株式会社商船三井に転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社商船三井に転職するなら知っておきたい情報まとめ

東京都港区虎ノ門に本社がある、日本の大手海運会社。平成28年度売上高は約1兆5000億円と3期連続の減収、主力は不定期専用船が50%を占めており、中でも資源輸送のドライバルク(ばら積み)船が多い。2017年3月末の船隊規模は合計847隻となっている。


1. 商船三井ってどんな会社?

1-1 ひとことで言うと

東京都港区虎ノ門に本店を置く、日本の大手海運会社である。

1-2 創業者と沿革

山下 亀三郎(やました かめさぶろう、1867年5月12日(慶応3年4月9日) - 1944年(昭和19年)12月13日)は日本の実業家。勲一等。山下汽船(現・商船三井)・山下財閥の創業者。勝田銀次郎、内田信也と並ぶ三大船成金の一人。

歴史

http://www.mol.co.jp/corporate/history/index.html

商船三井の歴史を掲載しています。

1-3 本社所在地とネットワーク

本社
東京都港区虎ノ門2丁目1番1号

出典:
http://www.mol.co.jp/corporate/profile/index.html

1-4 ビジョン・ミッション

■商船三井グループの企業理念
1. 顧客のニーズと時代の要請を先取りする総合輸送グループとして世界経済の発展に貢献します
2.社会規範と企業倫理に則った、透明性の高い経営を行ない、知的創造と効率性を徹底的に追求し企業価値を高めることを目指します
3.安全運航を徹底し、海洋・地球環境の保全に努めます

■長期ビジョン
・世界の海運をリードする強くしなやかな商船三井グループを目指す

2. 商船三井って何をする会社?

2-1 業績推移・見通し

▲売上高
平成28年度 1兆5043億円
平成27年度 1兆7122億円
平成26年度 1兆8170億円

▲経常利益
平成28年度 254億円
平成27年度 362億円
平成26年度 513億円

▲親会社に帰属する当期純利益又は親会社に帰属する当期損失(△)
平成28年度 52億円
平成27年度 △1704億円
平成26年度 423億円

2-2 事業セグメントと業績内訳

▲事業別売上高(平成28年度)
不定期専用船事業 7442億円

▲事業別売上高(平成28年度)
コンテナ船事業 6207億円

▲事業別売上高(平成28年度)
フェリー内航RORO船事業 420億円

▲事業別売上高(平成28年度)
関連事業 900億円

▲事業別売上高(平成28年度)
その他 73億円

2-3 主力商品

■ドライバルク船サービス
鉄鉱石や石炭、穀物、木材、チップ、セメント、肥料、塩など、多種多様な資源。その供給のほとんどを輸入に頼る日本への輸送はもとより、世界の資源輸送は経済の発展と国際分業の進展によって、ますます活発化しています。
世界最大規模の船隊を擁する商船三井のドライバルク船(ばら積み船)サービスでは、大量の乾貨物(ドライカーゴ)のそれぞれに異なる特性と、積み地および揚げ地の状況を考慮して設計・建造された各種専用船で、さまざまな顧客ニーズに応えた安定輸送を行っています。大型化が進む鉄鉱石船、各港の規模に合わせた石炭船、比重の軽い木材チップを運ぶチップ船など、各種の専用船を運航しています。

■コンテナ船サービス
世界各地を繋げる商船三井のコンテナ船サービス。著しい経済発展を遂げているアジアや、当社が伝統的な強みを持つ南米・アフリカ地域をはじめ世界各地でトップクラスの寄港数を誇ります。自営航路のみならず、他社との共同運航によって、寄港地や頻度を増やし、ネットワークを拡充しています。

■ 関連事業サービス
商船三井は、130年余にわたり海運業を中心とした経営ノウハウを蓄積してきました。
その蓄積は、曳船(タグボート)業、陸運業、倉庫業、海事コンサルタント業などの海運業関連はもちろんのこと、旅行、ビル賃貸・不動産管理、さらには金融・財務、商事、保険、情報システム・通信、人材派遣、国家石油備蓄事業支援、海図販売など、多彩なサービスメニューとして結実しています。

3. 商船三井の経営者ってどんな人?

