プレシジョン・システム・サイエンス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1985年に設立されたバイオ関連機器製造会社である。本社は千葉県松戸市上本郷。「シンプル、コンパクト、メンテナンスフリー」を技術コンセプトとして、主力であるDNA自動抽出装置を世界的企業を通じ累計2万台以上をOME供給し、関連試薬の製品提供もしている。


1. プレシジョン・システム・サイエンスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

遺伝子検査、たんぱく質検査などの体外診断(IVD)における研究開発やその実用化で用いられる自動化装置、その他理化学機器、ソフトウェアなどの開発および製造販売。

1-2 創業者と沿革

■沿革
起業 1985年~1994年

1985年 昭和60年7月17日 理化学機器(臨床検査機器)の保守メンテナンスを目的として、東京都板橋区に設立
1986年 昭和61年9月 本社所在地を東京都府中市に移転
1989年 平成元年2月 自社製品として、分注装置、希釈装置、洗浄装置等の理化学機器の製造販売を開始
1991年 平成3年2月 研究開発施設として、千葉県松戸市に松戸研究所を設置
1993年 平成5年1月 本社所在地を東京都稲城市に移転

1-3 本社所在地とネットワーク

本社 
千葉県松戸市上本郷88

出典:
http://www.pss.co.jp/company/access.html

アクセス | 会社案内 | Precision System Science Co.,Ltd.

http://www.pss.co.jp/company/access.html

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社、PSSは、バイオ、医療研究開発の中心テーマである分子診断における各作業工程の自動化を追求した装置の開発・供給を通じて、バイ オ、医療の進展に寄与。DNA/RNAを抽出・精製するPSSの自動化装置は、特許技術で世界標準のシステム

大館試薬センターの所在地

国内外のグループ会社

1-4 ビジョン・ミッション

■ミッション
・自動化技術で、バイオを切り拓く

PSSは、バイオ・研究開発と実用において重要性の高まる遺伝子・たんぱく質検査の自動化を追及した装置の開発・供給を通じ、体外診断(IVD)の進展に寄与することを社会的使命としています。

世界市場で、信頼・評価されるPSSの自動化技術と独自の検出システムにより、抽出・精製から検出・解析工程までの全自動化を実現し、人々や社会のニーズに的確に応えてまいります。

2. プレシジョン・システム・サイエンスって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
第31期(平成28年6月期) 44億5800万円
第30期(平成27年6月期) 51億4300万円

▲営業利益(連結)
第31期(平成28年6月期) △7億3700万円
第30期(平成27年6月期) △3億2000万円

▲当期純利益(親会社株主帰属)
第31期(平成28年6月期) △15億8200万円
第30期(平成27年6月期) △2億1500万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別販売実績(自 平成27年7月1日 至 平成28年6月30日)
装置 23億8080万円
試薬・消耗品 12億650万2000円
メンテナンス関連 4億3146万1000円
受託製造 4億3964万6000円

▲地域別売上高(自 平成27年7月1日 至 平成28年6月30日)
日本 9億7619万1000円
米国 13億1744万3000円
欧州 21億2168万2000円
その他 4309万4000円

2-3 主力商品

■geneLEAD XII plus

核酸抽出からリアルタイムPCRまでを完全自動化。
サンプル・消耗品・試薬をセットし、「Magtration®」による核酸抽出、抽出した核酸の増幅および検出までの一連の処理を自動化いたします。
装置および核酸抽出試薬は欧州医療機器指令98/79/EC(IVDD)に則り、医療機器としての品質、安全性、そしてユーザーの利便性に関する厳格な規格に従って設計開発されています。

■magLEAD 6gC /12gC

magLEAD 6gC /12gCは、PSS独自の特許技術であるMagtration®による磁性体粒子の分離機構を搭載した全自動核酸抽出装置です。卓上型のコンパクトな仕様でありながら、6検体または12検体までを同時に処理することが可能です。抽出操作は、専用のICカードと試薬、消耗品をセットするだけで、初めての方でも簡単にご使用いただけます。
ICカードには、目的に応じた動作があらかじめ書き込まれており、様々な検体種からのトータル核酸抽出が全自動で行えます。
試薬は、あらかじめ必要量が分注されたプレパック試薬カートリッジとなっており、操作前の煩雑な分注作業は不要です。
装置および核酸抽出試薬は欧州医療機器指令98/79/EC(IVDD)に則り、医療機器としての品質、安全性、そしてユーザーの利便性に関する厳格な規格に従って設計開発されています。

