東武鉄道株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東武鉄道株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東武グループの中核企業で本社は東京都墨田区。鉄道やバスなどの交通事業の他に、レジャー・不動産・流通事業も行っている。沿線の観光戦略では観光資源と乗車券などを組み合わせ、クーポンやフリーパスなどを企画し国内だけでなく、海外からも集客している。


1. 東武鉄道ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

交通・流通・住宅・レジャーなどの関連会社からなる東武グループの中核となる日本の企業

1-2 創業者と沿革

明治28年04月06日
東武鉄道創立願提出
東京市本所区から栃木県足利町まで83.7kmの鉄道敷設を申請、発起人、川崎八右衛門ほか11人

明治28年~45年 | 会社の沿革 | 東武鉄道ポータルサイト

http://www.tobu.co.jp/corporation/history/fhistory01.html

東武鉄道の企業情報をご案内します。社是・信条、中期経営計画、会社の沿革などの企業情報から、鉄道事業、開発事業、交通公告、光ファイバケーブル事業、ニュースリリースなど各種情報をご覧いただけます。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都墨田区押上二丁目18番12号

グループ会社一覧 | 東武グループ | 東武鉄道ポータルサイト

http://www.tobu.co.jp/group/list/

東武グループ概要およびグループ会社をご案内します。住宅・流通・レジャー・交通の4事業を通じて、東武鉄道との連携により沿線地域に付加価値の高い商品・サービスの提供を行う東武グループ情報をご覧いただけます。

1-4 ビジョン・ミッション

■東武グループ経営理念
東武グループでは、「奉仕」「進取」「和親」を経営の拠り所としています。

・「奉仕」
東武グループは、東武グループの全ての事業が社会に支えられていることを深く自覚し、豊かな社会の実現に貢献します。

・「進取」
東武グループは、現状に甘んじることなく、常に研鑚に励み、時代を切り開く開拓者精神をもって新たな挑戦を続けます。

・「和親」
東武グループは、人の和や環境との調和をもとに事業の発展と従業員の幸福を図り、社会の進展に寄与します。

■東武グループ経営方針
 お客様の暮らしに密着した事業を通じて沿線地域の発展に貢献する企業グループとして、安全・安心を根幹に「運輸」「レジャー」「不動産」「流通」等の事業を多角的、複合的に展開します。

 お客様の視点に立ち、質の高い先進性や独創性あふれるサービスを提供し、活力に富んだ暮らしやすく訪れたい東武沿線の実現を目指します。

 事業を通じて安定的に利益を創出しながら、環境にも配慮した経営を進め、お客様の生活を担う企業グループとして地域社会とともに持続的に発展することにより、企業の社会的責任を果たします。

2. 東武鉄道って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲営業収益
平成27年度 5743億円
平成26年度 5832億円
平成25年度 5936億円

▲営業利益
平成27年度 643億円
平成26年度 531億円
平成25年度 560億円

▲親会社株主に帰属する当期純利益
平成27年度 272億円
平成26年度 306億円
平成25年度 315億円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲営業収益(平成28年3月期)
運輸事業 2166億3100万円
レジャー事業 790億600万円
不動産事業 545億500万円
流通事業 1994億4200万円
その他事業:910億2700万円

2-3 主力商品

路線図から探す | 路線図・駅情報 | 東武鉄道

http://railway.tobu.co.jp/guide/

東武鉄道の各路線・駅に関するご案内です。路線別の各種列車の停車駅、東武線全線の各駅の詳細な情報を確認いただけます。

■運輸事業
私たちが現在、営業を行っている路線は東京、埼玉、千葉、栃木、群馬の1都4県463.3kmに及び、浅草を起点として埼玉県東部を通り、栃木県、群馬県、千葉県へと広がる東武スカイツリーライン・伊勢崎線・日光線・東武アーバンパークラインを中心とする路線と、池袋を起点として埼玉県の中央を西北へとつながる東上線で構成されています。沿線の距離、鉄道旅客収入ともに関東の私鉄では有数の規模。ここには、世界に誇れる日光・浅草・スカイツリーや、古くから愛されてきた鬼怒川・川越などの観光地が広がり、沿線には1,000万人の生活と歴史があります。1世紀以上もかけて事業を展開し、地域とともに発展させてきたこのフィールド。これからも「安全は東武グループすべての事業の根幹である」という信念のもと安全・安心を最優先に、お客様に満足していただけるサービスを提供していきます。