3-1 社長のプロフィール

代表取締役 取締役会長 武藤 光一

昭和28年9月26日生
昭和51年4月 当社入社
平成14年6月 当社不定期船部長
  15年1月 当社経営企画部長
  16年6月 当社執行役員経営企画部長委嘱
  18年6月 当社常務執行役員
  19年6月 当社取締役常務執行役員
  20年6月 当社取締役専務執行役員
  22年6月 当社代表取締役社長執行役員
  27年6月 当社代表取締役会長執行役員(現職)

代表取締役社長 池田 潤一郎

昭和31年7月16日生
昭和54年4月 当社入社
平成16年6月 当社人事部長
  19年6月 当社定航部長
  20年6月 当社執行役員
  22年6月 当社常務執行役員
  25年6月 当社取締役専務執行役員
  27年6月 当社代表取締役社長執行役員(現職)

3-2 発言、ブログ、エピソード

会長の武藤光一は、9月11日にパナマ運河庁を訪問し、同副長官のManuel E. Benitez氏と会談を行いました。会談後、武藤から副長官に対し、当社への長年にわたる支援に対する感謝として、100年前に当社運航船で初めてパナマ運河を通峡した「金剛山丸」の絵画を贈呈しました。(武藤会長)

プレスリリース2015年09月16日

当社は創業以来130余年にわたり、時代の要請とお客様のニーズを先取りし、時に様々な困難を克服しながら、世界最大級の総合海運企業に成長して来ました。ドライバルク船、コンテナ船やLNG船だけでなく、世界最大規模のタンカー・自動車船隊、フェリー・内航事業等を擁しています。各部門の得意分野を更に強化していくことで、長期ビジョンに謳っております「強くしなやかな」商船三井の総合力を発揮し、ステークホルダーの皆様の信頼に応えるよう努力してまいります。(池田社長)

4. 商船三井ではどんな社員が働いているの?

4-1 従業員数

連結 10794人
単体 966人(平成29年3月31日現在)

4-2 平均年齢

単体平均 37.1歳(平成29年3月31日現在)

4-3 平均勤続年数

単体平均 14.2年(平成29年3月31日現在)

4-4 平均年間給与

単体平均 969万3660円(平成29年3月31日現在)

4-5 活躍する社員インタビュー、コメント

横溝成一 2006年入社
自動車船部 

自動車船部では輸送車両の向け地別にチームが分かれており、私は現在欧州チームに所属。国内外の自動車メーカー、建機・トラックメーカー、商社に営業活動を行い、日本を含むアジア出し、欧州向けの貨物を集荷しています。私の仕事はお客と定期的に面談をし、ニーズを汲み取りながら、お客から選ばれ、かつ担当航路の採算向上にも寄与する提案を行い、貨物を獲得すること。また、獲得した貨物が見通し通りに出荷されているか、見通しとずれているとすれば、原因はどこにあるのかなどを分析し、欧州航路の採算をモニターすることも大切な仕事です。

武山晋太郎 2004年入社
Mitsui O.S.K. Bulk Shipping (Europe)

ロンドンのチームは、技術キャリア・営業キャリア混成の組織で、さまざまなバックグラウンドを持つ5名のメンバーで構成されています。日々の業務では、チーム内だけでなく、東京・シンガポール・ヒューストン・南米などの各拠点との連携が欠かせません。世界各地で進むFSRUプロジェクトを、技術面、営業面、ファイナンス面、契約面など各拠点がそれぞれの役割を果たしながら追いかけています。その中でロンドンチームは、プロジェクトのコントロールタワーの役割を果たしています。営業アプローチから、現地調査、傭船者との契約交渉、ファイナンススキームの構築、プロジェクト計画の立案、そして進捗管理などを担当。世界の拠点を毎週電話会議でつなぎ、その時々の課題を解決し、調整役を果たしながら、各プロジェクトをドライブしていきます。LNG輸送の第一人者である商船三井が挑む新たな事業創造を主導する立場で引っ張っています。

 

5. 商船三井の人材採用・育成方法

5-1 採用に関する方針・施策

■求める人材像
世界を舞台に更なる成長を目指す当社は、グローバルマーケットで活躍できる新しい価値を創造する「自律自責型の人材」(※)を人材育成方針としています。「自律自責型の人材」が持ち合わせるべき4つの素養として、国内外の商船三井グループ全体を導くための「リーダーシップ」、顧客のニーズをタイムリーに掴み、関係者と円滑に協働するための「コミュニケーション力」、困難を乗り越え、最後までやり抜くための「ファイティングスピリット」や「タフネス」が必要だと考えています。
(※)難題に直面しても、常に当事者意識を持ち、解決策を見出し、関係者と協調しつつ、自らその解決策を実践できる人材

■ダイバーシティーの推進
グローバルに事業を展開している当社グループでは、多国籍な社員・船員を約20,000名雇用しています。グループ総合力を高め、多国籍で多様な人材が女性も含め一層活躍できる環境整備を進めています。

5-2 育成に関する方針・施策

■研修制度
商船三井はグローバルマーケットにおいて活躍できる、「新しい価値を創造する“自律自責型の人材”」の育成を目標に掲げ、社員一人ひとりの成長をサポートするための研修制度を設けています。その全てが自ら学ぼうとする意志に応えるもので、濃密な体験によって自己成長できるプログラムとなっています。

5-3 評価・報酬に関する方針・施策

■陸上総合職(事務系・技術系)
・給与 2016年4月初任給実績
大卒   月給22万円
修士卒  月給25万6,280円
・昇給 年1回(4月)
・賞与 年4回(6月、9月、12月、翌年3月)

■海上社員
・給与 2016年4月初任給実績
大卒 月給22万円
商船高等専門学校卒 月給21万3,000円
・昇給 年1回(4月)
・賞与 年4回(6月、9月、12月、翌年3月)

6. 商船三井出身者(OB・OG)にはどんな人がいるの?