■MagDEA® DNA 200 (GC)

製品説明
MagDEA® DNA 200 (GC)は、全自動核酸抽出装置Magtration® System 6GC、12GCおよび12GC PLUS専用のゲノムDNA抽出試薬です。サンプルからのDNA抽出・精製に必要な試薬が1本の試薬カートリッジにあらかじめ分注されており、弊社推奨の2-プロパノールと専用消耗品をセットするだけで、初めての方でも簡単に、また確実に抽出操作ができる仕様になっています。抽出された高純度のDNAは、PCR、制限酵素反応、シークエンス反応などの次工程にそのままご使用いただけます。また、抽出操作に必要となる消耗品(チップ、チップホルダー、スクリューキャップチューブ)が試薬キットに同封されておりますので、ご購入いただいてからすぐにご使用いただけます。

3. プレシジョン・システム・サイエンスの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 田島 秀二
Precision System Science Europe GmbH 代表取締役社長
Precision System Science USA, Inc. 取締役
ユニバーサル・バイオ・リサーチ株式会社 代表取締役社長
有限会社ユニテック 取締役

昭和23年8月11日生

昭和51年4月 アドバンテック東洋(株)入社
平成元年2月 当社入社
平成元年4月 当社取締役
平成元年6月 当社代表取締役社長(現任)
平成8年1月 (有)ユニテック代表取締役社長(現任)
平成13年7月 PSS Bio Instruments, Inc.(現 Precision System Science USA, Inc.)取締役(現任)Precision System Science Europe GmbH取締役
平成14年7月 ユニバーサル・バイオ・リサーチ㈱代表取締役社長(現任)
平成24年6月 Precision System Science Europe GmbH代表取締役社長 (現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

私は25年前、米国のアボットという会社の日本法人と組んで、血液の免疫検査をやってました。現在は、ドイツのロシュと取り組んでいます。当時は腫瘍(しゅよう)マーカー、ホルモンとか、新しい感染症の抗体検査がでてきて、急速に業界が伸びていました。そのころ私は、勤めていた会社で社内ベンチャー的な形を取り、免疫システムを開発していました。
次々と新技術が出て、百花繚乱(りょうらん)といった状態でした。その中で整合性があり、実用的な技術が生き延びるという事実を見てきました。現在、我々が取り組んでいる分子生物学の領域は、25年前と同じような状況にあると思います。本当は数多くの技術の中から、一つの技術を追求したいのですが、正直言ってどうなっていくのかわかりません。とにかく、研究開発を始めてみないとしかたがない。我々も基礎的な知識はありませんので、勉強していくしかありません。その一方で、今までの経験を何らか形で結合し、日本発の技術を出していきたいですね。

2001年株式公開後は、Magtration® Technologyをコアとしながら、DNA抽出から測定までの全自動化、同時多項目測定、超小型高感度システム及び各試薬等の開発に努力を重ねてまいりましたが、バイオテクノロジーの認知拡大とともに、実用化への道が拓かれて行くものと考えています。
・薬に対する副作用、体質判定
・バクテリア、ウイルス、食品原材料等の判定及び食品の安全確認
・がん、ホルモン、感染症の診断
等への応用がPSSの現在のテーマですが、バイオテクノロジーと日本のものづくりを合体させた、ユニークな事業推進を行い、社会への貢献をはたしてまいりたいと考えています。

4. プレシジョン・システム・サイエンスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 197人
単体 115人(平成28年6月30日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 40.4歳(平成28年6月30日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 6.7年(平成28年6月30日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 487万3,000円(平成28年6月30日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報はありません

 

5. プレシジョン・システム・サイエンスの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

情報はありません

5-2 育成に関する方針・施策

情報はありません

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

情報はありません

6. プレシジョン・システム・サイエンス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. プレシジョン・システム・サイエンスの福利厚生は?

