株式会社ロゼッタに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ロゼッタに転職するなら知っておきたい情報まとめ

2004年に前身となる(有)Pearly Gatesを創業以降、AI型の機械翻訳機能を主として開発・研究を進めている企業。ソフトウエアの1つである「熟考」は世界初となるインターネットと人工知能を融合した技術が取り入れられており、特許関連、医学医療、バイオ等さまざまな専門文書の翻訳を可能としている。


1. ロゼッタってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

東京都千代田区に本社を置く自動翻訳の開発および販売を行う会社である。

1-2 創業者と沿革

2004年 2月 AI(人工知能)型の機械翻訳研究開発事業を開始するため(有)Pearly Gates(現(株)ロゼッタ)創業

2004年 5月 (株)ロゼッタに商号変更

当社グループは平成12年1月に株式会社ノヴァにおいて現代表取締役CEOである五石順一による社内ベンチャーとして株式会社グローヴァを設立したことに始まります。同社は、翻訳・通訳業務の受託サービス提供を目的に設立され、平成13年4月には企業向けの語学研修を事業内容とする株式会社海外放送センターを子会社化いたしました。その後、人工知能型機械翻訳の研究開発を行うことを目的に、平成16年2月、当時は休眠会社であった有限会社Pearly Gates(現当社)の持分を取得し、現在のMT事業を創業いたしました。同年4月には、当社において、株式会社ノヴァが保有する株式会社グローヴァ株式を取得、完全子会社とし、平成24年5月には、株式会社グローヴァの有する株式会社海外放送センターの株式を直接保有することで、現在の当社グループの形態に至っております。
(有価証券報告書/沿革・4ページ)

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都千代田区神田神保町3丁目7番1号


出典:
http://www.rozetta.jp/company/

1-4 ビジョン・ミッション

■企業理念(グループ憲章)
・3win
「顧客の満足」「会社の利益」「社員の幸福」。ロゼッタグループはこの3つを同時に満たすことを経営の目的とします。何れかのために何れかを犠牲にするような方策は一切とらないものとします。

■企業ミッション
ロゼッタ・グループは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」というミッションを掲げています。
かつて1962年の時点で「日本が世界第二位の経済大国になる」という大胆な予測を行い見事に的中させたことで有名なエコノミスト誌が、ついに翻訳について驚くべき予測を行いました。2050年までに「コンピューターによる翻訳能力が飛躍的に向上し、外国語学習は習字のような時代遅れのマイナーな特殊技能になる」という予測です。
我々は、この夢のような予測を10年で現実にして、長い間言語の壁に苦しんできた日本をその呪縛から解放することを目標にしています。最終的には、人間に代わる超高精度の自動翻訳の開発を目指します。一方でその前のステップとして、人間が行う翻訳業務の技術革新を重要なテーマとしています。

2. ロゼッタって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高(連結)
平成29年2月期 19億800万円
平成28年2月期 16億6800万円
平成27年2月期 14億200万円

▲経常利益(連結)
平成29年2月期 2億3400万円
平成28年2月期 2億100万円
平成27年2月期 1億3100万円

▲当期純利益(連結)
平成29年2月期 1億6900万円
平成28年2月期 1億4100万円
平成27年2月期 9400万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2017年2月期)
MT事業 2億3600万円
GLOZE事業 4億3500万円
クラウドソーシング事業 1億1200万円
翻訳・通訳事業 9億1000万円
企業研修事業 2億1300万円

2-3 主力商品

■高精度の自動翻訳「熟考」
熟考はオンライン上で日本語⇔英語・中国語・韓国語の自動翻訳を行う最新の自動翻訳サービスです。
人工知能とインターネットを融合させるという世界初の翻訳ロジックを採用し、「前後の文脈を判断する」ことで高い翻訳精度を実現しています。

医薬や技術の専門技術用語に対応しています。
熟考に搭載されている用語は2200万語以上で市販の翻訳ソフトの2~5倍の用語が登録されています(2012年12月現在)。
そのため、市販の翻訳ソフトでは翻訳できない用語も翻訳します。
さらに辞書データは毎月アップデート、搭載用語の数は増加を続けています。
医薬・バイオ・化学・電気電子・機械・ITなど科学技術分野を深堀りしていますので、市販の翻訳ソフトやオンライン辞書ではヒットしない専門用語にも対応しています。