■流通産業
流通産業部門は、東武百貨店、東武宇都宮百貨店、東武ストア等で構成されています。
 東武百貨店池袋店・船橋店、東武宇都宮百貨店宇都宮店は、ターミナル駅の特性を生かした都市型百貨店として成長し、地域の活性化やイメージアップに貢献しています。各店舗ではきめ細かなサービスの提供、ならびにライフスタイルにお応えした生活提案と品揃えに努め、お客さまから高い評価を得ています。

■レジャー事業
 当社では、沿線価値向上ならびに所有地の有効活用を図るとともに、社会生活の多様化に伴い、レクリエーション、スポーツ、ホテル等様々なレジャー事業施設を展開してまいりました。その後、一部事業をグループ会社に移管し、現在では、ホテル(4か所)とスポーツ施設(1か所)を直営事業として運営しています。

3. 東武鉄道の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

取締役社長 根津 嘉澄

昭和26年10月26日生
昭和49年4月 東武鉄道株式会社 入社
平成2年6月 同社取締役関連事業室長
平成3年4月 同社常務取締役
平成5年6月 同社専務取締役
平成7年6月 同社取締役副社長
平成11年6月 同社取締役社長(現)

出典:http://www.mintetsu.or.jp/association/news/News27-6.pdf

3-2 発言、ブログ、エピソード

 --開業1年の来場者数が当初目標を上回った。理由は

 「1つは高さ。日本一の建物で、独立電波塔としては世界一というインパクトがあった。それに、地元が全面支援してくれた。鉄道会社の安全に次ぐ使命は沿線開発。共存共栄できたことは成功の大きな要因だ」

 --客層はどうか

 「ソラマチは幅広い客層を想定していたが、実際そうなっている。観光客だけでなく(ソラマチ内の)肉屋や八百屋の売り上げも良く、地元住民も多い。六本木などの商業施設と違い、ソラマチにはシャネルのような高級ブランドがない半面、独自の商品が多い」

──鉄道会社がタワー事業を手がけることは、意外に受け止められることもあるのでは。

根津 「手堅い東武が、新しい事業によく手を挙げたね」。当社が、タワー事業へ参入を表明したときに、社外の方々からこういわれたものです。タワー事業には2つの側面があります。1つは不動産賃貸事業。もう1つは観光事業です。いずれも長年にわたり我々が手がけてきた事業であり、我々の得意とするところです。決して新規事業に参入したわけではありません。膨大な初期投資がかかり、それを長期間かけて回収していく事業構造は、鉄道事業に共通しており、我々が行うのに適しているといえます。

4. 東武鉄道ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 19770人
単体 3469人(平成28年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 45.9歳(平成28年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 24.7年(平成28年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 687万5192円(平成28年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

守都 正候 1995年入社
SL事業推進プロジェクト

全国の観光列車を研究、視察する中で、当社が他社との違いとして打ち出せそうなのは、日光・鬼怒川という全国でも有数の観光地を走る唯一のSLということでした。また、観光列車としては短めの35分という乗車時間は、旅行の行程に組み込むことが容易で、前後に地域の観光を楽しんでいただきやすい。有数の観光地を走るという条件との相性は良いと思われました。地域の恒常的な観光資源として成長させるためには、日光・鬼怒川のファンづくりやリピーターにつなげることが大切であると考え、地域の方々の協力を得て、お出迎え、お見送りなどの「おもてなし」や物産品の販売といった日光・鬼怒川ならではの「体験」を印象的なものにしていこうと計画を練っていきました。また、SLの大きな魅力である煙や汽笛の音、ダイナミックな走行シーンなど五感に響くような演出のほか、転車台での方向転換などをどのように楽しんでいただけるかを考えているところです。

小島 亜希子 2010年入社
ビル事業部

浅草「EKIMISE」の内装デザインについては、特に7階の和雑貨のフロアにこだわりました。内装もフロアのコンセプトに合うよう、和をモチーフにしたデザインを検討。ただ、昔ながらの和にするのではなく、モダンな要素を取り入れ、浅草に新しい風を呼び込めるようなデザインにしたいと、浅草の春夏秋冬をモチーフにした独特なグラフィックデザインを壁や梁一面に貼ることを企画。かなり斬新なデザインであったため、上司の理解を得るのには苦労しました。しかし、訪れたお客様がこのデザインの前で記念写真を撮って喜ぶ姿を想像すると、どうしても取り入れたい。そこで、何十人にもヒアリングして、このデザインを評価する声を集めて資料を作成し、実現に至ることができました。

 

