株式会社イントランスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社イントランスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

不動産投資・再生、コンサルティング・売買仲介、プロパティマネジメントなど不動産関連事業を展開する企業。中核となる不動産投資・再生事業では、潜在的な価値を有する不動産を金融商品として再生後、事業法人や不動産ファンド等への販売を行い、高収益を目指している。リゾート等の開発を行うプリンシバルインベストメント事業にも注力。


1. イントランスってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

賃貸仲介業務から事業を開始して以来不動産業の様々な分野に業容を拡大しビジネスを展開してまいりました。

1-2 創業者と沿革

創業者(元代表取締役社長)
上島規男

1962年生まれ。大学在学中より学生企業団体の代表として数々のビジネスを手掛ける。大学卒業後、中堅不動産会社に就職。秘書課に配属され創業社長のもとで薫陶を受ける。1998年、不動産業界は「戦後の焼け野原状態のような今がチャンス」と株式会社イントランスを創業し現在に至る。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都渋谷区道玄坂一丁目16番5号
大下ビル9階


出典:
http://www.intrance.jp/corporate/profile.html

子会社事業|株式会社イントランス

http://www.intrance.jp/business/subsidiary.html

国産ハーブの生産・販売を行う大多喜ハーブガーデン。東武ストアをテナントにもつ蓮田ショッピングセンター。

1-4 ビジョン・ミッション

イントランスの社名の由来は、
Intelligence「知恵」Trust「信用」Perseverance「忍耐」を組み合わせ造語です。
「会社がどんな困難に直面しても知恵を出して乗りきり、逆風が吹いたらじっと忍耐強く耐え、最後には必ず信用を勝ち取る。」との考えから名づけられました。
・社会道徳・法律を守り、確固たる自己を確立しお客様の満足を追及します
・常に目標を高く掲げ、その達成に向けて邁進します
・柔軟な発想で、社会と時代のニーズに応えます
・リスクを恐れず、常にチャレンジし続けます

コーポレートスローガン
CREATION OF VALUE

価値創造に向けた挑戦を続けなければ、企業の持続的成長はありません。
コーポレートスローガン「CREATION OF VALUE」は、明日の社会に価値ある革新的な「企画」を生み出し続け、お客さまの新たな可能性を広げるチカラになるというお客さまへの約束であるとともに、われわれ自身がイノベーションを起こしていくという宣言であります。

2. イントランスって何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
2016年3月期 23億2100万円
2015年3月期 63億3400万円
2014年3月期 29億8400万円

▲営業利益
2016年3月期 4億4200万円
2015年3月期 10億2700万円
2014年3月期 4億6400万円

▲当期純利益
2016年3月期 2億200万円
2015年3月期 9憶6600万円
2014年3月期 3億9900万円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲セグメント別売上高 (自 平成27年4月1日 至 平成28年3月31日)
プリンシバルインベストメント事業 10億7900万4000円
ソリューション事業 10億6640万1000円
その他 1億7590万9000円

2-3 主力事業

イントランスの4事業

イントランスグループでは、不動産投資・再生、コンサルティング・売買仲介、PM(プロパティマネジメント)、子会社事業の4事業を推進しています。
不動産投資・再生事業およびコンサルティング・売買仲介事業は高い収益が期待できる一方で、PM事業は安定した収益を確保しています。また子会社事業として、蓮田ショッピングセンターでは埼玉県蓮田市にて商業施設を運営し、千葉県大多喜市に所在する大多喜ハーブガーデンでは国産ハーブの生産・販売を行っています。
このような複数の事業で得たノウハウを融合させ、市況の変化に柔軟に対応できる事業基盤を構築しています。

横浜山下町プロジェクトⅡ

(プリンシパルインベストメント事業)

横浜山下町プロジェクトⅡ プラン『ホテル用地開発』
2020年東京オリンピック開催に向けて建設・不動産業界は 堅調に推移
訪日客急増により宿泊施設不足 (主に首都圏・近畿地方)が顕在化

鎌倉材木座

(プリンシパルインベストメント事業)