■テイラーメイド自動翻訳「T-4OO」
熟考の翻訳精度に加え、ユーザー企業毎の独自の社内表現や言い回しを学習し、これまでよりもさらに精度の高い翻訳結果を提供する自動翻訳サービスです。

T-4OOは翻訳作業に伴う“ムダ”と“バラツキ”を削減します
【T-4OOの特長】
専門分野データベースで、専門用語を的確に翻訳
企業別データベースをAIが学習し、企業独特の言い回しや表現を的確に反映
過去に翻訳したセンテンスは一目で分かるので、繰り返し翻訳することもなくなります
翻訳作業の効率化と訳文の品質が向上

■法人向け 専門翻訳サービス
ロゼッタの翻訳サービスは、システム開発部門を社内に持ち、翻訳工程に独自のITシステムを導入することで、高品質・低価格・短納期を実現しております。
実務経験豊富な専門分野の翻訳者が多数所属しているため、安定した品質で翻訳サービスをご提供できます。
お見積り・トライアル・各種相談は無料です。お気軽にお問合せ下さい。

■Conyac
グループ会社のエニドアは、世界中のバイリンガル人材を擁したクラウドソーシングサービス「Conyac」を展開しております。

3. ロゼッタの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役 CEO
五石 順一
昭和39年12月25日生

平成元年4月  株式会社ノヴァ入社
平成3年4月  同社 経営企画課長
平成5年4月  同社 経営企画室長
平成12年1月  株式会社グローヴァ 代表取締役(現任)
平成13年3月  株式会社海外放送センター 代表取締役(現任)
平成16年2月  有限会社Pearly Gates(現当社) 代表取締役(現任)

執行社長 COO
皷谷 隆志

昭和38年5月22日生

昭和61年4月  株式会社西武百貨店入社(現・株式会社そごう・西武)
平成9年9月  株式会社ノヴァ入社
平成14年10月  株式会社アドバンスクリエイト入社
平成14年12月  同社 取締役
平成15年10月  株式会社アドバンスメディアマーケティング 代表取締役社長
平成16年11月  株式会社パソナインシュアランス 常務取締役
平成18年4月  KOBE証券株式会社(現・インヴァスト証券株式会社)入社
平成18年7月  同社 総合企画部長
平成19年3月  当社 入社 グループ管理本部長
平成20年2月  当社 取締役執行役員営業本部長
平成20年10月  当社 取締役執行社長(現任)
平成25年9月  当社 取締役管理本部長

3-2 発言、ブログ、エピソード

当社は、すべての投資家の方々からくまなく関心を持たれる会社ではないかもしれません。
来年、再来年の短期で企業規模を10倍、20倍に成長させるというようなことはコミットできません。
当社はそのような目先での急成長を望む方々の期待には応えることができないかもしれません。
しかしながら、私どもには夢があります。
いつの日か、日本が英語の重たい足枷から解放されることを。
私どもには夢があります。
いつの日か、英語が話せないことが理由で、昇格できなかったり、リストラされたりしない世の中がくることを。
私どもには夢があります。
いつの日か、言語のハンディキャップが消えて、日本人が世界と対等のステージで、自由に羽ばたける時代がくることを。
私どもは、このような夢の実現のため、全社員一丸となって全身全霊の熱意をもって業務に取り組んでいます。(五石順一CEO)

元々は、英会話スクールNOVAが社内ベンチャーとして翻訳事業を立ち上げたのがきっかけで、現在はグローヴァという子会社がその事業を担っています。このグローヴァが成長を始めた頃、今度は「翻訳ソフトを作れないか?」という発想を思いつき、2004年にNOVAから独立して立ち上がったのが、今のロゼッタです。
当時はビックデータやAIという言葉も一般的ではなかったのですが、インターネットの普及は進んでいました。そこで、従来のように単語を一つずつ登録しながら翻訳するというやり方ではなく、インターネット上に溢れるデータを解析することで、精度の高い翻訳ソフトを作れるのではないかというアイデアが生まれたわけです。
しかし、最初は資金調達のためにベンチャーキャピタルを回っても「誰が書き込んだかわからないインターネット上の情報で翻訳するなんてできるわけがない」という反応でした。今なら「ビックデータを使って統計解析をかけて翻訳する」といえばすんなりわかってもらえることが多いのですが、当時はそこまで理解を得られなかったので、苦労しました。(皷谷隆志COO)

4. ロゼッタではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 70人
単体 36人(平成28年2月29日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 36.5歳(平成28年2月29日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 4.4年(平成28年2月29日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 543万7000円(平成28年2月29日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

江口 剛
開発本部 マネージャー

自動翻訳機の実現のため、ベストなソリューションを探求しつつ、様々な変更・改修を加えながらも、プログラムの可読性・メンテナンス性を少しも損なうことなくソフトウェアを“ソフト”に保ち続ける. . .多くの試行錯誤があろうとも、絶えずソフトウェアを進化させ、やがては夢見たモノに到達する。
開発本部では、次世代自動翻訳機の実現のために、柔軟で変化に強いソフトウェアを作り、最高の品質と製品に到達したいと考えています。その考えに賛同してくれる高い技術を持った開発者を探しています。

マイケル ドブリン
2012年入社 開発本部 マネージャー

開発本部では、プログラムの開発をはじめ、データベース管理、サーバメンテナンス、言語学などに関わっています
日々ソフトウェアの開発・改良に取り組み、常に学べることがあります。具体的には、私の場合はシステムのパフォーマンスをより重視するようになり、memcached、プロセスのロード・バランシングなどの学習経験がそれです。最も効率的なシステムの作り方をいつも考える必要があります。
当社の社員は、翻訳者用のソフトウェアに対する情熱があふれ、勤労意欲が強く、さらに素晴らしいチームワークがあります。そういうメンバーと一緒に最高のソフトウェアを作ることにやりがいを感じています。
そういう環境に興味のある方は、是非、当社で一緒に頑張ってみませんか?

 

5. ロゼッタの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

採用方針
弊社の採用方針には独特なポリシーがあります。
・性別・国籍・学歴等を一切問わないことは言うまでもなく、知識・経験・スキル・肩書き・職歴さえも重視しないというポリシーです。
・「基礎的な能力」と上記の「企業ミッション実現への情熱」を最も重要なポイントとして選考します。
果敢なベンチャーのチームとして一緒に夢の実現を追いかけてくれる仲間を求めています。

5-2 育成に関する方針・施策

日々ソフトウェアの開発・改良に取り組み、常に学べることがあります。具体的には、私の場合はシステムのパフォーマンスをより重視するようになり、memcached、プロセスのロード・バランシングなどの学習経験がそれです。最も効率的なシステムの作り方をいつも考える必要があります。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与
月額33万円~(標準業績手当含む)
※経験、スキルなどを考慮の上、決定いたします(試用期間3ヶ月)
※想定年収500万円~1,000万円(賞与2回含む)

通勤手当 上限37,000円/月額

6. ロゼッタの(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありません

7. ロゼッタの福利厚生は?

福利厚生
確定拠出年金制度
ストックオプション制度
社員持株会
語学講座無料受講制度

8. ロゼッタの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【4兆円企業】三菱電機株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本の大手総合電機メーカー。総売上高では日立製作所、パナソニック、東芝に次ぐ業界4位。FA機器、昇降機、タービン発電機、鉄道車両用電機品、パワー半導体、人工衛星など多くの産業用電気機器で日本国内トップシェア。2016年度のグループ総売上高は4兆3943億円。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


株式会社夢真ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社夢真ホールディングスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

昭和55年に設立。夢真ホールディングスの前身は建築設計事務所であり、生産設計分野をリードしてきた存在である。現在の主力事業は建築技術者派遣やエンジニア派遣で、株式会社夢テクノロジー、株式会社夢エージェント、株式会社夢エデュケーションなど、連結子会社7社で構成されている。


最新の投稿


破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

格安旅行会社「てるみくらぶ」の自己破産が、社会に大きな衝撃を与えている。楽しみにしていた海外旅行が中止になったうえ、代金もかえってこないと呆然とする人が多数発生しているが、社内では以前から社員が過重労働に苦しんでおり、「とにかく人が定着しない」という状況もあったようだ。


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。