情報はありません

7. 商船三井の福利厚生は?

各種保養所、総合グラウンド、社員クラブ、 クラブ活動、住宅財形制度、貸付金、社員持株会 他

8. 商船三井の中途採用は?

商船三井:採用情報

http://www.mol.co.jp/saiyoutop/index.html

商船三井の採用情報をお知らせします。

 
 

この企業情報の記事作成

関連するキーワード


東証一部 東京都港区 海運

関連する投稿


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


株式会社ワークスアプリケーションズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ワークスアプリケーションズに転職するなら知っておきたい情報まとめ

企業の人事システム、財務会計システム、業務プロセス統合管理、ECシステムなどの統合パッケージングソフトの開発、販売、サポートを行う。現在、人工知能により学習していく「HUE」シリーズ、カスタマイズ不要の「COMPANY」シリーズの2つを主力とする。ERPの分野では、シェアNo.1。大手企業の3社に1社に採用されている。


アクセンチュア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アクセンチュア株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

アクセンチュアは、世界最大の経営コンサルティング会社であるアクセンチュア(Accenture PLC)の日本法人である。戦略、コンサルティング、デジタル、テクノロジー、オペレーションズの分野でサービスを提供し、FORTUNE誌の「世界で最も称賛される企業」に2003年から15年連続で選ばれている。


【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

【福利厚生に強み】本田技研工業(ホンダ)の管理部門の勤務経験者が語る「転職のススメ」

「ホンダ」のブランドで知られ、グローバルに事業展開する自動車メーカー、株式会社本田技研工業。二輪車では世界No.1。「有給休暇取得率ランキング」(東洋経済新報社調べ)で5年連続第1位に輝いており、働きやすい環境といえそうだが、年功序列のため「若手にとっては厳しい会社」という声もある。


【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【キャリア採用あり】株式会社中国銀行に転職するなら知っておきたい情報まとめ

岡山県内最大の地方銀行。貸出金残高は地銀中13位、預金残高は12位。外部格付けは邦銀中1位の「A1/P-1」、メインバンク社数は地銀中7位と安定経営で知られる。ファイナンシャルアドバイザー業務や投資銀行業務、国際業務、事業再生業務、内部統制監査業務などでキャリア採用を実施している。


最新の投稿


破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

破産した「てるみくらぶ」社員が残した悲鳴 「ありえないノルマ」「長時間のサービス残業」「無責任な上司」

格安旅行会社「てるみくらぶ」の自己破産が、社会に大きな衝撃を与えている。楽しみにしていた海外旅行が中止になったうえ、代金もかえってこないと呆然とする人が多数発生しているが、社内では以前から社員が過重労働に苦しんでおり、「とにかく人が定着しない」という状況もあったようだ。


株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

株式会社ネオキャリアに転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業は2000年、2017年現在で国内外に68の拠点を構える企業。人材ビジネスをサービスの中心とし、人が未来を創造する際にテクノロジーの力でサポートをする。人事に関するデータをマネジメントする国内初のプラットフォーム「jinjer」を始め、メディア、ヘルスケア、海外の人材活用にも事業を広げている。


ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

創業130年を超え、60ヵ国に事業を展開している最大級のグローバルヘルスケア企業。一般消費者にとっては、絆創膏ブランドの「バンドエイド」やスキンケア製品がよく知られているが、医薬品や医療機器も製造・販売しており、最も売上比率が高いのは医薬品である。総売上の約12%を研究開発費にあてており、新商品の売行きが非常に好調だ。


ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

ソニー生命保険は、1979年に米国のプルデンシャル生命保険との合弁会社としてスタートしたが、現在では合弁は解消している。プロフェッショナルなセールスパーソンを「ライフプランナー」として採用し業績を上げてきた。「ライフプランナー」という言葉はソニー生命が持つ登録商標である。


【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

【国内2位】JFEスチール株式会社に転職するなら知っておきたい情報まとめ

2003年に川崎製鉄と日本鋼管 (NKK) が統合して発足。粗鋼生産量で新日鐵住金に次いで国内2位、世界5位の規模。親会社はJFEホールディングスで、その傘下にJFEエンジニアリング、JFE商事などを置く。社名のJFEは日本(Japan)、鉄鋼(鉄Fe)、エンジニアリング(Engineering)の略。


wiget_w300 wiget_w300