プラン『露天ジャグジー温浴(プール)施設を有する商業ビル』
材木座海岸は鎌倉でも古くから親しまれる海水浴場であり、四季を 通じて県内外からのサーファーが利用する人気の海岸。

和歌山マリーナシティ

(ソリューション事業)

和歌山県北西部にある毛見沖に作られた人工島にあり、リゾート ホテル、テーマパーク、フィッシャーマンズワーフ、天然温泉、 マリーナなどが揃い、年間推計130万人(2015年度)が来島する 総合リゾート。
1994年に開催された世界リゾート博に合わせてMID都市開発 (旧松下興産)が中心となって開業された人工島にあるリゾート 施設。
その後、投資ファンドのエートス・ジャパンを経て、2013年に飲 食店を展開する「株式会社黒潮市場(現:和歌山マリーナシティ株 式会社)」が取得。

3. イントランスの経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役社長 
麻生 正紀

昭和36年9月1日生
昭和57年4月 小林建築設計事務所入社
昭和59年4月 東京佐川急便株式会社入社
昭和60年5月 株式会社アソー(現 株式会社シルバー ライフ)代表取締役 (現任)
平成12年12月 上毛撚糸株式会社(現 価値開発株式会 社)顧問
平成13年1月 同社代表取締役社長
平成19年6月 同社相談役
平成22年4月 株式会社ASO代表取締役 (現任)
平成22年5月 当社顧問
平成22年6月 当社代表取締役社長 (現任)

3-2 発言、ブログ、エピソード

――業界で中古ビル再生を手がけられているところは多いと思います。御社の強さ・特徴については、お話しいただきましたが、個人投資家の皆さんに、もう少し分かりやすくお願いします。

 【麻生社長】 たとえば、身近な、お菓子のケーキで説明しますと、ケーキに生クリームを加え、出来上がったケーキをデパートなどで販売する場合、当社は製造から販売まで一貫して手がける体制を構築しています。しかし、最後までやろうとすれば利益だけではなくリスクも大きくなるため、現状では生クリームを加えたところで卸販売もします。身の丈にあったビジネスに徹しているのが当社の特徴です。とくに、ビル等は金額が大きいため、この考えは重要です。現在のように不動産市況が停滞すると、予定していた価格での売却は難しくなります。当社は、たとえば購入者のファンドに、どういうものが受けるかを徹底的に分析し提供します。

2016年3月期につきましては、(中略)配当性向30%の指針に則り、1株配当金を2円へと修正させて頂きました。
2017年3月期につきましては、①JV等を活用した開発プロジェクトへの積極展開、②自己資金による積極投資により規模拡大を図る、③保有販売用不動産の早期売却、④海外における各種開発事業の展開、⑤内部統制の充実と事業リスクへの対応といった各施策に取り組むことで、更なる事業規模の拡大を目指してまいります。

4. イントランスではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 33名
単体 19名
(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 36.4才(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 3.0年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 539万9886円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

情報がありませんでした。

 

5. イントランスの人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

イントランスの最大の強みは、「不動産の仕入」から「バリューアップ・プロパティマネジメント」、「売却」まで一貫して手掛けるビジネスモデル。独自の事業スタイルが多くのお客様から評価されており、10億円規模の物件をお任せいただくことも少なくありません。

これまでの経験を活かしてスケールの大きな仕事にチャレンジし、資産価値の最大化を実現する不動産再生のスペシャリストとして活躍しませんか。

5-2 育成に関する方針・施策

一人ひとりに大きな裁量権があり、全員がプレイヤーとして活躍しています。また、一緒に働く事務スタッフ1名が、あなたの仕事をサポートします。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

※年俸を14で割り、1/14を月々支給。
※成果に応じて、年俸額に加えてインセンティブが支給されます。インセンティブは、利益の10%で算出しています。

6. イントランス出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報がありませんでした。

7. イントランスの福利厚生は?

■各種社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
■交通費支給(当社規定による)
■資格手当(不動産鑑定士5万円/月、一級建築士5万円/月)

8. イントランスの中途採用は?