5. 東武鉄道の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

私たちが挑戦し新たな価値を創造することで、東武鉄道の沿線地域に新しい歴史の扉が開かれます。この目的を果たしていくためには、どんな資質が必要なのでしょうか。まず、現状に満足しない向上心。お客様の期待を超えるサービスクオリティの実現には、非常に重要なポイントです。次に、協調性と協働力。私たちのビジネスはスケールが大きいため、一人の力で成し遂げられるものは、ほとんど存在しません。大きな成果を生み出すためには、たくさんの社員や社外のスタッフとのチームワークが不可欠なのです。
そしてなによりも大切なのは、“自ら創り上げる”という強い意志を持ち、自ら行動することです。既存の常識にとらわれず新たな価値を創り出すためには、幅広い好奇心を持ち、挑戦し続けることが大切になります。
ぜひ、あなたの志、成し遂げたい想いを私たちにぶつけてください。それに応える社員が東武鉄道には数多くおり、あなたの“創り上げる意志”をかなえる場がきっとあります。
“新たなものを、ゼロから創り上げる”。この意欲を強く持ち、共にチャレンジする仲間を求めています。

5-2 育成に関する方針・施策

東武鉄道では、「事業の社会的使命を認識し、組織の一員としての自覚を持ち、経営の高度化に即応して業務を完遂しうる知識、技能を備え、旺盛な創造力、実行力、そして責任感を持つ、たくましい人材を育成する」ことを教育目標としています。「人材は企業価値の源泉である」が私たちのモットー。創立時からの伝統を基にしながらも、現在や将来の企業環境の変化に対応し、社会に貢献できる人材育成に力を入れています。具体的には、新入社員教育をはじめ各種階層別研修や社外への派遣研修などを計画的に実施するほか、通信教育などの教育メニューを活用し、主体的に学ぼうとする社員の成長を支援しています。
また、社員一人ひとりの能力と意欲をより向上させるためにふさわしい設備・環境を整備すべく、2016年4月に総合教育訓練センターを新設します。

■教育研修
新入社員研修、階層別研修、通信教育制度、各種セミナー派遣など

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■初任給
学部卒22歳 210,000円(2016年度実績)
大学院了24歳 212,200円(2016年度実績)

■昇給・賞与 昇給=年1回、賞与=年3回(2016年度実績)

6. 東武鉄道出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. 東武鉄道の福利厚生は?

各種社会保険、共済会、社員持株制度、財形貯蓄、旅行補助、独身寮、社宅、診療所、保養所、グループ優待など

8. 東武鉄道の中途採用は?

採用情報 | 東武鉄道ポータルサイト

http://www.tobu.co.jp/recruit/

東武鉄道および東武グループの採用情報をご案内します。東武鉄道の新卒採用および、駅スタッフの募集、東武グループ各社の新卒採用、中途採用、パート・アルバイト情報をご覧いただけます。

 
 

この企業情報の記事作成

関連する投稿


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「ホンダ」のブランドで知られ、グローバルに事業展開する自動車メーカー、株式会社本田技研工業。二輪車では世界No.1。「有給休暇取得率ランキング」(東洋経済新報社調べ)で5年連続第1位に輝いており、働きやすい環境といえそうだが、年功序列のため「若手にとっては厳しい会社」という声もある。


【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岡山県内最大の地方銀行。貸出金残高は地銀中13位、預金残高は12位。外部格付けは邦銀中1位の「A1/P-1」、メインバンク社数は地銀中7位と安定経営で知られる。ファイナンシャルアドバイザー業務や投資銀行業務、国際業務、事業再生業務、内部統制監査業務などでキャリア採用を実施している。


【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社伊予銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

愛媛県松山市に本店を置く大手地方銀行。愛称は「いよぎん」。頭取は歴代生え抜きで、天下り役員は在籍しない。健全経営で知られ、預金・貸出金とも全国の銀行で唯一20年連続で増加。格付機関からの格付けは、全国に7行しかないトップのAA。事業所内に保育所を置いている。


【新オフィスは新宿】LINE(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

【新オフィスは新宿】LINE(株)に就職・転職するなら知っておきたい情報まとめ

就職・転職するならLINE。月間アクティブユーザー国内6600万人、グローバル2億1700万人(2016年12月末現在)を誇るコミュニケーションアプリ「LINE」を運営する会社。2016年7月に東証一部とニューヨーク証券取引所(NYSE)に同時上場。2017年4月に渋谷から新宿に本社移転。[給与、面接、口コミあり]


最新の投稿


破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

格安旅行会社「てるみくらぶ」の自己破産が、社会に大きな衝撃を与えている。楽しみにしていた海外旅行が中止になったうえ、代金もかえってこないと呆然とする人が多数発生しているが、社内では以前から社員が過重労働に苦しんでおり、「とにかく人が定着しない」という状況もあったようだ。


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


wiget_w300 wiget_w300