フィンテックグローバル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

フィンテックグローバル株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業が保有する債権や不動産を売却した場合に得られる利益を証券化し、企業や地域への支援を行う、ブティック型投資銀行である。公共財関連事業においては「メッツァ」という北欧テーマパーク及びムーミンのテーマパークについて出資し、2018年秋の開業に向けての取り組みを進めている。


1. フィンテックグローバルってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

投資銀行業務と企業投資の両輪で、企業の成長、地域社会の発展を支援する「ブティック型投資銀行」です。

1-2 創業者と沿革


創業者
代表取締役社長 玉井信光

オリックスにて航空機ファイナンスをはじめとするストラクチャードファイナンス手法を用いた金融商品の企画販売業務を担当。その後、保険関連事業の策定・展開、リスクファイナンスや保険をベースとしたプロジェクトファイナンスのアレンジ等を手掛ける。新しいインベストメントバンキング形態を目指し、1994年当社を設立。


出典:
http://www.fgi.co.jp/company/about/officer/

1-3 本社所在地とネットワーク

東京都港区虎ノ門4-1-28
虎ノ門タワーズオフィス19階

出典:
http://www.fgi.co.jp/company/about/

1-4 ビジョン・ミッション

経営基本方針

The Firm of Innovative Financing

当社のコーポレートアイデンティティは「すべての産業界へ革新的なストラクチャードファイナンスの効用を浸透させる」であります。金融環境の変化に応じた先端的・革新的な金融商品や「仕組み」を作り、多様化する顧客のファイナンス・ニーズに対応するとともに、顧客の企業価値、資産価値の最大化を通じて、関係するすべてのステークホルダーの満足を実現してまいります。

2. フィンテックグローバルって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年9月 74億8500万円
2015年9月 54億2900万円
2014年9月 39億1100万円

▲経常利益
2016年9月 △13億6900万円
2015年9月 2億3700万円
2014年9月 6億8400万円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
2016年9月 △13億8400万円
2015年9月 2億2400万円
2014年9月 9億2300万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高(2016年9月期)
投資銀行事業 24億8500万円
不動産事業  49億7200万円
その他    4100万円

2-3 主力事業

■企業投資(投資銀行事業)

FGIグループはファイナンスをアレンジするだけではなく、潜在性・将来性の豊かな企業・事業に投融資しております。

・3つの企業投資体制

FGIグループの企業投資は、FGIの投融資、フィンテックグローバルトレーディング(FGT)の投融資、そしてFGIが一部出資するベンチャーキャピタルファンド(FINTECH GIMV FUND)による投資、という3つの投資体制を有しており、これらがそれぞれ独自のポリシーをもちつつ、有機的に連携して投資や経営支援を行っております。

■福利厚生サービス事業(不動産事業)

当事業では、株式会社ベルスが福利厚生サービス事業を行っています。

ベルスの社名は、「Better Life Support」の略で、1991年の創業時より借り上げ社宅業務を代行してきました。主に、住宅関係(購入・売却、建築、リフォーム、社宅、賃貸借)と生活支援(物販、ゴールドカード)サービスを提供しており、多くの企業社員にサービスを展開中です。

■メッツァ事業(その他)

”北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所“を目指す「メッツァ」を、埼玉県飯能市の宮沢湖を中心としたエリアに開業します。

メッツァは、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」の2つのゾーンから構成されています。 宮沢湖とそれを囲むなだらかな山並みを背景に、森と湖を調和させた施設を計画し、北欧を感じさせるような、自然と連携した風景を創っていく予定です。

3. フィンテックグローバルの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長
玉井 信光


昭和38年6月11日生
昭和61年4月  オリエント・リース㈱(現オリックス㈱)入社
平成6年12月  当社設立、代表取締役社長
平成21年6月  ㈱公共財アセットマネジメント、代表取締役(現任)
平成24年12月  当社、代表取締役社長 投資銀行本部長
平成26年8月  当社、代表取締役社長 管掌 投資銀行本部 兼 グループ事業開発本部長
平成26年10月  当社、代表取締役社長 投資銀行本部長
平成27年8月  当社、代表取締役社長(現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

常に新しいニーズがあるところに、金融が生まれる。顧客が考えていることを金融化したい。ストラクチャードファイナンスで5年以上続いたヒット商品はない。現在の好調の不動産開発型証券化もいつまでもニーズがあるとは思っていない。新しいニーズを常に開拓していく

玉井社長は大学を卒業した後にオリエント・リース(現オリックス)に入社し、営業の現場としては一番厳しい大阪でリースビジネスに携わった。リース営業の中で扱った航空機リースでストラクチャード・ファイナンスや保険節税などの分野に興味を覚え、入社数年後には独立を志向して仲間と週末を使って新しい事業モデルの構築案を練っていたそうだ。1994年に独立し現在のフィンテックグローバルを東京の銀座で立ち上げた。

4. フィンテックグローバルではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 114人
単体 45人(平成28年9月30日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 39.6歳(平成28年9月30日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 2.2年(平成28年9月30日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 806万8000円(平成28年9月30日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報はありません。

 

5. フィンテックグローバルの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

常に高い志を持ち、仕事に誇りを持ってトライでき、また、世の中全体を俯瞰し、総合的判断力があり、新しいものへのチャレンジができる人材を求めております。

5-2 育成に関する方針・施策

Q.配属後の異動について教えて下さい。

A.本人の希望やスキル、部署間や会社のニーズ等を踏まえたうえで、異動する可能性があります。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

給与等

経験、能力を考慮の上、当社の報酬規定による

6. フィンテックグローバル出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません。

7. フィンテックグローバルの福利厚生は?

社会保険完備、社員持株会制度、確定拠出年金制度(401K)などあり

8. フィンテックグローバルの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【転職人気企業】グーグル合同会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【転職人気企業】グーグル合同会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界最大のインターネット検索サービスを中心に、広告、デジタルコンテンツ、アプリ、クラウド、ハードウェアなど幅広い事業を展開する米グーグル社(Google Inc.)の日本法人。DODA転職人気企業ランキング2017で女性人気1位、総合2位。


株式会社NTTファシリティーズに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社NTTファシリティーズに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

NTTグループ傘下の建築設計事務所で本社は東京都港区にある。エネルギー事業ではコンサルティングから改善提案、システムインテグレーションなど展開、建築事業では施設の設計から維持・管理、都市計画なども行い、手掛けた建築物の多くがグッドデザイン賞などを受賞している。


株式会社三菱東京UFJ銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社三菱東京UFJ銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の都市銀行で、本店を東京都千代田区に置く。連結経常収益は3年連続で4兆円を超えている。事業別粗利益では国際部門が1兆円を超え、次いで法人部門、リテール部門となっている。2018年4月に三菱東京UFJ銀行から三菱UFJ銀行に商号変更する予定。


日本マイクロソフト株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本マイクロソフト株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

米国ワシントン州に本社を置き1975年に設立された、ソフトウェアを開発・販売する世界最大のソフトウェア会社「マイクロソフト」の日本法人である。「Windows」シリーズを代表とするパソコン用OSや、「Microsoft Office」シリーズなどのソフトウェア製品の販売・マーケティング・サポートを行っている。


株式会社三井住友銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社三井住友銀行に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井住友フィナンシャルグループ傘下の基幹企業であり、三大メガバンクのひとつに数えられる。三井銀行の流れを汲むさくら銀行と、住友銀行という四大財閥の垣根を越えた合併により誕生した。この他にも、神戸銀行などの都銀や、複数の地銀や信用組合なども母体となっている。もちろん事業は銀行業である。


最新の投稿


【転職人気企業】グーグル合同会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【転職人気企業】グーグル合同会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

世界最大のインターネット検索サービスを中心に、広告、デジタルコンテンツ、アプリ、クラウド、ハードウェアなど幅広い事業を展開する米グーグル社(Google Inc.)の日本法人。DODA転職人気企業ランキング2017で女性人気1位、総合2位。


株式会社神戸製鋼所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社神戸製鋼所に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

規模よりも特殊用途の付加価値の高い商材の開発に注力している。銅・アルミ・産業機械・エンジニアリングなど複合経営が特徴の大手鉄鋼メーカーである。創立100年を機に2006年4月よりグループブランドを「KOBELCO」(コベルコ)とした。2016年度連結の売上高は1兆6,958億円。国内外に多くのグループ企業を持っている。


SMBC日興証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

SMBC日興証券株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

三井住友フィナンシャルグループ傘下の証券会社で本店は東京都千代田区にある。2017年3月期の営業収益は3612億円、前期と比べて13%の増収となっている。商品販売では国内債券が4兆円越え、次いで外国債、投信の2兆円越えとなっている。海外拠点は9ヵ所あり、11ヶ月に及ぶ海外語学研修なども設けている。


NTTコミュニケーションズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

NTTコミュニケーションズ株式会社に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

NTTグループ傘下の大手電気通信業者。個人へのインターネット接続の他、法人へのクラウドサービスやソリューションを提供している。エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ、NTTコム。


株式会社NTTファシリティーズに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社NTTファシリティーズに就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

NTTグループ傘下の建築設計事務所で本社は東京都港区にある。エネルギー事業ではコンサルティングから改善提案、システムインテグレーションなど展開、建築事業では施設の設計から維持・管理、都市計画なども行い、手掛けた建築物の多くがグッドデザイン賞などを受賞している。