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソフトバンクグループ株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

1981年創業のインターネットおよび通信を主な事業基盤とするソフトバンクグループの持株会社。主なグループ企業にはソフトバンク㈱、ヤフー㈱、福岡ソフトバンクホークス㈱などがある。国内事業に加え、スプリントおよびブライトスターの子会社化により米国内での事業規模も大きく拡大。さらにインドや東南アジアなどへの投資を推進中。


【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【しっかり休みが取れる】日本電信電話(株)(NTT)に転職するなら知っておきたい情報まとめ

通称NTT。日本の通信事業最大手のNTTグループの持株会社。1985年日本電信電話公社の民営化により設立された。本社は東京都千代田区大手町。傘下にはNTT東日本、NTT西日本、NTTドコモなどがある。近年、クラウド事業をはじめとして、グローバル市場への展開を積極的に推進しており、海外売上高が拡大している。


スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアの広報が紹介する「うちの会社のいいところ」

スターティアは創業22年目(23期)、東証一部のIT企業です。中小企業へ事務用機器やネットワーク機器の販売、サーバ構築、運用、保守などIT関連サービスをワンストップで提供しています。新卒と中途の割合は半々くらいで従業員数は現在約500名。今回は中途入社でもすぐに馴染める(個人差あり)スターティアの環境をご紹介します。


イグニスが福利厚生の大充実で「中途採用」強化中! 働きやすい職場づくりで「よりよいサービス開発」を目指す

イグニスが福利厚生の大充実で「中途採用」強化中! 働きやすい職場づくりで「よりよいサービス開発」を目指す

成長を続ける株式会社イグニス(本社:東京・恵比寿)。積極採用で社員数が増加する中、多様なメンバーが活躍するための「福利厚生制度」をリニューアルした。そのねらいについて、取締役CFOの山本彰彦氏に話を聞いた。(2016.7.20付けでキャリコネニュースに掲載された記事を基に、数字等を最新状況に加筆しています。)


株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社クラウドワークスに転職するなら知っておきたい情報まとめ

日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」を運営する会社。インターネット上で仕事が完結し、個人が時間と場所に縛られることのない新しいワークスタイルの実現を目指す。 9府省・40以上の地方自治体から70以上の仕事依頼を受けており、安倍首相の設立した日本ベンチャー大賞「審査委員会特別賞」を受賞した。


最新の投稿


サンフロンティア不動産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

サンフロンティア不動産株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都千代田区に本社を置く不動産会社。ビルオーナーや資産家などが所有する不動産の仲介・管理・賃貸・売買等をワンストップで行うことに特化し、事業展開を行っている。2015年度売上高は306億円を超えており5期連続で増収。主力の不動産再生事業は268億円を超え、売上高の約80%を占めている。


株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社大阪チタニウムテクノロジーズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

兵庫県尼崎市に本社を構える、チタン・ポリシリコン・高機能材料を製造・販売している企業。日本で初めてスポンジチタン製造の工業化に成功した、スポンジチタン界のパイオニア。また、ポリシリコン分野では、半導体グレード品としては世界トップレベルの製品を安定供給するなど、現代文明に欠かせない技術を有している。


株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ミツバは、「モーター・制御・機構」の技術に長けている、自動車・二輪車用部品の製造、販売を手がける部品メーカー。グローバル展開を行っており、二輪スタータでは世界シェアの3割から4割を占めるトップ企業。培った技術を活かして、ライフサポート製品なども手掛けている。


スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

スター精密株式会社は、静岡市に本社を置く、電子機器・工作機械・精密部品メーカー。市場規模1000億円以下のニッチな市場においてシェアを確保するグローバルニッチ戦略を基本とし、海外売上高の割合が高く、2016年には全体の8割の売り上げが海外でのものとなっている。


キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

キヤノン電子株式会社は、戦前精密時計を製作していた英工社の秩父工場を母体に、キヤノンの子会社として1954年に設立された精密機器を製造・販売する企業である。坂巻社長の発案で、会社から椅子を無くして業績を伸ばすなど先進的な試みを行っている。IT分野、情報セキュリティ分野にも進出している。


wiget_w300 wiget_w300