情報はありません

8. プレシジョン・システム・サイエンスの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


株式会社ハイレックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ハイレックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用コントロールケーブルでの世界最大手メーカー。他を圧倒する技術・開発力と一貫生産体制で国内トップシェアを占め、世界14ヶ国に30を超える拠点を構える。その技術力を応用した新規市場開拓にも力を入れており、すでに進めている医療分野では癌治療用マイクロカテーテルがTV「夢の扉」で取り上げられた。


朝日インテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

朝日インテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1976年7月に設立された医療機器の開発・製造・販売を行う会社。本社を愛知県名古屋市に置く。「ガイドワイヤー」をはじめとするカテーテル治療に不可欠な医療製品を主力としている。創業以来グローバル規模でこの医療製品市場のシェアを拡大し続けている。


川澄化学工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

川澄化学工業株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本初プラスチック製の採血・輸血セット実用化から設立された医療機器メーカー。1957年創業。輸入に頼っていた人工腎臓(ダイアライザー)、胸部大動脈用ステントグラフトの国産化に成功。人工透析関連事業、血液関連事業が主力であるが新規医療機器の開発やグローバル化にも力を入れている。


株式会社戸上電機製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社戸上電機製作所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

佐賀県に本社をおく、1925年創業の老舗電機メーカー。1961年に東証二部上場。日本電設工業協会が主催するJECAFAIR2015(第63回電設工業展)の製品コンクールにおいて、経済産業大臣賞を受賞。2016年には高い技術力や人材育成などの取組みが評価され、佐賀県知事より佐賀さいこう企業として表彰されている。


株式会社マイスターエンジニアリングに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社マイスターエンジニアリングに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1969年大阪にて創業。施設管理や製造装置のメンテナンスおよび人材派遣を行う企業。2002年東証二部に上場。メカトロニクス・ファシリティサービスに続き、近年はエネルギービジネスにも力を注ぎ、再生エネルギー発電設備の設計施工なども行っている。


最新の投稿


【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【中途入社58%】(株)サイバーエージェントに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

「21世紀を代表する会社を創る」というビジョンを掲げる東京・渋谷の会社。創業以来19期連続で増収。インターネット広告事業とゲーム事業で収益を上げながら、「AbemaTV」などの新規事業に積極的に先行投資。社員の90%は30代以下。中途採用の割合は58%を占める。家賃・ランチ代補助などの福利厚生策が充実している。


株式会社ハイレックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ハイレックスコーポレーションに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

自動車用コントロールケーブルでの世界最大手メーカー。他を圧倒する技術・開発力と一貫生産体制で国内トップシェアを占め、世界14ヶ国に30を超える拠点を構える。その技術力を応用した新規市場開拓にも力を入れており、すでに進めている医療分野では癌治療用マイクロカテーテルがTV「夢の扉」で取り上げられた。


朝日インテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

朝日インテック株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

1976年7月に設立された医療機器の開発・製造・販売を行う会社。本社を愛知県名古屋市に置く。「ガイドワイヤー」をはじめとするカテーテル治療に不可欠な医療製品を主力としている。創業以来グローバル規模でこの医療製品市場のシェアを拡大し続けている。


「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

「そんな志望動機なら、ウチじゃなくてもいいよね?」とアホな面接担当者が詰めてきたときの返し方

人材研究所代表の曽和利光氏が贈る新連載の第2弾。京都大学で学んだ心理学とリクルート人事部GMなどとして2万人を面接した経験を踏まえて、キャリアの悩みにアドバイスします。


【倉庫業界研究】三菱倉庫・三井倉庫・住友倉庫 比較――就職・転職するならどの会社?

【倉庫業界研究】三菱倉庫・三井倉庫・住友倉庫 比較――就職・転職するならどの会社?

今回は倉庫業界のトップ3社について見ていきます。倉庫会社というと「荷物を置く場所を貸す仕事」という印象くらいしかなく、就職・転職先としてイメージが湧かないかもしれません。しかし調べてみると、さまざまな仕事を行っていることが分かります。


wiget_w300 wiget_w300