いに関係があるのではないか。


「転職は25まで」と言う大人が苦手だった燃え殻さん

テレビ美術制作会社に勤務する「燃え殻」さんは、1973年生まれの44歳。ツイッターのフォロワーは8万を超える人気ぶりだ。そんな彼が3月4日、こんな投稿をして注目を集めている。

人間は40を過ぎても「意識を持って取り組めばグングン変わる」――。このツイートが3500のいいね、2000を超えるリツイートを集めている。燃え殻さんが批判した元ネタが何かは特定できていないが、男性の平均年齢すら80歳を超える時代に「学べるリミット40歳」は虚しすぎる話だ。

「65で見えるものもあります」という投稿も

むしろそれまでに得た経験を元に、知恵のある言動ができるのが40代以降ではないか。ツイッターのフォロワーからは、燃え殻さんへの共感の声があがっている。

40歳限界説は「自分の居場所を守るために」流している人がいるのでは、という推測もあった。

「折り返したらあっち側からぐんぐん前に進むの」

医学の進歩によって将来的には「人生100年時代」がやってくるかもしれないのに「完全に時代遅れ」と呆れる声も。有名コピーライターの糸井重里さんも、「40歳リミット説」の無意味さをこう説いて、燃え殻さんの主張を支持している。

燃え殻さんと同趣旨のツイートは、翌5日にも別の人がツイートしており、こちらもいいねとリツイート合わせて5000を超えている。多くの人にとって、かなり関心度の高いテーマのようだ。

転職支援サービス「DODA」の調べによると、2016年下半期の「転職成功者」の平均年齢は32.5歳で、過去最高となった。少子化による人手不足も影響しているのだろう。とはいえ自分の限界とは別に、「転職相場」として年齢が高くなればなるほどハードルが高くなるのも事実。その理由として、こんな指摘もある。

結局は、年齢に応じた経験と実績をアピールできるような働き方を心がけつつ、歳を重ねても過去の栄光にすがることなく、謙虚に新しい学びを追い求めていくこと――。なかなか容易なことではないが、これが理想のキャリアの積み方なのかもしれない。

「最新技術を持っていれば40~50代でもあっという間に行き先が見つかる」。ある求人サービス会社の幹部はこう明かす。IT人材では「35歳転職限界説」は完全に崩れているというのだ。(1月17日付け日経新聞「IoTが崩す転職35歳限界説」)

 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


転職

関連する投稿


【外資系MRのお仕事・上】一般の営業職と何が違う?「医薬情報担当者」の役割

【外資系MRのお仕事・上】一般の営業職と何が違う?「医薬情報担当者」の役割

口コミサイト「キャリコネ」の会員から選ばれた人が語るリレーコラム。所属した会社の情報、転職のコツなどが、更にディープに綴られています。転職経験者のリアルがここにある。今回は外資系製薬会社のMRのお話です。


【外資系MRのお仕事・中】医師を講師とする「講演会」の開催が大事な仕事になるワケ

【外資系MRのお仕事・中】医師を講師とする「講演会」の開催が大事な仕事になるワケ

口コミサイト「キャリコネ」の会員から選ばれた人が語るリレーコラム。所属した会社の情報、転職のコツなどが、更にディープに綴られています。転職経験者のリアルがここにある。今回は外資系製薬会社のMRのお話です。


【外資系MRのお仕事・下】患者の「喜びの声」を耳にして目頭が熱くなることも

【外資系MRのお仕事・下】患者の「喜びの声」を耳にして目頭が熱くなることも

口コミサイト「キャリコネ」の会員から選ばれた人が語るリレーコラム。所属した会社の情報、転職のコツなどが、更にディープに綴られています。転職経験者のリアルがここにある。今回は外資系製薬会社のMRのお話です。


【東京三菱UFJ銀行のお仕事・上】「組織の三菱」に「営業の三和」が乗っかる組織文化

【東京三菱UFJ銀行のお仕事・上】「組織の三菱」に「営業の三和」が乗っかる組織文化

口コミサイト「キャリコネ」の会員から選ばれた人が語るリレーコラム。所属した会社の情報、転職のコツなどが、更にディープに綴られています。転職経験者のリアルがここにある。今回は東京三菱UFJ銀行の法人営業職のお話です。


【東京三菱UFJ銀行のお仕事・中】熾烈な出世競争に勝てば「30代で年収1000万円」も

【東京三菱UFJ銀行のお仕事・中】熾烈な出世競争に勝てば「30代で年収1000万円」も

口コミサイト「キャリコネ」の会員から選ばれた人が語るリレーコラム。所属した会社の情報、転職のコツなどが、更にディープに綴られています。転職経験者のリアルがここにある。今回は東京三菱銀行の法人営業職のお話です。


最新の投稿


【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

【オンラインゲーム大手】株式会社ネクソンに転職するなら知っておきたい情報まとめ

PC・モバイル向けの100を超えるゲームタイトルを、海外法人や提携パートナー企業を通じて190以上の国と地域に配信・運用している会社。時価総額は1兆円を超え、ゲーム業界では任天堂に次ぐ2位。世界初のグラフィックMMORPG『風の王国』や世界初の基本プレイ無料型(F2P)ゲーム『Quiz Quiz』などを擁する。


株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社アイチコーポレーションは埼玉県上尾市に本社を置く機械メーカーである。1962年(昭和37年)、前身である愛知車輌株式会社として創業。特に特装車事業において国内外で高いシェアを誇り、高所作業車売上高は2015年時点で世界3位(自社調べ)を誇る。


日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日東工器は、半世紀以上にわたって時代をリードする独創的な製品開発と、信頼性が高い技術の追求に取り組んでいる企業。空気・水・油・ガスなどの流体配管の接続や切り離しを簡単に、かつスピーディに行う「カプラ」が代表製品であり、世界のトップブランドとして一般家庭から産業界まで幅広く愛用されている。


パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

パンチ工業は、金型部品業界でのトップブランドを確立している企業。社名には、創業時の製品であるプリント基板用穴あけパンチの「パンチ」と、活力にあふれた「パンチ」の効いた会社、という二つの意味が込められている。創業以来、一貫してものづくりにこだわり、材料調達から出荷まで一気通貫の生産体制を築き上げている。


豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

豊和工業は、輸入品であった繊維機械の国産化・量産化を目指し発足した企業。1977年には防音サッシ初のJIS表示許可を受けた。金属製建具のパイオニアとして、優れた技術力に高い信頼と評価を得ている。他にも幅広い分野に進出しているが、小銃メーカーとしては国内で唯一の企業であり、わが国の防衛の一端を担っている。


wiget_w300 wiget_w300