「学べるリミット40歳」に反発の声 糸井重里さんも否定「折り返し点は65歳で、ずっと伸び盛り」

「学べるリミット40歳」に反発の声 糸井重里さんも否定「折り返し点は65歳で、ずっと伸び盛り」

今年1月17日付けの日経新聞「IoTが崩す転職35歳限界説」には、「最新技術を持っていれば40~50代でもあっという間に行き先が見つかる」という求人サービス幹部の発言があった。転職可能性は年齢ではなく、どれだけの仕事ができるかということであり、学びの姿勢と大いに関係があるのではないか。


「転職は25まで」と言う大人が苦手だった燃え殻さん

テレビ美術制作会社に勤務する「燃え殻」さんは、1973年生まれの44歳。ツイッターのフォロワーは8万を超える人気ぶりだ。そんな彼が3月4日、こんな投稿をして注目を集めている。

人間は40を過ぎても「意識を持って取り組めばグングン変わる」――。このツイートが3500のいいね、2000を超えるリツイートを集めている。燃え殻さんが批判した元ネタが何かは特定できていないが、男性の平均年齢すら80歳を超える時代に「学べるリミット40歳」は虚しすぎる話だ。

「65で見えるものもあります」という投稿も

むしろそれまでに得た経験を元に、知恵のある言動ができるのが40代以降ではないか。ツイッターのフォロワーからは、燃え殻さんへの共感の声があがっている。

40歳限界説は「自分の居場所を守るために」流している人がいるのでは、という推測もあった。

「折り返したらあっち側からぐんぐん前に進むの」

医学の進歩によって将来的には「人生100年時代」がやってくるかもしれないのに「完全に時代遅れ」と呆れる声も。有名コピーライターの糸井重里さんも、「40歳リミット説」の無意味さをこう説いて、燃え殻さんの主張を支持している。

燃え殻さんと同趣旨のツイートは、翌5日にも別の人がツイートしており、こちらもいいねとリツイート合わせて5000を超えている。多くの人にとって、かなり関心度の高いテーマのようだ。

転職支援サービス「DODA」の調べによると、2016年下半期の「転職成功者」の平均年齢は32.5歳で、過去最高となった。少子化による人手不足も影響しているのだろう。とはいえ自分の限界とは別に、「転職相場」として年齢が高くなればなるほどハードルが高くなるのも事実。その理由として、こんな指摘もある。

結局は、年齢に応じた経験と実績をアピールできるような働き方を心がけつつ、歳を重ねても過去の栄光にすがることなく、謙虚に新しい学びを追い求めていくこと――。なかなか容易なことではないが、これが理想のキャリアの積み方なのかもしれない。

「最新技術を持っていれば40~50代でもあっという間に行き先が見つかる」。ある求人サービス会社の幹部はこう明かす。IT人材では「35歳転職限界説」は完全に崩れているというのだ。(1月17日付け日経新聞「IoTが崩す転職35歳限界説」)

 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


転職

関連する投稿


志望動機にはどこまで「本音」を答えていいのか 「規模が大きいから」でも大丈夫?

志望動機にはどこまで「本音」を答えていいのか 「規模が大きいから」でも大丈夫?

就活の時期が始まると、ネットのQ&Aサイトには「この志望動機でよいでしょうか?」と添削を依頼する相談が増えます。まずは基本をきっちり押さえておくことが必要です。


「銀行員の転職急増」の裏でパワハラ横行? 若手メガバンク社員「同期と後輩の自殺で退職を考え始めた」

「銀行員の転職急増」の裏でパワハラ横行? 若手メガバンク社員「同期と後輩の自殺で退職を考え始めた」

口コミサイトには、若手銀行員が「パワハラ」「職場いじめ」に悩み、退職を決意する投稿が目につきます。いま銀行の内部で、何が起こっているのでしょうか?


転職活動中は、いまの仕事がおろそかになる? 経験者「逆にモチベーション上がりますね」

転職活動中は、いまの仕事がおろそかになる? 経験者「逆にモチベーション上がりますね」

この会社を辞めよう――。別に大きな不満がなくても、そう考えることはあるでしょう。いちどそう決めてしまうと、いろんなことが動き出すかもしれません。


「嫁ブロック」はなぜ起こる? 回答者は警告「理系学部を卒業した技術職の男性が危ない」

「嫁ブロック」はなぜ起こる? 回答者は警告「理系学部を卒業した技術職の男性が危ない」

木村拓哉の事務所移籍を中止させ、SMAP解散の原因になったともいわれる「嫁ブロック」。夫の稼ぎをあてにする妻がいる限り、この理不尽はなくならないのでしょうか?


景気は本当に回復しているのですか? 田舎じゃ仕事が全然ないんだけど…

景気は本当に回復しているのですか? 田舎じゃ仕事が全然ないんだけど…

「財政出動」と「金融緩和」「成長戦略」の3本の矢で、デフレ脱却を目指すアベノミクス。少なくとも最初の2つの効果は現れているようですが、イノベーション促進による成長は期待できるのでしょうか。


最新の投稿


株式会社プリンスホテルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社プリンスホテルに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

西武グループの中核としてホテル・レジャー事業を担い、国内最大の事業規模を誇る。ホテル事業の他に、ゴルフ事業、スキー事業、その他レジャー事業を展開している。「ザ・プリンス」「グランドプリンスホテル」「プリンスホテル」の3つのブランドのホテルは国内外に49か所あり、平成29年3月期の営業収益は1741億円を超えている。


バンダイビジュアル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

バンダイビジュアル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

バンダイナムコグループの戦略ビジネスユニットの1つ、映像音楽プロデュースSBUの主幹会社。アニメーションや映像・音楽ソフトの企画・製作から販売までを手がける。直近3カ年の業績は堅調な伸びを見せており、平成29年3月期の売上高は247億円に達している。


株式会社バンダイに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社バンダイに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

バンダイナムコグループの一員として、玩具、模型、既製服(アパレル)、生活用品などを開発・販売しているメーカーである。創業は1950年。当初は外国への輸出が主であったが、国内商品にも力を入れるようになり、様々なヒット商品を世に送り出している。


太陽生命保険株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

太陽生命保険株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

明治26年創立。T&Dホールディングスの子会社として、保険事業を行っている。 高齢社会における介護のあり方に目を付け、先駆けて介護保障特約付団信(団体信用生命保険)を作ったのが太陽生命保険である。単体の保険を組み合わせ、顧客ニーズにあった保障内容を準備できる「保険組曲Best」が主力商品である。


【製薬業界研究】武田薬品・アステラス製薬・大塚HD 比較――就職・転職するならどの会社?

【製薬業界研究】武田薬品・アステラス製薬・大塚HD 比較――就職・転職するならどの会社?

今回は大手製薬メーカー3社を取り上げます。市販薬で知られるメーカーもありますが、収益の軸は基本的に「医療用医薬品」です。高収入で知られる業界ですが、特許切れによる収益性の低下など各社には様々な課題があります。就職・転職の参考になれば幸いです。


wiget_w300 wiget_w300